Entries

予報を信じて・・・( ><)//

 前回の釣行から二週間、公私共に色々ありすぎて、もうストレス溜まりまくり (~Д~;)

こんな時は、やっぱり海でしょう ヾ(´▽`;)ゝ

という訳で、今週末は先日魔が差して好機を逃した某所へと出撃してきました (o^^o)♪

想像以上の悪条件でしたが、午後からの好転予報を信じ、半日耐え忍んだ先には・・・・・!Σ( ̄□ ̄;)

これだから厳寒期は止められませ~ん O(≧∇≦)O


先週は、私的には息子の卒業式に始まり、週末の強行日帰り帰省からの息子の引越しの準備や買い出しやら何やらで超多忙でした。
更に今週は、引越し第一弾を済ませ、計3日もお休みを頂いちゃいました。
仕事も3月に入り俄然忙しくなったにも関わらず、相変わらずの失敗の連続で、時に一人残って後処理残業など心身共に疲労困憊。
こんな時、いつもなら無理して出撃してスッキリ、といったところですが、さすがに今回は疲れたので、家でゴロゴロしようと思っていました。
ところが一昨日、帰宅後普段なら何て事無い家内との会話に、思わずキレそうになってしまいます。
これは絶対ストレスが溜まりまくってる、と危機感を感じ、急遽本日出撃する事にしました。
ストレスも潮風に当たればスッキリするはずですからね。

という訳で、金曜帰宅後急いで支度を済ませ、PM9時からの超遅めの夕食後、とにかく早く海が見たくて深夜には出発。
向かった先は、前回魔が差して行きそびれてしまった某所。
ところが、行き慣れたはずの道中、なぜが急に方向音痴になってしまい、あろう事か思いっきり道に迷い、いつもより到着が30分以上遅くなってしまいました。
自分の事ながら、なんて情けないんでしょう。
そんなこんなでAM1時過ぎには現着しますが、車が揺れるほどの強風が吹き荒れ海はガチャガチャ。
予報を確認すると・・・・・納得。
でも夜が明ければ納まるだろうと余裕をかましつつ、途中で仕入れたチュウハイで最近マイブームの“わさび風味の柿の種”をつまみに一人盛り。
こんな時のお酒は強烈で、即効でバタンキュ~。

翌朝AM5時半の目覚ましで起床し、車外へ出るとまだ強風が吹き荒れています。
そんな時、釣友の主水さんもいらっしゃいますが、この風では、と風裏となるポイントへと移動されます。
天気予報では午後からは風向きも変わり、強風も納まるとの事。
最近の天気予報はよく当たるので、これを信じ私はココで一日握る事にします。
とは言うものの、この強風が超厄介で、思いっきり向かい風となり海はガチャガチャで、しかも丁度満潮にあたり、風波で釣り座の足元が時折水没する始末。
オマケに飛沫が雨粒の様に降り注ぎ、ただでさえ寒いのにさらに追い打ちをかけます。
顔は目出し帽でガッチリガードしていますが、開口部から冷たい風が吹き込み、かき氷を食べた時の様にコメカミがズキズキと痛み、鼻水も四六時中流れっぱなし。
それでも、午後からの好天を信じ、AM7時開始します。

本日の釣り座です。
P3121761.jpg
これはお昼頃、風が納まり始めた時です。

今回またまた新作ウキを4本用意しましたので、試釣したいところですが、この条件では・・・・・・
でも考え様によってはこの悪条件を乗り切れれば、普段はバッチリかな?

さて、肝心の釣りの方ですが、この強烈な向かい風で、ダンゴが思った距離まで中々届きません。
フルキャストしますが、風の強さで落下点はバラバラ。
これでは釣りになりませんが、取り敢えずウキの試釣をしてみると、これが以外にこの荒波にも負けずに安定して漂い、ダンゴの割れもきちんと伝えてくれます。
あとはどの様にアタリを表現してくれるかですが、お楽しみは午後からにとっておきましょう。

ダンゴの割れを確認する為、敢えて早割仕様ダンゴをガン締めして、長いサイクルで投入していきますが、エサは忘れた頃に取られる(取れる?)程度。
勿論アタリはさっぱり分かりませんが。

そんなこんなで、過酷な修行時間は刻々と過ぎ、気が付けばもうお昼です。
お昼前ギリギリでフグさんが掛かり無魚は脱出しますが、ただひたすら半日投げ続けただけでしたね。
PM12時になり、お待ち兼ねのカニパンでランチを始めると、なんと風が急に納まってきます。
でもせっかく食べ始めたばかりなので、手持ち無沙汰を紛らわす為、取り敢えず遊びで一投入れておきます。
すると、今迄一度も感じ無かった?ダンゴアタリが出始めます。
こりゃメシなんか食ってる場合じゃないと、集中する事しばし。
「チョコチョコ」アタリの後、ゆっくりとウキが水中へ消えていきます。
「ビシッ!」、と合わせも決まり、なかなか良い手応えでお魚ヒット。
横のロープに気を付けながらしばらくやり取りし、やがてうっすらと見えた魚体は・・・・・・


P3121762.jpg
なんと40cmのチヌさんです。

新作ウキNo.1で、まずは入魂完了一本目。
念願のチヌさんにも会えたので、これで一安心です。
もしかしたら次も?、な~んて欲を出しますが、そう上手くはいきませんよね。

昼食&休憩を済ませ、PM1時過ぎ、午後の部開始です。
良い感じで風も納まり、徐々に風向きも東から南よりに変わり、随分と釣り易くなります。
そんな時、またまた先程の様にダンゴアタリが出始めます。
これは絶対いる、と確信し、必殺技を繰り出し渾身の一投。
ダンゴアタリこそ出ませんが、わずかな生体反応が。
入るぞ入るぞ、とドキドキしながら集中していると、遂にウキが「スゥ~~~ッ!」、と。
「ビシッ!」
「ゴン☆」
「よっしゃぁ~~~!」
狙いすました様にヒットします。
しばらくやり取りし、程無く姿を現したのは・・・・・・


P3121763.jpg
またまた40cmのチヌさんです。
No.2入魂完了!

まだまだ行けるかと思いきや、また風が強くなり始め、一時失速。
それでも、午前中に比べれば天と地の差なので、投点に気を付けながら、ダンゴもアミエビ添加のネチャギトにして続けていると・・・・
そろそろPM2時半になろうという頃です。
前アタリなど前触れが何も無いまま、静かに漂っていたウキがいきなり電光石火の如く、「バキュ~ン!」、と一瞬にして視界から消えます。
慌てて
「ビシッ!」
「ゴン☆」
「ビュ~~~ン!」
「あれぇぇ~~~」
掛かるなりいきなり大暴走。
これは間違いなくボラだな、とゴリ巻き体勢に。
右に左にと暴れまくった挙句、かなり沖目でウキが浮き、そして魚が。
これがなんと・・・・・


P3121764.jpg
41cmのチヌさんでした。
危ない危ない。

さて残る新作ウキも残り一本。
ところが塗装にアクシデント発生で、残念ながらここで試釣断念。
ここからいつものTOTOウキにチェンジ。
すると、いきなりダンゴアタリが出始めます。
今迄分からなかっただけでしょうか?
新作ウキ危うし。

そうこうしていると、PM3時を回り、いよいよお待ち兼ねのゴールデンタイムに突入です。
風もかなり弱くなり波も納まり、いつしか海も凪いできます。
「これよ、この時を待っていたのよぉ~!」
信ずる者は・・・・・・・

しかし、ここで思わぬ邪魔者が。
そう、あの憎き鴨軍団です。
よく見ると、奴らはウキを目印に「スス~~ッ」、と近付いて来て、いきなり「カポン!カポン!」と始めます。
「カポン!」が始まると、パタッとダンゴアタリが止まってしまいます。
鴨を追っ払い、しばらくするとダンゴアタリは戻りますが、また「カポン!」を食らうとダンゴアタリが止まる。
これをしばらく繰り返しますが、さすがに何をやってるんだか分からなくなり、もうどうでもいいやと、追っ払うのを止めひたすら爆投する事に。
やっぱりどうあがいても鴨軍団には敵いませんわ。
恐るべし鴨軍団。

しかし、今日はツイています。
そろそろPM4時半になろうという頃、鴨軍団がちょっと居なくなった隙をついて集中していると、先程と引けを取らないくらいの超高速アタックで、ウキが「バキュ~~~ン!」、と一気に消し込みます。
「ビシッ!」、と決まりゴンゴンと心地良い引きが伝わります。
勿論今度は慎重にやり取りし、しばらくして姿を現したのは・・・・・


P3121765.jpg
37cmのチヌさんです。
鴨さん、ざんねぇ~~ん!

やがて日も傾き始め、そろそろPM5時半になろうという頃、幸いにも夕日が良い感じで差し込み、見辛くなるはずのウキがバッチリ輝いて見えます。
最後のチャンスか?、と集中しますが、ここで本日最大の4羽の鴨軍団が最後のお勤めに。
これで終わりかぁ~~、と諦めかけた時、鴨の浮上に合わせダンゴアタリが。
祈る様な思いでウキを見つめていると、な、な、なんと“2度ある事は3度ある!”、で

「ツン・・・・・ツン・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・」
「バキュ~~~ン!」
「オオォ~~ッ!」
「ビシッ!」
「ゴン☆」
「ビュ~~~ン!!」

またまた物凄いアタリでヒットしますが、今度のは今迄とは一味違い、速さに加え物凄いトルクでゴッゴッと底へと突っ込みます。
これはデカいかも?、とメチャメチャ慎重になります。
相当時間をかけやり取りし、薄暗くなりかけた海面にようやく姿を現したのは・・・・・・


P3121766.jpg
45cmのチヌさんです。

この後、ウキが見えるギリギリまで粘りましたが、追加無くPM6時過ぎ納竿としました。
納竿後、待っていたかの様にまた午前中の様な強風が吹き出しました。
残業しなくて良かったぁ~、ラッキ~!

本日の釣果です。
P3121769.jpg
37,40,40,41,45cm  5枚
他、デカフグ4匹
アタリ餌: オキアミ、ボケ

午前中は何度も折れそうになりましたが、天気予報と自分を信じて大正解でした。
今日はたまたま上手くいきましたが、この時期は一筋縄にはいきませんからね。
運も味方してくれましたね。
これで来週からも頑張れそうです。
今後、息子の本ちゃんの引越しや娘の卒業式、4月には二人の入学式とまだまだ慌ただしい日々が続きますが、一生のうち何度もある事ではなく、しかも大切な子供達の事ですから、お父さんも一肌脱がせて頂かないとね。
花粉症がいよいよ始動しましたが、まだ寒い日もありますのでインフル・風邪にも注意しないとね。
皆様も十分お気を付け下さい。

長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/364-26ee11e0

トラックバック

コメント

[C3415] 好調ですね

トトダンゴさん

好調継続ですね。素晴らしい
引き続きこの調子で・・・(^^)v
  • 2016-03-13 13:38
  • だんごおとん
  • URL
  • 編集

[C3416]

お疲れ様でした。
それだけ釣れればストレス発散できましたね!私は来週の日曜日にこの年になって品質管理の資格試験をチャレンジする事になり、にわか勉強中。しかも試験場所が母校の大学とは!(笑)
釣りは試験が終わった後ですね〜ストレス溜まります。
  • 2016-03-14 08:52
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3417]

良いサイズが揃いましたね‼

一発も良いですが、良型が揃うのも格別ですよね~

次回も頑張ってください(^^)

[C3418]

お疲れ様です。
流石トトさん!
ノッコミ満喫ですね。
次回もガツンとやっちゃって下さい。
  • 2016-03-15 00:01
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3419]

だんごおとさん、お久し振りです。
今回は諦めずに粘った甲斐がありました。
この時期にこれだけのチヌさんに会えたのは、ラッキーでしたね。
でも普段は・・・・(-_-;)

HARUさん、ストレスは発散できましたが、さらに上行く信じられない出来事があり、もっと溜まっちゃいました(ーー;)。
また潮風が恋しくなりました。
試験大変ですが頑張って下さいね。
母校でね(笑)。

3417さん、久々に良型も姿を見せてくれて嬉しかったです。
中々こんなチャンスには巡り会えませんが、地道に頑張ります(^_^;)

大臣さん、地元で爆釣おめでとうございます。
いよいよこの辺りもそんな時期なんですね。
またお花見釣行しましょうね。
お疲れ様でした。
  • 2016-03-15 21:42
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3420]

お疲れ様です。
いつだか聞いた冬のメタボチヌさんとはこのことですね。いかめしのイカみたいにパンパンですね。
私もあやかりたいっす〜。
  • 2016-03-15 21:59
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3421]

釣りビギナーさん、確かに皆パンパンでしたが、以前にはもっと凄いのに巡り合っていますよ!
12年4月のお花見チヌさんです。
あんなのはもう二度とお目にかかれないだろうなぁ~。
釣りビギナーさんもいつかは・・・・・(^^♪
  • 2016-03-15 22:19
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア