Entries

桜満開“艶熟”乱舞 (;°°)

 先週の台風並みの暴風雨で、満開だった桜もさすがに散ってしまったと思いきや、この辺りはまだまだ美しく咲き誇っています (*^.^*)

中半諦めてはいましたが、“これが最後のチャンス”とばかりに、この週末またまたお花見釣行に行ってきました (o^^o)♪

まったり気分で握り始めたまでは良かったのですが・・・・・・・(⌒_⌒;)

2度ある事は3度ある (゜_゜;)?

祝開店。。。。熟〇パブ3号店 ☆(ノ^o^)♂



 9日土曜日深夜、釣友のオカピーさんにお会いする為沼津某所へと。
既に明日の戦いの準備を終えたオカピーさんにブツを手渡し、健闘を誓い合いその場を後に。
さて、問題は自分の出撃先ですが、当初狙っていたポイントは既に先客様有りだったので、目星い場所を探しながら最終的に辿り着いたのは、昨年は結局一度も入れなかった沼津某所。
一応ダメ元で覗きに行くと、なんと幸運にも狙っていた釣り座が空いています。
迷わず即in。
ここへの釣行は、なんと14年の4月以来と約2年振りなんですが、この時は見事に撃沈を食らっており、今回もまだ早いとは思いましたが、近くに綺麗な桜がある事から、ここを今回のお花見釣行場所に決めました。
とにかく、釣りは二の次で、まったりのんびりやるには最高な場所なんですから。

釣り座を決め夜明けまでしばらく時間があるので、しばし車中にて仮眠。
ウトウトしながら時計を見ると、まだAM4時半過ぎ。
しかし、もう辺りは既に明るくなり始めています。
随分夜が明けるのが早くなりましたねぇ。
まぁ今回はのんびりやるつもりなので、ゆっくり準備し、AM5時半釣り座へと入ります。

本日の釣り座です。
P4091799.jpg

この辺りでも一二を争う透明度で、海は青くスケスケ。
水温もわずかながら上がった感じです。
ただ、東~北東風が時折強く吹き付け、肌寒くまだまだ防寒は手放せません。

ふと周りに目をやると・・・・・・ありました、ありました!、満開の桜が。
P4091801.jpg
海辺の桜もまたオツなもんですねぇ。

富士山もうっすらではありますが、顔を覗かせてくれています。
P4091802.jpg


たま~に桜に目をやりながら、AM6時ボチボチと始めます。
今日のダンゴも厳寒期仕様。
今回用意した付け餌はオキアミ類のみ。
アミエビは様子見で。

まずは棚取りから・・・・・・と始めたまでは良かったのですが、どういう訳か中々棚が掴めません。
それもその筈、実はここ、満潮で竿3本程もあり、今回のダンゴでは余程キンキンに締めないと底まで持たないんです。
さらに、棚が取れていないにも関わらず、付け餌だけはキレイに取られてしまいます。
さすがにこりゃイカン、と珍しく開始早々にダンゴを大幅改造。
粉餌でダンゴを薄め、さらにチヌパワーをドカンと足して、しっかり持って尚且つエサ取りを交わす為薄味に変えます。

これが功を奏し、ようやく棚も取り終え、AM7時あらためて釣り開始です。
今回も勿論新作ウキを使っていますが、この水深に加え強風による風波で中々ウキが良い感じに馴染みません。
まだいま一使い慣れていないせいもありますが、なにせ浮力を極力抑えてあるので、こういった条件ではかなり不利です。
それでも今年はこのウキにこだわりたいので、何とか良い状況を作り出せないか、とあれやこれやと試行錯誤の時間が過ぎて行きます。
ただ、幸いにもエサは取られるものの、薄めたお陰で地獄まではいかず、程良く無くなるので、ある程度集中して続けられます。

開始から約2時間、AM8時を回った頃、結構取られていたエサが少しづつ齧られたりしながら残る様になってきます。
ウキへの反応も、小さいですが時折出始めます。
でもこれといって怪しくなってきた訳でもないので、勝手に妄想に耽りながら一人ニヤニヤしながら続けていると・・・・・
ダンゴが割れた後、しばらくすると小さなお触りを感じますが、気にせずボ~ッと見つめていると、突然電光石火の如くウキが、「スコン!」と入ります。
慌てて、

「ビシッ!」
「ガッン!」
「あれっ?・・・・・根がか・・・・・・・」
「ゴゴゴゴ~~ッ!」
「ゲゲッ!、なんか掛かってるぅ~・・・・!」

ここからが大変。
それはまるで動く根掛りの如く、物凄い力で底へ底へと引き込まれます。
危うくのされそうになり、たまらずラインを出しますが、とにかくそのトルクが半端無く、必死で竿を立てるのがやっとで、全くリールを巻くことが出来ません。
恐くとてつもない魚には間違いないとは思うのですが、全然正体が思い浮かばず、ただただその引きに耐える事しか出来ません。
とここで、大変な事に気付きます。
ここは足元からかなり沖まで敷石が入っています。
その為、このまま底へ張り付かれると恐く一巻の終わりです。
ここからは、もう一センチもやらないつもりで、とにかく糸を出さず何とか底から引き剥がせないか必死で竿を立てます。
こんな攻防が数分間続いたでしょうか?
徐々にですが、遂に奴がこちらを向き始めた感じがするので、スキあらばと少しづつリールを巻き始めます。
耐えてはちょっと巻き、また耐えてはちょっと巻きを繰り返すこと更に数分、スケスケの海深くから、ようやくウキの姿がぼんやりと浮かんできます。
やがて、ウキに続いて、とてつもないデカい影が見えてきます。
もうこの時点で、頭は真っ白、腕はプルプル、足はガクガクです。
しかし、問題はここからです。
奴は既に敷石ゾーン上空に来ています。
ここで油断したらアウトです。
ここから一気に畳み掛けます。
渾身の力を振り絞り奴を手繰り寄せ、巨大な魚影は最後の抵抗を見せますが、遂に水面へ。
焦る気持ちを抑えつつ、玉網を差し出しますがデカ過ぎて枠からはみ出してます。
それでも、何とか陸へと引きずり上げ、渾身のガッツポーズ。

このモンスターの正体は・・・・・・・

な、な、なんと!




P4091795.jpg
巨大な超熟女様です。

メジャーを当てると、57にはちょっと届かない、堂々の56.5cmです。
P4091796.jpg

恐く重さも3kg近くはあろうかと。

まさかこの場所で、しかもこのタイミングに、こんな凄い熟様にお会い出来るなんて。
まさに桜がもたらした、最高のミラクルですわ。

周りの釣り人様からも、おめでとうの拍手を頂き、やっと我に返ります。
あらためて見る超熟様の姿に、しばし呆然。
TOTOレコードには至らなかったものの、歴代二位の熟様です。

お恥ずかしながらブツ持ち写真なども。
P4091803.jpg


久し振りにデカいスカリに入れ、しばらく眺めていたのは言うまでもありません。

やっと落ち着きを取り戻し、釣りを再開したのはAM8時半近くでした。
海はまた元の静寂に戻っています。
また小さな反応が出る様、あれこれと始めます。
しばらくすると、またわずかながら反応が出始めます。

やがて、もうすぐAM9時半になろうという頃、エサが残りだし、ハッキリした反応も出始めます。
これは怪しい。
しばらく集中していると、前回出た様な、まるでスローモーションを見ているかの如くゆ~っくりとウキが水中へと消えていきます。
慌てず落ち着いて、ウキが完全に見えなくなるのを確認して、

「ビシッ!」
「ゴン☆」
「よっしゃ~ぁ~!」

先程とは比べ物になりませんが、心地良いゴンゴン感が伝わります。
程無く姿を見せたのは、

P4091798.jpg
37cmのチヌさんです。
まさかの追加に、またまたビックリ。

この頃には気温もグングン上がり、今シーズン初の脱防寒着です。
しかし、こんな陽気も長続きせず、AM11時近くになると、予報になかった北西の爆風が吹き始め、海は大荒れ、更に激流となり釣りどころでは無くなってしまいます。
しかも風が異常に冷たく、慌てて防寒着再着用です。
このまま風&激流は納まる事無く、やがてお昼になりそのまま休憩へと突入です。
満開の桜を肴に、カニパンを頬張り、まったりと過ごします。

この後、PM1時過ぎ、ようやく風も海も落ち着いてきたので、午後の部を始めます。
と始めたまでは良かったのですが、どういう訳かエサが全く取られなくなってしまいます。
いつまで経ってもエサはまる残り。
なんとかならないかと頭を抱えていると、そこに現れたのは、な、な、なんと、元祖釣友“呑んだくれさん”ではありませんか。
実はモンスターゲットの情報を送ったところ、わざわざ駆けつけてくれたんです。
しばらく、何年か振りに釣り談義に花を咲かせつつ、状況の好転を目指しますが、そう上手くはいきません。
PM3時になり、結局これといった見せ場もないまま呑んだくれさんはご帰還されました。
ブツ持ち写真、ありがとうございました。

呑んだくれさんがお帰りになられた後、どういう訳かまた少しづつ反応が戻り始めます。
もうこれがラストチャンスかも?、と今日一の集中を見せます。
反応を探りながら、そろそろPM4時になろうという頃、またまた怪しい雰囲気になり、スローモーションアタリ炸裂で、

P4091806.jpg
34cmのチヌさん、ゲットです。

このあとはまた元の無音&エサまる残りとなり、明日の釣行も控えているので、PM5時半納竿となりました。

本日の釣果です。
P4091807.jpg
34, 37, 56.5cm

まさかまさかの予想だにしていなかったダークホースポイントに超熟様が現れるなんて、誰が想像できたでしょう?
勿論私もですけど。
どうも聞くところによると、年明けから沼津界隈で熟様が相当上がっているとの事。
今年の沼津もまた熱くなりそうですね。

今日各所へ出撃されました釣友の皆様、お疲れ様でした。
かなり場所ムラがある様ですが、まだまだノッコミは楽しめそうですね。
当たり外れは運次第?、それとも・・・・・・・・

今日は桜ネコさんでお別れです!
桜猫さん - コピー

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/368-a78359b4

トラックバック

コメント

[C3454]

塾様今季5枚目?
トトさんお見事です
あやかりたいものです
モテキですね
  • 2016-04-11 00:54
  • 江戸前
  • URL
  • 編集

[C3455]

お疲れ様でした。

相変わらず、やりますね〜。
熟女キラー炸裂で凄いの一言です。
沼津の熟様全部釣っちゃってください(笑)
  • 2016-04-11 17:49
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3456]

凄い‼の一言に尽きますね

運だけでなく、日ごろの精進の賜物かと思います。

こちらも負けない様に頑張りますよ~(^^)
  • 2016-04-11 20:58
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3458]

江戸前さん、未だ信じられませんが、まだ少し運が残っていた様です。
でも、先日の江戸前さんの爆に比べたら・・・・(^_^;)
今年の沼津熱いですね。

HARUさん、まさかあそこで・・・・でしたよ。
まだ跡も無かったので、これから良いかもしれませんね。
HARUさんも是非挑戦してみて下さいね。

赤影さん、やはりこればかりは運かと(~_~;)。
ただ、どういう訳か今年の地元は各所で熟様が相当上がっている様なので、当たり年かもしれませんね。
赤影さんの地元でもそろそろ・・・・(´∀`*)。
  • 2016-04-12 21:55
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3459] こんばんわ(^^)

トトダンゴさん こんばんわ(^^)
年増キラーですね〜!松坂慶子を仕留めましたね!脱帽であります!
私もカセ筏でダンゴを握る身ですが、状況に合わせた配合調整、いつもながら細やかですね。
瀬戸内の魚影の濃さに甘やかされていたので、関東に戻ってからはなかなか出会うことが出来ていません。勉強させていただきました!
  • 2016-04-13 00:17
  • 偽チヌ師
  • URL
  • 編集

[C3462]

お疲れ様です。
しかしデカいですねぇ。37cmが小さく見えてしまう程ですね。私には熟女様はまだ早いですがピチピチのをいっぱい釣りたいっす。
  • 2016-04-13 18:42
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3464]

 まぁ何とデカイのを釣られましたやん!

当方はとにかくもチヌのお顔を拝見したい!ってのが実状です。
  • 2016-04-13 20:23
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3465]

偽チヌ師さん、キラーだなんて勘弁して下さい(~_~;)
配合も結局はその時やり易かったものがたまたま良かっただけですよ。
でも、やっぱり自分でコントロールし易いダンゴが一番良いのかもしれませんね。

釣りビギナーさん、確かにデカいと感じました。
重量感も半端無かったです。
ピチピチも良いですが、時にはマダムも?(笑)

ねこさん、お久し振りです。
冬眠から完全にお目覚めになりましたね。
これからは新緑眩しい良い季節になりますね。
チヌさん達もきっと待っていますョ!
  • 2016-04-13 20:47
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア