Entries

攣ったァ~(T~T;。)

 昨日二月初戦に行ってきました

しばらく悶々とした日々を過ごしておりましたが、ようやくこの日が来ました

先日のバリウムの影響が抜けきらず体調も優れませんでしたが、なんとかこの辺りで気持ちと共にスカッとしたいところではありますが・・・・・

辛抱した分・・・・・・・


 出撃できない気持ちを紛らわすため、先日ちょこっと海へドライブしてきました。
天気も良く、最高の釣り日和でしたが、それ以上に富士山が綺麗でしたので、その時のスナップを少しばかり。

P2011182.jpg

P2011179.jpg

P2011180.jpg


さて、それでは釣りのお話を

7日土曜日早朝、既に凍った車窓を溶かしつつ、目的地へと向かいます
本日のポイントは、とある波止。
まだ薄暗い中釣り座を決め、しばらく車内で暖を取っていると、見慣れた車がブルル~ンと横付け。
なんとそれは、釣友のMさんではありませんか
偶然ではありましたが、急遽コラボさせて頂く事になりました
Mさんとのコラボ、実は毎回何かハプニング?が起こるんです
でも殆ど良い事なんで、楽しみなんですけど

AM6時半過ぎ、釣り座へ入り準備を始めます。
今日は残念ながら予報通り強い向かい風が吹いており、寒いのなんの
海面もガシャガシャで、水もかなり濁ってます。
水温も当然・・・
しかし、午後からは真逆の風になる予報なので、午前中は捨てて午後からが勝負・・・・のはずでしたが。

AM7時、釣り開始です。
今日のダンゴは、この時期限定の市販品での軽量?バージョン。
ただアミエビはいつも通り後入れで。
まずはオキアミで様子を見ます。
一投目こそ綺麗に付け餌は無くなりましたが、それ以降は殆ど丸残り
たま~に、ちょこっと齧られる程度。
ウキには全く反応が出ません、というよりこの荒れ様で小さなアタリなど分かるはずもありません
さらに、当て潮時の様に崩壊後はウキが風に押され直ぐ近くに来てしまいます
せっかくダンゴを持たせてもこれでは・・・・・・
それでもなんとか集中を切らさず、

ニギニギ。。。。ポイッ!。。。。回収

ニギニギ。。。。ポイッ!。。。。。回収

う~~~~ん悩悩悩

そしてまた、

ニギニギ。。。。ポイッ!。。。。回収と。

開始から約3時間、時計の針は既にAM10時を回っています。
この頃から、まだ正面からではあるものの、幾分風が落ち着いてきます。
しかし、未だこれぞという反応はありません
ここで、何とか変化を付けなければ・・・・・と、試しにとある作戦を決行
今迄は、比較的パサ目の薄口ダンゴをきっちり締め、数分間は持たせる感じでやっていました。
それとは真逆の、ゆるフワ濃厚ダンゴを打ってみます
約30秒ほどでダンゴが割れ、ほぼ間髪を入れずクッ!、と何か触ったような?・・・・・・・
なんて思った瞬間、まさに電光石火の如く

「ズコン

「ビシッ
「ド~~~ン
「ピキッ
痛ってぇ~~~~

いきなり不意打ちを喰らって、殆ど身構えが出来ていなかったせいか、一応合わせは決まりましたが、なんと、あろうことか右足の指が思いっきり攣ってしまいます
もう痛いのなんの
しかし、魚は横の障害物目掛け、物凄い速さで一直線
やがて完全にロックオン
なんとか引き離したいのはやまやまですが、あまりの痛さに右手は足の指先を押さえるので精一杯。
ひん曲がる竿を左手だけで支えるものの、リールが巻けないので、仕方なくケンケンしながら横へとずれ、引き抜こうとします
傍から見たら、恐ろしく滑稽で情けない姿でしょう
それなのに、Mさんたら・・・・・・笑い過ぎ

しばらく痛みに耐えながら、なんとか魚を障害物から引き離し、攣りも治まったので、回収にかかります。
何度かの突っ込みに耐え、ようやく姿を現したその魚は・・・・・


P2071184.jpg
なんと、48cmの良型チヌさんです。
痛みに耐えた甲斐がありましたぁ

魚を繋ぎ、再度あのダンゴを打ってみますが、効果無し
また元のダンゴの戻します

このまま何も無かったかの様に静まり返り、やがて気が付けばもうお昼近くに。
この頃になると、朝の向かい風が嘘の様に落ち着き、海はまさにベタ凪状態に
やがて、ウキにも反応が現れ始め、わずかながらダンゴアタリも出始めます
ここで、待ってましたとばかりに、ベタ凪用の超タイトな自作ウキにチェンジし、わずかなアタリも見逃さないよう集中します
しばらくすると、明らかに分かるダンゴアタリが出始めますが、チヌさんの様なカッカッと小気味よい物ではなく、ピリピリ?。。。チョビチョビ?。。。という様な変なアタリです
それでもダンゴが割れると、モゾモゾしたじれったい反応が出ます。
回収すると、オキアミの頭だけが取られる事数回。
「これは怪しい
ここで、先程のゆるフワ濃厚ダンゴを打ってみると・・・・・

「フワ・・・・フワ・・・・・」
「・・・・・ツン・・・・・ツツッ・・・・」
「・・・・・・」
「スコン

「ビシッ
「ゴン

またまた電光石火でウキが入り、ヒット
こいつも結構頑張っていますが、直ぐ様かなり沖目で水面に浮いてきてしまいます
ボラぁ?、かと思いましたが、上がってきたのは・・・・・

P2071185.jpg
40cmのチヌさんでした

この絶好なチャンスを逃してなるものか、とさらに集中しますが、次に爆発したのはMさん。
一瞬年無し?に見間違えるほどの良型。
おめでとうございます

やがて雰囲気はいつしか消え、気が付けば背後からかなりの強風が吹きつけるように
ここでたまらずアミエビを投入し、濃厚ダンゴに切り替え投入し続けますが、これといった反応が出ないままゴールデンタイムへと突入します。
ここで、パタッと消えてしまったダンゴアタリが復活します
しかし、ダンゴが割れた後は、無反応になり付け餌はほぼ丸残りです
どうしたら食わせることが出来るか、あれこれやってはみますが、一向に良好の兆しは見えないままやがて日没を迎えます。
風もいつしか納まり、まだまだ出来そうでしたので、久し振りに赤灯出撃です。
このままPM6時過ぎまで頑張りましたが、アナゴの2連チャンで泣く泣く納竿となりました

本日の釣果です。
P2071187.jpg
今日まで我慢した甲斐がありました
これでまたしばらくは我慢出来るかなぁ~・・・・・多分

Mさん、今日はコラボさせて頂きありがとうございました
ほぼ同型の二安打で、お互い釣果があって良かったですね。
みっともない姿もお見せしてしまいましたが、とても楽しい一日でした
それと、絶倫&H.C.ご馳走様でした。
また機会ありましたら、ご一緒させて下さいね
今度はヘマしませんよ

次の出撃はいつになるかなぁ~


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/291-ea51738e

トラックバック

コメント

[C2883]

晴れ渡った青空の下、釣果の方も良型2枚ですしダンゴをニギニギ良いですね。
  • 2015-02-08 16:40
  • イッサ
  • URL
  • 編集

[C2884]

お疲れ様でした。

仲良く二人で2枚づつGET出来良かったですね。二月の厳しい時期に流石です。
  • 2015-02-08 21:01
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C2885]

イッサさん、この時期の青空は癒されますよねぇ。
そんな時のチヌさんは、また格別でした。
これだから寒くてもニギニギはやめられませんネ(^_-)

HARUさん、タイミングは違いましたが、仲良く釣果があって良かったです(^_^;)
まだまだ厳しい時期が続きますが、HARUさんも頑張ってきて下さいね(^^♪
  • 2015-02-10 20:17
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C2886]

今年も~~良い感じですね~♪

黒鯛の色も、場所によって違いますね。
こちらは、三月になると深場から上がってくる黒鯛がのっこんできますのでね。
色合いは、青白い感じですよ~~(笑)。

  • 2015-02-16 21:44
  • もっこり亭
  • URL
  • 編集

[C2887]

もっこり亭さん、なんとか今年も顔を見させて頂いております。
確かに色も様々ですよね。
ただ最近は、真っ黒けなのにはお目にかかっていません。
黒い野武士も良いと思うんですけど(笑)。
  • 2015-02-17 21:01
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C2897] こんばんは。

 エエのん上げはりましたやん!

 バリウム飲まなあかん状況やったんですね。
オエしなかったですか?
お体大切になすってくださいね。

 イチゴ味でしたん?
私はパイン味が好きですがそんなのあるかしらん。
ヤなものを呑まねばならぬ時、少しはリクエストしたいものです。

 綺麗な霊峰富士の山、ヨロシなぁ。
それだけで釣果の半分は満たされたも同然ですやん!

 啓蟄も過ぎたのにこの寒波!
親子共々縮み上がっておりますが、小生もそろそろオープン戦しよかなとも思う今日この頃です。
  • 2015-03-11 22:14
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C2898]

ねこさん、こんばんは。
バリウムは会社の健康診断なので。
ただ今回初めて引っ掛かってしまい、少々心配しております。
このところ毎日とんでもない風が吹いており、水温も下がってしまった様ですが、やる気だけは下がらないよう頑張ります。
早く暖かくなると良いですねo(^-^)o
  • 2015-03-12 22:13
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア