Entries

やっぱり…さ・な・ぎっ(^_-)-☆

 先週末から更に寒くなり、遂に朝は車窓が凍るように・・・・・

いよいよ本格的に冬到来ですね。

今日から12月。

忙しない師走の始まりですが、皆様お体など壊されてはいませんか?

さて、今回は、先週の南国サナギ大作戦が大失敗に終わり、どうにも不甲斐ない結果に、どうしても満足できず、あと一回だけ、と再度サナギ大作戦を敢行してきました。

でも本来なら、サナギメインの釣りは、とっくに終わってます。

ただ往生際が悪いだけなんですけどね。

と言う訳で、作戦の遂行と、このところの気忙しさからの開放を求め、イチかバチかで出掛けた今回の釣行。

果たして首尾よく行ったでしょうか?

それとも・・・・・・




 土曜日の天気予報は、文句なしの晴れ
ただし、風が午後から西寄りになるとか。
となると、地元では場所が限られるので、混雑必至。
ならばと、思い切って、家から約1時間の、西風に強い“西の聖地”を今回のフィールドとして選択しました。
ここへの入釣は7月以来。
でもこの時期に入るのは初めて。
大した情報も無く、状況も分からないので不安ではありますが、そこは聖地。
きっと答えてくれるとは思いますが・・・・・・

ここも人気場所で、混雑が予想されるので、少し早めに現着し、AM5時前には釣り座を確保。
さすがに、まだこの時点では釣り人ゼロ
しかし、今日はどういう訳か、いつまで経っても他の釣り人は現れません。
そして・・・・・・蓋を開けてみれば、いわゆるオンリーワンの貸切状態。
超ラッキーです

真正面には、うっすらと雪化粧した、とても美しい富士山が見えます。
訳あってここではお見せ出来無いのが残念ですが、もしご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、個人的にそ~っと。
さて、本日のダンゴですが、ベースはいつもの緑マッハ&糠砂ですが、今回は糠を多めに、砂を少なめと、軽めに仕上げてあります。
そこへ本日のメイン、サナギのミンチを半袋に細引きさなぎ&押し麦をた~っぷりと入れ、比較的パサ目でスタートします。
全体量は丸バッカンに6分目といったところでしょうか。

AM6時半、日の出と共に釣り開始です。
予報通り、北西風が結構強く吹いていて寒いのなんの。
ちなみに車載温度計は5℃でした。
どうも2、3日前に大西が吹いたそうで、水温もガクッと下がったとか。
どうりでゴミも多く濁っているわけです。

多少の不安を残しつつ、始めてみます。
サナギ作戦とはいうものの、スタートはやはりオキアミから。
棚は約竿1本位から始めます。
ウキは、駄作ですが見易く仕立てた自作ウキを使用します。

まずは様子見、と数投しますが、オキアミは残ります。
しかし、頭だけ取られたり、一部が潰れていたりと。
何となく魚の寄りを感じますが、ウキへの反応はありません。

開始から1時間程すると、ウキに反応が出始めます。
しかし、ダンゴアタリは無く、ダンゴの割れも非常に遅いので、投入から数分後ですが。
アタリも、すこぶる小さく、「ツン!ツン!」といつまでも突っついている感じです。
しばらくこのアタリが続き、やがてアタリが無くなった頃餌が取られます。
今迄なら、こんな時は締めを甘くして、わざと早割りにするところですが、今回はそれをせず、この後もキッチリ締めるよう心掛けます。
ただ、ダンゴサイズは落とし、ピンキン気味に。

こんな感じが数投続き、どうにも我慢出来なくなり、たまらずこの小さなアタリの中から、トップが沈みそうになった時、無理やり合わせてみます。
しかし、予想通り、スカ
これを何回か繰り返しますが、やはりダメ。
「それならば・・・」、としっかりした“本アタリ”が出るまで、じっくり待つことに。

合わせたいアタリを、何度も「グッ」と堪えながら我慢することしばし。
やがて、ウキがトップまで「ス~~~ッ」、とゆっくり入ります。
ウキが完全に視界から消えるのを待って、
「ビシッ
と合わせると、遂に何かヒットします。
それ程強くはありませんが、慎重に巻き上げると、そこに姿を現したのは・・・・・

20cm程のミニチヌさんです
しっかりハリを飲んでます。

取り合えずこれでボーズは脱出です。
ミニチヌながら貴重な釣果です。
勿論、無駄にでっかいスカリにキープします。
横で見学していた釣り人さんに、「でっかいなぁ~」なんて笑われてしまいますが、後程このスカリが・・・・・

このサイズならまだ居るはず、と続けると、やはり数分後アタリが出だし、待って待って・・・・・
やがて「ス~~ッ」、とトップが海中へと消えていきます。
しっかりひと呼吸おいて、

「ビシッ
「ゴン

今度は、なかなかの手応えの魚が掛かります。
しばらくやり取りし、やがて姿を現したのは、30ちょいのチヌさんです。
サイズアップ!
ただ、掛かりは浅いです。

更に数投後、やはり同じタイミングで、もう少しサイズアップしたチヌさんが。
これも口元に掛かってます。

どうも、このじれったい反応をしているのは、チヌさんの様です。
ただ釣れるまでのサイクルがとても長いため、連チャン感があまり感じられません。
ダンゴもなかなか減りません。
ま、効率が良く懐に優しいと言えばそれまでなんですが・・・・・

このじれったいアタリですが、「なかなか食い込んでくれないのは、何かチヌさんのお気に召さない事があるのかも」、と色々考え、比較的負荷のある自作ウキから永易ウキにチェンジ。
サイズも“SS”ですが、やらかして肩が半分位になってしまったものをチョイス。
「これなら更に負荷が少ないかも」、と考えまして。

ウキを変えてからすぐの一投、やっとダンゴアタリが出始めます。
ここで、今迄オキアミで通していましたが、遂に出番かとサナギを付け餌に。
しかし、数投するも、残念ながらダンゴが割れてからの反応は今一。
またオキアミに戻すと、ダンゴが割れたであろうタイミングからの、じれったい時間は同じですが、今度はキレイに、「スパッ」とウキが入ります。
釣れてきたのは、先程と同じ位のチヌさん。
良い群れでも入ってきたのでしょうか?

しかし・・・・・

AM9時を回り、そろそろ干潮の潮止まりを迎えようとする頃、先程までの頻繁なアタリが嘘の様に無くなり、静かになってしまいます。
この頃になると、風も納まり、気温もグングン上昇し、ポカポカ陽気に
思わず防寒を脱ぎ捨てます。
水面も鏡の様でベタ凪。
まるで釣り堀の様です。
ただし、反応は皆無。
でも、しばらく放置すると、オキアミだけは取られますが・・・・

AM10時過ぎ、ここで少しダンゴを手直ししてみます。
ここまではパサ目でしたが、残してあるサナギミンチを加え、この水分でダンゴの半分程をややネバ目にします。
締めすぎると割れそうもありませんでしたが、やはりサイズダウンさせ、しっかり締めます。

付け餌はオキアミ。
投入後暫くすると、ダンゴアタリが出始めます。
ただし、先程までとはちょっと違うような。
遂にボラが反応してきたようです。
となると、尚更このダンゴアタリはスルーしないと。
待って待って、そのうち・・・・・・・ん?
辛抱しても、期待する本アタリが出ません。
勿論、エサは取られています。
ハリをよく見ると、先程まで無かった噛み跡が。
とうとうフグさんまで登場の様です。
でも、フグが来たという事は・・・・・

ここでちょっと疑問が。
それは、割れ後チヌさんが付け餌を咥えている時がないだろうか、という事です。
今迄は、ダンゴアタリをスルーし、その後の本アタリをひたすら待つ作戦でした。
試しに、割れ後の大きなアタリで直ぐ合わせて見る事に。

付け餌は、反応が良いボケに変えてみます。
ダンゴの割れ後、この速攻合わせをしてみますが、乗りません
もう一回。
やはりダメ

次の一投。
この時は、なぜがダンゴアタリが出ません。
それでも、ダンゴの割れまでの時間は何となく掴んでいるので、そのタイミングを見計らって集中。
すると、いきなり「ス~~ッ」と。
トップまで入るものではありませんでしたが、取り合えず合わせてみると、

「ゴン
「オオッ!、か、掛かったァ~~」

これがなんと、久々の30Upのチヌさんですが、皮一枚。
「もしかしたらいけるかも?」
更に速攻合わせ作戦を。
ダンゴアタリのあとの・・・・・
「ス~ッ」「ビシッ」「ん?」
乗りません。

次、ダンゴアタリは無し。
「これは?」

「・・・・・・・」

「ス~~ッ
「ビシッ
「ゴン
「きっ、きたぁ~~~

やはりボケで同サイズ。でも、掛かりは浅いです。

この後、もう一度掛かりますが、掛かりが浅かったのか、痛恨のバラシ
更に、バラし
良い感じですが、やはりこのタイミングでは集中力が持ちませんし、バレる可能性が高そうです。
そして、なにより常に緊張して踏ん張っている為、ふくらはぎに半端なく力が入り、筋肉痛になりそうです。
(実際、帰宅後腹筋と共に、軽い筋肉痛に
ですので、また元のじっくり待つ作戦に戻します。

バラしたせいか、アタリが遠のきますが、しばらくするとまた出始めます。
ここで、棚をトントンからちょい這わせに。
調子こいて、次もとボケを付け待つことしばし。
すると、今迄通り、素直な「ス~~~ッ」が。

「ビシッ
「・・・・・」
「ビュ~~~ン
「ゲゲッ、やっちまったぁ~~~

このハンパ無いトルクは・・・・・?
せっかく避けていたのに、とうとうボラを掛けてしまいます。
「これで場が崩壊かぁ~」、と悲観するも、数投でまたダンゴアタリが戻ります。

AM11時過ぎ、ここで付け餌にコーンをチョイス。
すると取られたり、齧られたりと。
ならばと、今度はサナギを。
やはり、コーン同様取られたり、齧られたりと。
ボラはなんとか交わせそうですが・・・・・
それなら、と付け餌をサナギ&コーンに。
すると、例のタイミングで、

「スコン
「・・・・」
「ビシッ
「ビュ~~~~ン
「ま、まさかぁ~~~

「ここでボラぁ~?」、とがっかりするも、こうしてはいられません。
とにかくゴリ巻きで、引き上げないと。
かなり強引にやり取りし、そろそろウキが見えるかなぁ、と思っていると、今度は足元に突っ込んできます。
「まさか?」
しばらくして姿を現したのは・・・・・・

PB300812.jpg
なんと40cmのチヌさんです。
まさかこのサイズが来るとは。
予想外の良型に思わずニンマリ
(ただし、これも掛かりは浅く、口の皮一枚)

それなら次も、とサナギ&コーンで攻めると、投入から約5分後、またまた同じような感じで・・・・

PB300813.jpg
37cmのチヌさんです。

良い感じなんですが、どうもさっきからラインの調子がおかしい。
よく見ると、途中にコブが。
これじゃ無理
そうこうしていると、お昼のチャイムが。
丁度良い句切れだし、サナギ作戦もなんとか完了したので、場を休めながらランチタイムに。
貸切だとは言え、午前中で8枚なんて、出来過ぎです。

午後のダンゴですが、当然「ドカン」、といきたいところではありますが、せっかく良い雰囲気ですので、アミエビを約2カップ強と細引きサナギをやや多めの「小カン」と、ネバ団に。

PM1時、午後の部開始です。
海の状況は午前中と同じ感じですが、ダンゴの状態が妙にしっくりきます。
今年一番の出来かも?
ただ、さすがにキン締めではダンゴ返しを喰らいそうなので、少し甘めに締めます。

しばらく打ち続けると、ダンゴアタリが出ますが、午前中程強くはありません。
やがて、オキアミでは全然太刀打ち出来無くなったので、コーンとサナギをメインに、たま~にボケというサイクルで組み立てます。
何となく雰囲気はあるのですが、それを上回るかの如く、フグの活性がやたら上がってきます。
それでも、私にとってはラッキーフィッシュなので、ここは我慢我慢

ハリスの状態に気を付けながら、投げる事数投、付け餌はサナギです。
気持ち良いアタリで、30ちょいのチヌさん登場。
これで9枚。
夢のつ抜けまであと一枚。
開始から約30分後のPM1時半、ここで付け餌をボケに。
しばらくすると、ダンゴアタリのあと、比較的早い時間で、電光石火の如く、

「スコン
「オオッ
「ビシッ
「ゴン

これは?、と期待するも、いきなり暴走。
でも、ゴンゴン感もあるし・・・・・
王台への祈りも込めて慎重に慎重に。
しかし、姿を現したのは・・・・・

PB300814.jpg
40cm近いキビレでした。
う~~~ん残念

気を取り直し、付け餌をサナギ&コーンメインに戻して再開。
PM2時を少し回った頃でした。
付け餌はサナギ。
しばらく待つと、セオリー通りの素直なアタリが出て、

「ス~~ッ
「よ~し、持ってけ持ってけェ~~~
「ビシッ
「ゴン
「ヤリ~~~ッ

今度もかなりの強い引きです。
これがチヌなら・・・・
数分のやり取りのあと、姿を現したのは・・・・・

PB300815.jpg
40cmのチヌさんです。
夢のつ抜け魚が、良型のチヌさんだったので、嬉しさも倍増です
あとは、どれだけ数を伸ばせるかですが・・・・

PM3時頃が満潮の潮止まりなので、ここに最後のチャンスが来ると信じて続けます。
しかし、無情にも状況は悪くなる一方。
やがて恐れていたフグ地獄に
でも、ここで薄口ダンゴに戻すのは・・・・・・
仕方なく、フグさん達がおとなしくなるまで、ひたすら待つ事に。
「こんな時、ガニラスがあったら・・・・」、と悔やまれました。
この状態は、ゴールデンタイム、のはずだった3時を過ぎても変わらず、やがて潮も動き出しやり辛くなってきます。
この間、取られたハリは約1袋。
嗚呼ァ~~~~~

フグさん達が落ち着いたのは、夕刻迫るPM4時を回った頃でした。
残り時間もあとわずか。
残ったアミエビをドカンとかまし、ここからはボケメインで攻めます。
更に、ここは思い切ってガッパ~と這わせます。
ボケも残りだし、怪しいと思っていると、やっとらしいアタリが出て、30弱のチヌさん登場。
「よしっ、これなら・・・・」、と気合を入れますが、次に来たのはボラ
そしてボラ
さらにボラ
なんとかチャンスを作れないか、最後のあがきをみせますが・・・・・

思いの外日暮れは早く訪れ、PM5時には、殆どウキが見えない状態に。
ここで、視認性の良い自作ウキにチェンジ。
見辛い中、なんとか頑張り、30半ばのチヌさん。
そして、程無くミニチヌさん。
「ここでぇ~~」、と少し気落ちしますが、ラス前、殆どウキが見えない中、最後の30オーバーのチヌさんをゲットし、PM5時過ぎ、これが上がりチヌとなり、納竿となりました。

本日の釣果です。
PB300817.jpg

結果的に13枚と良型キビレ1枚と、私的には十分すぎる釣果となりました。
まさかこの時期に、本当に夢みたいですが、やはり貸切だったのが勝因ですね。

帰り際、朝横で見学されていたフカセ師さんが竿を出していて、先程お願いされていたチヌさんを差し上げると、美味しそうなリンゴに変わりました。
お宅がリンゴ農家さんだった様です。
ご馳走様でした。


今回はやたらと長くなってしまい、申し訳ありません
でも、こんな事は滅多の無いので、貴重な記録として綴りました。
ただ、この状況なら技術のある方なら、もっと数を伸ばせたと思います。
もし、「あの時は、こんな攻め方をすれば良かったのでは?」、などご意見などありましたら、どうかお聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。
長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

写真2



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/244-dfb35b4d

トラックバック

コメント

[C2461]

釣り場のチヌ独り占め♪

でも釣り場に人少ないと、嬉しくもあり 寂しくもあり・・・・


しかし、こんだけ釣ったら楽しいですね!



  • 2013-12-01 21:05
  • てるさん
  • URL
  • 編集

[C2462]

ツ抜け、おめでとうございます。
流石ですね。
隣で竿を出してなくて良かった(笑)。
午前中で8枚も釣れるのですね~
次回はもう少し気合いを入れて行かねば!
  • 2013-12-02 07:37
  • 洗濯屋
  • URL
  • 編集

[C2463]

お疲れ様でした。
そして、ツ抜け達成おめでとうございます。

型も良く、凄いですね!

南国よりも、そっち方面に行きたくなりました(笑)。
でも、鍋も、、、悩む〜
  • 2013-12-02 08:54
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C2464]

南国じゃなくて、ここで鍋で良いんじゃない!(o^-')b !


南国は遠い!(>_<)
  • 2013-12-02 13:25
  • KーZAN
  • URL
  • 編集

[C2465]

サナギ作戦成功にてツ抜け・・・お見事でした!!

渋いチヌを食わせる辺りは・・・流石 ^^v


拙者は先週からバリに取りつかれ連敗・・・

これから寒修行本番、頑張ってくだされ ^^

  • 2013-12-02 21:01
  • 半蔵
  • URL
  • 編集

[C2466]

いゃ~、物凄いことになってたんですね。
この時期にツ抜けとは、凄いです。
翌日、その場所に行きたかったのですが家の仕事でNGでしたので、次回は南国・・・それとも。
  • 2013-12-02 21:53
  • イッサ
  • URL
  • 編集

[C2467]

お疲れ様です。
年に一度はこういう事がないと・・・ですね。
  • 2013-12-03 00:06
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C2468] ナイスな釣果!

さすがトトさん、好釣果ですね~。

やはりエサの選択が肝なんでしょうね。
勉強になります!

この勢いで、次回はいぶし銀or年なしが出たりして(^^)

[C2469]

てるさん、確かに嬉しい半面、寂しい気持ちも・・・・(~_~;)
ただ、釣果は予想外でした(^-^;

洗濯屋さん、ありがとうございます。
またお会い出来ると思ってましたが・・・(^。^)?
午前中は渋い印象があったので、私もビックリです(゚o゚;;
今度はご一緒させて下さいネ。

HARUさん、ありがとうございます。
ここへ来てまさかツ抜け出来るなんて、思ってもみませんでした。
やっぱり貸切が効きましたね。
南国・・・・・・微妙(ーー;)

K-ZANさん、確かにここは良いかも・・・・ですね。
南国、遠いですか(^-^;?

半蔵さん、お久し振りです。
ブログは欠かさずチェックさせて頂いております。
ようやくサナギ作戦が成功して、ホッとしています。
しかし、これからが正念場ですね。
寒さに負けず、バリにも負けず、頑張りましょう!

イッサさん、てっきり翌日出撃されるかと思ってました。
家の仕事では・・・・・(>_<)
南国ではなく、ここにしましょうか(*´▽`*)?

大臣さん、釣行お疲れ様でした。
おっしゃる通り、年に一度くらいは・・・・ですよね(^_^;)

鵬丸Ⅲ世さん、今回は見事に作戦が成功して、よかったです。
でも、本当は好きな餌で勝負してみたかっただけなんですヨ(^-^;
ま、釣れる餌と、好きな餌は違いますので・・・・・
これも運ですね(^_-)

  • 2013-12-03 22:35
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C2470] 残しておいてください

素晴らしいです、トトダンゴさん。

今度、見学させてください。
そしてチヌをください。

只々、感服するだけたです。
  • 2013-12-04 20:55
  • 鶴吉
  • URL
  • 編集

[C2471]

大漁大漁!
面白いくらいつれてますやん!
はー、僕も数釣りしたいです。
次回も良い釣りを!
  • 2013-12-05 09:49
  • アールグレイ
  • URL
  • 編集

[C2472]

鶴吉さん、いえいえとんでもありません(; ̄ェ ̄)
運が良かっただけですから(^_^;)
それより、見学だなんて言わずに、是非ご一緒しましょう。

アールグレイさん、今年最初で最後の好釣果でした。
頑張っていれば、一度はこんな事もあるんですね。
地道が一番です(^。^)!
  • 2013-12-05 21:12
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C2473] なっなんと

14枚ですか 暇なしの釣りいいですね
アタリの取り方
チヌの捕食の仕方
勉強になります
ツ抜けの次は どでかいヤツを
  • 2013-12-06 18:29
  • とどやん
  • URL
  • 編集

[C2474]

とどやんさん、勉強だなんて。
これも、とどやんさんのサナギ講座の賜物ですよ(^。^)!
それに、暇は相当ありましたから(^_^;)
ま、気長に一人のんびりと出来たお陰ですかね(^-^;
今度はとどやんさんの様な、大物ゲットしてみたいです(⌒-⌒; )
  • 2013-12-06 21:51
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C2482] ま、ま、ま、なんとぉ!

 師走と云うのにお一人だけ盛夏の釣りをしてはりますやん!

しかも霊峰富士のお山も!

  • 2013-12-11 19:36
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C2484]

ねこさん、年に一度の大感謝祭でしたので・・・・( ̄▽ ̄;)
ただ盛夏には味わえませんでしたけど(-.-;)
富士山は相変わらず美しかったですヨ。
是非お見せしたかったです(;_;)
  • 2013-12-11 21:27
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア