Entries

Wコラボで伊豆を満喫 \(*^▽^*)/

 先週末は、またまた西から南へと伊豆釣行してきました (*^^*)

今回は両日ともスペシャルなコラボです d(⌒o⌒)b♪

台風が近付いている所為か、とても不安定な天気ではありましたが・・・・・ ( ̄  ̄!)

いよいよダンゴ釣りも本領発揮ですね ☆⌒(*^-°)v !


先週は台風の接近により、週末の天気予報は土日とも雨絡み。
特に日曜日は完全に雨中釣行となりそうでした。
そんな状況の中、まずは土曜日のコラボ釣行のお話を。

土曜日は、東寄りの風が強く、にわか雨が降るとの予報から、もしもの事を考え、車横付けで風に強いポイントを幾つかチョイスし、その中から今回は西伊豆某所を選択。
ここは8月までは海水浴客を対象に、しっかり駐車料金を徴収されていましたが、9月からは無料なので、「この時を待っていた」、そんなところです。
噂ではダンゴアタリはボコボコで、ウキもよく動くと評判の釣り場。
ただ、私は未だそんな状況に出会ってはいませんが・・・・・
それでも、昨年やっとここでチヌさんに巡り会えて、その後も何度かチヌさんと遭遇しています。
今回はこのポイントの創始者である「黒バカ日誌」でお馴染みの、大臣さんとのコラボです。
大臣さんとのコラボは超久し振りなので、とても楽しみです。

金曜夜、一足早く現地入りし、釣り座を確保後ちょっぴり一人盛り。
この時からもう結構風が吹いています。
AM4時には起床し、身支度を整え、ボチボチと準備に取り掛かります。
車がほぼ横付けなので、雨を警戒し最低の道具類だけを釣り座に備え、AM5時半釣り開始です。

本日の釣り座です。
P9032095.jpg
この時は風が一番強い時間帯で、バッカンの蓋もバタバタと大暴れです。

このポイントの凄さは、なんといってもこの静けさと海の綺麗さです。
今日は珍しく荒れていますが、水はとても澄んでいて、数種のチョウチョウウオを筆頭に色とりどりの魚達が乱舞しています。
これを見るだけでも価値がありますよ。

さて、釣りの方ですが、一投目からウキが動き、直ぐにダンゴへのお触りも感じます。
これが噂のダンゴアタリボコボコというやつでしょうか?
数投後には早速ベッチョン登場で、「これはいけるかも?」、な~んて思いっきり期待しますが、ところがどっこい、この後急に静かになってしまい、あろう事かオキアミがまる残りになってしまいます。
ここから約2時間は不動のウキをただじっと見つめているだけの寂しい時間です。
勿論オキアミもほぼ丸残りです。
それでも、AM9時頃になると、ようやく少しづつですが、オキアミは取られる様になります。
ただ他の餌への反応は殆どありません。
強いて言えば、フナッシーならなんとか小アタリが出るくらいでしょうか?

そんなこんなで、この後も状況はパッとせず、たま~にベラ君やチャリコが居食いで掛かる程度です。
しかし、大臣さんの所は結構ウキも動き、エサ取りもチョコチョコ掛けています。
直ぐ横なのにこの違いは何?、と頭を抱えてしまいます。
やがて、そろそろお昼になろうという頃、大臣さんはカニ取りへと出掛けてしまいます。
どうやらカニにも良い反応が出ている様で。
それに比べ、こちらは全く出番が無いと言うのに・・・・・

それでもきっといつかは?、と黙々とダンゴを投げ続けます。
すると、僅かながらダンゴへのお触りを感じます。
この時の付け餌はオキアミ。
そのまましばらく様子を見ていると、投入からかなり時間が経っていましたが、そろそろ回収するかな、というタイミングでアタリが出始めます。
更にこのまま辛抱していると、遂にウキが「ス~~~ッ!」と。
「ビシッ!」と決まり、結構な引きのお魚がヒット。
今日初めての手応えある魚なので、自ずと慎重になってしまいます。
時間を掛けゆっくりとやり取りし、ようやく姿を現したのは・・・・・


P9032094.jpg
43cmのチヌさんです。
まさに鬼の居ぬ間に・・・・でした(^_^;)。

これでようやくチヌさんタイムかと思いきや、雰囲気はこの時だけで、またまた渋い状況に。
このままお昼になり、ゆっくりとカニパンタイムをとります。
午前中は時折小雨が降るなど、不安定な天気ではありましたが、この頃からはお日様もギンギンで、たまらず頬被りを。

小腹も満たされたところで、PM1時過ぎ、午後の部を始めます。
場が休まったのか、この頃から結構エサも取られる様になりますが、やはりオキアミがメインです。
そんな中、付け餌はフナッシー。
チョコチョコアタリからの「スコン!」で、久々のヒット。
中々いい引き引きしてますが・・・・・
程無く姿を現したのは・・・・・・

P9032096.jpg
34cmのチヌさんです。

これは?、と直ぐ様次を投入。
するとまたまたアタリがあり連続ヒット。
こいつは更に良い引きですが、姿を現したのはなんと・・・・・・デ・カ・バ・リ。
がっくし(>_<)。

ここからは完全に失速。
これといったドキドキ感も無いまま、夕マズメを迎えるもやっぱりアタリは遠く、もう完全に諦めモード。
それでも大臣さんは、気が付くとチヌさんを掛けています。
そろそろPM6時となり、このまま終わってしまうのか?、と納竿を意識した時、何やらヒット。
それ程引きは強くありませんが、薄暗くなった海から姿を現したのは・・・・・

P9032098.jpg
27cmのチヌさんです。

これが上がりチヌとなり、PM6時納竿となりました。

本日の釣果です。
P9032100.jpg
27、34、43  3枚 (27cmは即放流)

大臣さん、今日は風も強くやり辛い時間帯もありましたが、それなりにアタリもあり、何より今季初のチヌさんに出会えて良かったですね。
しかも数・サイズともほぼ同じでしたしね。
まだまだシーズンは始まったばかりですので、これからが楽しみですね。
機会ありましたら、またコラボお願い致します。
今日は一日楽しい時間をありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。


大臣さんとの一戦を終え、次に向かったのは南国。
前回思いっきりやらかして、とんでも無い遠回りをしてしまいまいましたが、今回は完璧。
途中夕食や肴等を調達しながら、小一時間程でポイント近くの公園に到着。
明日の準備と洗髪洗顔着替え等を済ませ程無く釣り場に。
この時既に小雨がぱパラついます。

実は2日目となる日曜日は、昨年ひょんな事からご一緒させて頂く事となり、まさに夢の様な時間をプレゼントして下さった、超スペシャルなゲスト様、「0からの磯釣り記録」で有名な楽竿作者様とのコラボなんです。
日曜日は生憎の雨予報でしたが、楽竿作者様の熱意は半端無く、雨でも出撃と意欲満々。
そんな氏に刺激され、今回のコラボ釣行に至りました。
ず~っと心待ちにしていただけに、もう雨など関係ありませんわ。

PM9時頃から夕食を取り始めたまでは覚えているのですが、気が付いた時には楽竿さんに起こされていました( ̄▽ ̄;)。
さすがにちょっぴり疲れたかな?
うろ覚えでしたが、どうもこの間メチャクチャ雨が降った様で、しかも暴風を伴っていた様子。
楽竿さんも、ここへ向かう途中相当酷い雨をくらったそうです。
まずは無事到着されてなによりです。
この後、楽竿さんの愛車にてお楽しみのチョイ盛り。
楽しい話で深夜まで盛り上がり、気が付くともうAM2時を回っています。
ここで僅かではありますが、ちょっぴり仮眠。

AM5時には起床し、早速準備に取り掛かります。
この時から恐れていた雨は既に降り始めており、久々にガッチリとカッパ&ブーツを装着し、傘も装備。
勿論荷物は最低限に。

AM6時前には釣り座に入ります。
昨夜には既に釣り座は決めてあり、楽竿さんは湾奥側に、私はその左に釣り座を構えます。

本日の釣り座です。
P9042102.jpg

小雨が降る中準備を済ませ、ボチボチと釣りを始めます。
この頃から雲の合間から僅かに日が差してきて、もしかしたら虹が出るかも?、な~んて言っていたら・・・・・

P9042101.jpg
見事なアーチを描いた、それはそれは美しい虹です。

これは今日の何かを予感しているのでしょうか?
大きすぎてフレームに入りきらないのが残念ですが。

それでは、まずは海の状況ですが、水は比較的澄んでいて、ようやくいつもの南国になってきた様です。
先日漂っていた物凄い量のゴミもかなり減っています。
ただ、予報通り強い北東風が真横から吹き付けてきます。
傘もいつ“おちょこ”になってもおかしくないくらいです。

取り敢えず棚取りを兼ねての第一投。
昨夜あれだけ雨が降ったので、きっと水潮だろうと思いきや、サスペンドタイプの道糸が殆ど沈まず、まるでフロートラインの様になってます。
これは嬉しい誤算ですわ。
ウキも渋々タイプがスッキリと浮き上がりますし。
付け餌のオキアミも即行で取られます。
数投オキアミで様子を見ますが、いわゆる瞬殺というやつです。
ダンゴも恐ろしい速さで割れてしまいます。
遂に待ちに待ったエサ取り天国となったんですね。
こうなると、オキアミでは太刀打ち出来ないので、エサ取り用にと準備した、サナギ、コーン、練り餌、丸エビ、カニ、そして現地調達のフナッシーと順に試していきますが、全て取られます。
さて、今日はどうやって攻めていきましょうか?

と言っている間のAM7時、ダンゴアタリは無いものの、いきなり良い反応が出て、ウキが「スパッ!」と視界から消えます。
「ビシッ!」と決まり、早速何やらヒット。
程無く姿を現したのは・・・・・

P9042103.jpg
30後半のチヌさんです。

スミイチにならなければ良いのですが、そんな心配をよそに、AM8時半を回った頃には、


P9042104.jpg
こいつも30後半。

程無く黒船出港の時間を迎えます。
P9042105.jpg

この頃には天気予報通り雨も上がり、青空が顔を覗かせてきます。
この時を待っていたんですね。
いよいよこれからが本番?、なんて思っていると、AM9時半、


P9042106.jpg
30チョイ

ここで更に日差しも強くなってきて、先程脱ぎ捨てたカッパも大方乾いたので、一旦車に戻り、ここでいつもの夏仕様に衣替えを。
しかし、ちょっと暑すぎるかなぁ~。
でも、風はまだまだ強いので、この涼しさがありがたいですわ。

再開後のAM10時過ぎ、いきなり良い反応が出て、


P9042107.jpg

この時、ふと感じたのが、『とあるパターン』。
簡単に言うと、潮変わりとでも言いましょうか?
ウキがある方向へと流れが変わった瞬間、いきなり反応が出て雰囲気プンプンになるんです。
初めは、“何となく”でしたがこの一匹で“これが今日のヒットパターンだ!”、と確信します。

この後、このパターンになると、「これはいける!」、と感じ、その宣言通りチヌさんがヒットします。
こんな事は極稀なんですが、ここぞと思い狙って取った一匹は格別ですね。

その後も、このパターンでチヌさんが顔を出してくれます。
ただ、どういう訳かこの状態は長続きせず、直ぐに状況が変わってしまう為、連チャンはありません。
それでも、度々このパターンが訪れるので、その度にポツポツとヒットします。
で、AM11時には、

P9042108.jpg

そんなこんなで、お昼を迎える頃には5枚と、思わぬ釣果にビックリです。
気が付くと朝食も取らずに夢中になったいたので、遅めの朝食を兼ねここでランチタイムに。
午後からはどうしようかなぁ~、などとゆっくり考えながら、のんびりとカニパンを頬張ります。
思いの外日差しは強く、予想以上の暑さですが、たまに吹く強風が心地良く、この素晴らしい雰囲気も相まって、なんとも贅沢なひと時ですわ。

たっぷり休憩し、PM1時過ぎ、午後の部を始めます。
先程のパターンに気を付けながら、ガッツリと締め時間を掛け攻めていきます。
そんな中、ちょっぴり怪しくなってきたので、試しに練り餌を使ってみます。
すると、良い反応が出ます。
実は、まだ練り餌でまともにチヌさんを釣った事が無いので、今年の目標の一つが「練り餌でチヌさんを釣る」なんです。
次の一投も勿論付け餌は練り餌。
すると、今度も良いアタリが出て、暫く様子を見ていると、「スパッ!」とキレイにウキが入ります。
「ビシッ!」、と決まり中々の手応えの魚が掛かります。
デカバリで無い事を祈りつつ慎重にやり取りすると・・・・・・


P9042109.jpg
今日一の44cmのチヌさんです。
遂に練り餌で仕留めましたぁ。

この後もパターンを見切って、

PM1時50分
P9042110.jpg

PM2時55分
P9042111.jpg

PM3時20分
P9042112.jpg


そして、PM4時35分

P9042113.jpg
遂にツ抜けとなる、43cmのチヌさんです。
こいつは体高もあり重さも十分で、図鑑に載せたい程の美しい魚体でした。

この後、いよいよ夕マズメに突入し、いつの間にか風も納まり海も凪状態で、最高のシチュエーションを迎えますが、残念ながらあのパターンは現れません。
やがて日没を迎え、ウキが殆ど肉眼では見えなくなり、PM6時過ぎ、「これが最後」、と投げたラスト一投。
ボチボチと片付けをしながら、そろそろ仕掛けを回収しようと思った瞬間、殆ど見えないウキがス~~ッと視界から消えます。
「まさか?」、と思いつつ最後の一撃、「ビシッ!」と。
嘘の様にラス投でヒット。
すっかり暗くなった海から姿を現したのは・・・・・・38cmのチヌさんでした。

これが上がりチヌとなり、PM6時20分、気持ち良く納竿となりました。

本日の釣果です。
P9042116.jpg
30~43,44  11枚

まさかまさかの釣果に、今年の南国のポテンシャルの高さを改めて感じました。
今後更に良い状況になってくれる事を期待したいですね。

楽竿作者さん、今日は目まぐるしく変わる不安定な天気ではありましたが、ご一緒させて頂きありがとうございました。
もし単独釣行だったら、あの予報ではまず出撃しなかったと思います。
今日の釣果も、楽竿さんのお誘いがなかったら出会えなかった事でしょう。
本当に感謝感謝です。
あの未確認遊泳物体が非常に気になるところではありますが、今度こそ正体を暴いて下さいね。
秘密のエサはそれまでシークレットかな?
機会ありましたら、是非またコラボお願い致しますね。
今度はおイタも程々に。(笑)
一日大変お疲れ様でした。

この2日間も大変充実した週末となりました。
今回新作ウキの出来栄えは今一でしたが、その分次への課題も見つかり、またウキ作りに嵌ってしまいそうです。
また、今迄感じる事が出来なかったパターンも掴みかけたので、それを確信出来るよう暫く通ってみようと思います。
これからダンゴ釣りには最高な季節を迎えます。
エサ取りさんとの戦いもこれからが本番でしょうか?
今度は地元でもエサ取り天国に挑戦してみますね。

さて、次回はいずこへ?

長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/398-9d48a518

トラックバック

コメント

[C3611]

連投お疲れ様でした。
初日はお付き合い頂きありがとうございました。
久々のコラボ、楽しかったです。
二日目はツ抜けおめでとうございます。
機会有りましたら、また竿並べましょう!
  • 2016-09-06 05:32
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3612] ありがとうございました。

こんにちは。
いや~、トトダンゴさんの釣果、すごかったです。
ちょっと私とはレベルが違いすぎるので、申し訳なかったですわ(^^;
すぐ横なのに、私はチヌボウズでしたもんね。
自分のウィークポイントをはっきりと自覚しました。
今まで苦手で避けていた事を、練習しなければならないと痛感しております。
もし私が左に入っていても、結果は同じだったに違いありません。

今回、遅まきながら、課題と目標が見えたのが、すごい成果だと感謝しております。
この釣行がなければ、たぶん今までと同じダンゴ釣りを続けていると思います。
ありがとうございました。

あ、もう一つ、あの付けエサには、「何か」が喰ってくるというのも、新しい発見で、これから楽しみです。
別に秘密ではありませんので、自分の記事に載せます(笑)
3発切られた正体が見たい~!
使って、遊んでみて下さい、安いし~(笑)
  • 2016-09-06 13:33
  • 楽竿作者
  • URL
  • 編集

[C3613]

大臣さん、この度は超久々のコラボ、ありがとうございました。
期待とは裏腹に、またまた沈黙モードかと一時は本気で焦りましたが、なんとかチヌさんにも会えたし、あの美しい景色も満喫出来たのでとても充実した一日でした。
今度はボコボコアタリを満喫出来ると良いなぁ~。
機会ありましたら、またコラボお願いしますね。
一日お疲れ様でした。

楽竿作者様、早速のご挨拶、大変恐縮です。
こちらこそ、くだらない事ばかり言ってペースを乱してしまい、申し訳ありませんでした。
でも私としては、あの破天荒な釣りを間近で拝見する事ができ、そして飽きる事の無い楽しい会話を思う存分満喫させて頂き、本当に満足のいく一日でした。
また、今回私も新たなるヒットパターンを見つけ出すという課題と目標も見つかりましたしね。
しかし、改めてあの一瞬は凄かったですね。
あんなパターンもあるんだなぁ、としみじみと感じました。
今度はあの必殺技で、ぜひUMAを仕留めて下さいね。
相変わらず週末はお忙しとは思いますが、突然でも全然構いませんので、もしお時間出来ましたら、是非またご一緒させて下さいね。
その時が来るのを楽しみにしています。
悪天候?の中、一日大変お疲れ様でした。

[C3614]

2連荘お疲れ様でした。

相変わらず南伊豆はお強いですな〜!
今度の南伊豆はお手柔らかにお願い致します^_^
  • 2016-09-06 22:23
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3615] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C3616] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C3617]

HARUさん、今年の南国は同じ釣り座でも、毎回様子が変わり、パターンも全く違うので、何度足を運んでも飽きる事はありませんよ。
ここでようやく本来の姿になってきた様なので、これから更に面白くなってきそうですね。
今度の南国は大賑わいになるかも?(笑)

[C3618]

相変わらず良い釣果流石です。

最近はパターンを見切る様な釣りが出来てないですね~

台風一過で爆釣したいもんです(^-^;
  • 2016-09-08 13:03
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3619]

赤影さん、今回はここへ通い始めて10うん年、初めて“これは!”、というパターンが分かり、その雰囲気が出る度にドキドキしました(^_^;)。
こんな事は滅多にありませんが、これがあるから通いたくなっちゃうんですね。
地元でもこうなら良いのですが・・・・・(ーー;)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア