Entries

【SW後半】:バリ・バリ・バリ…へ(´o`)へ

 SW後半は、地元で竿を出してきました o(^-^)o。

連日の釣り日和でしたが・・・・・( ̄  ̄!)

とにかく参りましたぁ~~(_ _;)/~~~~"


 21日、コラボ釣行を終えPM7時前には帰宅。
少しゆっくりしたいところではありましたが、直ぐ様翌日の釣行の準備に取り掛かります。
ダンゴをコネコネし、付け餌を補充してからひとっ風呂。
夕食を取り、やれやれと一服したのは、PM11時過ぎ。
このまま吸い込まれるように眠りに落ちますが、AM3時前には起床。
今回の目的地となる沼津某所へと車を走らせます。

今日は、久々だんごマンさんとのコラボです。
このポイントは、数年前だんごマンさんと初めて入った所で、今ではお気に入りの場所の一つとなっています。
ただ昨年は、なかなか入釣する機会が作れなくて、結局入らず仕舞。
なんとか今年こそは、と願っていたので、とても楽しみです。
早る気持ちを抑えつつ、だんごマンさんの到着を待ちます。
さすがSW、早朝から結構な釣り人様がご来店です。

なんとか目的の釣り座も確保でき、だんごマンさんも程無く到着され、明るくなるのを待ってAM6時前早速釣り開始です。

本日の釣り座です。
P9221504.jpg
本当は富士山がバッチリ見えるんだけんどなぁ~

東寄りの風が背後から結構吹いています。
朝晩は随分涼しく(寒く?)なりましたねぇ~。

久し振りなんで、まずは棚取りを入念に。
ん?、こんなに浅かったっけ?
干潮のソコリ近くでしたが、竿一本強と思った以上に浅いようです。
このところの沼津は、エサ取りが半端無いので、恐くここもそうだろうと思いきや、始めてはみるもののどうも様子が変です。
もっとガツガツなエサ取り地獄を想像していましたが、反応は弱く、えさこそ取られますが取られるのに時間がかかります。
それより気になるのが、ダンゴがなかなか割れません。
当然ダンゴアタリもありません。
仕方無く、パサ目を緩めに締め様子を見ます。
ただ、だんごマンさんの方は開始から結構なダンゴアタリが出ています。
直ぐ横なのにこの違いは何?

それでもしばらくすると、ようやくこちらも少しずつ反応が出始めます。
しかし、殆ど無反応でエサが取られます。
いわゆる音無鈍殺ですね。
今日もキンキンのダンゴでいかないとダメだと思っていたので、こんなゆるいダンゴで良いのかなぁ~、と楽な分かえって心配になります。
一投一投時間をかけ、じっくりと狙っていきますが、さすがにオキアミだけでは太刀打ち出来ないので、エサ取り地獄バージョンにチェンジします。

本来ここはコーンの鉄板場。
何を隠そうこのポイントは、疑心暗鬼だったコーンへの思いが、だんごマンさんの手ほどきにより、一気に開花した場所でもあります。
そう、初めてコーンでチヌさんをゲットした記念すべき場所なんです。
きっと今日もコーンが良いと信じ、コーンメインに組み立てます。
そんな中、最初にヒットしたのは、良型のオオモンハタ。
こいつが来たという事は、まだそれ程場荒れしてないかも?

その後、AM6時40分過ぎ、付け餌はコーン&さなぎです。
今迄ちょこっとダンゴに触る程度だったのが、いきなりゴツ!ゴツ!と激しいダンゴアタリが出ます。
なんだなんだぁ?、と少々焦りますが、そのまましばらく様子を伺っていると、コツコツと前アタリが出たかと思った瞬間、ゆっくりとウキが水中へと消えていきます。
完全に姿が見えなくなるまで待ち、「ビシッ!」、「ゴン✵」、で何かヒットします。
少し前にだんごマンさんがデカバリを掛けたので、やばいんじゃない?、と思いつつリールを巻いてくると・・・・・・

P9221502.jpg
やりましたぁ~!、29cmと小振りではありますが、愛しのチヌさんです。

これでチヌさんが居る事が分かったので取り敢えず一安心。
更なるチヌさんを狙います。

それから約20分後、付け餌はさなぎ。

同じ様な展開で・・・・・・

P9221503.jpg
34cmのチヌさんです。

複数枚の登場に、更にテンションも上がりますが、もっと上をいったのがエサ取りさん達。
相変わらずの鈍殺ではありますが、持ち餌全てが音無で取られまくります。
こうなると、餌のローテだけでは敵わないので、ネバ目をあえてキンキンしたり、真逆のパサ目を甘く締めたりと、締めの調整で対抗しますが、なかなか埒が明きません。

そうこうしていると、とうとう奴が来ちゃいました。
そう、デカバリ。
やはりここもこいつらが相当幅を利かせている様です。
ただ、バリを恐れていては前に進めないので、敢えてオキアミやさなぎをメインに攻めますが、どういう訳か反応が段々と弱くなってきてしまいます。
そんな時、大臣さんがご訪問下さいます。
差し入れどうもありがとうございました。

この後、ボラやバリ、チャリコなどは掛かりますが、チヌさんの雰囲気は一向に出ません。
そうこうしているうちにお昼となり、だんごマンさんはご帰還の時間となってしまいました。

だんごマンさんが帰られた後、ちょっと遅めの昼食を取り、PM1時半過ぎ、午後の部を開始します。
開始早々、仕掛けを回収中に、いきなりガツンと。

P9221505.jpg
ダンゴ釣りでは初めて釣りました。
今日は、カゴ釣りで結構な数が釣れていました。

このまましばらくは、午前中と同じ雰囲気が続きましたが、遂に恐れていた状況に。
ここは一日の内、必ずと言っていい程、激流と強烈な当て潮に襲われます。
午前中は大人しかった海は豹変、荒れ狂う激流と強烈な当て潮地獄に。
更に悪い事に、予報とは真逆の強烈な西風が真正面から吹付け、当て潮との相乗効果により、恐ろしい速さで仕掛けが足元まで流されてしまいます。
こうなるともう完全にお手上げです。
結局このまま2時間程何も出来ず、ただ呆然と海を眺めているだけしか出来ませんでした。

PM4時半を回り、ようやくまともに釣りが出来るようになりますが、ここからデカバリの猛ラッシュが始まります。
さすがにうんざりしていると、今度は急にアタリが遠のきます。
何かおかしい?、そう思っていると、やっぱり居ました、アイツです。
そう、デカタコ。
チャチャっと成敗し、最後のチャンス、と怒涛の爆投を試みますが、健闘虚しくチヌさんが姿を現す事は無く、PM6時納竿となりました。

本日の釣果です。
P9221507.jpg

久し振りのポイントでのチヌさんは、特に嬉しいものです。
しばらく通ってみようかなぁ~。

だんごマンさん、半日でしたが今日はコラボして頂き、ありがとうございました。
想像以上に手強いエサ取り軍団でしたが、負けずにまた挑戦しましょう。
それと、そろそろ南国コラボも・・・・・・宜しく!



SW最終となる23日、またまたダンゴが残ってしまったので、これを消費すべく、この辺りで最強のデカバリ軍団が存在するという某所へと出撃しました。
AM5時、まだ薄暗い中釣り座に入り、AM5時半釣り開始です。

本日の釣り座です。
P9231509.jpg

久し振りに富士山も見えます。
P9231508.jpg

やっぱこうでないと!

さて、釣りの方ですが、噂には聞いてはいましたが、このデカバリ軍団の凄い事凄い事。
オキアミだとほぼ一発で掛かってしまいますが、掛けてからが大変。
即行で足元の構造物目掛け一直線。
その時のトルクは半端無く、ゴリ巻しても結局入られブッチン。
腕をプルプルさせながら、何度と無く寄せを試みますが、奴らのパワーには敵いません。
しかも、今日持参した全ての持ち餌でヒットしてしまいます。
合わせて、ボラまでちょっかいを出してくる始末。
もう肘がもげそうです。
更に追い打ちをかける様に、一番手間隙掛けてこしらえたブラックウキをデカバリアタックで破損させてしまいます。
これでテンションがた落ち。

この後も、軍団の容赦無い攻撃は続き、チャリコやコッパも参戦し、もうギブアップ寸前。
AM11時、ちょっと早いですが、場を落ち着かせるつもりで、ゆっくりと昼休みを取ります。

PM12時過ぎ、さてそろそろ午後の部でも、と始めますが、なんとここでお決まりの激流タイムに。
いきなり出鼻をくじかれます。
このまましばらく我慢し、落ち着いたのは約2時間後。
再スタート後、相変わらずデカバリにやられますが、色んなエサを試すうち、フナッシーだけは何となく持っている時間が長いと感じたので、ここから怒涛のフナッシー連打で総攻撃を掛けます。
PM2時、「バキュ~~ン!」、とウキが入り、またまたデカバリだろうとゴリ巻きします。
今回は程無く上がってきたので、なんだか呆気無く寄ってきたなぁ~、なんて思いながら海を見ていると、なんとそこに居たのは・・・・・

P9231510.jpg
37cmのチヌさんです。

遂にチヌさんを引き当てましたぁ。
そろそろ納竿しようと思っていましたが、最後の最後に来てくれました。
ここで止せばよかったのですが、ついつい欲が出てさらに続けると、あろう事かデカバリに潜られ、こいつも超お気に入りだったストローウキ諸共ブッチ。
これで完全に戦意喪失となり、PM3時過ぎ、納竿となりました。

本日の釣果です。
P9231512.jpg

一匹ではありましたが、色んな意味でとても勉強になった価値ある魚となりました。

これにて今回のSW釣行記は終了です。
この5日間、初日以外は殆ど遊び呆けてしまいましたが、とても充実した毎日でした。
こんな思いが出来たのは、文句一つ言わずに毎日送り出してくれた家内のお陰です。
こんなところで恐縮ではありますが・・・・・

ありがとう。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/329-9e44115c

トラックバック

コメント

[C3172]

とても充実したSWのようでしたね。中々エサ取りが難儀なようでしたが流石トトさんです。またコラボお願いしますね。

[C3174]

江戸前さん、お久し振りです。
このSWは、ちょっと遊び過ぎちゃいましたね(^_^;)
何処も畏もエサ取りが半端無い様ですが、この状況は今しか経験できないので、敬遠せず楽しませて頂く事にしました(^^♪
毎投エサが無くなるこの快感、もうたまりませ~ん(´∀`*)
ぜひ今度は竿を並べて、エサ取り軍団と戦いましょう!
  • 2015-09-25 19:20
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3175]

SW釣行お疲れ様でした。
そしてトトさんの奥様、息子様、お嬢様。私たちの遊びすぎをお許しくださいね。この場を借りて恐縮ですが本当にありがとうございました。
しかしどんな状況でもでもチヌさんゲット。
今度チヌさん招喚の魔法を教えてくださいね。
あっ、そうですよね。
「魔法なんかない修行あるのみ。」ですよねッ。
わかりました。精進いたしますね。
「ならばこのパサパサをキンキンに。」ですかぁ?
ヒ~~!!師匠!お許しを~。筋肉痛になってきましたぁ(笑)。

  • 2015-09-25 20:38
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3176]

釣りビギナーさん、確かにこのSWは遊びすぎちゃいましたかね(~_~;)
でも、あのお土産のお陰で家内安泰でしたわ(^_^;)
お気遣い頂きありがとうございました。
筋肉痛は進歩の証?ですから。
これを克服すれば・・・・・(*´∀`)
また頑張りましょう!
合言葉は、「グリとグラ」です。
  • 2015-09-25 20:59
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3177]

ありがとうございます。
しかし合言葉はグリとグラですかぁ?
毒魚のぐりと強烈な引きのぐら。
このコンビは最強のエサ取りですよね。
ウキが動かざること山のごとしの私には大歓迎ですよ。
私はまだぐらは体験できていないですし・・・。
今はウキが沈みかける瞬間がたまらんっす。
  • 2015-09-25 21:28
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3178]

連投お疲れ様でした。
バリにはやっぱりフナッシーでしたね。
西方面が爆ってるみたいなのでチャレンジお願いします!
  • 2015-09-26 05:40
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3179]

大臣さん、私もバリにはフナッシーだと思っていましたが、どうも最近のバリさんはグルメなようで、フナッシーでも容赦ありませんよ。
こうなったら、大好きなサナギーで行くしかありませんわ。
情報ありがとうございました。
  • 2015-09-27 19:11
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア