Entries

再度癒し求めてHG

 週末は、今季一番の冷え込みとなりましたが、皆様風邪など引かれてませんか

さて、今回は、昨日のHG釣行記をお送り致します

色々あって、またまた癒しを求めての釣行となりましたが、実は、特別なお楽しみが目白押しなんです

天気に多少の不安はありましたが、そこはHG、きっと期待に答えてくれるはず、と意気込んで出掛けた今回の釣行。

果たして結果は・・・・・・・・


 一週間前、わかだんなさんから釣行のお誘いがあり、どうしようか思案している丁度その頃、「たま~に黒鯛釣りた~い」でお馴染の、イッサさんからもお誘いがあり、どうせなら、と3人で釣行する事となりました
それぞれ個々ではご一緒させて頂いた事はありますが、3人揃っての釣行は、初めてとなります

イッサさんとは、前回そして焼津でのシドーカップでは、共に隣で竿を並べて挑んだのに、敢え無く玉砕しています
また、わかだんなさんは、所用で急遽、前回のシドーカップに出る事が出来なかった経緯があります。
更に、私もまたまた今週は、早々から色々あり、癒しポイントを体が欲しています。

こんな状況での入釣場所は、やはり、お二人には申し訳ないとは思いつつ、私の我がままで、またまたHGである南伊豆某所となりました。

いやがうえにも期待が膨らみますが、更に嬉しい事

釣行2日前、急でしたが、前回のHG癒し釣行時に、ニアミスをしていた、「尺キスを求めて...投げ釣り歩記」でお馴染の、投げ釣りおじぃさんに、釣行予定をお伝えすると、おじぃさんも釣行される事に。

なんとラッキーな事でしょう
楽しみが、幾つも重なります。

こんな状況ですから、当然前夜入りし、釣座の確保をした後、一人祝いのです。

ちなみに、お三方とも朝入りとの事でしたが、わかだんなさんは、ついつい我慢出来ず、私が現着の連絡をした時、既に出発してしまったようで、後ほどてっぺん過ぎには到着されたようです。
その気持ち、よ~っく分かりますヨ、わかだんなさん

イッサさんは、釣行前夜、乗合船での太刀魚釣りを終えてからいらっしゃるという、離れ業をやってのける、との事です。
あの優しい風体からは、想像も出来ない程のタフさに、ただただ驚くばかりです
私にはとても真似できません

さて、当日の朝は、目覚ましを掛けておいたAM5時半少し前に、あまりの寒さに目が覚めます
車載温度計を見てみると、なんと1℃
寒い訳です
前期でもこんな冷えた事は殆どありませんでしたから、堪えます。
ヒーターをつけ、車内が暖まったところで、ごそごそ準備に取り掛かります。
この頃、ようやくイッサさんも到着されます。

わかだんなさんも起床され、AM6時過ぎ、3人揃って釣座へと入ります。

今回は、本命ポイントの❍❍両サイドに、わかだんなさんとイッサさん、そして私は、イッサさんよりやや付け根寄りの、ほぼ中央辺りに釣座を構えます。

                     本日の釣座です。

PC101378.jpg
まだこの時点では、それ程海は荒れていませんが、後ほど一変します。

のんびり支度し、そろそろなんて思っていると、❍❍の上から声が。
そう、お待ちかねの、投げ釣りおじぃさん、登場です
その優しいお顔の中に、投げ釣り師の風格が漂っており、まさに名人とはこの事です。
私の周りにも投げ釣りを好んでされる方はいますが、おじぃさんの様な本格派キャスターの方とお会いするのは初めてなので、大感激です
眠っていた投げ好きの魂が目覚めそうです

お二人を紹介した後、しばし投げ釣り談義に花を咲かせ、AM7時過ぎ、ダンゴ釣りスタートです。

本日のダンゴは、時期的にも考えましたが、やはり緑マッハハーフ&ハーフをベースにします

レシピは、
  • 緑マッハ    半袋
  • 糠        マッハ半袋分
  • 砂        800cc
  • 押しムギ    200cc
  • チヌパワー   200cc
  • 細挽きサナギ 1kg
  • アミエビ     100cc

と、今日は最初からちょこっとアミエビを入れます。
ただ、やはり撒き過ぎない様、小さめのダンゴを心掛けます

オキアミを付け、きっちり締めて、まずは棚取りから。
棚は約竿二本という所です。

なんだかダンゴが妙に早く割れている様なので、すぐさまややネバめにします。
付け餌は、綺麗に無くなります

何投かしますが、無音秒殺です

そうこうしていると、投げ釣りおじぃさんも始められます。
あまりにもその姿が絵になっていたので、記念に一枚。

PC101377.jpg
すみません、勝手に載せてしまって

写真でもお分かりになると思いますが、水温がまだ高い為、水面にモヤが掛かっています。
時折、メッキ?も、まだ小魚を追い回しています。

なかなかアタリが出ないので、ちょっぴり詰め気味にしてみますが、やはり無音
試しに、練り餌やサナギを使ってみますが、なんとこちらも秒殺
しかもダンゴの割れが、思った以上に早い
こうなると、とにかくピンキンで、しっかりダンゴを持たせ、その時が来るのを待つしかありません


そうこうしていると、イッサさんの竿がしなります。
かなり良い引きですが、上がってきたのは、でっかいカワハギです。
早速肴をキープですね

しかし、どういう訳か、イッサさんとわかさんの所は、エサがなかなか取られないようです。
どうも、私とイッサさんの間に、まるで見えない壁でもある様で、状況が全く違います
そう言えば、昨年の同場所でのシドーカップ時も、ハルさんとの間がこんな状態になりました。


ウキの流れ方を見てもそうです。
私のウキは、かなりの速さで、左方向へ流されますが、イッサさんとわかさんのウキは、あまり流れません。
微妙な潮の流れの変化で、こんな状況になるのでしょうか?
ただ、ここではよくある事ですが、やはり不思議です

そんな中、ようやく私にも何かヒットします。
そんなに大きくはありませんが、ウキがスパッと入るアタリです。
これって・・・・・・・

案の定、ヘダイです。
欲を出して、最初からアミエビ投入は失敗だったかも

しばらくして、恐れていた事が現実に

スパッ」、とヘダイ

何くそ、キンキンだぁ~

我慢我慢

スコン」、とヘダイ

まだまだ~

ココン」、とヘダイ

今度こそぉ~~

ぬぬっ」、とゴンズイ

もうダメぇ~~~~~


しばらくお休みです

めげそうになっていると、投げ釣りおじぃさんが、竿を持ってこちらにいらっしゃいます
勿論、仕掛けは入ったままです。
今日の状況を伺ってみると、キスもかなり渋い様で、ピンのみ、という事です
ここで、またまた投げ釣り談義が始まります。
私の今迄知らなかったポイントの話や、仕掛けの話など、とにかく為になる話満載で、しばらく時間を忘れて話に夢中になります。
そんな時、忘れていたウキが、おじぃさんの前で、スパッと消えます。
しかし、上がってきたのは、やはりヘダイ。
がっかり
おじぃさんも思わず苦笑いです

が、しかしこの時、おじぃさんの仕掛けに、異様な手応えが
根掛かり?こんなところで?なんておっしゃっていましたが、実はそうではなく、ハリに掛かっていたキスに、イカがカブりついていたんです。


一度は諦めて、根掛かり外しとばかりに、先程の釣座へ戻られましたが、すぐさま、でっかいキスがダブルで付いた仕掛け片手に、こちらへ走って来られます。
キスの頭部には、ガジッとかじられた後が
ただ、キスは見事な良型です
なんだかんだおっしゃっても、しっかり本命をゲットされているなんて、やはり名人は違います
それに比べて、私ときたら・・・・・・

これはいかん!と気合いを入れ直し、ヘダイに負けるものかと打ち続ける事数投。
先程とは違い、小さな前アタリの後、ゆっくりとウキが水中へ消えて行きます。

ビシッ
ゴン
ビュ~ン
おおおぉ~~~っ

先程までのヘダイとは全く違う、凄い引きです。
時折ゴンゴンと感じます
が、ここで油断し、突然潜り出したので、慌てて糸を出すと、急に奴は動かなくなってしまいます。
そう、なんと根に入られてしまったのです

「しまったぁ~~

でも、後の祭りです
諦めきれず、しばらく緩めては見ますが、動き出す気配は全く無く、残念ではありますが、ラインブレークです。
とんだ失態を曝してしまいました
情けな~ぃ

この時、既にAM9時を回っていました。

その後、また元のヘダイ祭りになり、完全に意気消沈です。

試しに、長めの休憩を取り、「イッサさんにヘダイは任したぁ~!」、なんて冗談言いながら、いざ始めてみても、何故かまたまたヘダイ。
こりゃ駄目だぁ~
思わずイッサさんも大笑い
ま、楽しくっていいんですけどネ

こんな調子で、一日終ってしまうのか、と思いながら、そろそろお昼になろうという頃、またまたヘダイのようなアタリで、何か掛かります。
が、どうせまたヘダイだろうと、軽くあしらい、巻き上げてみると、なんと・・・・・・・

PC101379.jpg
小さいですが、24cmのチンチンです。

やりましたぁ~
遂に本命がきました。
小さくてもチヌはチヌですから


何だか気が抜けてしまし、丁度ここでお昼のチャイムが鳴ったので、昼食にします。

この頃から、風向きが西寄りになり、正面からかなり強く吹きつけてくるので、堪らず後ろの壁裏へと避難し、そこでわかだんなさんと、カップラーメンなどをつまみます。
この間も、イッサさんは頑張っています。

30分程休憩し、午後の部でも始めるか、と思いながら、イッサさんに様子を伺うと、なんと我々の休憩中に、しっかり本命をゲットしたとの事。
26cm程のチンチンという事ですが、本命には違いありません。
さぁ~っすが、イッサさん。
やる時はやりますね
これでリベンジ達成ですね。
おめでとうございます


あとはわかだんなさんです。
これを見たわかだんなさんも、俄然やる気を出します
しかも、午前中とは違い、エサトリも活発になってきたようですので、チャンスは十分にあります

ここで、途中移動されながら、頑張ってきた投げ釣りおじぃさんが、ご帰還されます。
帰り際、今日の収獲をお土産に下さいました。
貴重な釣果をありがとうございました
最後の最後まで、なんとお優しい方でしょう
来年は是非、投げ釣りをご一緒しましょう、とお約束させて頂き、おじぃさんは一路、明日の投げ釣り場へと移動されて行きました。
明日も頑張って下さいね

さて、話をダンゴに戻しまして。

午後の状況は、午前中と変わらず、忘れた頃にヘダイ、という感じです。
しかし、どうも海水の塩分濃度が下がったらしく、サスペンドのラインが、妙に沈んでいきます
また、ウキの浮力も下がった感じがします

わかだんなさんも同じ事を感じたようです。

ここで、ウキを「SS」から「S」に変更してみます。
これで幾分やり易くなります

ただ西風が、かなり強く正面から吹きつけ、ダンゴも思った所に、なかなか飛びません
ただ、幸いにラインが沈みぎみなので、竿先を水中へ突っ込とガチャガチャの海面でも、なんとか安定します。
が、ウキは殆ど寝ウキ状態です。

こうなると、細かいアタリは分からないので、確実にウキが消えるのを待つしかありません

途中何度もアミエビを入れたくなる気持ちを押さえながら、辛抱し続ける事、約2時間、遂に変化が出てきます

先程まで、確実に取られていたエサが、残り始めます
ここで試しにボケを投入してみますが、やはり残ります。

なんか居るな

そう思い、集中する事数投、本日初のダンゴアタリが出だします。
と言っても、この状況ですので、よ~っく見ていないと見過ごしてしまいそうですが、なんとか集中しその時を待ちます。
PM2時、遂にその時が。

ダンゴアタリの後、割れたかなぁ~、と思った瞬間

スパッ
ビシッ
ゴン
よっしゃぁ~~~

先程逃した奴の如く、ゴンゴンと突っ走りますが、今度は入られれないようにと、少々強引にやり取りします。
何とか底はかわしましたが、今度は足下のスリットへと逃げ込みます

「こんな所に入りこむなんて、メジナだな。」

などと考えながら、なんとか引きずり出し、ウキが見えて、そろそろ魚影が・・・・・

どのくらいのメジナだろうと思いながら、うっすらと見えた魚影は、

なんと・・・・・・・

PC101380.jpg
37cmのチヌさんでした。

思わず、「やったぁ~」、と大声を上げてしまいました。
この厳しい条件の中から、やっと引き当てた一枚です。
その嬉しさといったら

皮一枚、と危ない所でしたが、なんとか黒鯛と呼べるサイズが出て一安心です


そろそろ時合いかもしれないので、更に集中します
しかし、そう甘くは無く、その後はやっぱりヘダイです
しかも、ゴンズイ交じりです
でも、時間も時間なので、めげている場合ではありません。
とここで、たまらず遂に禁断のアミエビ投入か、と思われましたが、バリが掛かってしまい、もう少しおあずけにします

どうしようか、あれこれ思案している中、一つの策が
今年は、とんと見放されてしまっている「サナギ」を思いきって使ってみます。
昨年あれだけ爆発したサナギですが、今年はまだ2枚程しか釣っていません。
しかもこの時期ですから、もう完全に一か八かです

投入後、待つ事しばし、ダンゴアタリは出ています

割れた後しばらくして、なんと無く何か触っている様な
我慢しながら様子を伺っていると、前アタリのあと、ウキがゆっくりと沈んでいきます

「まさか?」と半信半疑になりながら、ふと我に帰り

ビシッ
ゴン
バキュ~ン

本当に、何か掛かります。
しかもかなりの引きです。
今度は強引にやりとりしつつ、左右にいなし、なんとか手前で浮かせる事に成功します。 

しばらくし、姿を現したのは・・・・・・

PC101381.jpg
38cmの本命でした。

いやぁ~、試してみるもんですね
驚きです。
ただ、サナギにしては食いが浅く、またまた皮一枚でした


この後、わかだんなさんも、遂に小さいですが、先程の私のと同じくらいのチンチンをゲットします。
これで、全員安打です
おめでとうございます

その後、日も傾き始め、ただでさえウキが見難いのに、海面ギラギラで、仕方なくウキを色々変えたりしましたが、明らかに目に映る反応はありません。
最後の手段とばかりに、アミエビを投入しますが、時既に遅し。
辛抱の甲斐無く、PM4時半無念の納竿となりました

本日の釣果です。

PC101383.jpg
チンチンは即リリースしました。

わかだんなさん、イッサさん、そして投げ釣りおじぃさん、今日は寒く風の強い中、お疲れ様でした
厳しい条件ではありましたが、なんとか全員安打でホッとしています。
これからさらに、チヌ、キスとも厳しくなるとは思いますが、寒さに負けずに頑張って握り(投げ)ましょう!
また機会ありましたら、是非ご一緒しましょうネ

それから、別場所に釣行された、大臣さんそしてシドーさん、お疲れ様でした。
途中、とんでもない情報が入り、とても盛り上がりましたよ。
やはり、お二人とも只者ではありませんね。
もはや、向かう所敵なし、ですね
今年もあと僅かですが、最後の最後まで、「爆」、貫いて下さいね

あまりにも楽しかったので、ついつい長くなってしまいましたが、ご拝読頂き、ありがとうございました
今年も残す所、あと3週間です
あと何回握れるか分かりませんが、最後の追い上げです
諦めずに頑張ります

問題は「何処で握るか?」、ですね。
ん~~ん、難し~い


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/124-59768d15

トラックバック

コメント

[C985]

お疲れ様でした。
バリアの位置が変わるのが面白いですね~そのポイントは。
しかし全員安打で本当に良かったですね。
年末まであと少しですが、頑張って握りましょう。
  • 2011-12-11 22:47
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C986] 全員安打

お疲れさまでした。

全員が本命をあげると言うのはなかなか大変ですが、それをいとも簡単にやってのけるダンゴ師軍団、お見事です。

やはり天気がいいと気持ちいいですね~。

まだトトダンゴさんは年忘れ大納会釣行があるんですよね、きっと。

2011年最後の一発、年なしで年忘れに期待します\(^o^)/
  • 2011-12-12 01:48
  • ガキおやじ
  • URL
  • 編集

[C987] お疲れ様でした。

トトさん、今回も全日からの場所の確保等いろいろとお世話になりました!!  結果、全員安打でよかったですが、途中自分だけ残された時は、正直ボーズを覚悟しました・・・。 次回は年明けになると思いますが、またお付き合いさせてください。
  • 2011-12-12 08:23
  • わかだんな
  • URL
  • 編集

[C988]

全員安打おめでとうございました
トトさんはヘーチャン連発の中よく釣果をだしましたね
流石の腕前です
また、念のため持って行ったサナギが当たったようで何よりです
  • 2011-12-12 12:36
  • シドー
  • URL
  • 編集

[C989] お疲れさまでした

お寒い中、トトさん、イッサさん、わかだんなさん、お疲れさまでした~ぁ

こちらこそ大変楽しい思いをさせていただきまして感謝×2ですよ

全員安打っていう言葉、実によい響きです
仲間全員が本命に出会えることが釣行目的みたいなものかと思いますから

残念でしたね、小生が帰った後でしたか...
久しぶりに黒鯛の雄姿を見させていただこうかと思っていたのですがね
次回ということで楽しみをとっておきます(笑)

投げ釣り名人だなんて煽てないでくださいよ
本人すぐその気になっちゃいますから(笑)

ではまたの機会を楽しみにしていま~す
  • 2011-12-12 13:35
  • 投げ釣りおじぃ
  • URL
  • 編集

[C990]

HARUさん、またまた見えないバリアが出現したようです。
それでも、全員安打で本当に良かったです。
年末まで、ついにリーチですが、勝率が少しでも上がる様、最後まで頑張りましょう!

ガキおやじさん、お疲れ様でした。
全員安打、いつ聞いても良い響きです。
年忘れ大納会釣行ですかぁ~。
そうですね、やっぱきっちり締めな無いと、ダンゴと同じで気持ちよく終れませんからね(笑)。
最後まで、諦めず頑張ります。
でも、貢物だけには気を付けないとネ(汗)。

わかだんなさん、寒い中でしたが最後には皆顔を見れて、本当に良かったです。
ここぞという時に、裏切らないのがHGの良い所ですね。
次は来年という事ですが、いつでもお待ち致しておりますので、遠慮なくお声をお掛け下さいね。
お疲れ様でした。

シドーさん、あの条件での安打は、ほんとにラッキーでした。
へーちゃんもご愛敬という事で。
しかし、サナギには驚きました。
やっぱり最後はコイツしかありませんね。
ま、殆どマグレですけど(汗)。

投げ釣りおじぃさん、この度は本当にありがとうございました。
今迄に無い楽しさを、たぁ~っぷり味わう事が出来ました。
色々タメになるお話も聞かせて頂いたし。
黒鯛は、いつになるか分かりませんが、期待せず待っていて下さいね(笑)。
今度はじっくり名人技、見せて下さい。
その時が来るのを楽しみにしています。
  • 2011-12-12 18:58
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C991]

お疲れ様です。
さすがヌシ!一筋縄ではいきませんなぁ~

[C992] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C993]

トトさん、お疲れ様でした。
そして大変楽しい釣りをさせていただきありがとうございます。
向かい風には中々対処するのが難しい中での釣果は流石です。
是非また、宜しく御願いします。
  • 2011-12-12 20:49
  • イッサ
  • URL
  • 編集

[C994] 流石です。

この季節にこの釣果は流石です。
海水温がまだ高いのかな
関西は、かなり低く 魚も口を使ってくれません。

ヘダイは?お持ち帰りですか?
和歌山方面ではハナマルと言います。
チヌより鼻が丸いから???
チヌより好まれ味も良いと
私の知ってる限りでのチヌ釣り師はハナマルを
喜びます。
私も同様に、チヌはリリースしても ヘダイは
持ち帰ります。
嫁・子供も喜んで食します。

淡路島でズタズタボロボロです。
沼津 伊豆が羨ましいです。
では、では。
  • 2011-12-13 09:57
  • とどやん
  • URL
  • 編集

[C995]

大臣さん、お疲れ様でした。
ヌシなんて滅相もありません。
ただ、好きなだけですヨ。
ところで、大臣さんの癒しスポットって何処ですか?
う~ら~トリッキーかな?(笑)

イッサさん、連釣お疲れ様でした。
イッサさんのタフさには、ただただ脱帽です。
向かい風、かなりきつかっですが、あそこではあれが普通ですよ。
ああならないと、釣れない!なんて言うつわものもいますから(笑)。
でも、今度はもっと穏やかなときに行きましょうね。
こちらこそ是非また宜しくお願い致します。

とどやんさん、お疲れ様でした。
大変厳しかったようですね。
ヘダイ、確かに食味は抜群ですよね。
我が家も、チヌより全然人気があります。
ただ、釣りをしている時は、厄介者?なので、ついポイッ、なんてなっちゃいますが(汗)。
サイズが今ひとつですが、良型なら即お持ち帰りですね。
でもそろそろハナマルさんも釣れなくなりますから、その前に、何とかもう一枚、本命の顔が見れればなぁ~、なんて淡い期待を抱いております。
せめて年内、後一回は握りたいです。
  • 2011-12-13 12:45
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C996] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C997]

南伊豆釣行・・・お疲れ様でした!!

ヘダイが多い中、良型含めて4枚・・・お見事でした!!


宇和海方面は未だ水温高く・・・時期が早かったかと・・・

年が明けてからが正念場・・・またリベンジ致しまする~ ^^

[C998]

半蔵様、釣行お疲れ様でした。
またまた凄いヘダイだったようですね。
未だ水温が高く時期が早い、という所もあるのですね。
私など、なんとか下がらないようにと願ってしまいますが(汗)。
リベンジ、頑張って下さいね。
  • 2011-12-13 20:22
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C999] お礼を忘れてました

先日はお疲れさまでした

わさびドレありがとうございました
いただいたお礼を言わず大変失礼しました

あの香りはたまんないですね
俺的にはもう少し強い方が好きです

地元では売っていないので残念です

では、また
  • 2011-12-13 22:02
  • 投げ釣りおじぃ
  • URL
  • 編集

[C1000]

これはこれはご丁寧に、どうもありがとうございます。
気に入って頂ければ幸いなんですが・・・・(汗)。
もしご用命の際は、いつでもお申し付け下さい。
直ぐにでもご用意させて頂きます。
さて次は、っと・・・・・・
  • 2011-12-14 12:18
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C1001]

しっかりと良いサイズをゲットされてますね(^^)

私も自分の釣りの組み立てをしっかり考えて、やらないと釣果が出そうにないです。。。

色々と参考にさせて貰いますね(^^)v
  • 2011-12-14 17:55
  • ぼでぃ
  • URL
  • 編集

[C1002]

ぼでぃさん、組み立てだなんて、難しい事は全然分かっていませんよ。
私も皆様の情報を参考にさせて頂いているばかりです(汗)。
ただ、おっしゃる通り、何気なくやっているだけでは、なかなか釣果は得られない季節には突入してしまいましたね。
問題はこれからですね。
  • 2011-12-15 19:22
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア