Entries

トリオで連投 in 南国 パートⅡ(^。^;)♪

 前回に引き続き、今回は翌日曜日の南国トリオ釣行記をお送り致します ρ( ^o^)b_♪

久し振りの連チャンで、ちょっぴり疲れも見え隠れしていましたが・・・・・・( ̄◇ ̄;)

やっぱり南国は裏切りませんね ☆⌒(*^∇゜)v


 はぎさんとのトリオ釣行を終え、私と主水さんは近くの公園で、取り敢えず明日のダンゴを仕込みます。
近くから軽快なお囃子が聞こえてきます。
地元のお祭りでしょうか?
夏ですねぇ~。
辺りもすっかり暗くなり、今日一日の疲れを癒すため、ちょっぴり足を伸ばし、弓ヶ浜近くの温泉へ。
入室時間ギリギリでしたょ(^_^;)。

しっかりと疲れをを洗い流し、すっきりしたところで再び釣り場へ。
途中コンビニでツマミ&ガソリン?を仕込み、主水さんとこれまた久々の現地盛り。
いつもの様に盛り上がりながら、釣り以外の込み入ったお話も聞けて、それはそれはとても楽しいひと時でした。
しかし、疲れと睡魔には勝てず、PM11時半には気絶する様に昇天。

気が付くと、もう翌朝のAM4時頃です。
松キングさんは深夜に到着された様ですが、全く気が付きませんでした(~_~;)。
今朝は昨日とはうって変わって蒸し暑く、所々青空も見えます。
こりゃ暑くなりそうですわ。

AM5時には釣り座に入り、AM5時半釣り開始です。
今夜は所用があり、残念ながら早上がりしなければなりませんので、短期勝負といきたいところですが・・・・・・

本日の釣り座です。
P7171994.jpg

今回は、昨日より更に湾奥から、主水さん、松キングさん、そしてトトという並びです。

今朝はちょっと気になる事があり、実は昨日から直ぐ近くにバカデカいクレーン船が停泊していて、これが作業し出したら厄介だなぁ~、と思っていました。
幸いにも昨日は作業はお休みでしたが、今朝は早くからそれらしい作業船やクレーン船が早々にエンジン全開で走りまくってます。
そんな状況を横目に見ながら、昨日の状況から今日も付け餌は生&ハードオキアミのみで勝負します。
とても寒かった事を除けば、昨日とあまり変わらない気がしますが、海の中はというと・・・・・・
ん?・・・・・・やっぱりオキアミは残るじゃん・・・・・・でも。。。。。
暫くするとたま~に取られる様になります。
昨日より若干ではありますが、エサ取りさん達の活性が上がったかも?
しばらくすると、周りではお決まりの小サバ君達がチラホラと。
やがてこちらにも小サバ君が。
今日も小サバからのぉ~チヌじゃな~い?、などと冗談を言いながら盛り上がります。

ところが、この後せっかくの楽しいひと時に水を差す出来事が。
先程お話した超巨大なクレーン船が、遂に動き出してしまいます。
いつもは閑静でまったりとした湾内が一変、まるで工事現場の様に何雙ものタグボートや作業船のエンジン音がけたたましく湾内に響き渡ります。

160717.jpg

こうなると、もう釣りどころではありません。
先程までの反応も、パタッと止まってしまいます。
これはしばらく強制休憩ですね(>_<)。

こんな状況が暫く続き、ようやく落ち着きを取り戻したのは、クレーン船が沖へ移動したAM8時過ぎです。
それから約30分、小サバ君達がポツポツと釣れ出し、そろそろ、なんて思っていると、「・・・カッ・・・カッ・・・」、と鋭角的にアタってくる何者かが。
サバにしては・・・・・?
もう暫く様子を伺うと、今度は「クックッ・・・・・・クックッ・・・・・・」、といかにもらしいアタリです。
そして、間髪入れずに「スゥ~~~ッ!」と。
「ビシッ!」、と決まり、明らかにサバとは違う魚が。
程無く姿を現したのは・・・・・・・


P7171995.jpg
29cmのチヌさんです。

型の割には、よく引きました。

このサイズなら、まだ他にも居るはず?、と集中しますが後が続きません。

その後は、エサが殆ど取られなくなってしまい、良くて頭が齧られる程度。
やがて、日陰になっていた釣り座にも日が差し始め、容赦無くギンギンの日差しが降り注いできます。
合わせて、比較的穏やかだった風も結構強く吹き出します。
こうなると海はガチャガチャのギンギラギンに。
この状況では、今迄のウキだと何が何だか殆ど分かりません。
色々悩んだ挙句、最終的に出した答えは、殆ど使った事の無い寝浮きでのチャレンジです。
こんな状況でも視認性はバッチリですが、なにせ使い方がよく分かりません。
取り敢えず、ダンゴが割れるまではウキが半立ちになるよう棚設定を試みますが無理。
仕方無く今迄の割れ時間を想像しながら、ウキが立たないくらいの状態をイメージして這わせ気味?、にしてみます。
ラインもウキが引っ張られない様、通常より多めに出してみます。

そろそろAM11時半になろうという頃です。
ガチャガチャの海に、フワフワと漂うウキ・・・・・・・といきなり、「パキュッ・・・パキュッ・・・・・」と素早い半立ちアタリが。
「なんだなんだ?」、と驚いていると今度は、「クククッ・・・・・・」、と押さえ込むようなアタリ。
「サバでもアタックしてるのかなぁ・・・・・?」、と思った瞬間、目にも止まらぬ速さで、一気に「スパッ!」、と消し込みます。
あまりの出来事に、一瞬固まりますが、直ぐ様我に返り、「ビシッ!」と一撃。
「ガツン!」という衝撃の後、奴は一気に沖へ走ります。
「えっ、ボラ?」、とも思いましたが、無理せずじっくりとやり取りすると、かなり沖目にウキが浮上し、やがてうっすらと姿を現したその魚は・・・・・・


P7171996.jpg
41cmのチヌさんです。

今迄、数回寝浮きでチャレンジし、チヌさんもゲットした事はありますが、他所見をしていて気が付くとウキが無い、な~んて感じでしたので、まともなアタリを見たのはこれが初めてです。
いやぁ~興奮しましたぁ。
なんだか寝浮きに嵌ってしまいそうです。

「これならいける!」、と調子に乗って続けますが、次に消し込んだのは小サバ君。
分かってはいましたが、そんな簡単にはいきませんよね(-_-;)。
結局、「やっぱり難し過ぎる(ーー;)」、と小一時間で敢え無く断念。
もうお昼も近かったので、ちょっぴり早いですが、ここでランチタイムに。

ギラギラと照りつける太陽の下、キンキンに冷えたドリンク片手に黒船肴に一杯。
やっぱ夏も南国だなぁ~。
2016071709540000.jpg

しっかり休憩し、PM1時午後の部を開始します。
と始めてはみたものの、昨日に比べればまだましですが、それでもギラギラと容赦ない逆光攻撃にタジタジ。
このまま何事も無く数時間が経過。
状況はかえってAM中より悪いかも?
そんな時、いきなりバキュ~ンで大物が掛かりますが、あっけ無くのされてハリ外れ。
恐くボラだと・・・・・

そんなこんなで、PM3時を過ぎた頃には、本格的な逆光地獄に陥り、目も眩む様になったので、試しにTOTOウキ:ブラックバージョンを使ってみると、こいつはいけそうです。
今迄分からなかったのかもしれませんが、ウキへの小さな反応を感じます。
そう、明らかに何か触っています。
目を皿の様にして集中していると、「ツン・・・・ツン・・・・」と前アタリらしき反応の後、ゆっくりとウキが入ります。

「ビシッ!」

久々の合わせです。
何かお魚も乗った様です。
しばらくやり取りし、姿を現したのは・・・・・・


P7171997.jpg
32cmのチヌさんです。

遂に時合いが来たのでしょうか?

次の一投、またまた反応が出ます。
そのまま同じ様な展開でウキが入り・・・・・・


P7171998.jpg
31cmのチヌさんです。

「いよいよこれからか?」、と期待しますが、この後巨大クレーン船のご帰還等色々あり、結局最後の盛り上がりも無いまま終了を告げるPM5時のチャイムが。
ここまで来て、誠に残念ではありますが、これにて納竿です。

本日の釣果です。

P7172000.jpg
29~41cm  4枚

主水さん、2日間に渡るコラボ、ありがとうございました。
あの巨チヌには参りましたが、南国はまだまだこれからの様ですね。
本格的にエサ取りが始動し始めましたら、是非また出撃しましょう。
それから、松キングさん、急遽でしたがわざわざ足を運んで頂きありがとうございました。
夕マズメの一撃はお預けとなってしまった様ですが、今度はエサ取り地獄で燃えましょう。
お二人共、とても暑い中一日大変お疲れ様でした。


2日間に渡る南国釣行でしたが、また冬とは違った良さが南国にはあります。
夏ですから暑いのは当たり前ですが、それをも癒してくれる南国は、やっぱり最高です!
これからの時期、道中特に帰路はメチャクチャ混みますが、今度はゆっくりと半夜釣りでもしてみましょうかねぇ~(*´∀`*)


長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/390-059d3c08

トラックバック

コメント

[C3557]

連投お疲れ様でした。

2日続けての複数ゲット流石ですね!

いよいよハイシーズン、爆釣でいきましょう(^^)/
  • 2016-07-22 13:02
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3558] 今回もさすがですね!

トトダンゴさん、ご無沙汰しておりました^^;

トトダンゴさんが以前より書かれている、怪しいアタリの後、ぐっとこらえてアタリを待つという釣り方が気になって、いつか試そうと思っているのですが、、、
イラチ(気が短い)な釣りばかりで出来ずにおります^^;

毎回、一度はやってみるのですが、、、堪え性無くいつもの釣りに・・・
ウキの感度も上げないといけませんが、今年の釣りのお決まり事になっております^^

いよいよ夏本番!暑い季節ですので熱中症に気をつけてご活躍ください^^v
  • 2016-07-22 19:24
  • オッサン
  • URL
  • 編集

[C3559] 南国を満喫されてますね。

いつもながら、さすがの釣果ですね。
この風景、いつ見ても癒されます。
今年も工事してるんですね。

青物はいかがでしたか?
私も近々釣行予定です。
お会いできたら良いですね。
  • 2016-07-22 21:28
  • 伊豆の堤防釣り日記
  • URL
  • 編集

[C3561]

赤影さん、さすがに連釣は疲れましたが、最高の癒しポイントだっただけに、気分は上々でした。
今年は良さ気なので、しばらく通ってみようかと(^。^)。

オッサンさん、お久し振りです。
例の長い間合ってやつですね。
なぜか今年は待ちグセが付いてしまっている、といいますかペースが遅くなってます。
これが幸いしたのかどうかは分かりませんが、良い感じではあります。
ただ、これからトップシーズンを向かえると、どうなりますやら。
自作ウキでの間合探りも楽しいものですね。


伊豆の堤防釣り日記さん、やっぱりお分かりになりましたか。
本当にいつ見ても癒されますよね。
工事はさて置き、雰囲気だけでなく釣果も上がっているので、今年は良さそうですよ。
青物ももうそろそろ良い感じになりそうですし。
今年こそお会い出来ると良いですね!

  • 2016-07-24 21:39
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア