Entries

台風一過 m(~o~m)~

 今朝は台風の影響で大荒れ。

そんな中、本日は通院日。

その後、色々ありまして・・・・・・・

まさに台風一過でした。


 今日は、1ヶ月振りの通院日。
さすがにこの天気なんで、意外と空いています。
診察も思いの外順調に進み、薬は処方されたものの、結果は良好という事で、遂に通院も終わりを迎えました。
通院を始めてから今日までの約5ヶ月間、辛抱して治療を続けた甲斐がありました。
思えば魔の4月からの辛い日々。
時には痛みに耐え兼ねて、ヘタリ込む事もしばしば。
これも仕事だと思い頑張ってはみたものの、分相応という言葉もあるように、私には荷が重すぎました。
それでも、もう少し何とかなるはず、と正直どこかで自負してはいましたが、蓋を開ければ技量の無さに落胆。
でも、この年になって、新たに自分を見つめ直す良い機会にもなりました。
ただ、もうあの様な地獄の日々は懲り懲りです。
それなのに、また同じ事をしようと考えている上司に、本当に部下の事を考えているのかと思うと悲しくなります。

とまあ愚痴っぽくなってもいけないので、その後のお話を。
誕生日を間近に控え、ようやく通院も終わり、体もすこぶる順調になり良い節目となりました。
こんな時こそ癒しを求めたいところですが、この天気です。
当然出撃など出来るはずもなく・・・・・・
帰宅後もしばらく雨は降り続きます。
仕方無く、先日新たにこしらえた新作ウキを手に取って眺めているうちに、無性に出来栄えを確かめたくなり、もういてもたってもいられなくなってしまいます。
しかし、まだまだ雨は降り続きます。

「今日はもうダメか」、と諦めかけたお昼過ぎ、ふと外を見ると、なんと雨は止み、更に青空まで顔を覗かせています。
まさに“台風一過”ですね。
とは言うものの、気が付けばもうPM1時を回っています。
「せめてウキだけでもテストしてみたいなぁ~」、なんて考えていたらある事を思い出します。
そう、前回のダンゴの残りが少し冷凍庫にあるではありませんか。
あれだけあれば、数時間は握れます。

思い立ったが吉日、即行で準備を済ませ、一番近い車横付けポイントへと急行します。
と海までやってきたまでは良かったのですが、思った通り海は凄い事に。
幸い風はそれ程吹いてはいないものの、酷いウネリと更に今迄見た事もない様なとてつもない濁りに絶句。
これじゃ釣りどころじゃないなぁ~、と思いつつせっかく来たので渋々準備を始めます。
先程までの荒天が嘘の様に晴れ渡り、しばらくすると夏の日差しが燦々と降り注いできます。
これじゃ握りたくなってしまいますねぇ。
同じ事を考える方はいらっしゃる様で、後程常連?のダンゴカップル様がいらっしゃいます。

PM2時過ぎ、超重役出勤となりましたが、テスト?開始です。
今回のウキは、荒波&強風仕様のつもりでこしらえてみたので、テストとしては良い条件です。
でも、釣りとなるといささか問題ありです。

本日の釣り座です。
Image463.jpg
普段は青く澄み渡り、まるで水族館の如く小魚たちが乱舞しているはずなんですが・・・・・・

それでも、久し振りに富士山が見えます。
Image461.jpg
ただ、おっきな帽子を被っていますね。

お魚さん達が元気かどうか心配ではありますが、取り敢えず反応が見たいので、久々に生オキアミを付けてみます。
一投目から奪取。
二投目、三投目、・・・・・・・・瞬殺。
エサ取りさん達は、この物凄い濁りを物ともせず元気一杯な様子です。
よしよし。
ならばと、とっておきの冷凍フナッシーを付けてみると、直ぐに反応があり感度も抜群。
やがて綺麗にウキが入ります。
お相手してくれたのは・・・・・

Image455.jpg
ダンゴ釣りでは初めての、チビイシガキダイです。

続けて今度は・・・・・・

Image458.jpg
チビサンバ。

今日は石物dayか?

しかし、その後はたま~に反応はあるものの、エサは瞬殺されていきます。
今日は急だったので、あまり持ち餌がありませんが、残るはコーンとサナギです。
ここで、先週エサ取り地獄からヒントを得た攻め方をしてみます。
すると良い感じでウキにも反応が出始めます。

そんな中、付け餌はサナギ。
ダンゴはネバ目をキンキンに締め、極力持たせつつ割れ後はじっくり待つ作戦です。
ダンゴアタリは出ませんでしたが、崩壊後しばらくすると「ツン・・・ツン・・・・」、と怪しい反応が。
やがて、じわじわと押さえ込み、ウキが濁った海へと消えていきます。
しっかり待って、「ビシッ!」、と決まります。
上がってきたのは・・・・・

159932.jpg
32cmのチヌさんです。

まさか釣れるとは思っていなかったので、辛うじて持参していた携帯でパチリ。
いつもなら必ずデジカメを持ってくるのに、こういう日に限って・・・・・・もぅ。
この感じならまだまだいけそう、な~んて思っていたのも束の間、いつの間にか大量のゴミと共に大激流が押し寄せてきて、もう釣りどころではありません。
濁りも更にキツくなり、完全な泥濁りと化してしまいます。
常連さんもこんな流れは見た事無いとか。
もう完全に見た目“川”です。
Image464.jpg

取り敢えず、まさかのチヌさんの顔も見れたし、ウキのテストも出来たので、このまま終了でも良かったのですが、まだPM4時前だし、もう一本新作ウキもあるので、もう少し様子を見てみます。

それから約30分、ゴミの量は半端無いですが、流れは幾分落ち着いたので再開します。
ゴミの間を縫うようになんとか投入し、ミチイトを操りながらアタリを待ちます。
やがて、PM4時半になろうという頃、雰囲気プンプンに。
ここぞとばかりにサナギで攻め続け、連チャンとまでいかないものの、2匹を追加します。

その後PM5時を過ぎた頃から、更に良い感じにはなりますが、ここで大人しかったフグさん達が妙に元気付いてしまいます。
当然音無ハリ奪取からスコン奪取まで様々。
それでも負けじと打ち返し、試しにコーン&オキアミを付けてみると、見事正解。
チヌさん追加。

釣瓶落としとはよく言ったもので、あっという間に暗くなってきて、PM6時前にはもう殆ど肉眼ではウキが見えなくなります。
ここでとっておきの“ブラック“登場で、ラス前にチヌさん追加でPM6過ぎ納竿となりました。

本日の釣果です。
15993039cm.jpg
大変見辛いですが、一応30~39cm 5枚です。

約4時間という短時間でしたが、まさかこれだけの釣果に巡り会えるなんて思いも寄りませんでした。
それに、今迄相性の悪かったポイントだっただけに、テストも含めとても有意義な時間でした。
まさに、先日のエサ取り地獄の経験が功を奏しましたね。

帰宅時、怪しい富士山が見送ってくれました。
1599.jpg


今週末はBD釣行出来るかなぁ~

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/326-de6eac5c

トラックバック

コメント

[C3161] 釣行お疲れ様です。

こんにちは、さんぺいです。

チヌさん5匹ゲットおめでとうございます。

写真の濁りの中釣られるのはすごいです!

テストも成功おめでとうございます。

いろいろ大変なことあると思いますがお互い楽しい釣り続けていきましょうね^^

またBD楽釣り更新楽しみにしております。

トトさんいつもブログ訪問ありがとうございますm_ _m




  • 2015-09-10 13:04
  • さんぺいです。
  • URL
  • 編集

[C3162]

通院終了おめでとうございます。
本当によかったです。大安心です。でもまだまだ油断はしないでくださいね。
思えばキャンペーン真鯛を頂いてから3か月、まだ3か月なんですねぇ。
トトさんが大変な時期にご無理を言って釣行に付き合って頂き、楽しい紀州釣りを本当の1から3段跳びで教えて頂き本当に感謝しています。
まずは快気お祝い釣行&BDお祝い釣行で一杯やりましょうね。楽しみにしていますよぉ。
  • 2015-09-10 20:12
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3163]

5ヶ月間にも及ぶ通院が終わったという事で、大変喜ばしい事と思います。おめでとうございます!

今後も良好な状態を維持できるようお祈り申し上げます。

実は今日、オッサンも久しぶりにHGでの釣行を考えて遥々三重まで行ったのですが、、、
HGに流れる河川の濁りを見て「ダメだぁ~」と諦めた自分が情けない。。。(>_<)

さすが、トトダンゴさん!悪条件ものともせずの釣果!素晴らしいの一言につきます><。
  • 2015-09-11 00:29
  • おっちゃん
  • URL
  • 編集

[C3164]

さんぺいさん、いつもありがとうございます。
予想はしていましたが、あそこまで酷い濁りだとは思いませんでした。
しかし、あの悪条件の中でも元気なお魚さん達の生命力は凄いですね。

釣りビギナーさん、ありがとうございます。
これで心置き無く不眠で行けますよ・・・・ん?
大変な時期だったからこそあの出会いが復活を導いてくれたと感謝しております。
恥ずかしながら、今日大台に乗ってから初めて歳をとりましたが、これからもバンバン行きますよ!
次回のコラボでは夜風を肴に昇天しましょうね(笑)。
楽しみにしております。

おっちゃんさん、ご心配お掛けしましたが、なんとか復活しました。
ありがとうございました。
三重の方は相当酷かった様ですが、おっちゃんさんの所は大丈夫でしたか?
こちらは思った程酷くはありませんでしたが、もしかの為に備えは必要だとあらためて感じましたね。
釣りの方は、ウキだけはなんとしても浮かべたかった結果なんで、まさかでした。
あんな状況で食って来るなんて驚きでした。

  • 2015-09-11 23:22
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア