Entries

返り討ち×2 (x_x;)

 先週末は思いの外好天に恵まれましたので、光合成・・・いゃ連釣してきました (*’▽’)

先日苦汁を味わったポイントでのリベンジと、急遽でしたが事前情報からのエサ取り対決となりました (;^_^ A

両日とも気合充分、やる気満々で出撃したまでは良かったのですが・・・・・( ̄  ̄!)

見事に連チャンで返り討ちに遭いましたァ~ ( ̄_ ̄|||)


 11日土曜日、天気予報では風は穏やかで天気も良く、潮も小潮なのできっと激流にはならないだろう、と勝手に予測を立てます。
この条件なら、と先日激流で殆ど釣りにならなかった某所でリベンジする事に決めます。
早朝釣り場へ向かうと、意外にも人は少なく、すんなりin。
明るくなるのを待って、AM4時過ぎ釣り座へと入ります。

本日の釣り座です。
P6111951.jpg

朝から素晴らしい富士山が・・・・・
P6111946.jpg


AM5時、ゆっくりと釣り開始です。
意外と潮は濁っており、底が見えないくらいです。
ただ水温がまた上がった様ですので、今日はいけそうですが。
まずはオキアミでエサ取りの様子でも、と始めますが、な、な、なんと、いきなり潮が飛んでます。
これじゃリベンジどころか前回と変わらないじゃありませんか!
「でも、この間みたいに数時間もこのまま、ってことはないよなぁ~」、と余裕をかまして流れが落ち着くのを待ちますが・・・・・

しかし、いつまで経っても落ち着く気配がありません。
それどころか、先端で釣りをしていた方々が帰られてしまい、あろう事かこの人気釣り場に私一人だけ、と貸切状態に。
でもこの状況じゃ納得ですわ。

途中様子見で何投かしますが、取り敢えず生オキアミは取られます。
ただ、ハードオキアミは残ります。
そうこうしていると、ようやく次の釣り人様がいらっしゃり一安心。
この方もダンゴかな?

そろそろ何とかしたいところですが、未だ潮は落ち着きません。
遂に痺れを切らし、ダンゴを打ち始めますが当然しっくりとはきません。
それでも、エサはポツポツ取られるので、少しはやる気が出ます。
やがて、ガ~~っと流されはしましたが、いきなりバスン!、とウキが入りかなりの大物が来た様ですが・・・・・


P6111949.jpg
お約束、40オーバーのデカメジナです。

居るとは思いましたが、やっぱり。
そうこうしていると、ようやく釣りが出来そうなくらいの流れになってきます。
ここからお待ち兼ねの集中モードに。
数投後、ウキも落ち着き良い感じになってくると、アタリが出始めます。
でも、エサ取りバンバンという訳ではなく、じっくり時間を掛けてエサが無くなる毎度のパターン。
いつもの様に我慢我慢で粘っていると・・・・・・出ました!あの怪しいアタリが。
投入後5分以上は経っていましたが、フワフワと焦れったいアタリの後、ゆっくりとウキが入ります。
しっかり待って、「ビシッ!」、と一撃。
掛かったのは・・・・・



P6111950.jpg
31cmのチヌさんです。

やっときましたが、まさか隅一になってしまうとは。

この後、デカメジナ&コッパを数匹掛けますが、チヌさんからの怪しいお触りは全く感じられません。
やがて、予想外の西の強風が吹きつけるようになり、海はガチャガチャでやりにくいったらありゃしない。
こんなはずでは・・・・・・・
さらに追い討ちをかける様に、またまた潮が飛び出し万事休す。
このままドキドキする事もなくお昼に。

今日は日差しもたっぷりで、Tシャツ一枚でOK。
カニパン&光合成でまったり過ごし、PM1時午後の部を開始します。
相変わらず風は厳しいですが、潮の流れは落ち着きを取り戻しつつあります。
ただ、塩分量がメチャクチャ下がったのか、新作ウキでは全く歯が立たず、高浮力ウキも中々浮き上がってきません。
その為直ぐ棚もボケてしまい、とても難しい状況に。
しょっちゅう棚を弄りながら、なんとかアタリを出せないか、あれこれやります。
で、条件が合うと少しずつアタリが出始め、お魚も掛かり始めますが、ベッチョンやコッパなどのエサ取り君。
それでも、しばらくすると強烈な引きでドカ~ンときますが、またまた40デカメジナ。
更にもう一匹追加です。
チヌさん、どうした???
この後、足裏メジナが掛かりますが、途中からドカ~んと重さが加わり強烈な引きが。
そのままゴリ巻すると、なんとメジナに80cmはあろうかというエソが食いついて上がってきます。
驚きましたぁ~。
こんなのが居たから、チヌさんも怖がってたのかも?

これで厄介者は居なくなったと喜びましたが、やっぱりチヌさんの雰囲気を出せないまま、気が付くともうPM4時を回っています。
ここで、呑んだくれさんがご訪問下さいます。
なんとかもう一枚、とあれこれやりますが、空回り。
エサ取りも中々スイッチが入らない様で、オキアミはともかくコーン、フナッシーはたま~に無くなりますが、サナギはダメ。
練餌はデカメジナの餌食。
カニはまる残り。
やっぱり今日もオキアミ勝負ですわ。
このままじゃ終われないと、夕マズメにはさらに気合を入れ爆投しますが、それをあざ笑うかの様に、ドカ~~~んと来たのは、デカバリ。
やってまったぁ~~~。
結局PM6時半まで粘りましたが、チヌさんの雰囲気すらも出ないまま、無念の納竿となりました。
結果、見事に返り討ちとなってしまいました。
なんてこったぁ~~~(>_<)

帰り道、別場所で竿を出された釣友様方の所へ立ち寄り、今日の状況を伺うと、なんとエサ取り地獄だったと。
それほど離れていないのに、この違いは何?
実にうらやましいお話です。
そう言えば、まだ今年は一度もエサ取り地獄に遭遇していませんので、そろそろ恋しいところですが。
Eさん、そしてHさん、今日は一日お疲れ様でした。
中々思う様にはいきませんが、場所によってはかなり上がっているので、チヌさん自体は元気かもしれませんね。
問題はエサ取りさん達ですかね、やっぱり。
次回も頑張りましょう!


PM8時には帰宅し、明日の準備を済ませ、風呂&夕食後知らないうちに昇天。。。。zzz
翌12日、日曜日は最近気になっている数箇所を目指し、早朝出掛けますが、目星をつけていた所が全て不可。
仕方無く空いている所へ入ろう、と車を走らせると、意外な所が空いています。
急遽でしたが、昨日釣友様が入られた場所で、エサ取り地獄に挑む事にします。

AM4時過ぎ、釣り座に入り、AM4時半日の出と共に釣り開始です。
P6121955.jpg


今朝の富士山
P6121952.jpg


本日の釣り座です。
P6121954.jpg


事前情報からダンゴもエサ取り対策バージョンで仕込みます。
付け餌は昨日殆ど出番が無かった諸々をメインに、まさかのためにオキアミをちょっぴり追加してあります。
潮は昨日程ではありませんが、うっすらと濁ってます。
しかし、風は穏やかで海は凪いでます。

「さあ来い、エサ取り達!」、と始めますが、おいおい、いきなり潮飛んどるよぉ。
これじゃ昨日と一緒じゃん、とプ~たれていると、追い打ちをかける様に横風も吹き始め、あれよあれよという間に海はガチャガチャに。
聞いてないよぉ~~~。
それでも開始から2時間程で流れだけは落ち着いてきたので、本腰入れて爆投を始めますが、どういう訳か、まずダンゴが全然割れません。
強烈なエサ取りアタックを想像して、普段ならダンゴ返しを食らってしまいそうなレシピでしたが、こりゃダメだと直ぐ様砂を足してダンゴを手直しします。
しかし、今度は砂を入れ過ぎた為即割になってしまい、慌ててチヌパワーを足します。
もうダンゴはメチャクチャ。
それでもなんとか勝負出来そうな締めが分かったので、それで通す事にします。

しばらくするとオキアミは取られ始めますが、エサ取り対策用の諸々は全く取られる気配はありません。
一晩でまたまた状況がガラッと変わってしまったのでしょうか?
それでも、この状況を納得出来なくて、合間にコーンやサナギ、フナッシー、カニ、そして練餌と色々試しますが、どれも今ひとつ。
予想に反し、今日もオキアミ勝負になりそうですねぇ。
ちょっとがっかり。
ただ、いつもの感じと思えば、自ずと攻め方も決まってきますが、今日は中々そのパターンにもハマりません。
それでもAM9時半過ぎ、極遅タイミングからのお触りが出る様になり、とにかく集中集中。
すると例の雰囲気から、らしいアタリが出てウキが入ります。
気合一番、「ビシッ!」、「バチン☆」・・・・・・・「ゲゲッ、き、切れたァ~~」
な、なんと合わせ切れ。
しかも一番のお気に入りの新作ウキを携え、お魚は消え去ります。
メチャクチャ落ち込みます。

しばらく立ち直れませんでしたが、そこは釣り人、アタリが出始めると徐々に復活します。
そんな時、そろそろAM10時になろうという頃、付け餌はハードオキアミ。
例のタイミングでお触りからの我慢パターンで、スゥ~~~ッと。
待って待って・・・・・・ビシッ!と決まり、


P6121956.jpg
37cmのチヌさん登場です。

「やっと出たわぁ~」、とこの一枚で既に満足モードに。
ちょっぴり余裕が出来たので、試しにコーン&オキアミで投入してみると、またまた良いアタリが出ますが、掛かったのは・・・・・


P6121957.jpg
でっかいハコフグ。

ダメだこりゃ(>_<)。

この後、フナッシーとサナギを試すも無傷でご返品。
ならば、とカニを付けると、なんと取られます。
こうなりゃ連打だ、としばらくカニで通しますが、数投後には無傷返品に。
この時が本日最高のエサ取り天国だったかもしれませんねぇ。

この後は、オキアミでも鳴かず飛ばず。
忘れた頃に、デカメジナ&コッパ、ベッチョン、そしてまたまたデカハコフグなどが。
やがて合間にオキアミも残る様になります。
まさかまさかの状況に、いつしかやる気も半減、そしてニギニギしながら居眠りを・・・・・zzz
このまま当たり障り無くお昼に。

例の如くカニパンでリフレッシュ。
PM1時には後半戦をスタートさせます。
午後になると、更に状況は厳しくなり、オキアミが残る確率も高くなります。
ただ生オキアミはほぼ取られますが、かなり時間は掛かっています。
しばらくあれこれとやりますが、どうも様子が変です。
エサへのお触りは感じるのですが、そのあとが無いと言うか雰囲気が出ないと言うか。
そんな時、痛恨の根掛り・・・・ん?、巻けるぞぉ~~!
思いっきりゴリ巻きすると、出ました、デカタコ。
犯人はこいつかぁ。

悪魔を成敗すると、現金なもので直ぐ様アタリが出始めます。
よしっ、これからだぞぉ!、と気合を入れ直します。
しばらくすると、極遅タイミングからのアタリが出始めますが、どうも様子が違います。
ここぞというタイミングで出るアタリがチヌっぽくなく、いかにもエサ取りっぽいんです。
ス~~~ッと入って合わせても、スカ。
どうにも納得がいきませんが、そんな事を他所に、アタリ自体も激減し、やがて無音状態に。
PM4時過ぎにはオキアミもまる残りになる始末。
このまま粘ろうかとも思いましたが、明日は仕事だし心も折れたので、PM5時煮え切らないまま納竿となりました。
結局今回も気合だけが空回りして、返り討ちに遭ってしまいました。

この週末は、なんとも情け無い結果となってしまいましたが、取り敢えず厳しい中でも顔が見れたので良しとしますか。
それに、心待ちにしていた某所がいよいよシーズンinした模様なので、これからが楽しみです。
今週末は早速出撃してみようかなぁ。

しかし、疲れましたぁ~( ̄◇ ̄;)。

長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/382-01b23868

トラックバック

コメント

[C3520]

お疲れ様でした。
なんやかんや言っても、シッカリと一枚はゲットされ、ポーズを引かないのは素晴らしい限りです。
  • 2016-06-14 12:55
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3521]

お疲れ様です。厳しい状況からの粘りの1匹は価値ありますね。そうですかシーズンINに行っちゃいますか。楽しみですね。
  • 2016-06-14 23:21
  • 江戸前
  • URL
  • 編集

[C3522]

HARUさん、未だエサ取りさんに敬遠されている様で、寂しい限りです。
なんとか顔は見れていますが、往生際が悪いだけですね(~_~;)
でもそろそろ産休明けのおチヌ様が暴れだしてくれるでしょうか・・・・・。

江戸前さん、先日は小江戸君共々お疲れ様でした。
またまたシークレットにお邪魔してしまいすみませんでした(;^_^A
中々“うん”とは言ってもらえませんが、いつかは必ず(夢)。
  • 2016-06-15 19:02
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3523]

厳しいコンディションでも、キッチリ結果出されますね。流石です。
  • 2016-06-19 08:16
  • ヒデ
  • URL
  • 編集

[C3524]

ヒデさん、何とか顔は見れましたが、もう執念の一匹としか言いようがありませんね(-_-;)。
しかし、最近こんな釣りばかりでまったりし過ぎでしょうかねぇ。
そろそろ攻撃的な爆投が恋しいです。
  • 2016-06-19 18:32
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア