Entries

雨中コラボで・・・("▽"*)!

 17日土曜日、久し振りに同級釣友のHARUさんとコラボしてきました (V^-°)

向かった先は、未だチヌさんの顔を拝めていない某所 "/(;-_-)

生憎の雨模様での釣行となってしまいましたが・・・・・ヘ(´o`)ヘ

果たして結末は (; ^ ー^)?


 今週の火曜日、HARUさんから久し振りにコラボのお誘いがあり、即決で釣行する事に。
場所は天気&風予報から、西伊豆某所に決定。
ここは以前2回程訪れましたが、いずれも撃沈と私にとっての難攻不落のポイントの一つであります。
今回はHARUさんからの「何とかしてあそこで釣ってもらいたい」、という嬉しいお言葉と私自身のリベンジを賭け、雨予報ではありましたが、回復する事を信じ深夜から乗り込みます。

途中峠にて雨に降られましたが、現地は止んでいました。
風も道中心配になる程吹き荒れていましたが、幸いにも釣り場は穏やかで一安心。
AM2時前にはHARUさんも到着され、土君に頂いたお心遣いで久々の車中ちょい盛りです。
土君ありがとう。
釣り談義に花も咲き、気が付けばAM3時を回ってしまったので、明るくなる迄の僅かな時間仮眠を取ります。

ごく浅い眠りの中、AM4時過ぎ雨音で目を覚まします。
予報通りですが、やはり雨は気が滅入りますね。
AM5時半過ぎ、ボチボチと支度に入り、HARUさんに遅れる事約1時間、カッパ&傘を装着し、AM7時前釣り開始です。

本日の釣り座です。
PA171565.jpg
HARUさん曰く、ここがベストポイントという事で、快く鉄板場を譲って下さいます。

ここ最近HARUさんは、ここでの溢れは無く、しかも良型を多数仕留められています。
そんな事もあり、HARUさんの強力なサポートの元、初チヌゲットと数より型狙いで挑みます。

棚は、丁度満潮の潮止まりでもあり竿約1本半強です。
投点は、HARUさんの支持でかなり遠目に設定します。
時折北からの強風が吹き抜けるので、結構やり辛いですが比較的重量のある新作ウキで何とか対応してます。
水温はまだ結構高めで、足元にはチョウチョウウオの姿もチラホラ。
これならエサトリの活性はまだまだ高そう?、と期待しますが・・・・・・

まずはしばらくオキアミで様子を見ます。
ダンゴはちょいネバ目をやや締めで投入してみますが、最初から音無しで取られます。
それならと、持参した他のコーン、サナギ、フナッシーで様子を見て行きますが、どういう訳かフナッシーはあまり人気がありません。
HARUさんが調子良かった時は、ほぼフナッシーとの事ですが、どうも今日は勝手が違う様です。
そんな中、私はサナギメインで時折フナ&コーンを織り交ぜながら攻めてみます。
しばらくはこんな調子でやってみますが、どうもダンゴの割れが思った以上に早く、その反面エサが取られるまでには相当な時間が掛かってしまっています。
ここで、ダンゴにチヌパを加え締め易くし、かなりガッツリ目にしてみると、ようやくダンゴアタリもポツポツ出始めます。
しかし、本来ここはボラのダンゴアタリが強烈で、ウキもボコボコ動いて楽しいと聞いていましたが、今日のボラはとても淡泊なご様子。
ちょっぴり期待外れです。
この後、ササノハ、ニシキベラ、とベラ類はちょくちょく掛かる様になりますが、ボラの寄りは弱く、本命の雰囲気がなかなか出ません。
やがて、久々のダンゴ返しをくらってしまい、急いでまたまた手直し。
今度はきっちり締めても割れるダンゴに。

ところで、朝一から雨は降ったり止んだりを繰り返し、なかなかお日様が顔を出しません。
そのせいかは分かりませんが、塩分量が結構変わる様で、釣り始めはスックと早めに浮上していたウキが途中から中々浮上しなくなり、ミチイトもガンガン沈んでしまいます。
本当なら、干潮に向かっているので、棚は浅くなるはずですが、こんな事もあり棚がどんどん深くなっていく始末。
加えて、あまり這わせ過ぎたり、粘り過ぎると根掛かりしてしまいます。
酷い時は地球4連発なんて事も。
とにかく難しい状況が続きます。

やがて恐れていたあの毒魚が遂に掛かってしまいます。
そうデカバリです。
ここでもやらかしちゃいました。
この後、よそ見をしているうちに“でかボラ?”が掛かり、危うく竿を持って行かれそうになり、敢え無くブッち。
嗚呼ぁ~~~

中々埒が明かないまま時間だけが過ぎて行きます。
ただ、今迄とは違い、ここは結構ウキは動くので眠くなる事はありません。
でも、ウキが動きだすのは、ダンゴ崩壊後相当時間が経ってからなので、一投一投のサイクルが非常に長くなっています。
今日もダンゴが余るなぁ~。

そんなこんなで、こういう時の時間は恐ろしく早く過ぎるもので、気が付けばもうAM11時を回っています。
今日の目標は、午前中に何とか一枚ですが、これも危うくなってきました。
どうしてもサナギで釣りたいと、サナギメインで攻めてきましたが、基本に戻りここからフナッシーメインで、ラストスパートを掛けます。
しかし、フナッシーに反応するのは、相変わらずベラ君やフグさん達。
更に無音奪取や地玉でもう既にハリはツヌケ。
Ohhh~~~No~~~

時間は刻一刻と迫り、とうとう午前中も残りあと15分となってしまいます。
ところがここで思わぬ展開に。
付け餌はフナッシーオンリー。
キンキン締めで投入し、直ぐダンゴアタリが出ますが、これは見ぬふりしてスルー。
数分後の落ち着いた頃から、コッコッと何やら怪しいお触りが出始めます。
入りそうで入らないじれったいアタリです。
合わせたい気持ちを必死で我慢し集中する事しばし、遂にウキが・・・・・・・

「ス~~~ッ!」
「1・・・・2・・・・3・・・・」 
「ビシッ!」
「ゴン✵」  
「バキュ~~~ン」
「あっちゃ~~~、またボラぁ~~」

何か掛かりますが、いきなり走りやっちまったかと強引に巻きにかかります。
かなりのトルクですが、何とか手前まで寄せてきます、と今度は足元へと突っ込んできます。
またデカバリかも?、と不安が過ぎる中、遂に姿を現したのは・・・・・・

PA171566.jpg
なんと41cmのチヌさんです。
遂にやりましたぁ~。
3度目にしてようやくチヌさんに出会えました。
しかも念願の40オーバーで、時間も午前中ギリギリセーフ。
やれやれと落ち着いた頃にはお昼のチャイムが。

一息付く為たま~にダンゴを放ちつつ、ゆっくりとお昼休みを過ごします。
この頃には何とか雨も上がり、気温もグングン上昇してきたので、カッパとはおさらば。
まったりとお昼を過ごし、PM1時過ぎ午後の部を開始します。

午後からもたま~にボラのダンゴアタリはあるものの、ボコボコには程遠くエサも変わらず超鈍殺。
気長に爆投を繰り返します。

これと言った見せ場もないまま、もうそろそろPM4時になろうという頃です。
今迄とは明らかに違う雰囲気になってきます。
まず、なかなか割れなかったダンゴが急に早く割れる様に。
次いで、エサが取られるまでかなり時間が掛かっていたのが、瞬殺とまではいかないものの、1分以内には取られる様に。
これは絶対におかしい?、と宣言し、棚をわずかに深くし、キンキンにダンゴを締め、付け餌も抱き合わせていたフナッシーからオンリーにして投入した一投、着底後直ぐダンゴアタリがあり、程無く割れじっくり見守っていると、

「コッ!・・・・・コッコッ!・・・・・・・・・」
「ス~~~ッ!」
「はっ、入ったぁ~~~!!」
「ビシッ!」
「ゴン✵」

ドンピシャのタイミングで何か掛かります。
結構な引きで、魅惑のゴンゴン感を感じます。
程無く姿を現したのは・・・・・・

PA171568.jpg
32cmのチヌさんです。
先程感じた“何か”は、やっぱりチヌさんだったんですね。
型はともかく、してやったりの一匹でした。

残念ながらこの後バラシてしまい雰囲気は飛び、また元の状態に戻ってしまいます。
この後も爆投を繰り返しますが、反応が徐々に弱まり、エサが頻繁に残る様になります。
時刻はもう既にPM5時を回っています。
この頃には風も納まり、海も穏やかになりとても釣り易くなりますが、時既に遅し、と諦めかけていると、HARUさんがとうとうやってくれます。
ほぼラス投で念願のチヌさんをゲットされます。
遂にやりましたね、おめでとうございます。
と、こちらもラス投。
ウキが何とか見えるぐらいに日も傾いています。
最後に私も、と願ってはみましたが・・・・・・ん?、アタってる???
殆ど姿が見えない中、小刻みな浮き沈みを繰り返すウキ。
やがて視界から消えます。
祈る様な気持で、カウントダウン。
「1・・・・2・・・・3・・・・」
「ビシッ!」
「ゴン✵」
な、な、なんと、こちらにも何か来ましたぁ。
かなりの引きで、ゴン!ゴン!と。
薄暗い海の中から姿を現した最後の魚は・・・・・・

PA171570.jpg
39cmのチヌさんでした。

これがあがりチヌとなり、PM5時半お互い気持ち良く納竿となりました。

本日の釣果です。
PA171573.jpg
32,39,41cm

前評判ほどダンゴアタリも出ず、雨と風にも苦しみましたが、結果的にこの場所での初のチヌさん、そして良型複数枚と大満足の一日となりました。
これも全てHARUさんのお陰です。
今日はHARUさんに釣らせて頂いたようなものですから。
HARUさん、今日は厳しい状況の中一日お疲れ様でした。
HARUさんの優しいお心遣い、そしてご指導のお陰で遂に難攻不落ポイントでチヌさんをゲット出来ました。
今後も日を追う毎に厳しくなっていくとは思いますが、まだまだいけると思いますので、今度は別場所でまたコラボしましょうね。
楽しい一日をありがとうございました。

なお、チヌさん達は、横チンのワカサギに変わりました。
横チン、ご馳走様でした。

そろそろ秋モードも大詰めとなってきましたが、風邪などには十分気をつけて秋チヌさんを楽しみましょう!

さて次回は・・・・?

=追伸=
新しいダンゴ猫さんが出来上がりました。
fc2blog_20151014223951fbc[1]

なゆさん、今回も素晴らしい作品、ありがとうございました。
早速使わせて頂きま~す!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/336-2beb37c5

トラックバック

コメント

[C3221] 雨中コラボお疲れ様でございます。

トトさんこんばんは、さんぺいです。

雨中コラボお疲れ様でございます。

良型複数枚いいコラボ釣りされてますね^^

また楽釣り更新楽しみにしております^^

  • 2015-10-18 01:45
  • さんぺいです。
  • URL
  • 編集

[C3222]

お疲れ様でした。
トトさん、ブログ更新早いですね。
いや〜、この地での初チヌに複数枚GETおめでとうございます。次は数釣り行きたいですね!またよろしくお願いします。
  • 2015-10-18 08:52
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3223]

さんぺいさん、こんにちは。
雨の釣行はちょっぴり凹みましたが、その分コラボはとても楽しく、有意義な一日を過ごす事が出来ました。
やっぱり気の合う仲間との釣行は最高ですね。
釣りは楽しくなくっちゃ~!

HARUさん、昨日はコラボありがとうございました。
貴殿のお陰で遂にチヌさんを手にする事が出来ました。
この時期にあの型は痺れますねぇ~。
次回は数釣りを堪能出来ると良いですね。
こちらこそまた宜しくお願い致します。
一日お疲れ様でした。

[C3227]

縮緬皺一つ無い鏡の様な海面、いいですね。

難しい状況下での三枚の綺麗なチヌ!もお見事ですやん!

当店は未だ最大寸は33㎝!しかも釣行数はあるもの通算四枚と ある意味なかなか達成出来ぬ貧果!

でも 面白く楽しいのが紀州釣りのエエ所です。
次の日曜日もモチ出撃です。


  • 2015-10-22 18:44
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3229]

ねこさん、釣り始めは穏やかで最高な滑り出しでしたが、この後風ビュービューのガチャガチャ状態になってしまいました(泣)。
やっぱり鏡とはいかなくても凪でポイポイが理想ですね。
これからはこんな条件に出会う確率がさらに下がってきますねぇ。
まぁ自然が相手なんで、とにかく楽しければ良いんです(嬉)。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア