Entries

お手上げ&撃沈(~ー~;)

 お盆休みも今日までと、あっという間に終わってしまいました。

休み前にバタバタだった分、思いっきり爆投してリフレッシュ、のつもりでしたが・・・・・

終わり悪けりゃ全て悪し。。。。。。

反省だらけの連休でした。


 12日の連休初日は、ギリギリ粘ってなんとか最後に1枚、と情けない結果に終わってしまったので、次こそはと気合を入れて臨んだ14日。
前日は生憎の雨模様で、一度釣り場へ行ったものの、雨&雷に耐え切れず竿も出さず撤収。
帰宅後は、せっせとウキ作りに励みました。
釣りビギナーさんのお陰で、まず手に入らないと思っていたウキの材料が手に入っていたので、ここぞとばかり7本も量産してしまいました。
お風呂での最終調整も終わり、出来上がったウキを眺めていたら、もう直ぐにでも試したくなり夜中からウズウズと。
問題は何処へ行くかでしたが、昼間に結構雨が降ったので、普通ならあまり影響のない所を選択するところですが、今回はあえて激流覚悟で某所を選びます。
心のどこかで、「難しいもののきっとあそこならチヌさんは顔を出してくれるだろう」、と多少の奢りがあったのは事実です。

14日深夜、雨が降りしきる中釣り場へと向かいます。
40分強でポイントへ到着しますが、相変わらず雨は降り続いています。
ただ、予報では朝には上がるという事。
車内で仮眠しながら、夜明け&雨上がりを待ちます。

AM4時過ぎ、外へ出てみると雨は止んでいます。
ただ恐ろしく蒸し暑い朝です。
早速釣り座へ移動し、ヘッドライトを頼りに仕掛けをスタンバイ。
AM5時前には釣りを始めます。

本日の釣り座です。
P8141454.jpg

連休中にも関わらず、今日はダンゴ師さんの姿は無く、数組のファミリー様と後程フカセ師様が一名入られただけです。

さて状況ですが、やはりこちらでは相当雨が降ったのでしょう。
水は薄緑色に濁り、多数のゴミが浮遊しています。
水温も思った以上に下がった様子。
それでもこれくらいならなんとかなるかなぁ~、と始めてみますが、なんとそこはまるで洗濯機の如く、恐ろしく複雑な流れをした海が。
もうこうなると激流を通り越しています。
ダンゴもゴロゴロとあちこちに転がってしまうのが分かります。
流れも一投毎に変わり、ポイントが全く定まりません。
それでも負けじと投げ続けますが・・・・・・

こんな時間が数時間も続き、ようやく何とかなりそうになったのは、開始から実に4時間半後の、AM9時30分を回った頃でした。
でも、これで釣りがやっとまともに出来ると、爆投を始めますが、直ぐ様フグ地獄に陥ります。
この間はコーンにだけ異常な反応を示しましたが、今日はコーンの外フナッシーやオキアミ、やがてはサナギと、どの餌にも反応してきて、とても厄介です。
そのうち音無でハリが取られていきます。
たま~に良いアタリでウキが入るも、全て無抵抗で針奪取というありさま。

やがて恐れていた例の魚が掛かり始めます、そうデカバリです。
オキアミは勿論の事、サナギにもしっかり反応してきます。
挙句の果てにはフナッシーにも。
こうなると、もうどの付け餌で攻めれば良いのか、さっぱり分からなくなってしまいます。

そうこうしている間に、いつの間にかお昼に。
この頃になると、背後からの南寄りの風がかなり強く吹き付けるようになってきます。
ウネリも相当きつくなり、時折潮裏となるこちらへもウネリが回り込んできます。
飛沫も結構飛んできます。
しかし、こんな事構ってはいられません。

こうなったら、と温存していたハードサナギを投入します。
これがとんでもない大誤算。
なんと、このハードサナギにいち早く反応したのが、ボラ。
しかも、きっちり口に刺さって掛かってしまいます。
一匹ならマグレ?、とも思いますが、なんとこの後更に4匹も追加してしまいます。
結局ハードサナギで釣れたのは、ボラのみ。
こんな事初めてです。

この後も、バリ&フグの容赦ない攻撃は続き、気が付けばもうPM4時を回っています。
このままでは、本当にボーズを引いてしまうと、めちゃくちゃ焦りまくります。
こうなったらもう破れかぶれだぁ~、と付け餌に、コーン、フナッシー、そしてサナギと、掟破りの3点盛りを企てます。
そろそろ4時半になろうという頃でした。
今迄通り、“カッカッ”といかにもエサ取りらしい強烈なアタックの後、電光石火の如く、ウキがバシュ~~~ン!、と海中へ引き込まれます。
慌てて合わせますが、どうせまたバリだろうと強引に引き寄せます、が。
上がってきたのは。。。。。。


P8141455.jpg
なんと、34cmのチヌさんではありませんか!
当然自分もビックリ、周りもビックリです。
またまた執念の一匹となりました。

この後、この一匹で俄然やる気を取り戻し、最後の爆投を繰り返しますが、時既に遅し。
PM6時、無念の納竿となりました。
今日も本当に遠~い遠~~~い一匹でした。


翌15日、連休最終釣行で、元々半日だけと決めていましたので、地元の激流ポイントへ行きました。
ただ予報では、朝は東寄りと追い風となるものの、早ければお昼前には真逆の西風がブンブンと吹くとの事。
こうしちゃいられないと、またまた早めに釣り座に入り、暗い中仕掛けをスタンバイ。
AM5時前には第一投です。
今日は、主水さんとたまたま?コラボとなりました。
主水さん、悶絶D御馳走様でした。
せっかく頂いたのに・・・・・・・

開始早々、既に潮が流れ始めていますが、直ぐ様アタリがあり、今日こそは?、と期待しますが・・・・・
数投後、強烈なアタリでかなりの大物が掛かりますが、直ぐ様入られラインブレーク。
続けざまに、またまたドカ~~ン!と更なる大物が掛かりますが、またまた足元に入られブッツン。
主水さんは、この時きっちりと本命を連発されていたので、魚はいたはずです。
しかし、こちらにきたのはコッパ、そしてコッパ。
やがて音無&スコン!で針奪取。
それでも、しばらくして遂に魚を掛け、強烈な引きに耐えながらようやく姿が見える所まで寄せますが、水面に現れたのは、なんとこれが恐怖のデカバリ。
このままチャンスタイムはあっという間に終わってしまい、お決まりの激流タイムに。
ゆっくり朝食を取りながら、いつかは止まるであろうその時を、ただひたすら待ち続けますが、どういう訳か今日は一向に落ち着く気配はありません。
そうこうしているうちに、予想より早く風向きが変わり、時折強烈な向かい風が吹き付けるように。
海も当然ガチャガチャになり、あちこちで白波も立ち始めます。

こうなったらダメ元だ、と爆投を開始しますが、風のせいでダンゴが狙いのポイントまでまともに飛びません。
やがて、ウネリが足元をさらう様になり、急いで上段へ移動。
ここから更に爆投を繰り返しますが、遂には飛沫が釣具&体に降り掛かるようになり、AM11時半過ぎ、まだまだたっぷりとダンゴは残っていましたが、人間引き際が大事、とここで無念の撤収となりました。
遂にまるまるボーズです。

この連休は、きっと釣れるだろう、と甘く見ていて、とんでもないしっぺ返しを喰らってしまいました。
せっかく初心の心を取り戻しつつあったのに、情けない限りです。
今思えば、あの場面ではこうしておけば、と反省も山程あります。
人にあれこれ言う前に、まず自分から見直さないといけませんね。
釣りビギナーさん、偉そうな事を言ってしまい、本当に申し訳ありません。
また1から出直します。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/322-f25c5608

トラックバック

コメント

[C3131]

激流・バリ地獄の中から本命ゲット・・・流石!!


尾鷲方面の水温が29度まで上昇し

魚の機嫌が悪いとの事・・・

魚も夜の方が涼しく・・・食い気が有る様な


ストリンガーは、気を付けて繋いでやってくだされ!!
  • 2015-08-16 21:39
  • 半蔵
  • URL
  • 編集

[C3132]

半蔵さん、釣行お疲れ様でした。
あまり水温が高すぎても良くないんですね。
夜釣行、元気があれば考えてみますね。
ストリンガーはあんな事があったので、最近は出番が無いですが、もし今度使う時には充分気を付けます。
  • 2015-08-16 21:51
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3133]

釣行お疲れ様でした。
しかしお風呂でのウキ調整とは・・・
ニヤニヤしてしまいましたよ。
お風呂での熱中症に注意してくださいね(笑)。
私も師匠に寝ずの釣行を教わり、突然出発。
実は15日西伊豆某所の教わった投げポイント2個所に行っていました。ダンゴは握らない約束で・・(笑)。
あまりにポツりポツり、渋〜くあがってくるキスさんにトトさんに連絡もできず、お腹はカニパンを水で流し込んで熱中していました。
お盆渋滞が怖く午前中までの予定でしたが15時に納竿し帰りました。
やはり私も釣行後の反省はありましたねよぉ。
トトさんとはレベルの違いすぎますが・・・
リールはPEラインを巻いとけばよかったなあ。
ベラ君を混ぜて持ち帰るとほかのお魚さんもみんな臭くなる(笑)。
学んだことは、海&釣りは寝なくても楽しい。
夜に出れば朝から釣りができるじゃないのぉ・・・でした。
師匠、また予定を合わせて次は一緒にどっぷり付き合ってくださいね。
  • 2015-08-16 23:03
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3134] 釣行お疲れ様です。

おはようございます、さんぺいです。

釣行お疲れ様です。

音無でエサが無くなるのは怖いですね、それでもチヌさんを釣りあげるのはスゴイです。

ボラさんはサナギ食べるんですね(驚)

また楽釣り更新楽しみにしております。
  • 2015-08-17 07:54
  • さんぺいです。
  • URL
  • 編集

[C3135]

うねりは怖いですね^^;

瀬戸内だと波はあってもうねりでお手上げ状態になっあ事有りません。。

それでも難しいポイントでやるからこそ上手くなれるんでしょうね・・・
  • 2015-08-17 17:29
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3136]

釣りビギナーさん、釣行されてたんですね。
お疲れ様でした。
やっぱり、ご家族だけでの釣行が一番ですよ。
ゆ~君も喜んだのでは?
この時期のキスさんは、特にマズメ時がお好きな様で、これを逃すとなかなかお目にかかれなかった気がします。
余計に早起きになってしまいますね。
今回ダンゴは封印なさったそうですが、実は私家族での釣行の際、ダンゴ釣りは一度もやった事が無いんです。
そこへいくと、釣りビギナーさんは二刀流できっちり両本命とも仕留められたので、凄いと思います。
でも今度のプロジェクトは、ダンゴ封印でいきますよ。
PEしっかり巻いておいて下さいね。
こんな私ですが、お気が向きましたらまた誘ってやって下さいね。

さんぺいさん、こんばんは。
無音奪取はもう当たり前ですよ。
そこへいくと、ボラさなぎはキツかったァ~。
一番信用を置いていたエサだけにショックでした。
さてこれからどうしましょう?

赤影さん、分かってはいましたが、やっぱり飛沫をかぶるようになると怖いですよ。
瀬戸内海は静かなんでしょうねぇ。
修行も大切ですが、一日やるなら最低でも平らで静かな所ですよね。
さて、それはどこでしょう?(笑)
  • 2015-08-17 21:19
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア