Entries

不眠不休でB.D釣行に (^-^;

 本日、お恥ずかしながら、またまた一つ歳を取ってしまいました ヽ(^_^;))

このところ、流石に連釣はキツくなってきましたわ (-_-;

さて、誕生日と言えば、毎年恒例のB.D釣行です (*^ - ^*)ゞ

今年は幸いにも当日は日曜日と、休日でしたが残念ながら雨予報 (´ヘ`;)

それで、昨日一日早いB.D釣行に行ってきました (;^_^ A

またまた台風通過後と微妙な条件ではありましたが・・・・・( ̄_ ̄|||)

やっぱり今年の南国は!"(*^^)/




 木曜日深夜、所用にて帰省し、翌金曜日は一日掛け用事を済ませ、そのままとんぼ返りにて深夜には一時帰宅。
急いで準備を済ませ、向かうはそう“南国”。
予報的には地元の方が良さそうではありましたが、せっかくのBD釣行ですので、今最も熱い最高の癒しスポットを選択した訳です。
AM2時には出発し、AM4時前には現着。
途中峠の温度は19℃
いよいよ秋も直ぐそこまで迫ってきているんですねぇ。
大っきな鹿さんがお出迎えです。

AM5時前には、本日ご無理言ってご一緒願った釣友の主水さん到着。
今日はありがとうございます。
明るくなるのを待って釣り座に入り、ゆっくりと準備に取り掛かります。
今日は北東風がなり強く吹くとの予報ですが、天気が良いのでこれくらいが過ごし易いかな?
ただ、またまた台風通過後で海の様子が非常に気になるところですが・・・・・
そんな事を思いつつ海を見ると、先週のあの青々とした南国特有の海は何処へやら?、濃黒緑色に濁り表面には何やら油の様な物が漂っています。
底は勿論の事足元でさえお魚の姿は見えません。
嫌な予感・・・・(ーー;)

それでも、そこは南国、きっとなんとかなるだろうと、AM6時前早速釣り開始です。
開始前、主水さんからサプライズ。
P9102117.jpg
プレゼントありがとうございます。
これで元気百倍ですわ(^。^)

本日の釣り座です。
P9102118.jpg
今回は私が右、主水さんは左です。

今はほぼ干潮のソコリで、棚は竿1本半?、くらいのハズですが、今日はラインがガンガンと沈んでしまい、ウキもなかなか浮上してきません。
どうやら水潮っぽく、塩分量もかなり低そうです。
その為、落ち着いた棚は、竿約2本です。
長潮の割には結構潮が走っていて、さらに風も右真横から潮流方向にかなり強く吹き付けてく来るので、中々やり辛いですよ。
そんな中、まずはオキアミで様子見。
一投目こそ直ぐ取られましたが、2投目以降なんと残ってしまいます。
おぃおぃ、今日もかよぉ~~Σ( ̄ロ ̄lll)
いきなり出鼻をくじかれます。
それでも数投後には、ようやく取られ始めます。
やがて、付け餌はフナッシー。
ダンゴアタリは無いものの、崩壊後かなり時間が経っていましたが、チョコチョコと焦れったいお触りが始まります。
しばらくヤキモキしながら様子を伺っていると、いきなり「スコン!」とウキが入ります。
それ程強くありませんが、心地良い引きです。
程無く姿を現したのは・・・・・


P9102119.jpg
30cmのおチヌ様。
心配とは裏腹に、早々と釣れてくれて一安心、でしたが・・・・・( ̄ェ ̄;)

よっしゃ次だ、と気合を入れ次を狙いますが、やはり今回も連チャンモードにはならず、雰囲気は出ません。
そんな中、小さなアタリが出て、そのままウキ入るか入らないかの微妙な反応。
これってもしかして・・・・?
結局ウキは入らず、諦めて巻き上げると、予想的中、そうゴンちゃんです。
こんな時間から食ってくるとは(~ω~;)))。
この後も、何匹かのゴンちゃんを掛けてしまいます。
やはり、この濁りのせいでしょうか?

その後、コーン、サナギ、丸エビなども織り交ぜながら、ローテしていきますが、取られはするものの、これといってピンとくるような付け餌は無く、時にオキアミが残ってくる事も。
しかし、すぐ隣の主水さんの所は頻繁にダンゴアタリが出ていて、とても楽しそうです。
それに比べこちらは・・・・・ヘ(´o`)ヘ
お馴染みの“バリヤ”登場でしょうか?
結局この状況は、終日続きました。

このまま辛抱する事約2時間、あまりの反応の弱さに付け餌をオキアミメインにしていた時です。
結構厄介だった流れが、ちょっぴり落ち着いてきます。
と、その時です。
軽~いダンゴへのお触りを感じた後、程無く崩壊、すると・・・・・・・

「ツン・・・ツン・・・・」
「おぉっ!、さっ、触ってる!」
「・・・・・・・・・」
「スゥ~~~ッ!」
「\((;◎_◎)/!」
「1・・・2・・・3・・・」
「ビシッ!」
「ゴン☆」
「キっ、キタァ~~~~!」

今度のは結構引きます。
デカバリで無い事を祈りつつ、慎重にやり取りし、やがて濁った海からようやく姿を現したのは・・・・・


P9102120.jpg
今日一、38cmのチヌさんです。
いやぁ~~、よく引きましたぁ!

この後、色々やりますが、中々雰囲気が出ないまま時間だけが過ぎていきます。

そして、黒船出港。
P9102121.jpg

そんな時、またまた何やらヒット。
ただ、このビリビリ感は・・・・デカバリ?
そう思い思いっきりゴリ巻き。
しかし、そこに現れたのは、なんとチヌさん。
なんちゅぅ~引きでしょう、こりゃ間違えるは。
とこでちょっぴり油断してしまい、あろう事か足元のスリットに入られ、痛恨のラインブレーク。
我ながら、なんという大失態でしょう!・・・・情けないです(-_-;)。

まぁ姿も見たんで、気を取り直し再開。
やがて、そろそろお昼かなぁ~、と思い始めたAM11時40分過ぎ、やはり付け餌はオキアミ。
ダンゴ崩壊後、殆ど間髪入れずお触りが始まり、程無く「スパッ!」とウキが消し込みます。
「ビシッ!」と決まり、何かヒット。
ちょっぴり頑張っていたお魚は、


P9102122.jpg
33cmのチヌさんです。

「よしっ、次だ!」、と直ぐ様次のダンゴを投入。
すると、またまた同じ様な展開で、またまた連続ヒット。
しかし、こいつは如何せん引き過ぎ。
姿を現したのは・・・・・・やっぱりデカバリ、嗚呼ぁ~~~(>_<)
これですっかり意気消沈です。
そろそろお昼だし、取り敢えず一区切りと午前中のラスト一投を投入、程無くお昼に。
と、ここでいきなりアタリ。
「ビシッ!」と決まり、何やらヒット。
なかなか良い引きをしてくれたのは・・・・・


P9102123.jpg
37cmのチヌさんです。
ギリギリ午前中の釣果という事で、半日で4枚はこの状況としては上等ですね。

この頃にはあれだけビュ~ビュ~だった風も少し納まってきて、その代わりにギンギンの日差しが降り注いできて、もう暑いのなんの。
やはりまだ9月に入ったばかりなんで、油断せず暑さ対策はしっかりしておかないとね。

慌てていて愛するカニパンを忘れてしまい、ちょっぴり凹んでますが、もう一つのヒット商品「ミルクロール」でお腹を満たしながらのんびりと昼休み。
この時、手持ち無沙汰から、たま~に放置ダンゴを投入してました。
それから約1時間、そろそろPM1時になろうという頃、んじゃ始めようかなぁ、と思ったとき、怪しいお触りが。
見守る事しばし、キレイにウキが「スゥ~~ッ!」と。
「ビシッ!」と一撃・・・・ヒット!。
程無く姿を現したのは、


P9102124.jpg
36cmのチヌさんです。

これで午後からに弾みが付きましたぁ(^。^)。
と喜んだのも束の間、このまま得意の失速。
この後、とにかく色々やりますが、状況は悪くなる一方。
反面、海は朝の濁りが徐々に回復してきて、足元には小魚達が乱舞する姿が見えます。
期待は膨らむ一方ですが・・・・・・

そんな時でした。
ボラ君を掛け、やっとこちらも賑やかになってきたかなぁ?、と思っていると、突然それは来ます。
初めは根掛りだとばかり思っていましたが、なんとこれがゴゴッと動き出します。
ここからが大変。
奴のトルクは半端では無く、思いっきり竿を立て、やっと少し巻けたかと思ったら、直ぐ様物凄い力で引きずり出され、またまた渾身の力で引き寄せるも、いきなりのされ・・・・・
こんな手に汗握る駆け引きがしばらく続き、ようやくウキが見え、遂に姿が・・・・と思った瞬間、痛恨のラインブレーク。
せめて姿だけは見たかったなぁ~~~、残念(>_<)!
今迄掛けた魚の中で、一番の引きでしたわ(^_^;)。
もう手はプルプルで、暫く呆然としていたのはいうまでもありませんね。

この後、特筆出来る事は何も無いまま、やがて、夕マズメを迎えます。
この頃には海はベタ凪になり、最高な条件となりますが、雰囲気は未だ出ず。
それでも諦めず爆投を繰り返しますが、PM6時過ぎには肉眼ではウキの確認が困難となり、そろそろ納竿かな?、と思った時、終了を告げるあの魚が。
そう、ゴンちゃんです。
PM6時10分、すっかり日も沈みここで納竿となりました。

本日の釣果です。
P9102126.jpg
30~38cm  5枚 (一枚は脱走されました(;^_^A )

主水さん、今回は私の我がままにお付き合い下さり、またプレゼントまで頂きありがとうございました。
あの海を見た時、結構焦りましたが、そこは南国、やっぱり裏切りませんでしたね。
ただ、先日あの青い海を見てしまったので、是非今度は、あの “これぞ南国” といった条件で爆投したいですね。
また機会ありましたら、今度はいつものモードで握りましょう。
一日お疲れ様でした。

この先もまだまだ台風の可能性がありますが、自然の変化には逆らえないので、これも“運”と言う事で、次回は好条件な日に当たると良いなぁ~。

さてさて、来週末は、またまた熱~い戦いになるでしょうか?\(^o^)/!

それでは、また。(*^-^*)ノ~~

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/399-a30f1612

トラックバック

コメント

[C3620] こんばんはー。

 横風ピューピューの中、よく釣られましたね。

 台風一過、確かに微妙ですね。
荒れ後は良いとよく聞かされますが、実際釣行するとホント「微妙」です。良いんだかイマイチなんだか・・・。

 とてつもないパワーのヤツ、居ますね。
私も掛けた後 ドラグを鳴らしながらビューンと走られた次には底をゆっくりとグイグイされ「あ、これ、絶対無理!!」ってのを一昨日に味わいました。
年に1〜2回ありますが リベンジの気持ちも起こらぬ位のパワーに会え、ドキドキさせてもらい嬉しくなります。
でも、正体は知りたいものですね。

いよいよ秋本番、これからも楽しい釣りをなさってくださいね。
釣行記楽しみにしております(見逃げ御容赦)。
  • 2016-09-11 18:42
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3621]

BD釣行お疲れ様でした。
やはり、南国はうらぎりませんね!
良いJBD祝いになりましたね。
次週も良い結果につながると良いですね〜!
  • 2016-09-12 06:53
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3622]

風がきつい中でも、相変わらずの釣果は流石です‼

毎度ながら楽しい釣行で羨ましいです

チャンスが有れば、ドッカーン正体を確認してきて下さいね(^^)

  • 2016-09-12 19:02
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3623]

ねこさん、コメありがとうございます。
今迄台風通過後は状況が良くなるとばかり思っていましたが、今年はちょっと違う様ですね。
これも異常気象の一つでしょうか?
あの怪物は恐く引き具合からデカエイではないかと?
いずれにしろ、不意にこんなモンスターが現れるのもダンゴ釣りの醍醐味ですね。
いよいよダンゴ釣りには最高の季節がやって来ます。
お互い更に楽しく有意義な釣りが出来ると良いですね!

HARUさん、やっぱり南国は裏切りませんでしたわ。
特に今年はその傾向が高い様です。
今週末は果たしてどんなドラマが生まれますでしょうか?

赤影さん、キツイ風もこの時期は涼しさを運んでくれるので我慢できますよ。
ただこれが厳寒期なら即撤収ですけどね(笑)。
モンスターの正体・・・・果たして?

[C3624]

お疲れ様です。
なんだかんだ言っても南国ではボーズ無しですね。
週末、宜しくお願いします!
  • 2016-09-12 23:14
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3625]

大臣さん、南国でもボーズ食らってますよ(-_-;)
でも、それで火がついてしまったんですね(^_^;)
週末なんとか天気がもつと良いですね。
当日は、どうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア