Entries

青天の霹靂・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 早いのもで明日からもう3月 0(^^0)

朝晩はまだまだ寒いものの、少しずつですが春の訪れを感じるようになりましたねぇ~(=^_^=)

そんな中、先週末は遠方の釣り友様と共に、コラボ釣行に行ってきました (*^。^*)ノ

お初の釣り座での、それはそれは厳しい一日でした (~ヘ~;)

日も暮れ始め、もうダメかと諦めかけたその時ドラマが (☆゜o゜)

しかし・・・・・・・( ̄ロ ̄;)\

まさに、『 青天の霹靂 』でした {{{{(+_+)}}}}

 24日夜、向かった先は遠方からの釣り友様が第一戦を終えられた某所。
その釣り友様とは、栃木のダンゴ師さんです。
今日は厳しい状況も中、良型をゲットされたとの事、やっぱ流石ですわ。
PM11頃には休憩を終えた栃木さんと再開。
しばし今日の状況を伺うと、意外とエサ取りの活性も良かった様で、明日が楽しみです。

翌朝25日早朝、本日ご一緒させ頂くもう一人の釣り友様、主水さんも到着されます。
今日は3名でのコラボです。
栃木さんは少し離れたポイントに、私と主水さんはお隣同士で爆投です。
私はお初の釣り座なので、ちょっぴり不安ではありますが・・・・・

本日の釣り座です。
P2252368.jpg

残念ながら富士山は、途中僅かに姿を見せただけで、後半はず~っと雲の中でした。
P2252369.jpg


AM6時半、釣り開始です。
開始早々、主水さんから早速の温かい差し入れ、大変ご馳走様です。
また、ハァハァの素、並びに貴重なお土産まで頂き、恐悦至極に存じます(笑)。
さて、まずは状況からですが、北~北東寄りの強風が、時折強く吹き付け、海は既にガチャガチャ。
加えて流れが早く、しかも右に左と安定しません。
ただ、水色は意外と綺麗で、水温もメチャクチャ冷たいという事はありません。
付け餌に中々変化が見られない中、潮が比較的安定してくると、少しずつですが齧られる様になります。
しかし、取られる迄には至りませんが。
やがて、厳しい向かい風と共に、岸伝いに身を寄せ合っていた大量のゴミが移動し始め、やがて投下ポイントを覆う様になってしまいます。
こうなるともうお手上げ。
仕方無く様子を見つつ、試しにベタ凪の反対側にダンゴを投げてみると、意外にも水深は同じくらいで、すぐ前方に目標物もあり、とても釣り易そうです。
このまま一日向かい風が吹く様なら釣り座を移動するのも有りかと思いましたが、午後からは南西の追い風に変わるとの予報。
反対側は次回にお預けという事で。

暫くすると、少しゴミも減ってきたので、本格的に再開しますが、状況は厳しいまま。
昨日は、ダンゴアタリも出てボラも元気で、フグに至っていは地獄になる程だったとか。
一晩でこの変わり様とは・・・・・・
未だお魚さんからの頼りは無く、このままだとPBになってしまうと焦ります。
それでも粘り強く打ち続けると、フグさん達が付け餌をガジガジする様になり、遂には取られる事も。
やがて、待ちに待ったお魚、フグさんゲットで取り敢えず無魚は脱出。
しかし、怪しい雰囲気は全く出ないまま、気が付くともうお昼に。

お昼休みもそこそこに午後の部突入です。
干潮のソコリから上げ潮になり、少しずつフグさんの活性が上がってきたのでしょうか?
暫くするとエサを取られる回数が増えてきて、やがて毎投奪取される様になります。
そして、遂にはハリまでも取られてしまいます。
しかも時に連チャンで、こりゃプチ地獄ですわ。
そうこうしていると、予報通り南西風が強まってきて、PM2時半を過ぎる頃には爆風となり背後は大荒れで波飛沫が雨の様に降り注いできます。
もうこうなると立ち上がるのも危険なくらいです。
それでも諦めきれず、爆投を続けますが、やがてフグさんもおとなしくなってしまい、万事休す。
このまま終わってしまうのかと思われましたが、意外にも夕マズメを迎える頃になると、風も納まってきて随分釣り易くなります。
そして、PM5時を回った頃、何やら怪しい雰囲気になってきて、付け餌にも微妙な変化が。
「これは何かある?」、と集中していると、ダンゴ崩壊後しばらくしてコッ・・・コッ・・・とお触りが出たと思った瞬間、遂にウキが入ります。
これが最後のチャンスとばかりに、気合の一撃、「ビシッ!」、と炸裂、「ガコン!」とヒット。
問題はここから。
いきなり物凄いトルクで、横にあるロープ目掛け一直線。
これはヤバいっ、と直ぐ様応戦しますが、とにかくその引きが半端無く、ボラの様なスピード感はないものの、「ゴゴッ・・・ゴゴッ・・・・」と強烈な引きが襲い掛かり、何度ものされそうになり、ラインを出されてしまいます。
それでも、なんとか乗り切り、奴は沖向きへと方向を変えます。
こうなればこっちのものです。
あとは慎重にゆっくりじっくりと引き寄せるだけです。
時間は掛かりましたが、なんとか手繰り寄せ、もう少しでウキが見えるかと思った瞬間、奴はいきなり横へ突っ走り、足元の構造物目掛け一直線。
「フッ!」。。。。。。。。竿からテンションが消えました。
やってしまいました(>_<)。
逃がした魚は大きいと言いますが、そのショックは計り知れず、しばらく立ち直れませんでした。
これ程の落ち込みは、数年前竿を奉納してしまって以来ですわ。
やがて日没を迎え、PM6時半無念の納竿となりました。
あまりの不甲斐無さに、情けないやら悔しいやらで気持ちは沈む一方。
こうなったら、と翌日一人で居残り修行する事に。

栃木のダンゴ師さん、そして主水さん、今日はご一緒させて頂きありがとうございました。
午後からの爆風はヤバかったですが、それ以上に今日の厳しい状況には参りましたね、
中々思う様にはいきませんが、ノッコミ最盛期はまだまだこれからだと思いますので、また挑戦しましょうね。
一日大変お疲れ様でした。

お二人が帰られた後、近くの釣具屋でエサを追加し、コンビニで肴&ルービーを調達し、独り反省会。
普段は結構脳天気なんですが、さすがに今日はメチャクチャ落ち込み、考えれば考える程凹みます。
あの時こうしていれば・・・・・(~_~;)
こんな憂鬱な一夜を過ごし、殆ど眠れないまま朝を迎えます。



26日早朝、まだ薄暗いAM5時半行動開始。
近くのWCにて冷たい水で顔を洗い、気合いを入れ直します。

やがて夜明けと共に、今朝は美しい朝焼けの富士山が姿を現します。
170226.jpg

今日こそは・・・・・・!

AM6時過ぎ、ポイントへと向かいます。

本日の釣り座です。
P2262370.jpg

さすがに昨日と同じ所に入る勇気は無く、今日はお気に入りの所でやります。
ここも前回、色々やらかしており、そのおさらいも兼ねての釣戦です。
昨日ここは、殆どエサも取られず、本命も姿を現わさなかったとの事で、今日も苦戦を強いられそうです。

とはいうものの、今朝は昨日とは打って変わってとても穏やかな朝となっています。
風も北寄りではありますが、そよそよ程度で、海はベタ凪。
まさにこの時期としては勿体無いくらい最高の釣り日和です。
昨日は比較的パサ目のダンゴでしたが、後半はネバ目で反応が良かったので、今日はヤヤネバからのスタートです。
ただアミエビは、昨日の残りのダンゴの分だけですけどね。

AM6時半、リベンジを賭け釣り開始です。
と、始めて間も無く、一人の釣り人様が。
なんとこの方は、釣り友の洗濯屋さんです。
今回も偶然ではありますが、急遽コラボさせて頂く事に。
今日も一日宜しくお願い致します。

さて、釣りの方ですが、前回ダンゴを投げ過ぎて根掛り地獄に陥ったので、投点に注意しながら、1時間、そして2時間と打ち続けますが、一向にエサは取られません。
勿論ウキは微動だにず。
やはり昨日の話は本当だったんですねぇ。
それでも、AM8時を過ぎた頃から、ほんの少しではありますが、付け餌のオキアミに変化が出始めます。
ただ、ウキには全く反応はありません。
やがて確実に触った形跡が現れ、遂には取られる事も。
しかし未だアタリが出ません。
これはきっと今の攻め方に問題がある、とここで全く違う攻め方に変更。
今迄は、大きめの新作ウキを使い、ダンゴ投入時には極力ラインを出さず、テンションを掛けながらウキも手前に浮き上がる感じで仕掛けを張り気味にしていました。
ここで、ウキを自作の最小かんざしタイプに変え、仕掛けを立たせるイメージで、投入時も出来るだけダンゴの落下点近くにウキを落とし、着水後もたっぷりラインを送り込んで、極力仕掛けにテンションを掛けないイメージで攻めてみます。
すると、ちょっとずつですが、ウキに反応が出始めます。
ダンゴも、いつものパサ目を小さくキンキンに締めてみると、ダンゴへのお触りも感じる様になります。
更に、今は引き潮ですが、数投する事に棚を数cmずつ浅くしていき、キッチリトントンの棚をキープ出来るよう心掛けていきます、
すると、遂にダンゴアタリが出始めます。
やがて、付け餌にも怪しい変化が現れます。
これは・・・・?、と感じたAM8時45分、コッ・・・・コッ・・・とハッキリしたアタリが出て、そのまましばらく様子を伺っていると、静かにウキが「スゥ~~~ッ!」と入ります。
しっかり待って、「ビシッ!」、「ゴン!」。
ヒット後は、横へひとっ飛びして、ロープから引き離し、あとはゆっくりとやり取りし、程無く姿を現したのは・・・・・・


P2262371.jpg
47cmのチヌさんです。
やっと本命様に会えました。

このまま続くかと思いましたが、そう上手くはいかず、また最初から雰囲気探し。
暫くすると、また違った雰囲気が現れますが、ここでもあれやこれやと色々やり、反応が出始めると、ハッキリとしたダンゴアタリが出ます。
怪しい・・・?
この数投後、ダンゴアタリの後、程無く崩壊、直ぐ様小さなお触りが出ますが、そのままスルー。
我慢して次のアタリを待っていると、触ってる触ってる!
まだまだ、と合わせたい気持ちをグッと堪えていると、遂にウキが
「スゥ~~~ッ!」
「・・・・・・・・・」
「ビシッ!」
「ゴン!」
きましたァ~~~。
こいつは幸いにもロープへ走らず沖へ行ってくれたので一安心。
ただあまりにも早く浮いてきたので、てっきりボラかと思い強引に巻き上げると、それ程大きくはありませんが魚体が見えます。
しばらくしてタモに収まったのは、


P2262372.jpg
45cmのチヌさんです。
すくうまではそれ程大きいとは思いませんでしたが、引き上げる時の重さにビックリ。
お腹もパンパンのノッコミ真っ最中魚です。

この調子なら、と気を良くしますが、その後怪しい雰囲気は中々現れず、やがてお昼に。
午後はいつもの様に高集魚で攻めよかと思いましたが、そのままキープで。

ゆっくり場を休めながら、かにぱんでランチを取り、PM1時午後の部を開始します。
この頃からどういう訳か反応が鈍くなり、やがてエサが丸残りになります。
残る付け餌も冷たい。
しばらく我慢の時間が続きます。

雰囲気は現れないまま、そろそろゴールデンタイムのPM3時を迎えようという頃、ようやくダンゴアタリが戻ってきます。
しかし、興味があるのはダンゴだけで付け餌はスル~。
ダンゴアタリも随分蛋白で、長続きはしません。
それでも、なんとか食わせられないかと色々やりましたが、怪しい雰囲気は出る事無く、PM5時納竿となりました。

本日の釣果です。
P2262374.jpg
45,47cm

洗濯屋さん、今日は偶然ではありましたがご一緒させて頂き、ありがとうございました。
色々お話も聞かせて頂けて、楽しい一日でした。
惜しい時間帯もありましたが、シーズンはまだまだこれからですので、またリベンジなさって下さいね。
またお会いしましたら宜しくお願い致します。
一日お疲れ様でした。

初日はメチャクチャへこみましたが、なんとかチヌさんにも会えて、正直ホッとしてます。
ここでのノッコミは、そろそろ最盛期を迎える頃でしょうか?
地元でもチヌさんゲットの情報が飛び込んできていますので、これから益々楽しみですね。
寒さも底を過ぎた様ですので、暖かな光を浴びに海へ出掛けましょう!

長々とご覧頂きまして、ありがとうございました m(_ _)m

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/423-a8686bf1

トラックバック

コメント

[C3749]

お疲れ様でした。
今回も勉強になりました。
トトさんが一生懸命に鳥を追い払ってくれたのに 結果を出せず残念です。
懲りずにまた御一緒させてください。m(_ _)m
  • 2017-03-01 18:12
  • 洗濯屋
  • URL
  • 編集

[C3750] お疲れ様でした。

トトさんお疲れ様でした。
やはりキッチリ結果を出されるのは流石です。
私はもう少し勉強しないとダメですね〜
また行くつもりなのでその時はご指導願います。
  • 2017-03-01 20:11
  • 栃木のダンゴ師
  • URL
  • 編集

[C3751]

お疲れ様です。
良いサイズのをゲットされてますね。
初日のは年無しサイズかな。
乗っ込みまで厳しい釣行が続きますが頑張りましょう。
  • 2017-03-02 06:40
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3752]

洗濯屋さん、先日はまたまた偶然ではありましたが、ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
この時期としては有り得ないくらいの好天に恵まれたにも関わらず、とても厳しい状況となってしまいましたね。
しばらくシーズンは続くと思われますので、是非また釣戦してみて下さいね。

栃木のダンゴ師さん、先日は連釣お疲れ様でした。有力な事前情報を伺っていたので期待しましたが、一晩で状況が変わってしまうとは。
やはりこの時期は難しいですね。
次回お越しの際も、是非またお声をお掛け下さいね。

HARUさん、なんとかリベンジ?は出来ましたが、初日の奴の事を考えると、未だに凹みます(~_~;)。
あそこにはまだまだ未知なる大物が潜んでいそうなので、是非チャレンジしてみて下さいね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア