Entries

コラボ&聖地

 5月30日土曜日は、“釣友とのコラボ”&“流れ流れてなぜか聖地”、で竿を出してきました。

このところ中々思う様な所に入れず、ちょっぴり残念モードでしたが、その分新しい発見もあったりして。

そんな行き当たりばったりの釣行でしたが・・・・・・・


 30日早朝、第一目的地へと向かいます・・・・・・が、既に先釣様有り( ̄▽ ̄;)。
ならばと次へ向かうもここもOUT( ̄◇ ̄;)。
んじゃ更にと車を走らせますが、なぜか今日は目星い所はどこも一杯(-_-;)。
最近では珍しい光景です。
余程釣果が上がっているのでしょうか?

仕方無く、その旨を釣友のHARUさんに伝えると、「そんじゃ最終手段として考えていたトリッキーポイントで(^_^;)」、という事になり、コラボ場所はここに決定です。
そう、今回コラボさせて頂く釣友様はHARUさんです(^^♪。
なんでも、最近スパイクシューズという心強いNEWアイテムを手に入れられたそうで、その試しも兼ねての釣行です。
ただ、風予報的にはAM中は何とか出来るかもしれませんが、もって半日、という厳しいもの。
しかし、HARUさんは訳有って今日は半日しか出来ないとの事。
丁度良かったかもしれませんね(^_-)。

とは言うものの、所詮半日なんで時間を無駄にしないよう、早速赤灯を投入して、AM3時半釣り開始です。
暗いうちは、たま~にネネネンがウキを揺らす程度で、じきに明るくなり、早出モードはあっという間に終了です。

夜明けと共に美しい富士山が姿を現します。
P5301281.jpg
いつ見てもワンダホ~ですわぁ(´∀`*)。

本日の釣り座です。
P5301280.jpg

最近ドップリとここにハマってしまっています。
今日も“爆”を期待しますが、どういう訳かエサ取り君達のやる気は今一。
なんと開始早々からオキアミが残ってきます。
こんなはずでは・・・・・・・(-_-;)
しばらく打ち続けるも、たま~に取られはしますが瞬殺には程遠く、超鈍殺ぎみ。
そうこうしていると、早くも潮が飛び始めてきます。
そんな中、AM6時を回った頃、ようやくらしいアタリで、「ビシッ!」と。
上がってきたのは・・・・・・

P5301279.jpg
34cmのおチヌ様(^。^)。
エサはオキアミでした。
その後は激流を横目に、往生際の悪いダンゴをポツポツ放りながら取り留めもない時間を過ごします。
変化があったのは、その約2時間後。
何となく潮が緩んだので、「チャンス!」、と集中していると、ウキがゆっくりと水中へ。
「ビシッ!」と決まり、程無く浮いたその魚は・・・・・・

P530826.jpg
28cmのチヌさんです。

その後は、ササノハ君がたま~に遊んでくれるものの怪しい雰囲気は全く出ません。
やがて予報通り北~西寄りの強風が吹きつけてきます。
そして、あれよあれよという間に海はガチャガチャに。
こうなるともう終わりです(>_<)。
AM11時、まだまだ時間的には早いですが、HARUさんもそろそろご帰還なさる様ですので、私もここで切り上げます。
実に呆気無い幕切れでしたが、何とか本命の顔も見れたし、HARUさんも良型を上げられたので、まぁ良し!としましょう。

前半戦の釣果です。
P5301283.jpg
28,34cm 2枚

HARUさん、半日ではありましたが、コラボありがとうございましたm(_ _)m。
シューズの具合はいかがでしたか?
今度は夕方までじっくりやりましょうね(^_-)-☆
半日お疲れ様でした。

さて、と竿を畳んだまでは良いのですが、まだまだ日は高く消化不良なので、次の戦いの場を求め彷徨います。
実は今日他に2名釣友様が別場所で竿を出されています。
その様子を拝見しつつ、取り敢えず西の端まで出向いてみます。
が、早朝同様やはりどこもかしこも釣り人で一杯( ̄◇ ̄;)。
とても入らせて頂ける余地などありません。
このまま行ったり来たりを繰り返す事約2時間、魔が差したのか今日の風向きなら絶対に立ち寄らない某所へと足が向いていました。
何を隠そう、ここは私のダンゴ釣りの発祥地であります聖地と崇める某所です。
しかし、ここ数年とんと足が遠のいてしまい、情報もさっぱり。
良い機会なので、ポイントへと足を運んでみます。
風は恐ろしい勢いで吹き荒れ、ヨットのマストがカランカランと鳴りまくっています。
こんな時、とても釣りなんか出来ないハズなんですが、なんと2名のダンゴ師様の姿が。
それもその筈、暴風が吹き荒れてはいますが、なぜかここだけ北寄りで、背後からの追い風となっておりポイント自体は比較的凪いでいるんです。
早速お話を伺うと、お一人は、「餌取りどころかアタリさえも無い!」、との事で撤収されるところでした。
もうお一方も渋いとのお話ですが、せっかくここまで来たので、お隣に入らせて頂く事にします。
いゃ~、しかし実に何年振りでしょう、ここで竿を出すのは。
最後に竿を出したのは13年の2月だから、かれこれ2年ちょい振りですわ(^-^;。

PM2時過ぎ、第2回戦の開幕です。

釣り座です。
P5301285.jpg

やっぱりいつ来ても良いもんですねぇ~。
心が和みます(*´∀`*)。
しかも、ポイントは近いし、水深もそれ程無いので、実に釣り易い所です。
先程までの緊張しまくっていた時間が嘘の様です。
これで釣れれば言うこと無いのですが、そう甘くなく雰囲気は皆無です。
ただ、エサは何気に取られてます。
しばらくすると、恒例のベラ君がポツポツと掛かり始めます。
しかし、その後が続きません。
やがてお決まりの激流タイムに。
しばし、途方に暮れながら、竿を握ったままトリップ。
さすがに不眠不休に、このまったり感は堪えますわ。

何度と無く夢の中を彷徨いながら、ふと気が付くと潮が良い感じで緩んでいます。
時計の針は、PM4時を回っています。
「これはチャンス!」、と集中する事しばし、しつこくエサのオキアミに付きまとう者がいます。
「怪しい~(;一_一)」
慌てずその様子をじっくり見守っていると、かなり流れた後でしたが、遂にウキが水中へと消えていきます。
ひと呼吸おいて、「ビシッ!」。。。「ゴン!」と。
それ程強くはありませんが、慎重にやり取りし、やがて姿を現したのは・・・・・

P5301284.jpg
30cmのチヌさんです。
まさか釣れるとは思っていなかったので、感激です(*≧∀≦*)。
釣果に至っては、12年の8月以来なんで、これじゃとても聖地なんて大きな声では言えませんね(^_^;)。

その後、背後からの金色に輝く夕日を浴びながら夕マズメを迎ます。
この頃にはすっかり潮も落ち着き、最高の条件の中遂に雰囲気が出て、なんと一枚追加です。
PM6時半、思わぬ釣査結果に一人ほくそ笑みながら、気持ち良く納竿しました。

後半戦の釣果です。
P5301286.jpg
29,30cm 2枚

最終的には思わぬ所に落ち着いてしまいましたが、結果が得られて良かったです(^^♪
今年の沼津は、どこも良い感じですョ。
いよいよ6月。
これから益々楽しみですね(^_-)-☆



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/305-eeba53a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア