Entries

縋る思いで再戦へ m(T-T)m

 なんとも煮え切らない思いで南国初釣行を途中下車し、情けない思いは募るばかり ヘ(´o`)ヘ

それでも明日の再戦に向け、気持ちを高ぶらせ、徐々に戦闘モードに ( ̄▽ ̄;)

しかし、天気予報が・・・・・・/( ̄ロ ̄;)\

でも、このままじゃ終われないっ、絶対終われなぃ~~~~っ ヘ(><#)ノ




 南国から逃げるように戻り、まだPM3時過ぎなのでゆっくりと構想を練りながら明日の準備に取り掛かります。
ダンゴはたっぷり残った比較的薄めのものに、レンジで急いでチンしたアミエビを添加し、かなり濃い目のネチャに仕上げます。
ただ、この時期あまりネチャイと手を洗うのが面倒になるので、割れ易くスッキリとした感じに仕上げています。
勿論締め易くコントロールも容易に出来る感じも忘れずに。
付け餌はオキアミと冷凍ボケのみを用意します。

早めに入浴し、湯冷めに気を付けなが深夜には出発。
約1時間チョイの道のりを経て、無事現着。
そこは予報通り北寄りの風がビュ~ビュ~と吹き荒れ、海はガチャガチャ。
本当に朝には納まるんかのぉ。
軽くチョイ盛りし、殆ど寝ないまま朝を迎えます。

AM6時半、ボチボチと準備に取り掛かり、AM7時にはポイントへ。

本日の釣り座です。
P1062314.jpg

今日も美しい富士山が鎮座してます。
P1062313.jpg
しかし、途中は雲が掛かる事が多く、再びスッキリ見えたのは夕方になってからでした。

まだ北風が斜め前から強く吹付けており、海面はガチャガチャ。
そのせいか水は濁りまくってます。
ただ水温は、年末と然程変わってはいない様子。
ゴミは相変わらず多いですねぇ。

AM7時半、釣り開始です。
ダンゴはそれ程の量を仕込んではいないので、小さめをきっちりと締め最初から時間を掛け様子を見ていきます。
勿論付け餌はオキアミ。
早速一投目から齧られてます。
2投目もチョビチョビと。
そして3投目、割れ後しばらくすると、いかにもお上品にスゥ~~~ッとゆっくりウキが入ります。
「いきなりグフかぁ~?」、と思いましたが、姿を現したのは・・・・・


P1062311.jpg
愛しい愛しい裏本命、シロギスちゃんではありませんか。
会いたかったよぉ~~v(≧∇≦)v
初手からなんか良い事ありそ~~(=´∇`=)

しかし・・・・・

この数投後、きれいにウキが入り、ゴン!と手応えを感じた瞬間、フッ!と軽くなり、ミチイトがフワフワ。
ゲゲッ!、こんなところで高切れっ?
ミチイトが傷んでいたのは分かってはいましたが、ここで切れるとは。
しかも、掛かったお魚がお気に入りのウキをそのまま持って行ってしまうなんてぇ~ヘ(´o`)ヘ。
いきなり凹みます。

殆どミチイトも無くなってしまったので、スプール諸共仕掛けを作り直します。
痛いロスタイムを挟みましたが、AM8時、再度仕切り直して釣り開始です。
再開直後、良いアタリが出て、いきなりウキが入ります。
「ビシッ!」、と決まり「ゴン!」とフッキング。
「ゴッ!・・・ゴッ!・・・」、と良い引きです。
でも、なんか違うんだよなぁ~???
しばらくやり取りした後、姿を現したのは・・・・・


P1062312.jpg
今年初、37歳の美しいキビレディーさん。
う~~ん、残念。

この後、更に風が強まり、風向きも左前方から真正面へと変わり、ダンゴが全然飛ばなくなってしまいます。
ガチャガチャな海面では、ダンゴの割れはおろか、アタリなんかも全く分かりません。
しかも寒さが半端無く、今日は完全防寒対策で目出し帽を装着してきましたが、とにかく目が寒く、鼻水もズルズル。
それでも、もう今日こそは逃げ出す事は出来ないので、とにかく辛抱して投げ続けます。
幸いにも、エサは結構取られるので、フグさん達が居てくれればいつかはチャンスが・・・・なんて思っていると。

そろそろAM10時になろうという頃です。
相変わらず海面は波立っていますが、ちょっと前からダンゴのお触りを感じていたので、怪しいと思いつつ集中していると、ダンゴ崩壊後小アタリが続き、それを我慢してスルーしながらじっくり様子を伺っていると、遂に
「スゥ~~ッ!」
「・・・・・・・・!」
「1・・・・2・・・・3・・・・」
「ビシッ!」
「ゴン!」
「きっ、きっ、キタァ~~~~q(≧∇≦*)!」
掛かったと同時にいきなり突っ走り、ボラ?かと思いましたが、とにかく慎重にやり取りし、かなり時間が掛かりましたが、やっと姿を現したのは・・・・


P1062315.jpg
40cmのチヌさんです。
遂にお会いできましたぁ~。
これもシロギスちゃんのお陰でしょうかね!

その30分後、今度はいきなり「バキュ~~ン!」とウキが入りますが、ゴンゴン感はあるものの、どうも引きが強すぎ?
上がってきたのは・・・・・・


P1062316.jpg
またまた38歳のキビレディー様です。
ざ~んねぇ~~ん。

この後は、フグさんのお触りはあるものの、チヌさんの寄りは感じられず、やがてハリが無音で取られる様になってしまいます。
知らず知らずのうちに、ハリはどんどん無くなっていきます。
そんな時、フグアタリ?、の最中、ウキがいきなり入ります。
またフグか?、と思いつつしっかり待ってビシッ!と決まり、今度はフグじゃ無さそうですが・・・・・
上がってきたのは、


P1062317.jpg
30cmのチヌさん。
横取りしたのは君だったのね(^_-)。

でも、このサイズが来たので、続くかと思いましたが、どういう訳かこの後エサが残る様になり、とうとう丸残りになってしまいます。
皮肉なもので、こんな時に限って風が納まってきて、海は凪いでいます。
条件はバッチリなのに、雰囲気だけは消え、やがてお昼に。
丁度お昼のチャイムが鳴ったので、ここでお昼休みに。
今日は朝から雲が多く、スッキリとは晴れず、今も曇りがちで日差しはわずか。
当然気温も上がらず、寒いです。

寒空の下かにぱんを頬張りながらしばし休憩し、ちょっぴり早めのPM12時40分過ぎ、午後の部を始めます。
開始後、直ぐ様お触りがあり、ウキが入りますが、掛かったのはヒイラギかと思いましたが、これがなんと・・・・


P1062318.jpg
愛しのミニチヌさんです。
君も居たのねぇ~。

ここからミニチヌ祭りか?、なんて思いましたが、捕らぬ狸の皮算用、これ以降ミニチヌさんは現れませんでした。
この後は、フグさんがたま~にちょっかいを出してくる程度でエサも残る事が多くなってきます。
それでも、ダンゴアタリだけは、数投に一回は出るんですけどねぇ。
そんな中、恐れていた例の刺客が遂に襲来してしまいます。
こうなるともう釣りどころではありません。
ここから鴨との戦いが始まります。
どうやらこの鴨、ここを餌場として居着いてしまった様で、ちょっとやそっとの脅しでは効かなくなってしまっています。
この状況ではどう考えても鴨に軍配が上がりますよねぇ。
そうこうしていると、今度は暫く鳴りを潜めていたゴミの集団が押し寄せてきます。
しかも、へんてこりんな流れを伴った激流まで加わって、もうお手上げです。
勿論ダンゴアタリはパタッと消えますが、鴨に夢中になり油断していると、ラインがバシュ~~~ン!と走り、デカフグが掛かります。
しばらく、これの繰り返しで、鴨、フグ、鴨、フグ・・・・・・と。
こんな事をしながら、何だか急に虚しくなってきて、せっかく釣りをしに来たのに、俺は何をしてるんだろうと、自己嫌悪に陥り、しばらく休憩する事に。

それから数十分は経ったでしょうか?
エサが無くなったせいか、鴨は諦めてどこかへ行ってしまいます。
しかし、実はこの時を待っていたんです。
鴨との戦いの最中強まっていた風も、幸いにもこの頃から納まりはじめ、海は凪いできています。
時既にPM3時半、とうにゴールデンタイムに突入していますので、ここ一番の集中を見せます。
すると、それに答えてくれるかの様に、激しいダンゴアタリが出始めます。
エサも取られる様になり、暫くすると頭だけ取られたり、残ったりする事も。
やがて、かなり時間が掛かりましたが、割れ後のチョコアタリの後、遂にウキが入ります。
早る気持ちを抑えつつ、しっかり待って「ビシッ!」と一撃、がっちりヒット。
これが掛かったと同時に沖へ向け一直線。
水面近くを右へ左へと走りまくってます。
こりゃボラだな?、そう思いつつ最後の手応えなんでじっくりやり取りし、相当時間が掛かりましたが、ようやく姿を現したのは・・・・・


P1062319.jpg
40cmのおチヌ様です。

まだまだいける、と喜んだのも束の間、嫌がらせの様に、またまた鴨が襲来し、この後最後まで居なくなる事はなく、PM5時納竿となりました。
奴は暗くなってもまだカポカポと繰り返していました。
ダメだこりゃぁ~~~.・゜゜・(/。\)・゜゜・.

本日の釣果です。
P1062323.jpg
ミニ、30、40、40cm  4枚

なんだかんだと色々ありましたが、チヌさんにも会えて昨日のモヤモヤも吹っ飛びました。
ただあの鴨だけは、どうしても頂けませんけどねぇ。

今年のお正月休みはタップリあり、お天気にも恵まれたので年末から釣り三昧でした。
結局10日間のうち6日は出撃してしまいましたわ。
ひとえにこれも家内が愚痴一つ言わず送り出してくれたお陰ですね。
仕事が始まったら、しっかり頑張りますので、また多めに見て下さいね。
いつもありがとう。

いよいよこれからが本当の意味で厳寒期に突入ですね。
寒さ厳しい日が続きますが、風邪などには十分気を付けて、これからも頑張って握りましょう。

長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/419-68833b9b

トラックバック

コメント

[C3726]

連チャンお疲れ様でした。

初日は悪天候で大変な思いをされましたが、翌日はシッカリ立て直しましたね、流石です。

わたしもそろそろキビレさんを釣りたいですね。随分お会い出来てないので(笑)。
  • 2017-01-10 08:59
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3727]

良型含めて良い釣りが出来ましたね‼

此方は地元が厳しい様子・・・少ない遠征で頑張りますよ~
  • 2017-01-10 18:47
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3728]

HARUさん、初日はヤバかったです(ーー;)。
この時期の雨は命取りですわ(>_<)。
でも、翌日は白いのにも黄色いのにも逢えて良かったです。
そろそろ出撃では?
  • 2017-01-10 18:48
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3729]

赤影さん、何とか良いお魚に出会えましたが、この季節の雨は体に毒ですね(-_-;)
地元も極一部でしか釣果情報が無いので、どうしても遠くに足が向いてしまいますよ。
寒さに負けずに遠征頑張って下さいね。
  • 2017-01-10 18:59
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3730]

再戦で複数ゲット・・・お見事でした!!


今期1枚目が熟様にて幸先良しです。

しかも今回のポイントでも、初めての本命ゲットにて

尚嬉しかったですわ~


本年もお互い、自己記録更新目指して頑張りましょう!!
  • 2017-01-11 08:08
  • 半蔵
  • URL
  • 編集

[C3731]

半蔵さん、お久し振りです。
コメありがとうございます。
そして初熟様ゲットおめでとうございます。

年始早々ただでさえ釣果に巡り会えるだけでも幸運なのに、それが熟様だったなんて、もう神ってるとしか言いようがありませんね。
今年はこの調子で、神街道まっしぐらですね。
これからも更なる大物期待しております。
  • 2017-01-11 19:03
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア