Entries

大晦日納め釣行は? (~。~;)~

 晦日の南国釣行で今年はおしまい、と思いきや色々あり急遽大晦日に本当の釣り納めを決行しました ((^。^;)ノ

今回は何としてもチヌさんをゲットしたかったんですが・・・・・・(;°°)

海の神様、ありがとうございました ♪(*^・^)ノ


 晦日釣行を終え意気揚々と帰宅。
すると、そこには今年から大学生となり帰省してきた息子の姿が。
その時家内がそっと耳元で、「お父さんの釣ってきた鯛を久し振りに食べたいなぁ~、って言ってたよ。」と。
直接言えば良いのに、なんとも歯痒いやっちゃ。
でもおバカな親心から、何とか食べさせてやりたいと、一大決意。
急遽大晦日釣行を決行する事に。
ただ、時間も時間だし、この後用事もあるので晩ご飯抜きで対処し、やっとの思いでてっぺん前には現着します。
そこで明日の予報を確認すると、北~北西の風が結構吹きそうな予感。
この風向きだと相当辛そうですが、今回はそうも言ってられません。
チョイ盛り&つまみで空腹を満たし、少しばかりの仮眠。
翌朝はAM6時には起床。
AM6時半には釣り座へと入ります。

本日の釣り座です。
PC312287.jpg

真正面には、これまた何とも美しい富士山が。
PC312286.jpg

先週コラボ釣行にて見事に撃沈しており、なんとかリベンジしたいところではあります。
加えてお魚キープのプレッシャーもありますが、せっかくここまで来たので、焦る気持ちを抑えつつ初の大晦日釣行を楽しもうと思います。
ただ夜にはまた所用があるので、赤灯というまでにはいきませんけどね(^_^;)。

AM7時釣り開始です。
予報通り北寄りの風が結構吹いています。
水は思った以上に澄んでおり、底までよく見えます。
でもやっぱり冷たいです。
前回は魔が差し、やらかしてしまいましたが、その時の失敗の原因は何となく分かっています。
それを踏まえ、ダンゴも基本に戻り晩秋仕様で、アミエビは様子見で。
付け餌は、オキアミと冷凍ボケのみ。
更に今年の新作ウキを封印し、以前このポイント用に作った専用?ウキを久々に使ってみます。

まずはオキアミで様子を見ます。
数投はまる残りでしたが、徐々に齧られる様になり、やがて綺麗さっぱり取られる事も。
この喰み跡は・・・・・そう、フグさんです。
これなら意外と脈はあるかなぁ~?
ただダンゴの割れは遅く、フグ地獄と言う迄には程遠いかな。

しばらく棚に注意を払いながら、アタリを出そうとあれこれやっていると、少しずつ出始めます。
ダンゴはパサ目をしっかり締めて時間を掛け攻めていくスタイルでやってみます。
開始から約1時間半のAM8時半頃、ダンゴ崩壊からかなり時間が経っていましたが、ハッキリとしたアタリが出て、「もしかすると?」、なんて思っていると、いきなりウキが「バキュ~~ン!」と入ります。
「ビシッ!」
「ゴン!」
「きっ、キタァ~~~!!」
いきなりの強い引きにあたふた。
横っ走りするのをなんとか凌ぎ、ようやく姿を現したのは・・・・・・


PC312288.jpg
41cmのチヌさんです。
早々とミッションコンプリート。
しかも思いの外良型で嬉しさ倍増です。
息子よ待ってろよ!

これで納められますが、まだAM9時前だし、なによりダンゴがまだたんまりと残ってます。
今日は普段よりかなりダンゴも少なめなんですが、それでも年をまたいでお持ち帰りするのはなんなんで、このまま続行します。
連チャンする様な雰囲気はありませんが、フグは健在で珍しくハリ掛りもしてくるので、退屈はしません。
その後、風が予報に反し、東寄りが強まり海はガチャガチャになり始めます。
加えてゴミが押し寄せてきます。
もう休憩?、とも思いましたが、負けじと更に続行。
すると、そろそろ10時になろういう頃、怪しいお触りが始まり、程無く「スコン!」とウキが入ります。
しばしのやり取りの後姿を現したのは・・・・・


PC312289.jpg
36cmのチヌさんです。

そして、その20分後、同じ様なシチュエーションで、


PC312290.jpg
またまた36cm。

この頃から更に風が強まり、正面から吹き付ける風で、目出し帽から覗く目が寒いです。
それから鼻水ズルズルになりながら辛抱する事小一時間、ようやくダンゴアタリが出始めますが、ダンゴ崩壊後はパタっとアタリが消えてしまい、エサも残る様になります。
おかしい。
こんな時は?、と思いつく事をあれこれやっていると、やっと崩壊後にアタリが戻ってきます。
そして、数投後に、


PC312291.jpg
41cm

やがてお昼に。
まさか午前中で4枚とは、想定外でしたね。
気分的にも余裕が出てきて、こんな時はどっぷりとお昼を満喫したいところですが、もう気分は早上がりの帰宅モードなので、まだまだあるダンゴを消化させるため、ランチ中も放置ダンゴを投入しておきます。
PM12時15分、ボ~ッとウキを見つめていると、いきなりバキュ~~ン!で、


PC312292.jpg
本日一の42cm

この後、フグがうるさくなってきて、無音で針奪取状態に。
さすがに数等毎にハリが無くなるので、こりゃいかん、としばしホントの休憩。
このままPM1時までしっかり休憩し、PM1時過ぎ午後の部を開始します。
さて、フグさんはおとなしくなったかな。
ん?、ちょっと静かになったかなぁ~。
ハリにもハミ跡が付かずに、エサは無くなる・・・・・という事は?
PM1時半、


PC312293.jpg
40cm

良い感じ、な~んて思っていたのも束の間、やがてエサが丸残りになってしまいます。
冷たい底潮でも入ってしまったのでしょうか?
この頃から正面から吹いていた風が、ようやく後方からの南西風に変わり、海は穏やかになってきますが、海中も静かになってしまいます。
このまましばらく様子を見ますが、全く状況が変わらないので、PM3時過ぎ、ここでたまらずアミエビを一摘み投入。
するとピーちゃんが掛かる様になり、やがてまたまたフグのハリ奪取攻撃が始まります。
またやらかしちゃったかもしれません。
こんな時は・・・・・・???、でダンゴを極力小さくし、キンキンに締め時間を掛け攻める作戦に変更すると、遂にボラのダンゴアタリが出始めます。
ただ、ボコボコのダンゴアタリはとにかく我慢して、静かになった頃から出だす本アタリに集中します。
これは?、と思うタイミングでボラを2匹ほど掛けてしまいますが、ここで焦らずじっくり構えていると・・・・・
PM4時、ここぞというタイミングでバキュ~~ン!とウキが消し込みます。
「ビシッ!」と合わせ、がっちりヒット。
ここからが大変、海面近くを右へ左へと走りまくります。
こりゃボラだな、と強引にやり取りし、かなり沖目に浮いてきたその魚は、


PC312294.jpg
41cmのチヌさんです。
焦ったァ~~(~_~;)

これが上がりチヌさんとなり、PM4時半気持ち良く納竿となりました。

本日の釣果です。
PC312297.jpg
36~42cm  7枚

最後は美しい夕富士が見送ってくれました。
PC312295.jpg


今日は思わぬ釣果に恵まれ、リベンジ、そしてお土産も手に入り、最高の納めとなりました。
お魚は今年最初で最後のお持ち帰りの一匹でしたが、大変美味しく息子も満足しておりました。
これにて今年は打ち止めです。
一年間存分に楽しませてくれた海に感謝します。


今年一年、このトトダンゴ水槽楽団をご覧下さりありがとうございました。

それでは皆様、どうか良いお年をお迎え下さい。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/414-36e84d1d

トラックバック

コメント

[C3707]

トトさんあけましておめでとうございます。
その場所、今期はもう始まったのでしょうか?
もう爆釣と言っていい釣果だと思います。
うう〜行きたい‼️
これからもっと良くなることを願います。

栃木のダンゴ師
  • 2017-01-02 19:48
  • 栃木のダンゴ師
  • URL
  • 編集

[C3710]

栃木のダンゴ師さん、明けましておめでとうございます。
思わぬ釣果に、正直驚きました。
ぼつぼつ始まった、そんなところじゃないでしょうか?
お忙しいとは思いますが、是非また足を運んでみて下さいね。
今年も宜しくお願い致します。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア