Entries

雨の厳寒初コラボ (⌒-⌒;)

 昨年偶々釣り場で出会ったご家族のご主人様と意気投合し、やがてご主人はダンゴ釣りの道へと足を踏み入れました (*^-^*)

今では釣り友として大切な仲間の一人です o( ^_^ )o

その釣友様と、今回初めて二人だけでコラボ釣行に行ってきました ヽ(^◇^*)/

天候に一抹の不安を残しつつ出撃したまでは良かったのですが・・・・・・ヽ(´~`;)

やっぱり厳寒期は一筋縄ではいきません ( ̄_ ̄|||)


 昨年プロジェクトを経て見事ダンゴ氏デビューを果たした釣りビギナーさんと、今回初めて二人だけでコラボ釣行してきました。
今迄は所謂ONシーズンでの釣行でしたが、とても始めたばかりとは思えないくらいの釣果を上げられています。
釣法もかなり慣れてきた様なので、先月思い切つて厳寒期のダンゴ釣行にお誘いすると、直ぐ様OKの返事が。
天候を考慮しながら予定を立て、最終的に今週末13日土曜日の釣行となりました。
ただ、生憎の雨予報と条件は厳しそう。
私は大事を取って車横付けのポイントをお勧めしましたが、ビギナーさんの熱望により某所へと出撃する事に。
しかし、ここは先日釣友様とWBを食らったばかりの場所ですので、厳しい事は必至。
それでもビギナーさんの熱意に刺激され、私もいつしかやる気満々に。
という訳で、私は11日祝日が出勤で12日が代わりにお休みとなったので、まずは現在の状況を確認しつつ、もし前回と同じ様な状況なら場所の変更も視野に入れた上で、前日より一足早く乗り込む事にします。
久々の平日釣行ですので、取り敢えずのんびりと握るつもりでしたが・・・・・・。

12日早夜明けと共に釣り座へと向かいます。
随分夜が明けるのが早くなりましたねぇ。
今回のダンゴは、釣りビギナーさんにも仕込み易い様市販品を使い、厳寒期仕様で臨みます。
ただ、翌日の事もありますので、まずは低集魚で始める事にします。

本日の釣り座です。
P2121740.jpg

残念ながら今日の富士山は厚い雲に覆われ、全く姿が見えません。
見上げる空も予想に反しほぼ一面薄い雲に覆われ、生憎の曇り空。
気温も3℃台と思った以上に低く寒い朝です。
ただ、海は先週の緑茶状態は少しは解消された様ですが、水温はかなり下がっています。

AM6時半、早速試釣開始です。
まずはパサ目をガッツリ締め、オキアミで様子を見ます。
開始早々からフグがカジカジしてきます。
エサの残り具合は半々といったところでしょうか?
でも、先週に比べれば相当マシです。
やがて、ポツポツとウキにも反応が出始めますが、ダンゴアタリが出るまでには至りません。
そうこうしていると、予期せぬ事態発生。
なんと、まさかの雨がパラつき始めるではありませんか。
今日は天気予報では雨マークは無かったのでガッカリ。
それでもまだ小雨だし、防寒も一応は防水仕様なのでこのまま続けます。

そんな中、そろそろAM8時になろうという頃です。
フグアタックを感じる中、どうもエサの取られ方や残り方が今迄とは違ってきます。
これは怪しいと感じ、久し振りにボケを投入してみます。
ダンゴアタリこそ出ませんが、崩壊後「チョコチョコ」と小さなお触りを感じ、更に待つ事数分、「コッ!・・・・コッ!・・・・」、と割合ハッキリとしたアタリが出たかと思った瞬間、ウキが「ス~~~ッ!」、と水中へと吸い込まれていきます。
慌てずしっかり待って、「ビシッ!」、と本日初アワセ。
「ゴン☆」、と手応えがあり、お魚ヒット。
「ギュンギュン!」、と左横の障害物目掛け突っ走りますが、ラインを出さず竿でギッチリためていなします。
ただ本日初ヒットなので、無理せず慎重に慎重にやり取りします。
しばらくすると、「ゴン!ゴン!」、と心地良い手応えを感じる様になり、やがてうっすら濁った海から姿を現したのは・・・・・

P2121739.jpg
39cmのチヌさんです。

いやぁ~、実に4週間振りのご対面ですわ。
まだ完全に乗っ込んではいない様ですが、お腹パンパンのおデブちゃんです。

たまたまだとは思いますが、まさかこの時間に釣れるとは思ってもいませんでしたが、何とか顔も見れたし、まずは一安心。
明日は大丈夫そうですね。

これで任務は完了ですが、そこは釣り人、このまま納まるハズがありません。
もう一匹顔が見れたら本物だ、と更に気合が入り、次を狙います。
しかし、やはりこの時期なので、そう易易と行く筈も無く、またフグさんの弱いアタリを拾いながら色々模索していきます。
お決まりの大量の浮遊ゴミと、時折吹く北からの風に悩まされながらあれこれと探っていきますが、エサはたま~に取られる程度です。
それでもフグさんのガジガジは結構ありますが、そのうち反応が鈍くなってきてしまいます。

仕方無く休憩がてら釣りビギナーさんに、これまでの経過を報告すべくメールなどをポチポチと。
しばらくするとビギナーさんから電話があり、あれこれと話をしている時です。
AM10時頃でした。
ふとウキを見ると、チョコチョコと反応しています。
どうせまたフグだろうと、そのまま放っておくと、いきなりウキが「ス~~~ッ!」と。
通話しながら、片手で「ビシッ!」、とアワセを入れると、何か掛かっちゃいました。
急いで電話を切り、巻き上げに掛かりますが、奴は既に横の障害物にロックオン。
程無くロープに巻かれ万事休す。
それでもひつこく粘り、太ハリスに物を言わせて中半強引にやり取りすると、運良くロープから引きずり出すのに成功。
ようやく姿を見せたのは・・・・・

P2121741.jpg
38cmのチヌさんです。

いやぁ~諦めなくて良かったァ~。
直ぐ様ビギナーさんにご報告。
複数枚出たので、これで明日の釣行は確定ですね。

この後は、鳴かず飛ばずの時間が過ぎて行きます。
それでもAM11時を過ぎた頃です。
試しにボケの尻尾にオキアミの頭を付けた変則コラボで投入した一投、キレイにウキが入り、「ビシッ!」、と決まります。
結構なゴンゴン感ですが、程無くして姿を見せたのは・・・・・

P2121742.jpg
33cmのイエロー君です。

残~念~!

この頃から更に雨足が強くなり始めたので、「こりゃさすがにマズイ!」、と慌てて濡らしたくない道具類を車に仕舞い、カッパを装着します。
程無くお昼となり、小雨がパラつく中、ミニカニパンでしばしのランチタイム。
ここで普段なら午後からのダンゴ用に、アミエビを追加して高集魚ダンゴに練り直す事が多いのですが、今迄の反応と明日の事を考え、このまま追加無しの低集魚ダンゴで行く事に。

しっかり休憩を取り、PM1時午後の部を始めます。
と始めてはみましたが、どういう訳か反応がパタッと止まってしまい、エサも丸残りとなってしまいます。
こんな状況が1時間程続き、さすがにこりゃたまらん、とここでアミエビをひと握り程添加。
しかし、状況は変わらず、さらに1時間が経過し、気が付けばもうゴールデンタイムのPM3時に。
ここで更にもうひと握りのアミエビを追加します。
すると、徐々にですがダンゴアタリが出る様になります。
フグのガジガジも少しずつ復活しますが、午前中程ではありません。
ただ、今迄の状況を考えると、もっと何か出来る事があるはず、と無い頭をフル回転し、あれこれとヤリまくります。
こうなるともう釣査など何処へやら。
完全に本気モード突入です。

まだこんな時間なのに、曇った空が水面に写り逆光状態となりウキが見憎いのなんの。
必死に目を凝らしながらウキを見つめ、反応状態を探ります。

これが功を奏したのかPM4時過ぎ、ダンゴアタリからの良い反応が出て、
「ツン!・・・・・ツツッ!・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「スゥ~~~ッ!」
「オオォ~~~ッ!」
「ビシッ!」
「ゴン!」
「バキュ~~~ン!」
「アッちゃ~~、やってまったぁ~~~!」
遂にボラを掛けてしまった様で、奴はビンビンと走りまくります。
こちらも必死に応戦し、強引に巻き上げ様としますが、中々魚が浮いてきません。
結構やり取りし、ようやく姿を現したのは・・・・・

P2121743.jpg
今日一となる41cmのチヌさんです。

しっかしよく引いたなぁ~!

この後夕マズメを迎える頃にはダンゴアタリも頻繁に出る様になり、海も落ち着いてきてチャンス到来とばかりに最後の集中。
やがて、PM5時を少し回った時、

P2121744.jpg
36cmのチヌさんを追加します。

この頃には辺りもかなり暗くなり、いよいよウキも見辛くなりますが、さらに海は落ち着いてきて、いつしか雨も風も小康状態となります。
このまま引き上げても良いのですが、ビギナーさんが来るまでまだ時間があるし、こんな絶好な条件を逃す手はないと、思わず赤灯を灯し、久々の残業タイムに突入です。
PM6時15分、赤灯を灯し始めてからの2投目、ダンゴアタリが出てしばらく様子を見ていると、赤灯が海中へとゆらゆらと吸い込まれる様に消えていきます。
「ビシッ!」、と決まりそれ程抵抗はありませんが、このゴンゴン感は?・・・・・・

P2121745.jpg
32cmです。

これが上がりチヌとなり、PM6時半、調査釣行終了となりました。
まさかこれほど数が出るとは思っていなかったので、正直驚いていますが、やっとこの時期がやって来たと確信しました。
明日の本ちゃんが楽しみです。

ゆっくり片付けを済ませ、ビギナーさん到着までの間、車内で夕食を取り、ビギナーさんと連絡を取りつつくつろいでいると、ついウトウトと。
「コン!、コン!」、という窓を叩く音に目が覚め、ふと見るとそこにはビギナーさんが。
時既にAM12時を回っています。
待ってましたとばかりに、直ぐ様近くのコンビニに買い出しに向かい、お待ち兼ねの車内チョイ盛りの開始です。
ビギナーさんは訳あって禁酒状態でしたが、ようやく今日解禁との事。
私も久し振りの再開に、ついついペースが上がりちょっと呑み過ぎ。
しかし、さらにその上を行くビギナーさん。
あれ程呑み過ぎ厳禁と忠告していたのに、気が付くとお酒の空き缶の山。
これが後々大変な事になろうとは・・・・・・
楽しい宴はAM4時過ぎまで続き、さすがにマズイ、とここでお開きにして、僅かばかりの仮眠を取ります。

AM6時、なんとか起床しますが、ちょっぴり飲み過ぎでまだ抜け切れておらず、久々の二日酔い状態で頭がガンガン。
しかし、ビギナーさんはさらに状態が悪く、体調は最悪。
だからぁ言ったでしょ!

とまあこんな感じで、ヨタヨタと釣り座に入り、AM7時本戦開始です。

本日の釣り座です。
P2131747.jpg

今日は予報では朝から雨だったのに、なんと青空も見え晴れています。
昨日の天気と予報とは真逆ですよ。

富士山も今日はしっかり顔を出してくれていますし。
P2131746.jpg

まぁ良い方に転んで助かりましたけどね。
風もそれ程強くなく、気温も高めで暖かな朝です。

AM7時、準備をしながら海を前にすると先程のヨイヨイ状態は何処へやら?
やる気十分で早速釣り開始です。
昨日の感じだと、フグさんは元気なハズですが・・・・・おおぉっ、やっぱりエサは取られます。
今日も期待が持てそうですが・・・・・

この釣り場は初めてのビギナーさんに、あれこれと手解きさせて頂きながら、様子を探っていきます。
中々最初は上手くいかなかったビギナーさんも、徐々に慣れてくると、ダンゴへの反応が出るようになり、エサも取られ始めます。
あとはチヌさんが来るのを待つだけですが。

中々雰囲気が出ないまま、AM8時を回った頃です。
ダンゴアタリからの崩壊後、かなり時間が経ってはいましたが、小さいチョコチョコアタリがしばらく続きます。
しかし、中々入りそうで入らないアタリに、遂に我慢出来なくなり、ウキは完全に沈みませんでしたが、ここぞというタイミングで「ビシッ!」、と合わせると、なんと乗りました。
ただ合わせたタイミングがタイミングだけに、ボラの可能性が高く、結構ひつこく粘るのでかなり強引にやり取りし、程無く姿を現したのは・・・・・・

P2131748.jpg
36cmのチヌさんでした。

てっきりボラかと思いましたが、型の割にはよく引きました。

次はビギナーさんだよっ、と奮起させようと声を掛けるも、相当二日酔いが酷いらしく、顔色もいつもの精悍さが無く青白くてマジでヤバそうです。
もうこれじゃ釣りどころではないでしょっ。
そんな中、居食いでしたが遂にビギナーさんに待望のお魚が。
かなりの引きで竿は満月にしなり、ビギナーさんも大興奮で必死にやり取りしています。
しばしの奮闘の後、ようやく姿を現したのは・・・・・・
なんとボラ君でした。
でもまずはボラを釣るのが第一目標だったようなので、取り敢えず第一段階はクリアーですね。
次こそはチヌさんで・・・・・、と気合いを入れ直しますが、なんだか益々体調が悪そうで、遂には自分でコマセを・・・・・
お腹の痛みに出張を余儀なくされ、まともに釣りも出来ていなくてちょっぴり気の毒になってしまいます。
それを察したのか、お魚の反応も昨日程では無くなり、遥かに残る回数が増えていきます。
ただ、しばらくすると、昨日は殆ど見られなかったボラが、水面に多数乱舞するようになり、まさにボラ天国になります。

これだけボラが居ると、ダンゴへの反応もさぞかし凄い事になるだろう、と思いきやたま~にしかダンゴに触って来ません。
海の中は一体どうなっているの???、と頭を抱えるだけの時間が無情にも過ぎていきます。

結局このまま状況が上向かないままさらに時間が過ぎ、午後からに勝負を賭ける為、AM11時過ぎ、私は一足早く早弁をします。
この状況では・・・・と考えた挙句、手持ちのアミエビ約2カップ分を全量ぶっ込みネチャ団で勝負を賭ける事にします。
ただ、この頃になると朝はあれだけ晴れていたのに、背後からは黒い雲が迫り、いつしか空は雲で覆われ、いつ泣き出してもおかしくない状況になってしまいます。

場を少し休める為、しっかり休憩を取り、PM12時のチャイムを合図に午後の部を始めます。
しばらくすると、ビギナーさんはまたまた腹痛で出張に。
そんな時、アミエビが効いたのか、ようやくダンゴアタリが出始めます。
かなり激しいアタックの後、ダンゴが割れしばらく待つとチョコチョコアタリが出始めます。
そのまま様子を伺っていると、いきなり「スコン!」、とウキが消し込みます。
思わず「ビシッ!」、とつい反射的に合わせてしまい、「バキュ~~ン!」、と思いっきり突っ走るお魚がヒットします。
「これはさすがにやっちゃったな」、と強引にゴリ巻きします。
かなり沖目に魚が浮いてきて、どんなボラが姿を見せるのかと思いきや、これがなんと・・・・・・

P2131750.jpg
38cmのチヌさんです。

もうてっきりボラかと思いましたよ。
バレなくて良かったぁ~。

この後、ようやくビギナーさんも復活し、最後の追い込みを掛けますが、中々ウキが消し込む迄には至らない様子。
こちらもついつい早合わせをしてしまい、ボラちゃんを2匹ほど追加します。
しかし、チヌさんの雰囲気は皆無。

やがて、PM3時のゴールデンタイムを迎えますが、この頃には遂に雨が本降りとなり始め、ダンゴにも浸水する様になってしまいます。
それでも最後の一発を信じ爆投を続けますが、更に追い打ちを掛ける様に悪魔の鴨軍団が襲来してきます。
これが厄介この上なくて、初めは2羽だったのが、1羽、また1羽と数を増していき、最後には5羽の鴨にまさにカモにされてしまい、万事休す。
二人共これで完全に心が折れ、PM5時半無念の納竿となりました。
片付けをする頃には、さらに雨足が強まり、グズグズになりながら釣り座を後にしました。

2日間の釣果です。
P2131751.jpg
32~41cm、7枚(1枚は昇天したためクーラー行き)

釣りビギナーさん、今日は悪条件の中大変お疲れ様でした。
一時はどうなる事かと本当に心配しましたよ。
まぁ久々の解禁なんで分からなくもないですが、体の為お酒はくれぐれも程々にしましょうね。
今回チヌさんは残念でしたがある程度様子も分かったと思いますので、次回また必ずリベンジしましょう。
お時間出来ましたら、またいつでも声を掛けて下さいね。
ただし、次回の前盛りは2本までですからね。
それから、奥様いつも心遣い本当にありがとうございます。
まだまだ寒い日が続きますが、息子さん共々お体には十分お気を付け下さいね。
暖かくなったら、また皆さんで出掛けましょう。

いよいよノッコミも始まった様ですが、まだまだ日ムラがありそうですね。
でもこれからが本番なので、楽しみですね。
巷ではインフルエンザも流行ってきている様なので、体調管理は万全にして厳寒期を乗り切りましょう。

さて、次回の体力作りはどこへ?


長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/362-15ecf6e2

トラックバック

コメント

[C3404]

今回は初の2人コラボありがとうございました。
ボラが掛かったまではよかったのですが、色んな意味で撃沈してしまいすみませんでした。
後ろにも区切られた海があって良かったです。船酔い気分を味わってしまいました。私のコマセでチヌさんも大きくなってくれることを願います(笑)。
次こそはストロングゼロにノックアウトされないように気を付けますのでこれに懲りずにまたお願いしますね。
  • 2016-02-14 12:20
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3405]

釣りビギナーさん、この度はコラボありがとうございました。
予報に反した朝の晴天でこれはいける?、と期待しましたが後半の雨はキツかったですねぇ。
まぁ今回の敗因は、“雨”と“船酔い”という事にしておきましょう(笑)。
次回は体調を万全にして、好天の時にリベンジしましょうね。
厳しい中一日お疲れ様でした。
  • 2016-02-14 20:27
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3406]

連チャンお疲れ様でした。
今回は良い釣りをされましたね。大分状況が良くなってきたみたいですね。ムラはありますが良い日に当たれば数見れそうですね。私も計画したくなりましたよ!
  • 2016-02-15 06:50
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3407]

HARUさん、大会お疲れ様でした。
この時期の雨はかなり堪えましたが、その分チヌさんに会えた嬉しさも倍増しましたヨ。
先週が嘘の様でしたが、いよいよ待ちに待った時期がやって来たかもしれませんね。
リベンジを兼ね是非釣行なさってみて下さいね。
  • 2016-02-15 20:52
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3408]

お疲れ様でした。
連荘でナイス釣果ですね。
そろそろ自分もそこチャレンジしてみます!
  • 2016-02-17 07:05
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3409]

大会お疲れ様でした。
ようやくこの時期がやって来た様ですで、是非出掛けてみて下さいね。
釣果情楽しみにしています。
  • 2016-02-17 18:54
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア