Entries

予報を信じて・・・あ痛たたァァ~~(>_<。)\

 今回の夢の3連休は、神様の悪戯かまたまた頂けない風雨予報で意気消沈 o( _ _ )o

ただ、雨は雨具でどうにか凌げそうでしたが、問題は風 ( ̄  ̄!)

それでも「場所を選べばこの強風もなんとかなるだろう」、と甘い考えで、やっちゃいました、“怒涛の3連投” (* ̄Θ ̄*)

ところが、予想に反し、とことん予報は外れ、これでもか!と打ちのめされ・・・・・!Σ( ̄ロ ̄lll)

自然の驚異をあらためて思い知りました (хх。)

3連休、まずは初日のお話から。

7日金曜日、お昼休み中に天気予報をチェックすると、翌土曜日はほぼ終日雨との事。
ただ風はナライからの南西風で、それ程吹かない予報。
迷わず南国をチョイス。
帰宅後、いそいそと準備を済ませ、いざ南国へ。
峠の温度は17℃、いよいよ秋めいてきましたねぇ~。

現地へ向かう途中から既に小雨がパラパラと。
現着するもやはり既に小雨が。
そんな中、まずは昆虫採集。
めっきり数が減りましたねぇ。

AM0時迄には採取を終え、「スマイル・スマイル」に耳を傾けながら、一人盛り。
肴は最近お気に入りの「ワサム~チョ」。
いかん、呑み過ぎたァ~~、食べ過ぎたァ~~~。

翌朝5時には起床。
まだ雨は殆ど降っていません。
明るくなる前に早めの釣り座in。
雨が本格的に降ってくる前に、雨対策の準備をする為です。
AM6時過ぎには準備完了。
待ってましたとばかりに、タイミング良く?パラパラと。

本日の釣り座です。
PA082187.jpg

さて、まずは海の状況ですが、これまでの雨の所為か、思った通り濁り気味。
また、潮の流れが複雑で、かなり飛んでます。
ただ、水温が結構高めで、これは期待が持てるかも?
風は真横からの北東風が、そこそこ吹いています。

AM6時半、霧雨の中釣り開始です。
まずはオキアミで暫く様子を見ます。
開始から程無くダンゴへのお触りを感じます。
はっ、早い~~?
このところ中々ダンゴアタリが出なかったので、朝からもうハァハァ。

そろそろAM7時になろうという頃、早速怪しいお触りが出ます。
この焦れったいアタリは・・・・?
我慢して我慢して、遂にウキが「スゥ~~~~ッ!」と。
「ビシッ!」、と決まり何やらヒット。
幸先良いこのゴンゴン感は・・・・・


PA082188.jpg
39cmのチヌさんです。

この時間からお目にかかれるなんて(´∀`*)。

ところが・・・・・・

この後、予報通り、雨が強くなってきて、合わせて風も徐々に強さを増してきます。
やがて、本降りに。
しかも明らかに予報より酷い強風&大雨に。
なんとかダンゴを濡らさないよう死守するのに必死です。
こうなると、もう釣りどころではありません。
そんな時こそアタリがあるもので、強烈なガツン!が。
しかし、上がってきたのは、デカバリ(>_<)
そして、またまたゴン!で、デカボラ(>_<)
やめてくれぇ~~~~(×_×;)

やがて、黒船出港。
PA082189.jpg

さすが連休、こんな天気にも関わらずお客さんが。

この後、風雨は益々強さを増すばかりで、特に風は強烈。
いよいよ傘がヤバイかも?
とにかく耐えて耐えて、また耐えて・・・・・・
それから約1時間、ようやく風雨が落ち着いてきます。
そして、そろそろAM11時になろうという頃、付け餌はフナッシー。
またまた焦れったいお触りが始まり、待って待って・・・・・ようやくスゥ~~~ッ!と。


PA082190.jpg
34cm

朝一のもそうでしたが、今日はチヌさんまでの間合いが異常に長い気がします。
それはまさに、春の乗っこみ期そのもの。
それだけエサ取りの活性も低いという事でしょうか?
勿論取られる時は簡単に無くなりますが、もしかしたら残ってるかも?、とカマをかけてひたすら待つ作戦に出ます。
しかし、この後怪しい雰囲気は出ず、やがてお昼に。
この頃には雨も上がり、空も何となく明るくなってきます。
雨のせいで朝食抜きだったので、お昼は“かにぱんとミルクロール”で二食分ガッツリと。

しっかり昼休みを取り、PM1時過ぎ、午後の部スタートです。
午前中は今一パッとしなかったので、アミエビを1カップ程添加します。
これが良かったのか、少しづつ反応が出てきます。
付け餌も、オキアミ以外にコーン、サナギ、フナッシー、丸エビ、と順調に取られ出します。
ただ、殆ど無音で奪取です。
しかも、鈍殺。
やっぱり渋い?
そんな中、久々のお魚ヒット・・・・カワハギ。
君だったの、犯人は?
でも釣れたカワハギは、この一匹のみ。
この後、またまたデカバリ、そして遂にゴンちゃん。
こりゃやっちまったかぁ~?

しかし、そろそろPM2時になろうという頃、「スコン!」と気持ち良くウキが入り、


PA082191.jpg
32cm

その後も微妙な雰囲気の中、黙々と打ち続ける事約2時間、久々に・・・・


PA082192.jpg
32cm

やがて夕マズメを迎えます。
この頃には薄日も差し始め、青空も顔を出します。
しかし、風が南西風に変わり、モロ向かい風に。
でも以前はこれより強い向かい風の中、平気で爆投したもんですので、これくらいならヘッチャラかな?
やがて、PM5時のチャイムと共にアタリが出て、


PA082193.jpg
31cm

このあと、ウキも見え辛くなるも、「もしかしたら?」と粘ってはみましたが、コレといった反応は出ないまま、PM5時半納竿となりました。

本日の釣果です。
PA082195.jpg
31~39cm  5枚

厳しい時間帯が多い中、なんとかおチヌさんに逢えて良かったです。
我慢した甲斐がありましたね。
でも感じとしては、そろそろ秋モードかな?
ダンゴ&付け餌もボチボチ切り替えますか。

帰宅時、道はスイスイでPM7時過ぎには無事到着。
直ぐ様翌日の準備に取り掛かります。
残ったダンゴに継ぎ足しして、明日のダンゴを仕込み、準備完了。
さて、2日目の釣行場所は・・・・・・?

天気予報で風&雨をチェック。
雨はかなり降りそうですが、問題は南西風。
風に強い所を選ぶべきか、それとも風が弱い所を選ぶべきか、散々悩んだ末出した答えは、南西風に強く風速予報も一番弱かった静岡某所を選択します。
ここへの釣行は、3月以来。
最近は幼稚園化していると聞いており、小チヌ先生にまた修行してもらおうと思っています。

深夜には現地に到着。
そこは想像とは全く違う状態で唖然。
強烈な風が吹き荒れていて、海もガチャガチャ。
そこへ雨も降ってきて、さながら小嵐。
全然予報と違うじゃん、と少々困惑気味ではありますが、明日になればなんとかなるだろう、と安易な考えで今夜も車内一人盛り。
今夜の肴はスモークチーズに贅沢ポテチン。
いかんいかん、今夜も呑み過ぎぃ~、食べ過ぎぃ~( ̄ω ̄;)
前夜も殆ど寝ていなかったせいか、気絶さながらに昇天。
気が付いたのは翌朝AM5時過ぎ。
爆風で揺れる車の振動で目が覚めます。
既に小降りながら雨も降り始めており、本当に大丈夫なのか心配になります。
それでも、予報を信じ準備を始め、AM6時半過ぎ釣り座へと入ります。

本日の釣り座です。
PA092196.jpg
(これは嵐の後の様子です)

かなりの強風が吹き荒れており、前夜からの大雨の影響も重なり海は恐ろしい程黒っぽく濁っています。
更に、これ程の内湾にも関わらず、潮が異常な動きをしています。
これも嵐の影響?

釣りの準備を始める前に、まずは雨対策から。
前日同様傘にカッパ、長靴とフル装備で風雨に備えます。
ただこの時は、後程あんな恐ろしい状況になるなど夢にも思っていませんでしたが・・・・・・

AM7時過ぎ、釣り開始です。
この頃から既に風雨が強まり始めており、何やら怪しい雲行きに。
そんな中、オキアミで様子を見ていくと、結構取られます。
んじゃ他の餌は?、と試してみるもこちらは全くダメダメ。
まさかのオキアミオンリーか?

そうこうしていると、更に風が強まり始め、もう完全に爆風です。
さすがにこりゃマズい、と傘をキャリーのゴムひもを使って、海と垂直に突堤にガッチリ固定し、真横から吹き付ける爆風に備えます。
そうこうしていると、いよいよ雨も強さを増してきて、いつしか豪雨の域に。
もう完全に台風並みの嵐です。
傘はバタバタと暴れまくり、叩きつける雨と共に、背後からは波飛沫が雨の如く降り注いできます。
暴風雨の音で、他には何も聞こえません。
こうなると、もう車へと避難する事も出来ず、ただただ傘の柄に必死でしがみつき、この嵐をやり過ごすしかありません。
迫り来る恐怖と戦いながら、やがて嵐もピークを迎えた頃、遂に傘が骨折。
やっぱホームセンターで買った、うん百円の傘じゃダメだわ。

この後、殆ど記憶がありませんが、気が付くと暴風雨も幾分納まり、なんとか凌げる程度まで落ち着いてきます。
時計を見ると、既にAM11時。
随分長い時間耐えていたんですね。
今思うと随分無茶をしたもんです。
良い子は決して真似しちゃいけませんヨ。

やがて、雨はほぼ止み空も明るくなってきます。
しかし、風は一向に納まらず、相変わらずの爆風状態。
ただ、背後からの追い風なので、なんとか竿は出せます。
でも、仕掛けを回収するのに一苦労。
ちなみに、あの嵐の中、掛かったお魚は、デカアナゴ、フグ、そしてPちゃん。
勿論チヌさんの雰囲気など微塵も感じませんでしたね。

程無くお昼になり、ようやくここでホッと一息。
今日のランチも、「かにぱん&ミルクロール」。
ゆっくり味わいながら、ボチボチダンゴを投入。
すると、投入後かなり時間が経っていましたが、入りそうで入らない微妙なアタリが。
どうせまたフグだろうと、知らんぷりしていると、ゆっくりとウキが入ります。
まさかとは思いましたが、「ビシッ!」と合わせると、乗りました。
程無く姿を現したのは・・・・・・


PA092197.jpg
30cmのチヌさんです。

正直この状況で釣れるとは思いませんでした。
まさに事故的は一枚ですね。

しばらくして、何となく前を見ると、久々に見るこの光景、そう真正面にド~~ンと姿を現したのは、富士山。
PA092198.jpg

そうここは富士見釣行ポイントだったんですねぇ。
久々だったのですっかり忘れてましたわ(^_^;)。

気が付くと雨はすっかり止み、薄日も差し始め青空も見え始めます。
肌寒かった気温もグングン上がり、暖かくなります。
しかし、上手くはいかないもので、この頃から予報通り風向きが真逆になり、東寄りの強風へと変わります。
ここでこの向きの風が吹いた時は、良い思いをした事がありません。
さらに追い打ちを掛けるかの様に、海が異常に濁ってきてしまいます。
そう、それはまるでコーヒーそのものです。
釣り座の画像がまさにそれです。
それでも、せっかくここまで頑張ったので、もう少し続けてはみますが、潮の流れまでおかしくなります。
そんな時、久々にアタリが出て何か掛かりますが、なんとこれが小チヌならぬ小ゴンちゃん。
しかもこの後連チャンで。
もう殆ど体力を使い果たしており、あとは気力だけで爆投してきましたが、遂にここで気力も使い果たし、これからが夕マズメの最高なチャンスタイムでしたが、PM4時ここで無念の納竿です。
とにかく今日は耐えに耐えた一日でした。

まだまだ明るい空の元、PM5時半過ぎには帰宅。
疲れた体に鞭打って、残ったダンゴに継ぎ足して、翌日のダンゴを仕込みます。
実はこれがとんでも無い結果を生む事に。
夕食後、久し振りにチューハイで家飲み。
しばらく記憶がありましたが、気が付くとダウンしてました。

翌朝AM3時、けたたましい目覚ましの音で目が覚めます。
今日はなんと7月以来の地元での釣行です。
しかも、今回の入釣ポイントは、昨年の11月以来とほぼ一年振り。
本日は釣友の松KINGさんとのコラボ釣行です。

AM3時半、さあ出発だ、と車に乗り込もうとした時、ふとタイヤを見ると、な、な、なんとパンクしてるじゃありませんか!
こりゃ大変(ーー;)、直ぐ様スペアに交換し、遅れる事約30分、釣り場へと到着です。
ちなみに、ポイントへは家から10分足らずと至近ですので、後程タイヤは中座して修理に出し、釣行後には元通りに。

AM5時前には松ちゃんも到着され、取り敢えず釣り座を確保し、まだ薄暗い海を眺めながら、しばし雑談。
随分と涼しくなりましたねぇ、と言うかもう肌寒いですわ。

本日の釣り座です。
PA102200_20161011232924079.jpg

海は青く澄んでいますが、やや強い北東風が吹いています。
でも、比較的穏やかで凪いでいます。
空は・・・・・予報だと晴れのはずなんですが、この時はまだ曇っていますね。

AM6時過ぎ、釣り開始です。
と、ここで大変な問題が発生します。
バッカンを開けると、ツ~ンと鼻を突く酸味を帯びた激しい異臭が。
手を入れると程良い暖かさ。
これは完全に発酵してますね。
それはまさに糠床そのもの。
絶対絶命。
継ぎ足し継ぎ足ししてきたのが裏目に出てしまいました。
自分はともかく、松ちゃんには異臭により大変不快な思いをさせてしまいました。
申し訳ありません。

仕方無くこのダンゴで始めてみます。
こんなダンゴでは到底釣りにはならないだろう、と半ば絶望的でしたが、意外にも付け餌のオキアミが取られます。
開始から約30分のAM6時半過ぎ、ここは大遠投必至なので、ウキを見失う事も多く、この時も日差しの加減で殆どウキが見えない状態でした。
何となくアタリ?、とも思いましたが、やがてウキを見失います。
とその時です、ミチイトがいきなりビュ~~ンと走ります。
慌てて、「ビシッ!」と。
結構な引きのお魚ヒット。
ここは気を付けないと直ぐ様底の敷石に入られてしまうので、半ば強引にやり取りし、程無く姿を現したのは・・・・・


PA102199.jpg
35cmのチヌさんです。
まだシーズンには少し早く、きっと釣れないだろうなぁ~、なんて思っていましたので、超ラッキーです。
しかもここでは結構良型の類ですから。

しかし、後が続かずこの後はさっぱり。
そんな中、今度は松ちゃん本命ゲット。
やりましたね!

その後はオキアミだけがたまに取られるぐらいの、なかなか厳しい状況が続きます。
そして、別段特別盛り上がる事もないまま、もうお昼です。
無駄な騰きだとは思いましたが、ここでアミエビ添加。
今日は早上がりするつもりなので、昼食もそこそこに釣り続けます。

アミエビ入りのダンゴ投入一発目、いきなり本日初のダンゴアタリが出ます。
これぞまさにアミエビの破壊力か?、と期待しますが、チヌさんの雰囲気は無し。
やっぱりこの発酵ダンゴを嫌っているのでしょうか?

とここで、突然釣友の大臣さん登場。
ここからトリオで爆投開始です。
大臣さん、差し入れありがとうございました。

大臣さんは開始後から、ビシビシと合わせを入れ、程無くエサ取りを掛け始めます。
やっぱ凄いなぁ~。
こちらはというと、相変わらず閑古鳥。

その後、PM3時になり残り時間もあと一時間、そろそろ年貢の収めどきかなぁ、なんて半ば諦めムードが漂い始めた頃、ウキに反応が出ます。
怪しいお触りです。
これは入るかも?、な~んて思っていると、本当にスゥ~~ッ!と。
ビシッ!と決まり何かヒットします。
先程のチヌさんより更に引きが強く、これは良型のグレか?とも思いましたが、しばらくして姿を現したのは、


PA102201.jpg
なんと、40cmのチヌさんです。
ここでは恐く最長かも?

やがてPM4時を迎え、ここで納竿となりました。

本日の釣果です。
PA102203.jpg
35、40cm

松KINGさん、そして大臣さん、今日はコラボありがとうございました。
結果的に仲良く2匹づつと、全員安打で良かったですね。
まだまだあそこはこれからだと思いますので、今後が楽しみですね。
またコラボ宜しくお願い致します。
お二人共お疲れ様でした。

この3連休は、本当に天気に翻弄されましたが、なんとかチヌさんにも逢えて良かったです。
沼津は久々でしたが、あの手軽さはやっぱり魅力的ですね。
そろそろ地元もターゲットに入れないと。
この連休は、ダイエットのチャンスでしたが、不摂生な毎日と、ついつい呑み食いし過ぎてしまった結果、2kgも肥えてしまい大ショック。
痩せるチャンスに太るとヤバいですわ。
しばらく節度ある生活を心掛けないと・・・・・・・
食欲の秋・・・・・かぁ~( ̄Θ ̄;)
ん?

長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/403-38078897

トラックバック

コメント

[C3648]

三連投お疲れ様でした。
自分も東伊豆でタイヤパンクして散々でした。
酸っぱい団子、自分も経験ありますが意外と釣れました。
また竿並べましょう!

  • 2016-10-12 05:13
  • 大臣
  • URL
  • 編集

[C3649]

3連投お疲れ様です。

3日間とも釣果を出すのは流石です!

そろそろデカイのが出てきそうですね、、期待してますよ!
  • 2016-10-12 16:47
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3650]

怒涛の3連荘お疲れ様でした。
初日、二日目は雨か風に翻弄されましたね。私もそんな感じでした。
まあ〜しかし毎回必ずチヌ引き出しますね!流石としか言いようがありませんわ。
  • 2016-10-12 18:24
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3651]

大臣さん、連休釣行お疲れ様でした。
まさか大臣さんまでパンクだったとは、偶然とは恐ろしいものです(ーー;)。
酸っぱいダンゴ、意外といけるんですね。
松ちゃんには怒られちゃいましたけどね(笑)。
今度は正統派のダンゴで頑張りますので、またコラボお願い致します。

赤影さん、あの天候での一枚は、たとえ事故的でも本当に貴重な釣果でしたわ。
しかし、あれ程までに酷いとは正直想像もしていませんでしたね。
今度はスッキリと晴れ渡った秋空の元、気持ち良く握りたいですね。
あっ、遅くなりましたが、爆釣おめでとうございました。

HARUさん、爆釣りおめでとうございます。
天気の読みもバッチリでしたね。
それに比べ、私と来たら・・・・・もう最悪でしたわ。
こんな時のチヌさんは、まさに一攫千金ですよね。
今度はたっぷりと秋チヌさんを満喫したいです(笑)

[C3652]

トトダンゴさん、こんばんは

雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ
コンスタントなチヌ釣果に脱帽
もう、名人芸・巨匠ですね(^^)

トトダンゴさんの釣行昼食に、
いつも出てくる「カニパン」 て何?
地元特産、カニ入りパン?
気になります
  • 2016-10-12 20:30
  • だんごおとん
  • URL
  • 編集

[C3653]

だんごおとんさん、先日もコメント頂いていたのにお返事遅くなりすみません。
とにかく酷い風雨でしたが、こんな時のチヌさんはもう涙もんですわ。
さて、ご質問の「かにぱん」ですが、三立製菓から出ている長期保存可能でお手頃価格の菓子パン?です。
真空パックなので、保存も容易で夏場など最高ですよ。
軽いしね。
詳しくはYahooで「かにぱん」と検索すると出ますよ(笑)。
宜しく。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア