Entries

コラボ&リベンジ (⌒_⌒;)

 こんばんは、トトダンゴです (^o^)ゞ

今日は春一番が吹き荒れ、さながら台風でも上陸したかの如く、猛烈な暴風雨に見舞われましたが、皆様の所は大丈夫でしたか? (~ ~;)

相変わらず寒い日が続いていますが、伊豆では既に河津桜が見頃を迎えており、少しずつですが春の訪れを感じますよねぇ~ (*´∇`*)

そんな陽気に誘われて、フラッと出撃してきました ヾ(´ー` )ノ

色んな希望を胸に抱いてはいましたが・・・・・( ̄◇ ̄;)

中々思う様にはいきませんわ ( ̄~ ̄;)


 17日金曜深夜、目指すは昨年この時期初めて入釣し、運良く好釣果に恵まれた所です。
一時間ちょっとの道のりを経て無事到着。
ところが、そこは激しい爆風が吹き荒れ、海はとんでもない事になってます。
車も時折ユサユサと揺れ、殆ど仮眠も出来ないまま朝を迎えます。
ただ、早朝には幾分爆風は納まりましたが、それでも結構吹いていますねぇ。

うっすら明るくなり始めたAM5時半、近くで竿を出される釣り友のHARUさんの所へと朝のご挨拶に。
もうとっくに準備を始めていると思いましたが・・・・・(^_^;)
お互いの健闘を誓い合い、それぞれの持ち場へと向かいます。

AM6時半、準備を終え早速釣り開始です。
北からの強風が時折強く吹付け、海はガチャガチャです。
でも予報ではこの後西寄りに変わるとの事ですので、それまでの辛抱かと。
しかし、始めて数投、強い横風と流れに押され直ぐ様カケアガリ付近で根掛り連発。
やがて、作業船がトットットッと近付いてきて・・・・・・・程無く強制終了。
嗚呼ぁ~~~(>_<)

仕方無くHARUさんに助けを求め、何とかお隣に入らせて頂ける事に。
せっかくお楽しみのところご無理言って申し訳ありません。
今日は宜しく願い致します。
という訳で、急遽ではありますが、またまた今回もコラボ釣行となりました。

仕切り直して、AM9時過ぎ再スタートです。

本日の釣り座です。
P2182357.jpg

富士山は残念ながら霞んで殆ど見えません。
P2182356.jpg


未だ予報の西寄りの風向きにはならず、北東~東寄りの向かい風が時折強く吹き付け、海は酷いうねりで荒れ模様。
そんな中でもHARUさんの方は、時々アタリが出て楽しそう。
しかし、こちらは待てど暮らせど閑古鳥。
このままではPBか・・・・・と焦りますが、程無く居食いでフグさんゲット。
この頃から、ちょこちょこと餌が取られる様になり、忘れた頃に小アタリも出始めます。
そうこなくっちゃ~~(^_-)-☆

あとはチヌさんの雰囲気を待つばかりですが、そうは問屋が卸しません。
たま~にダンゴアタリも出始めますが、関心があるのはダンゴだけの様で、付け餌には無関心な様子。
何とか興味を示してもらいたいのですが、中々上手くはいきませんね。
それでも、風向きは相変わらずですが幾分風も弱まり、かなり海も落ち着き、やり易くなります。
この後、毎投エサが取られる様になり、季節外れの高活性に楽しくなってきます。
しかし、それも一時。
また元の黙阿弥。
こんな時の温かい飲み物はホッとしますねぇ~。
差し入れご馳走様でした。

やがてお昼に。
残念ながら午前中におチヌ様の顔を拝見する事は出来ませんでした。
午後からはどうしようかと考えている最中、HARUさんは咥え箸でランチタイム・・・・・とその時いきなりビシッ!と。
なんとこのタイミングで、良形のおチヌ様をゲットされます。
流石お見事!、やるなぁ~♪
こちらも何とか続きたいところですが、そう上手くいはいきません。

お昼ご飯を摂るのも忘れ、そのまま続行。
この頃からまた向かい風が強まってきて、海は荒れてきます。
午前中から頭を悩ませている酷い当て潮も、未だ納まる様子がありません。
そうそう、実は先日ウキと一緒に遠投用の柄杓も作ってみたんです。
向かい風が酷くなり、ダンゴが飛ばなくなってしまったので、この杓を試してみます。
最初は上手くいきませんでしたが、慣れてくると楽に遠投出来る様になってきます。
もっと早く使ってみれば良かったです。
これで少しは隊長の領域に近付けるかな?(笑)

そんなこんなで、もうPM2時です。
横からの強風に加え、流れも岸寄りになり、根掛りが頻発する様になります。
こんな時に限って何となくお触りも感じてきます。
アタリなのかシモっているのか半信半疑の中、どうもウキが怪しい動きをしています。
やがてウキが半分程シモって動かなくなります。
根掛りか?、とも思いましたが、思い切って
「ビシッ!」
「ゴン!」
「きっ、キタァ~~~~!」
遂にヒットです。
こちらは障害物の心配が無いので、心置き無くやり取りできます。
じっくりじっくり強烈な引きを楽しみ、やがて姿を現したのは・・・・・・


P2182358.jpg
45cmのチヌさんです。

やっとお会いできましたねぇ。
お腹もパンパンで、まさにノッコミ真っ最中です。
この状況での一枚はまさに一攫千金に値しますね。
これでちょっぴり肩の荷が降りた様です。

ここでちょっと作戦変更。
今迄パサ目のダンゴを、やや大きめにキンキンに締めて攻めてきましたが、アミエビを添加してネバ目に変えピンキンダンゴで攻めてみる事に。
感じとしては悪くないんですが、状況は悪くなる一方で、遂にはエサは丸残り。
挙句の果ては、残るオキアミがキンキンに冷えてきて、白っぽくなる始末。
終わった・・・・・・そう思いました。

このままゴールデンタイムのPM3時を迎えるも状況は変わらず。
それでも夕マズメが近付くにつれ、少しずつですがエサにも変化が。
たまに齧られ、もしかしたら?、な~んて淡い期待を持ちますが時既にPM5時。
ダンゴの残りもあと2、3投分。
残り時間もあとわずか。
そして、ウキも見辛くなったPM5時20分、怪しいアタリが。
ウキが半分程浮き沈みして、「これは?」、と思っていると、遂にウキが「スゥ~~~ッ!」と水中へと消えていきます。
最後の一撃、「ビシッ!」・・・・「ゴン!」・・・・まさかまさかのヒットです。
直ぐに臨戦態勢を取るも、沖へと走りそのまま浮いてきます。
「これはボラだな?」、と諦めかけますが、HARUさんの言葉に、今一度慎重にやり取りし直し、やがて薄暗くなりかけた海から姿を現したのは・・・・・


P2182359.jpg
40cmのチヌさんです。

これが上がりチヌとなり、PM5時半納竿となりました。

本日の釣果です。
P2182361.jpg
40、45cm

HARUさん、今日はご無理言ってご一緒させて頂きありがとうございました。
予報に反し厳しい状況となりましたが、おチヌ様にもお会い出来て良かったですね。
鴨が鬼門ではありますが、また機会ありましたら奴らに屈する事なく、またご一緒させて下さいね。
一日大変お疲れ様でした。


納竿時、気持ちは既に帰宅モードでしたが、HARUさんの後押しもあり、もう一日やってみる事に。
となれば、勿論先日のリベンジですわ。
という訳で、翌19日 日曜日は先週やらかしたポイントで再戦です。
近くのコンビニでちょいと夕食とツマミを調達し、PM8時頃から独り反省会を兼ね一杯。
PM10時過ぎには気を失う様に昇天・・・・・・多分(^_^;)
ところが、深夜変な揺れで目を覚ますと、それは風によるもので、昨夜以上の爆風が吹き荒れているじゃありませんか!
本当に明日は竿が出せるのか不安になり、結局殆ど寝付かれないまま朝を迎えます。
予報では今日も午前中は北~東寄り、午後から南~西寄りの風になるとか。
本当かなぁ~?

AM6時半、釣り座に入ります。

本日の釣り座です。
P2192365.jpg

今朝は朝焼けに映えるとっても美しい富士山がド~ンとお出ましです。
P2192362.jpg


AM7時釣り開始です。
今日も向かい風からのスタートです。
気温は昨日より下がって、いつもの寒い朝です。
投点を見ると、なんと5羽の鴨が・・・・・・いきなりですか!
でも直ぐに居なくなり、ちょっぴり安心。
今回もパサ目の中集魚ダンゴで攻めます。

まずはオキアミで様子を見ます。
一投、二投と順調に取られます。
それなら、と試しに昨日全く人気の無かったボケを付けてみると、なんと取られます。
ならば、ともう一投ボケを投入。
すると、ダンゴが割れ暫くするとチョコチョコと如何にも怪しいアタリが出ます。
そのまま様子を伺っていると、嘘の様にウキが入ります。
しっかり待って、「ビシッ!」と決まり、何やらヒット。
問題はこれから。
直ぐ様横へ移動し、強引にロープから引き離しにかかります。
勿論ラインはひとつも出さずやり取りする事しばし。
作戦は見事に成功、奴は沖向きに方向を変えます。
こうなればこっちのもの。
程無く姿を現したのは・・・・・・


P2192363.jpg
38cmのチヌさんです。

サイズがサイズだっただけに何とか無事取り込めましたが、一応リベンジは成功かな?
直ぐ様次を狙いますが、エサは取られたり残ったりと微妙。
それでもフグの活性は良い様なので、辛抱して打ち続けます。

それから約2時間、そろそろAM9時になろうかという時です。
ダンゴアタリが出る様になり、「これは怪しい?」、と思ったその数投後、静かにウキが「スゥ~~~ッ!」と。
「ビシッ!」と決まりヒット。
即効で横にひとっ飛び。
絶対ラインはくれないぞ~~~!
内心ドキドキでしたが、何とか引き離しに成功。
やがてうっすら濁った水面に現れたのは・・・・・


P2192364.jpg
41cmのチヌさんです。

よしよし、これなら・・・・・・と期待が膨らみますが、この後徐々にエサが残る様になり、やがて完全に丸残りに。
ただ、風が南~西寄りに変わり、風速も弱まり海はベタ凪になります。
しかし、アタリは全く無く、ウキは微動だにしません。
こんなハズでは・・・・・・(ーー;)

このまま何事も無くお昼に。
午後からもパサダンゴに徹し、攻め続けますが状況はいま一。
それでもちょっと沖目に投下すると、少しずつアタリが出る様に。
ところが、投点が変わったせいか、やたらと根掛りする様になってしまい、高切れ連発でパラソルがフル稼働になってしまいます。
遠投杓がアダとなってしまったのでしょうか?
それでも、やはり遠目の方がアタリが出るので、イチかバチかで集中砲火を繰り返すも、やはり根掛り&高切れの餌食になります。
さすがにこれで集中力も切れ、心は折れまくり。
このままPM3時を迎えますが、やはりドキドキタイムは訪れず、健闘虚しくPM3時半無念の納竿となりました。

本日の釣果です。
P2192367.jpg
38、41cm

今日も渋い状況でしたが、なんとかリベンジも果たせたし、勉強にもなったので、まあまあ有意義な一日だったかな?
まだまだノッコミは続きそうなので、もう一回くらいは竿を出せれば良いなぁ~。


長々とご覧頂きましてありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/422-4bfa5c48

トラックバック

コメント

[C3746]

連チャンお疲れ様&即興コラボありがとうございます。

向い風で厳しかったですが、お互い顔が見れて良かったですね〜。
まだまだ厳しい時期ですが、もう少しの辛抱で、乗っ込みになりますので、楽しい思いを胸に、爆投しましょう。
  • 2017-02-21 06:43
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3747]

相変わらず厳しい状況でも釣られますね~流石です‼

厳しい時の1枚は格別・・・

乗っ込みシーズン楽しみましょう

  • 2017-02-21 20:02
  • 赤影
  • URL
  • 編集

[C3748]

HARUさん、先日はお楽しみのところ、いきなりお邪魔してしまってすみませんでした。
あの向かい風と当潮には参りましたが、お互いおチヌ様に逢えて良かったですね。
ノッコミのいよいよこれからが本番。
またドキドキ出来るといいですね(^_-)-☆

赤影さん、状況がとても厳しかっただけに、まさに一攫千金でした。
この先しばらくは、寒暖の差が激しく、お天気も不安定な日があるとは思いますが、日並の良い日には、たっぷりとノッコミを楽しみましょうね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア