Entries

春の〇〇初釣戦で ♪\(^ω^\)

 GW釣行第二弾は、「春の〇〇初釣戦の巻~!」です。

〇〇へ初めて釣行して以来約20数年、地元の方からの「ここは春は全然釣れないから・・・・・」、という言葉を信じ、この時期は一度も足を踏みれた事はありませんでした (~ヘ~;)

しかし、数年前釣友様2人と共に、ダメ元で果敢にも挑戦しましたが、あえなく撃沈 ( ̄_ ̄|||)

またまた足が遠ざかってしまいましたが、今回ある釣友様が釣戦され、見事本命をゲットされたと聞き、いてもたってもいられず、思い切って足を踏み入れる事に (⌒-⌒;)

今迄頑なに信じてきた噂の真相が、今回遂に・・・・・・( ̄◇ ̄;)

 2日は仕事でしたが、お昼休みに衝撃のメールが。
それは、今迄この時期は絶対釣れないと思っていた某所で釣りをされている、釣り友の主水さんからの釣果情報です。
一瞬目を疑いましたが、確認するとそれは紛れも無い事実でした。
しかし、この目でこの腕で実感しない限り、どうしても納得出来なかったので、急遽主水さんにお願いして、翌3日にコラボして頂く事に。
帰る気満々だったのに無理やり引き止めてしまい申し訳ありません。

その日の夕方、仕事を終えるとすぐ準備に取り掛かり、PM10時には現地へ向け出発。
道中さすがGWという事もあり、こんな時間なのに車が沢山。
いつもより2割増で現地に到着します。
主水さんは既に就寝中。
取り敢えず釣り座を決め、軽く独り盛りし僅かの仮眠。
今夜の子守唄はふくろうの鳴き声でした。

翌3日AM4時に起床しますが、もう既に空は明るくなり始めています。
随分夜が明けるのが早くなりましたねぇ。
しかし、今日こそ防寒はいらないと思っていたのに、今朝も寒いです。
勿論防寒着は装着します。
同じ頃主水さんも起床され、昨日の様子を伺うとやはり釣果は事実な様です。
早る気持ちを抑えつつ準備を済ませ、AM5時過ぎ釣り座に入ります。
予報では南西から西寄りの風がかなり吹くとの事でしたが、天気図を見る限りそれ程吹かず、しかも南寄りになるはず、と勝手に判断して西風を嫌っていた主水さんを引き止めた経緯もあります。
いざ釣り座に立つと、予想通り海はペタペタで風もそよそよととても穏やか。
狙い通りです。
しかし、水を汲んでみてビックリ。
うっすらと緑色をしているではありませんか。
この色の時は良い思いをした事が無いのでちょっとショック。
しかもかなり冷たいです。
とまぁあれこれ言っても仕方無いので、AM6時開始します。

本日の釣り座です。
P5031856.jpg

周りの山々の新緑の緑が眩しいくらい輝いていて、実に美しいです。
この時期に来たのは初めてなので、感動です。
やっぱりここはいつ来ても最高の癒しポイントなんですねぇ。

棚は干潮で約竿2本無いくらいです。
予習から、投点はかなり沖目に設定します。
まずはオキアミで様子を見ます。
2,3投は取られましたが、直ぐにまる残りに。
そうこうしていると、潮が飛び出し激流状態に。
そんな中、程無くウキが入り何か掛かりますが、上がってきたのは・・・・・

P5031855.jpg
良型のカワハギ君。

今シーズンここでの初フィッシュで、これが最後になるかもしれないので記念に1枚。

ところが・・・・・・

開始からそろそろ2時間が経とうと言うAM8時前、僅かにウキに反応が出ますが、フワフワといつまでもハッキリしないアタリが続きます。
合わせたい気持ちをグッと我慢して様子を伺っていると、ようやく「スゥ~~~ッ!」と。
「ビシッ!」、と決まり、かなり手応えのあるお魚ヒット。
半信半疑でしたが、このゴンゴン感は・・・・・
しばらくして水面に姿を現したのは、


P5031857.jpg
37cmのチヌさんです。

このシーズンでの初ヒットで、思わずガッツポーズ。
しかし、魚はノッコミ魚ではなく、いつもの回遊系?、でやはりたまたま食ってきたのかも?、とまだ信用出来ません。
ただこれで家には帰れますね(笑)。
この数分後、今度は主水さんにもお魚がヒットし、ボラじゃないかと思うくらい、ガンガンに引いています。
しばらくやり取りし、ようやく姿を見せたのは、なんと腹パンの見事なチーママサイズのチヌさんです。
この魚を見て、ようやくここでもノッコミ魚が釣れると確信出来ました。
この十数年間、あの噂に惑わされ足を踏み入れ無かった事が悔やまれてなりません。

これならまだ居るはず、と気合を入れて爆投を続けますが、後が続かず徐々にアタリも遠のき、やがてオキアミもまる残りになってしまいます。
嫌な濁りも消えず、やがてまた潮が飛び始めたので、仕方無く朝食タイムに。
潮が中々落ち着かずやり辛い時間が続きますが、投点やラインの置き方、そして棚などを調節して、仕掛けが落ち着くパターンを探していると、何となく大人しくなる感じが掴めてきます。
すると付けエサにも徐々に変化が現れ、ウキもたま~に動く様になります。
しかし、合わせを入れられる様なアタリは未だ出ないまま。

やがてAM11時を過ぎ、そろそろお昼を意識し出した頃、何となく海の色に変化が。
水を汲んでみると、朝の様な緑が消え、いつもの綺麗な状態になっています。
これに合わせる様に、付け餌がたまに取られる様になり、微妙に頭が取られる事も。
そしてAM11時半を過ぎた時、フワフワとした例のじれったいアタリが出始めます。
何度もケツが浮きそうになりながら、まだ、まだ・・・・・と言い聞かせ我慢する事しばし。
遂にウキがゆっくりと水中へと消えていきます。
しっかり待って、

「1・・・2・・・3・・・」
「ビシッ!」
「ゴン☆」
「オオォ~~~ッ!」

遂に何かヒットしますが、先程より遥かに引きが強烈で中々寄ってきません。
とにかく焦らずじっくりやり取りすると、なんとか近くまで来ますが、ここで油断すると足元に入られてしまうので、ここからはかなり強引に浮かせにかかります。
やがてウキが見え、うっすらと水面に姿を見せたのは・・・・・


P5031858.jpg
42cmのチヌさんです。

こいつはお腹もパンパンで、白い物を所構わずピュッピュと。
これぞノッコミですわ。

「よし、次も!」、とお昼を取るのも忘れ続けますが、雰囲気は直ぐに消え無音まる残り状態に。
ここでようやくカニパンタイムに。
もうとっくに防寒は脱いでいますが、暖かな日差しの下海を見ながら頬張るカニパンの美味さと言ったら。
調子に乗り、イチゴ味をおかわり。

ゆっくりお昼を取り、PM1時午後の部を開始します。
場も少しは休まり、状況が良くなったと思いきや、真逆の激渋状態になっています。
勿論付け餌はまる残りで、ウキはピクリとも動きません。
さぁ困りました。
今日もアミエビを持参していので、集魚を上げるにも手段がありません。
そんな時、主水さんはアミエビをドカンと添加。
その直後、いきなりダンゴにお触りがあり、程無くチヌさんゲットです。
これには驚きました。
恐るべし、アミエビの威力。
ダメ元で車中をゴソゴソやると、集魚に使えそうな物を幾つか発見。
もう半分破れかぶれでドカっと投入。
混ぜ混ぜしていると、なんかいつもと全然違う怪しい色のダンゴに。
しかもこの香ばしい甘ったるい香りは・・・・・
差し詰めエビせん風味のスペシャルスイートダンゴとでも言いましょうか。
果たしてこんなダンゴが通用するのか自分でも正直不安でした。
仕方無くこの怪しいダンゴで始めますが・・・・・

主水さんの方は、ちょくちょくアタリが出る中、恐れていた通りこちらはいつまで経っても変化無く激渋のまま。
やっちまったァ~~~(>_<)
なんの変化もないまま、そろそろPM3時になろうという頃、「やっぱりこのダンゴは失敗だったかぁ~」、と諦めかけていましたが、地合いが来たのでしょうか?、付け餌に変化が現れる様になってきます。
そして、取られる事もしばしば。
ここへ来てようやくこのスイートダンゴの威力が発揮されてきたのかも。
それが証拠に、今迄殆ど出なかったダンゴへのお触りまで出る様になります。
またウキも動く様になり、怪しいアタリも出始めます。
やがてPM3時10分過ぎ、ウキがフワフワと怪しい動きをし始めますが、そのまま沈む事もなく動きが止まってしまったので、「回収~っ!」、と巻き始めるといきなり「ガツン!」とのされます。
「ゲゲッ、居食いだァ~!」
これがまたかなりの引きで、ゴンゴンと突っ込みます。
入られ無い様注意しながら、無理に巻かず出来るだけ怒らせないイメージで少しずつ寄せにかかります。
途中何度かのされそうになりラインを出しましたが、なんとかウキが見える所まで来て、魚体を確認。
それがこの・・・・・


P5031859.jpg
46cmのチヌさんです。

もうお腹はぺちゃんこでしたが、とにかく良く引きました。

「よしっ、これならまだ居るはず」、と直ぐ様次を投入。
すると今度はフワフワからの「ス~~~ッ!」で「ビシッ!」と決まり、かなりの重量感。
ところがやり取りを始めようと構えた瞬間、「バチッ☆」、と痛恨のラインブレーク。
幸いウキ止めの下で切れた為ウキは回収出来ましたが、実に惜しかったです。
残念。
これで雰囲気が飛んでしまい万事休す。

その後、またまた潮が飛び始めた為、「休憩か?」、と思いながら仕掛けを流していると、そのままもたれ、いつまで経っても浮いてこなくなってしまいます。
根掛りかも?、と回収しようと巻き始めると、何か付いてます。
しかも結構な重量。
タコかなんかかなぁ~と思いながら寄せてくると、いきなり水面には意表を突くお魚が。
それは・・・・・


P5031860.jpg
なんと34cmのマコ?カレイです。

もう何十年もここへは投げ釣に来ていますが、ここでカレイを釣ったのも、勿論見たのも初めてです。
しかもこれ程の良型は別場所でもお目にかかっていません。
肉厚で実に美味そうです。
でも、貴重な資源なので後程リリースしましたけどね。

このあとしばらくの間激流は続き、やっと緩んだのはPM5時近くになってからです。
この頃には空には怪しい雲が広がり、今にも降ってきそうな感じでしたが、幸いにもここまでそれ程風が強くなる事もなく、海は凪状態です。
ウキも天気が良ければモロ逆光となり見えなくなってしまうところですが、今日はバッチリ見えます。
また、途中何度か塩分濃度の変化で使い辛い時もありましたが、低残浮力の新作ウキはここでもキッチリ良い仕事してくれています。
「これが最後のチャンスかも?、と集中し、ダンゴの着底から素直にウキが馴染むタイミングを探りながらラインをコントロールしていると、あるパターンにハマるとウキにアタリが出る事に気が付きます。
この感じを出せる様更に集中していると、ダンゴアタリが出てダンゴが割れると、間髪入れずウキが「ス~~~ッ!」と。
「ビシッ!」、と決まりヒット。
これもかなりの引きで、ゴンゴンと突っ込みます。
やはり無理せずじっくりじっくり寄せにかかり、しばらくして姿を現したのは・・・・・


P5031862.jpg
37cmのチヌさんです。

最後に来ましたぁ~。
もう既にPM5時半を回っており、納竿が迫っていただけに、嬉しい1枚でした。

ところがこのあと、更なるドラマが。

PM6時を回り、辺りもかなり暗くなり始め、もうそろそろ終了かと思いながら放った一投。
ウキが馴染むとハッキリとしたダンゴアタリが。
程無くダンゴは割れ、ウキが動き出す瞬間フワフワからの「スパッ!」でウキが入ります。
反射的に「ビシッ!」、と合わせてしまいますが、そのまま「ガツン☆」、とヒット。
「最後にボラかよぉ~」、とガッカリしますが、案の定物凄い引きでガンガンと沖へ向かって走るので、そのまましばらく沖目でやり取りしていると、そのまま沖でウキが見え、「もうそろそろ浮くんじゃない?」、と思いましたがその辺をキープしながら徐々に岸に近付き、最後の抵抗での足元への突っ込みも交わし、ようやく姿を現したその魚は・・・・・・





な、な、なんと!




P5031863.jpg
51cmの熟様ではありませんか!

ここでは40UPが釣れただけでも「デカいっ!」、と騒ぎになるのに、まさか熟様が現れるとは。
まさにアンビリーバボーです。

この熟様が上がりチヌとなり、PM6時半納竿となりました。

本日の釣果です。
P5031865.jpg
37~51cm 5枚

まさかまさかの釣果に、未だに実感が湧きませんが、これも全て主水さんの情報のおかげです。
あの情報が無ければ、決して出会う事の無かったお魚ですから。
もう主水さんに足を向けて寝られません。
私も入信します、ね、松ちゃん(笑)。

主水さん、連釣大変お疲れ様でした。
そして、貴重な情報、本当にありがとうございました。
でも、これでまた貴重なノッコミ時期のポイントが発見出来きましたね。
この先訪れるであろうシーズンも期待大ですね。
今年も通いましょうネ(^_-)-☆

まさかの熟様登場でしたが、長い間信じきっていた変な噂の柵からも解放されました。
最強の癒しポイントが更にグレードUPですね。
ただ、一度は撃沈を食らっているので、当たり外れは激しいとは思いますが、今後も目が離せませんね。
これから益々楽しみです。

今日もねこさんでお別れです。
桜猫さん - コピー


長々とありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/373-6152d34e

トラックバック

コメント

[C3478] またまたおめでとうございます

トトダンゴさん、こんばんは!

おめでとうございます^^
まだまだ年無し釣運がついてまわってる感じですねヽ(^o^)丿

今年はトトダンゴさんから目が離せません^^v
  • 2016-05-04 22:55
  • オッサン
  • URL
  • 編集

[C3479]

お疲れ様でした。
何処へ行っても熟様を呼び込んでしまうのは神業ですね。それともトトさんから熟女を引きつける何かが滲み出ているのでは・・・?
何はともあれお見事です!
  • 2016-05-05 21:27
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3480]

お疲れ様でした。
いや〜、毎度のことながら素晴らしいパフォーマンスですね。熟様キラー健在❗️お見事でした。
  • 2016-05-05 22:38
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3482]

マダムたちを呼び寄せるあまーい集魚剤を車に積んでおくとは・・・さすが師匠、今度教えてくださいね(笑)。
  • 2016-05-06 19:43
  • 釣りビギナー
  • URL
  • 編集

[C3483]

ただただビックリですね‼

おチヌ様を呼び寄せる香水でも付けてるのでは?

ちょびっと分けて貰いたいです・・・笑
  • 2016-05-06 20:21
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3485]

オッサンさん、ありがとうございます。
今回は運は勿論の事、仲間の情報が無ければ決して出会う事が出来なかった一匹です。
もうただただ感謝です。

大臣さん、連日の釣行お疲れ様です。
呼び込める何かがあるなら欲しいくらいですよ(汗)。
ただ、あそこでの一枚は特別な価値がありますね。
今後が楽しみです。

HARUさん、連釣お疲れ様でした。
チーママさん見事でしたね。
今回新たな道が開けましたので、是非挑戦してみて下さいね。

釣りビギナー(マイティー)さん、甘~い集魚剤は内緒。
ヒントは甘~いものです・・・・ってそのまんまかぃ!(笑)
でも、出来上がった時点では、まさか効果があるとは夢にも思いませんでしたョ。
やっぱり熟様は甘い物がお好き?

赤影さん、遠征お疲れ様でした。
香りですかぁ~・・・・
今回はあったかもしれませんね。
時には突飛牡牛もない事も必要かも?
  • 2016-05-07 18:30
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア