Entries

リハビリ釣行に (^ー^;)

 先週は、またまた色々ありまして、土曜日は休竿し、日曜日にリハビリ釣行へ行ってきました ヽ(^_^;)

途中何度も泣きそうになりましたが・・・・・・ヽ(´~`;)

なんとかこれで今週も頑張れそうです ヾ(;´▽`A``


 仕事をしていると、なぜか毎日何かしらある訳で・・・・・・
先週もちょっと厄介な事があり、その処理で無理をした為、持病の腰痛が悪化。
後半は湿布ベタベタでなんとか乗り切りました。
ただ週末には、ず~っと楽しみにしていた釣り仲間によるプチ大会があります。
痛いのを我慢して参加するか、迷いに迷いましたが、今回は泣く泣く参加を見送る事にします。
楽しいハズの釣りが辛い時間となっては、と思った訳でして。
でもその分ムラムラは募るばかりで、気を紛らわせる為取った手段は、“うき作り”。
金曜日のPM9時頃から始めて、そのままドンドン嵌り込み、翌早朝釣友様からのメールでようやく時間を知り、ビックリ。
久々に徹夜?、しちゃったみたいです(~_~;)。
でもそのおかげで、新作を4本新調出来ましたけどね。

ここでやっと遅め???の就寝です・・・・・が、大会が気になり中々寝付けず、ついついメールを。
そんな時、いきなり雷を伴いながら豪雨&暴風が。
「大会大丈夫かなぁ~?」、と心配でしたが、AM8時頃には雨も止み、無事スタート出来たみたいで一安心です。
私も気が付いたら寝てました。

久し振りにのんびりしたので、随分調子も良くなります。
せっかくなんで、某所で竿を出されている釣友様を見学しに行く事にします。
でもとっくにおやつの時間は過ぎていましたけどね(^_^;)。
途中湾奥は、前日の豪雨のせいで、まっ茶っ茶に濁っています。
こりゃその先もヤバイかなぁ、と思いきや、釣友様の所は雨が降った事も感じられないくらい、スケスケで青く澄み渡っています。
しばらくお話を伺いながら様子を見ますが、遂にエサ取りさん達も夏モードに入り始めた様です。
このところ何処へ行っても、自分が竿を出すとエサ取りさんは相手にしてくれませんでしたが、今度こそ、と釣り人魂に火が着きます。
さすがに2日間家でコロコロは体に毒なんで、翌日にこの楽チンポイントで新作ウキの試釣を兼ねて、リハビリ釣行する事にします。
Hさん、色々と貴重な情報ありがとうございました。
そして、一日お疲れ様でした。
今度はコラボ宜しくお願い致します。

一旦帰宅し、翌日の作戦を練りますが、結局ダンゴ&用意したエサはいつもと同じ物に。
ただ、強いて言えば、オキアミがハードのみになった事でしょうか。

翌26日 日曜日、AM4時には釣り座に入ります。

本日の釣り座です。
P6261971.jpg


P6261970.jpg
雨上がりの富士山は、また格別に美しいですねぇ。

と情緒に浸ってはいますが、実は物凄い強風が吹き荒れているんです。
その為、この時期としては考えられないくらい寒い朝です。
思わず上着を一枚羽織りますが、薄手の物だったのであまり役に立ちません。
でも、水温は然程下がった様子も無く、海も相変わらず澄んでいます。
ボチボチ準備をしていると、下手に入られるダンゴ師様が声を掛けて下さいます。
お名前を伺うと、な、な、なんと以前からMのさんから話を伺っていた、名手“N”さんではありませんか!
まさかこんなタイミングでご一緒させて頂けるなんて、驚きです。
と同時に、一気に緊張してしまいます。
今日は宜しくお願い致します。

さて、AM4時半、待ちに待ったエサ取りさん達との戦いの始まりです。
オキアミは気持ち良く「サクッ」と取られます。
んじゃ、いよいよエサ取り対策用の付け餌の出番か?、とまずはコーンから。
あれっ?、残るじゃん。
それなら、サナギは・・・・・?、残るじゃん。
ならとっておきのフナッシーは・・・・・?、えっ?残るじゃん。

とまあこんな状態で、それでも何度か挑戦すると、取られる時もありますが、いずれもキレイさっぱり、という事は殆どありません。
試しにカニを使って見ると、数回取られましたが、その後はダメ。
ちなみに練餌は、ちょこっと反応はありますが、やはりパッとしません。
色々試しましたが、結局いつも通りオキアミメインで組み立てる事にします。

この後もエサ取りの反応は鈍く、エサが取られても所謂“瞬”ではなく鈍殺です。

なんだかなぁ~、と煮え切らない時間は過ぎ、気が付くとAM8時を回っており、この頃になるとようやく気温も上がり、上着がいらなくなります。
さてこれからか?、と気合を入れるも、ここで潮が飛び始め、やむなく休憩。
仕方無くしばらくフナッシーと追いかけっこです。

小一時間で潮も落ち着き再開しますが、どうも先程とは様子が変わっています。
エサ取りさん達が更におとなしくなってしまい、挙句の果てはオキアミまで残る様になってしまいます。
そんな中、何となく怪しい雰囲気が出て、本日最初のキレイなアタリが出てウキが入りますが、掛かったのはなんと、デカバリ。
その後、居食いでコッパを数匹。
そして、またまた怪しい雰囲気が出るも、またしてもデカバリ。
このまま、特筆する事は起きず、お昼に。

この頃には、気温もグングン上がり、地元の漁師さん達は、すぐ脇でドボ~ンとダイブで、蛸取り。
それを眺めながら、しばしのカニパンタ~イム。
今日はもともとリハビリ釣行予定だったので、ダンゴもいつもの6分目くらいしか仕込んできませんでしたが、ここでちょっぴり増量。
ただし、集魚等は上げずにかさ増ししただけ。
午後からに期待です。

PM1時過ぎ、午後の部を始めます。
相変わらずエサ取りさん達は元気が無く、こちらもエンジンが掛かりません。
そんな時です。
沖から大量のごみ&赤潮を携えた激流が迫ってきて、あっという間に足元を飲み込んでいきます。
こうなるともうお手上げ。
強制休憩です。

このまま暫くタラタラ過ごし、潮止まりのPM3時頃、何となく潮も落ち着いてきます。
しかし、海の状況は一変、先程まで綺麗だった水が、出過ぎた緑茶の様な濃緑色に一気に濁ってしまいます。
しかも、水面だけ右に左にと滑りまくってやり辛いのなんの。
おまけに大量の浮遊ゴミまで伴って・・・・・・
それでも辛抱して待ち続けると、ようやく釣りが出来る程度になります。
そしてオキアミも取られる様になります。
やがて、怪しくダンゴにお触りしてくる者が現れ、オキアミも微妙に残る様になります。
もうここまでで殆ど気力を使い果たし、戦闘力もあまり残ってはいませんでしたが、ここから一発奮起します。

もうそろそろPM4時になろうという頃でした。
朝から結構吹きまくっていた風は更に強さを増し、時折暴風となって吹き付けますが、そんな事はお構い無く爆投を続けます。
すると、例の極遅タイミングで怪しいアタリが出始めます。
ここでダンゴの締めを増やし、更に持たせる感じで攻めると、あの焦れったいアタリが。
投入から5分以上は経っていましたが、これからが勝負です。
合わせたい気持ちをグッとこらえ、あの瞬間を待ちます。
しかし、中々ス~~ッとはいきません。
流石に我慢も限界、完全に入りはしませんでしたが、ここぞというタイミングでたまらず「ビシッ!」と。
すると・・・・・・・乗りましたぁ。
バリで無い事を祈りつつ、慎重にやり取りすると、うっすら濁った海の中から姿を現したのは・・・・・



P6261972.jpg
31cmのチヌさんです。

遂にお会いする事が出来ました。
チヌさんは、最近仲良くなった地元漁師のお兄さんがすくってくれました。

これで先程まで張り詰めていた糸が、一瞬で「プッん!」と切れ、溜まっていてモヤモヤや疲れも一気に流れ落ちました。
今の私にとって、この一匹のチヌさんの影響力は計り知れません。
やっとこれで帰れるぅ~~~(>_<)。
もうこれで後は無いと思い、チヌさんは直ぐにリリースします。

今日は元々早上がりのつもりだったので、いつ上がっても良かったのですが、まだダンゴも結構残っているし、やっと雰囲気も出てきたので、もう少し続けてみます。

この数投後のそろそろPM5時になろうかという頃です。
パターン的にはもういつもの極待ちスタイルです。
普段ならとっくに上げてしまうタイミングでも、まだ付け餌が残っていると確信し辛抱していると・・・・・・・触ってきましたぁ。
ここからドキドキの駆け引きが始まり、遂にゆっくりとウキが水中へと消えていきます。
ひと呼吸置き、「ビシッ!」と一撃、「ゴン☆」です。
慎重に慎重にやり取りし、しばらくして姿を現したのは・・・・・・・



P6261973.jpg
34cmのチヌさんです。
夕日に輝く美しい魚体です。
勿論即リリースしましたょ。

最後の最後で追加も出来たので、この後はゆっくり片付けをしながらロスタイムを過ごし、PM6時、気持ち良く納竿です。

最初のチヌさんに出会えるまで、実に約12時間を費やしましたが、その分嬉しさも倍増しました。
これで今週一週間も頑張れそうですわ。
いいリハビリにもなりましたしね。

Nさん、今日はお疲れ様でした。
そして良型チヌさんゲット、おめでとうございます。
またどこかでお会いしましたら、宜しくお願い致します。

それから、大会に参加された皆様、悪天候の中大変お疲れ様でした。
いつになく大いに盛り上がった様で何よりです。
また機会ありましたら、今度は体調を万全にして臨みますので、宜しくお願い致します。

今週末は、もう7月です。
いよいよ夏モ~ド?


長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/384-96ee01ab

トラックバック

コメント

[C3532] こんにちはー。

 気象&潮流共にタフな条件下にて複数枚の釣果は凄いです。
良いリハビリでしたね。

 仕事に間が空き本日釣行予定ながら、降水確率にビビリ中止。
一度 雨天時の練習をしてみるかナ?とも思う梅雨の候です。
雨天時の注意点、コツなど教えてくだされば幸いです。

  • 2016-06-28 06:27
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3533]

良い釣行が出来て良かったですね~

厳しい中での1枚は格別だったと・・

気分スッキリ、暑い夏を乗り切っていきましょう!
  • 2016-06-28 11:56
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3534]

ねこさん、釣行お疲れ様でした。
この時期特に天候が不安定なのは仕方無いとしても、激流や濁りは予測が付かないだけに難しいですよね。
でもその分、こんな条件でチヌさんに出会えれば、嬉しさは倍増ですね。
私の雨天でのダンゴ釣りの最低条件は、傘が差せるくらい風が弱い事です。
傘さえ差せればなんとか釣りになりますからね。
勿論この傘は雨からダンゴを守るものですよ。
自分はカッパがありますからね。
まだしばらくはグズついた天気が続きますが、風が弱く穏やかな雨の日に、是非出掛けてみて下さいね。

赤影さん、ホーム釣行お疲れ様でした。
今回は楽チンポイントだったので、釣果は二の次でしたが、やっぱり苦労してチヌさん出会えると、嬉しさもひとしおですね。
「気分スッキリ」、実に言い言葉ですねぇ。
まだしばらくは激暑まではいかないとは思いますが、暑い夏に向けて、ゆっくり体を整えていきましょう。
  • 2016-06-28 18:42
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3535]

お疲れ様です。
週末はやっぱり釣りをしないと・・・ですね。
体調に気を付けてお互い頑張りましょう!
  • 2016-06-28 18:59
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3536]

大臣さん、大会お疲れ様でした。
お陰様で腰も落ち着きましたが、今度は背中をやっちゃいました(~_~;)
でも週末までには何が何でも復活しますよぉ~。
週に一度はダンゴですね!(^_-)-☆
  • 2016-06-28 19:12
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3537]

トトダンゴさん、こんばんは

ブログ拝見すると、
仕事で色々ありそうで、おまけに腰痛
お察しします
小生、今のところ腰痛はありませんが
似たようなものかな〜と(^^;

朝方はウキ見ながら、その週で起こった
面白くないこと、
〇〇部長、偉そうにしやがって!とか
アイツ、助けてやったのに礼も言わへん、気がキカン!とか
腹中で渦巻いとります(^^;
仏教用語で言うところの煩悩ですな
悟りとは、程遠い心境・・・・・

ですが、それなりの1枚が来ると
アーラ不思議、それまでの煩悩が
どっかへ行ってしまいます・・・単純そのもの(^^;
釣れなくても、昼飯喰って午後の海見てると
夕方には、すっかり、気持ちがリフレッシュ・・・これも単純
釣りは、良いもんですね(^^)v
  • 2016-06-29 23:06
  • だんごおとん
  • URL
  • 編集

[C3538]

だんごおとんさん、こんばんは。
何だか仕事の愚痴ばかりになってしまい、すみません。
以後気を付けます(~_~;)。

おとんさんの仰っている事、まさにその通りです。
どんなに嫌な事や疲れがあっても、それなりの一枚に出会えた瞬間、“パッ!”と消えてなくなりますね。
でも釣れないとやっぱり凹みますけど。
ただ、この悔しさが次への原動力となる訳で。
釣れても釣れなくても、やっぱり釣りは良いですね(^_-)-☆
  • 2016-06-30 18:43
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3539] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア