Entries

お告げ?(#゚Д゚)

 今日は忙しい中、無理言ってお休みを頂き、病院へ行って来ました。

その為、少し時間が出来ましたので、先日の釣行のお話などを・・・・・・

やはり体は正直で、無理をすればなにかしらのシグナルが発せられるんだなぁ~、と。

危ない危ない・・・・(;´Д`A



 またまた私事で恐縮ですが、実は、先日来、未だ胃の痛みが治まらず体重も減り続けている事から、上下から徹底的に検査して原因を調べようという事になり、有給を頂いて某大学付属病院へ検査に行って来ました。
今日は、まずは上からという事で、胃の内視鏡検査でした。
来週は、と~っても不安な下からの検査です(-_-;)。
噂では想像以上にとても大変との事。
あ~今から憂鬱です(;´Д`)。
でも、これが早く治す為の一番の近道なんで、頑張らないと(^^;)

と話が脱線しましたが、それでは釣りのお話を。

先日の土曜日、生憎の天気だったので激熱ポイントを断念し、ゆる~いポイントへ行ってきました。
しかし、そんな中頑張った一部の釣友の方々は、しっかりフィーバーを堪能してきたんです。
そんな話を聞き、どうしても未練が捨てきれなくて、今の状況では非常に無謀な選択ではありましたが、翌日曜日、激熱?ポイントへと釣行してきちゃいました。
当日は他に3名の釣友様もいらっしゃるとの事。
またまた楽しくなりそうですが・・・・・・・

AM3時前、早々に現着し早速釣り座へと入り準備に取り掛かり、AM4時過ぎには釣りを始めます。
今回私が入る釣り座は、釣果よりも安全第一という、言わば初心者向け?の比較的安全な所です。
何を隠そう、まだこのポイントでは、まだこの釣り座でしかやった事がありませんが・・・・(-_-;)
楽しい釣りは、まず安全からですので(^_^;)

それと、一足早く始めたのには訳がありまして、AM8時から町内の一斉清掃がある為、一時中座しなければなりません。
また、午後からは強烈な向かい風に変わり、釣りが出来なくなるかもしれないんです。
その為、今日は早速赤灯出動で始めてます。

とは言うものの、頑張って始めるも、これといってドキドキする事も無く、気が付くとすっかり明るくなってます。
仕方無く一度気持ちをリセットする為、いつものTOTOウキにチェンジし、いざ再スタートです。
ちなみに、今日は昨日のダンゴの残りに集魚を加え、チョイパサ目から始めています。
その後、様子を見ながら少しずつ集魚を加え、ネバ目に変えていく作戦です。
付け餌はオキアミ、フナッシー、コーン、サナギなどを用意してあります。

今日は少しはオキアミ以外の餌でも反応してくれるだろうと期待しますが、どういう訳かオキアミ以外のエサの反応は今一。
結局今回もオキアミメインでいくことに。
しばらく打ち続けると、序々に反応が出始めますが、ダンゴアタリは無く、崩壊後しばらく流すと当たる、そんな感じです。
やがて、らしいアタリが出始めますが、先日の様な「バコッ!」、という気持ち良いものではなく、如何にも焦れったい、

「もう一声・・・・・・もう一声・・・・・・・」
「もうチョイ・・・・・・・・・・クッ・・・クゥ~~ッ・・・ 」
「・・・・・・よっしゃぁ~~~~!」
「ビシッ!」

こんな感じでようやくヒットです。
逆に、「スコン!」、と気持ち良く入っても、べっちょん、グレ、etc。

それでも、そろそろ中座の時間となるAM7時頃までには、4枚のチヌさんをゲットします。
ただどれも“タモ要らず”ですけどね( ̄▽ ̄;)
しかも皆喰いが浅く、殆ど口元に掛かってました。

ササッと身支度し、一時帰宅します。
それから約3時間、釣り場に戻って来れたのは、なんとAM10時前。
思いの外掃除が長引いてしまい、大~~~誤算(>_<)!
どうもこの間に、ちょっとした祭りがあった様で、皆さんポツポツと釣果を上げられてました。
ク~~~ッ!、残~念~~・゜・(ノД`)・゜・
「よ~~しっ、これから挽回だぁ~(゚Д゚)ノ!」、と始めるも、潮が完全に引いてしまい、先程までのアタリは何処へやら?
しかも、穏やかだった海が南からの強い横風により荒れ始めており、潮も飛び気味と散々。
このままエサ取りも掛からないままお昼に。

ゆっくりお昼を取っていると、一人ダンゴを投げていた釣友のウキの流れが落ち着いてきています。
こうしちゃいられないと、急いで済ませ、直ぐ様戦闘開始。
しかし、落ち着いたのは一時だった様で、先程同様潮は飛んでます。
それでも辛抱強く爆投を繰り返しますが、依然反応悪し。
そんな中、我慢した甲斐あってか、ようやく若チヌさんを追加します。
でも後は続きません。

そうこうしていると、急に海面がザワつき始め、船でも通ったのかなぁ~、なんて思った次の瞬間、突然「ゴ~~ッ!」、と強烈な西からの向かい風が吹き付けます。
やがて先程までの穏やかな海が一転、ガチャガチャに荒れ狂ってしまいます。
足元は所によりサラシ状態になり、時折飛沫が襲ってきます。
「こりゃいかん((o(>皿<)o)) !!」、とたまらず釣り座を一段上へと移動します。
しかし、それでも容赦無く荒波は襲い掛かり、ここまでも飛沫が飛んでくる始末。
竿を置き、しばらく途方に暮れていましたが、時間も既にPM2時を回っていたので、「こうなったら一か八かだァ~ヽ(`Д´)ノ!」、と無理やり始めます。
と、始めて直ぐ、遂に強烈な引きで何か掛かります。
手前へのツッコミを強引に交わし、ようやく魚を浮かせましたが・・・・・・・
「ガビ~~ン!∑(O_O;)、やってまったぁ~~~(>~<;))) 」
なんとそれは巨大なタカノハダイ。
終わったァ~~~( ̄◇ ̄;)

頭の中は真っ白。
一応仕掛けを作り直しますが、棚なんかもう訳分かんなくなってます。
「時間も時間だしもう止めようかなぁ~(ーー;)」、と戦闘力が急激にダウンしますが、なぜか手には新たなダンゴが。
そして再び荒れ狂う海へダンゴを投入。
しかし、強烈な向い風の為、思ったところまでダンゴが飛びません。
ウキもえらく手前にまで押し戻されてしまいます。
それでもなぜか気持ちは高ぶる一方。
この時、潮の流れだけは落ち着いていた所為かもしれません。
そんな時、ウネリによる動きとは明らかに違うウキの動きを察知します。
「これは絶対怪しい(;一_一)」
“フワフワ”とフラついていたかと思うと、「スッ!」、と時折トップまで入る明確な動きです。
やがて、遂にその瞬間が。
何度かの「スッ!」、というアタリの後、「ス~~~ッ!」、とウキが波間に消えて行きます。

「今だァ~~~~!」
「ビシッ!」
「ド~~~ン!」

先程迄味わった事のない様な、強烈な引きです。
しかも、潮が再び飛び始めており、「キ~~ン、キ~~ン!」、と糸鳴りする強風と、早くなりつつある流れも相まって、更に引きは強烈さを増します。
それでも、「これが最後のチャンス!」、と出来る限りラインを出さないよう踏ん張り、時折感じる擦れにヒヤヒヤしながら、「頼むぅ~、切れないでくれぇ~(>人<;)!」と祈るような思いでやり取りし、遂に奴も観念したのか、ようやくウキが見え、そして海面を割って姿を現したその魚は・・・・・・

P5171260.jpg
45cmのチヌさんです。
驚くような大きさではありませんが、今の私にとっては一獲千金に値しますO(≧▽≦)O。
久し振りにタモも活躍しました(^^♪

とここで、急に気が抜けてしまったのかどうかは分かりませんが、異常なまでの疲労感を感じ、「このままだと絶対ヤバいヽ(´Д`;)ノ」、と直感し、丁度区切りも良いのでここで納竿します。
昨日から殆ど寝ておらず、体力も限界だったと思いますが、あのチヌさんがそれを悟らせてくれた様に思います。
これぞチヌさんからの「お告げ」でしょうか?

本日の釣果です。
P5171258.jpg
28~45cm 6枚
中座もあり、実質5時間程度の釣りでしたが、久々の良型にも巡り会えて、満足のいく釣行となりました。
ただ、夕方のゴールデンタイムまで竿が出せなかったのはちょっと心残りです(T ^ T)

参戦された釣友の皆様、大変お疲れ様でした。
どうもひと頃とは様子が違ってきている様な感じがしますが、これで本来のこの場所の姿に戻るのでしょうか?
いずれにしろ皆さん釣果があって良かったです。
また機会ありましたら、ご一緒させて下さいね。

いよいよ祭りも終わりかなぁ~( 」´0`)」



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/302-e221f4ea

トラックバック

コメント

[C2962] お告げ・・・うらやましい~ 

トトさん、こんばんは

いつもブログ訪問ありがとございますm^^m

荒れ海釣行お疲れ様です。

45ゲットおめでとうございます!

どのチヌさんも輝いていますね、綺麗です^^

さんぺいにもお告げ・・・来ないかな・・・お祭りにも出会ってみたい・・・^^

引き続きお体お大事に楽釣してください。

また更新楽しみにしておりますm^^m

さんぺーでした^^

  • 2015-05-19 22:21
  • さんぺいです。
  • URL
  • 編集

[C2963]

さんぺいさん、こんばんは。
やっぱり無理は禁物ですね。
それを教えてくれたチヌさんに、感謝感謝です。
しばらくは、ゆるりと握ろうと思います。
  • 2015-05-21 22:18
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア