Entries

心の洗濯

 今週末は、重い腰をやっと上げてくれた、Nさんとの約一年振りの釣行予定でした。
しかし、生憎の雨模様となり、中止せざるを得なくなってしまいました。
せっかく楽しみにしていたのに、とても残念です
同じ思いをされた方も多かったのでは

という訳で、土曜日は色々ありまして、釣りネタはありません。
どうもすみません

明けて、日曜日は、長男の某中学校吹奏楽部の定期演奏会に行って来ました

久し振りに、ホールで聞いた生演奏、染みたぁ~~~~

今回は、その時の模様をお送りいたします。

では・・・・・・・

 昨年も、初の演奏会という事で、出掛けましたが、まだ一年生だった事もあり、目立った活躍も無く、無難に終わった、という感じでした。
しかし、今年は2年生
昨年よりは、出番も多いのでは?と期待して出掛けます

近くの某ホールにて、PM12時半開場、PM1時開演です。

ビデオ片手に、息子をキープし易いポジションにて、開演を待ちます。

開演を告げるブザーと共に、息子が入場して来ます。
昨年と違い、随分落ち着いています。
ちょっと風格?がでたかも?、て、図体がでかいだけですが・・・・・・

IMGA0049.jpg

IMGA0050.jpg

演奏が始まるまでは、「こんなもんかなぁ~」、とわりと落ち着いていましたが、始まるや否や、眠っていたが騒ぎ出します
以前にもご紹介いたしましたが、私は、根っからの吹奏楽バカでして、中学の頃から、10うん年程前まで、どっぷりとはまっておりました。
そう言えば、皆様もうお馴染の大臣さんは、今でも現役バリバリのミュージシャンだし、ガキおやじさんは、その道のエキスパートでいらっしゃったし、結構釣り好きに方には、音楽好きの方が多いかと。
そんな訳で、私もその一人でした。
でも、ただ音楽が好きなだけで、技術の方は・・・・・・・・
ようは、「好きこそものの、なんとか?」だったんですね

今でもたまに当時の演奏を録音したカセットテープを、なにかあると引っ張り出しては、聞き入っております。
なぜか、とても落ち着くんですよね

そんな感じで過ごしてきましたので、生で演奏なんか聞いてしまうと、もう血が騒いじゃって、どうしようもありません
また偶然にも、私が催促をした訳でもないのに、息子は私の中学時代と同じ楽器(Tb)を吹いており、昔の自分の姿と重なり、まるで自分がステージ上にいるような気分にさえなります。
更に、過去自分が演奏した事のある曲なんかを、何曲も演奏するもんだから・・・・・・・


すみません、ちょっと熱くなってしまいました
でも分かる方には、分かって頂けるかと・・・・・ネ、ガキおやじさん。

演奏も終盤にさしかかり、今回で最後の演奏となる3年生の紹介をする場面が。
思えば、私も何度かこんな事を経験しましたが、特に印象深かった、大学時代最後の演奏会での、最後の曲の時、今迄の事が、緊張しているにも関わらず、走馬灯のように頭の中を駆け巡り、とてつもなく寂しくなってしまい、こぼれそうな涙を、必死にこらえながら演奏した事を思い出しました。
思わずビデオを持つ手が震えてしまいました

来年は、もう息子も三年生で、まだ早いですが、いよいよ中学校最後の年となります。
出来れば、悔いの残る涙では無く、やり遂げた感涙を味わって欲しいものです
でも、本人が決める事ですから、無理強いはしませんが。

とにかく、今回も、とても良いステージでした
心が洗われました
来年は、中学最後の演奏会です。
悔いの残らないよう、精一杯頑張って、心に響く演奏を聞かせて下さいね


今日は、本当にお疲れ様でした

そして、ありがとう。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/114-1d9bcc86

トラックバック

コメント

[C849] 呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪

はいは~い、お呼びですか?

息子さんがおやじと同じ道を歩んでいるなんて、父親冥利に尽きますね(^o^)v  うらやましいっ!!

ウチは、子供二人、釣り師のDNAは見事に継承してくれましたが、楽器の方は残念ながらサッパリ見向きもしてくれません(/_;)

中3、高3、大4の演奏会は、格別な思いがありますよね。他の学年の時の演奏会の記憶は薄れつつありますが、この3年間の記憶は鮮明に覚えています。

特に高校時代は、ボクは部長でしたので、コンクール終了後は、人目もはばからず大泣きしましたね~。

息子さん、高校でも大学でも続けて欲しいですね~。

いいなぁ、ボクも娘、息子が演奏する姿を客席から見届けたいのですが、夢はかなわなそうです。

今日日の中学生も『バンドのための民話』、『アルヴァマー序曲』、『呪文と踊り』、『アルメニアンダンスパート1・2』、『恋のカーニバル』、『ブラジル』、『愛のコリーダ』、『フラッシュ・ダンス』、『マジック』、『オーメンズ・オブ・ラブ』、『ディズニーメドレー』、『星条旗よ永遠なれ』、『双頭の鷲の旗の下に』、『錨を上げて』、『士官候補生』・・・(あぁ、キリがない(笑))などと言った当時でも既にベタだった曲を演奏してるんですかね?
  • 2011-10-16 23:10
  • ガキおやじ
  • URL
  • 編集

[C850] 大感動(⌒▽⌒)

たまには、そう言う事も必要ですね♪( ´▽`)

家族の大切さが身に染みて、再確認が出来たんじゃ無いですかp(^_^)q

より一層、家族の絆が深まりましたねd( ̄  ̄)
  • 2011-10-17 04:40
  • 組合長
  • URL
  • 編集

[C851]

ガキおやじさん、期待通りの熱いコメント、誠にありがとうございます。
最近この手のネタが無かったので、ちょっぴり欲求不満でしたが、少しは解消できたかな。
息子はたまたまでしたが、娘はどうも・・・・・・?
ただ、家内もその筋の道を歩んできましたので、わずかながらその手のDNAを持っているかも?
あとは、釣りに興味を持ってくれると嬉しいんですが、どうもこちらには縁が無い様で。
親子隣同士で握るのが、私の夢なんですが、叶わぬ夢かも。
同じステージには、絶対立てないだろうし、なんか寂しいなぁ~。
ま、来年もドキドキさせてくれる事を期待しますわ。

組合長さん、確かにこういった感動は必要ですね。
まだ私にはその機会があったので、良かったです。
普段は、怒ってばかりで、言う事を聞かない、悪ガキだと思っていましたが、舞台上の勇姿は、りりしく、よくやったぞ、と素直に褒めてやりたいです。
でも直接は無理かなぁ~(汗)。
  • 2011-10-17 12:42
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C852] それにしても・・・

写真を拝見する限り、吹奏楽部は完全に女の子の部活になってしまいましたねぇ。

ボクらの頃も、女の子の方が若干多かったと記憶してますが、ステージ最後部のtp.、tb.は、男の子の指定席でした。

今では、tub.を操る女の子も珍しくないですからね~
  • 2011-10-17 18:15
  • ガキおやじ
  • URL
  • 編集

[C853]

ガキおやじさん、まさにその通りです。
ちなみに、2、3年には、男子1人だそうです。
なんとか1年に複数入部したそうですが・・・・・
恥ずかしながら、私の所属した部活も、3分の2は女子でしたよ。
ただ、おっしゃるように、最後列は男子が占めてましたね。
最近の女の子はパワフルですから、男子もタジタジですね(笑)。
また吹部論、交わしましょう!!
  • 2011-10-17 20:20
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C854]

中々、感動することって無いですけど。
息子さんの成長と学生時代の事と符合して良い時間を過ごせましたね。

そろそろ息子さんもダンゴの方にも興味を示す頃かも知れませんね。
  • 2011-10-17 21:21
  • イッサ
  • URL
  • 編集

[C855]

記事を読んで・・・感動しました・・・(>_<)。

吹奏楽をやってた人は、意外と多いんですね。
熱い青春時代だったんですね~(^ー^)。

  • 2011-10-18 08:42
  • もっこり亭
  • URL
  • 編集

[C856]

イッサさん、どーもです。
翌日には、また元のぐうたら息子に戻っておりました(汗)。
なんだかなぁ~~~(/_ヽ)

ダンゴも、糠なんかをコネコネしている時は、覗きに来ますが、その程度です。
今度強制連行してみようかなぁ~(笑)。
その点、イッサさんがうらやましいです。
息子さんとのダンゴが、もう現実の物になっているのですから。
いいなぁ~。


もっこり亭さん、誠に恐縮です。
なかなかその筋の方しか、分かって頂けないと思っておりましたので、こちらこそ感激です。
私の周りには、(ガキおやじさん以外には)吹奏族の方は、いらっしゃいませんが、釣り以外に、音楽面でも話が合うと、更に輪が広がるかもしれませんね!
今は、もっぱらダンゴに熱くなってます(笑)。
  • 2011-10-18 12:20
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C857]

ブロとも申請、ありがとうございます~m(__)m。

リンクを貼らせて下さいね~。
これからも、宜しくお願いいたします~(^ー^)。

  • 2011-10-18 13:59
  • もっこり亭
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア