Entries

またまた新場所です。

『一日雨、西風強し!』こんな予報の時は、どうします

答えはもちろん、「GO!」でしょう

今迄なら、たぶんNOでしたが、最近殆ど病気のように握りまくっていますので、止められないんです。

「よせばいい、のに~

さて、問題は何処へ行くかです。
西風、ならばやはり西浦方面でしょう。

という訳で、今回は前回HARUさんと通った某所の、もう一つのポイント、通称「桟橋横」に決めました。
ここも以前から気になってはいましたが、まだ一度も竿を出した事が無いので、楽しみです。
それに、何を隠そう、先週シドーさんが、とても美味しい思いをされたポイントでもあるんです

さて、どうなりますやら・・・・


                           今回の釣り座です。
         P6260976.jpg

超満潮も重なり、目線とウキの位置があまり変わらない為、釣り堀でフナでも釣っているような感覚で、とても見易く、雰囲気も上々です

AM4時入釣です。

まだ雨は殆ど降っていません。しかも風は殆ど無く、思いっきり凪です。
これならどの場所でも竿を出せたかも

ダンゴはいつもの「緑マッハ」ベースの薄味仕様で、雨を見越し、水分少なめに仕上げます。

AM4時半、実釣開始です。

今日は、月夜の大潮なので、激流が予想されますが、最近の潮は分かりません。
時間的には潮止まりのはずですが、すでにトロトロ流れています。

どこにポイント絞ろうか考えますが、以前Jさん「フロート横がいい」と聞いた事を思い出し、その辺りを中心に攻めてみる事にします。

水深は、思っていたより全然深く、竿3本以上あります。(潮のせいもありますが・・・・)

フロートも意外に遠く、自分にとってはかなり遠投です。

開始後すぐに、いつものネネネンウリボウがご挨拶です。

しばらくすると、何やら掛かりました。
そんなに大きくはありませんが、 「ビリビリ」と今迄味わったことの無い手応えです。
そして上がってきたのは・・・・
P6260975.jpg
「キャ~ 何これ~・・・・ そう、これは 「オキエソ」 です。

どこかで見覚えが・・・・・

「あっ、これは以前シドーさんが釣ったやつだ。だって名前書いてあるし・・・・」  ウソです

投げ釣りをしていると、よく掛かりますが、ダンゴ釣りでは初めてです。
しかも、あんな妙な引きをするなんて。

気を取り直し、また握り始めます。

何投かすると、また何か掛かりました。
これも大きくはありませんが、ちょっぴり手応えはあります。
上がってきたのは・・・・
P6260977.jpg
25くらいの 「ホウセキハタ」 の子供です。
大きかったら、即お持ち帰りの高級魚です。

エサトリは結構活発な様ですが、実は最初だけで、この後アタリは無くなり、しかも、前回は仕掛けを回収すると、必ずと言っていい程エサが無かったのに、今日は半分くらい残ってきます
かと言って、本命の雰囲気は皆無です。

潮がうっすら緑色に濁ってきたせいでしょうか?

そうこうしているうちに、潮の動きがおかしくなってきました。
右かと思えば、今度は左に。
気が付けば止まって、数投もしないうちに、また動き出して、と。
結局、一日こんな状態でした。

AM7時過ぎ、潮の動きに翻弄されているうちに、ついに激流タイムへ。
しばし、朝食タイムです。

この頃から雨もパラパラから結構降る様になってきたので、カッパ装着です。
ま、風が殆ど無いので、我慢出来ますが。

その後、優柔不断な潮と雨に悩まされながら、お昼のソコリタイムも何事も無く過ぎ、そろそろ3時の確変タイムかと思っていた時、いつものポイントに入られていた方が、帰り際に声を掛けて下さいました。

何でも栃木からいらっしゃっているそうで、以前から通われている、この場所の常連さんだそうです。

(話の途中、掌大の口太が久々に掛かり、これからか、と期待しますが後が続きません。)

しばらく釣りの話などしながら、このポイントのついて色々アドバイスを頂きました。
おかげで、この方が帰られた直ぐ後、40弱の口太が掛かり、途中のかけ上がりに張り付かれそうになりましたが、アドバイス通り、強引にやり取りしたおかげで、無事取り込めました。
お話を伺っていなかったら、根ずれで一発だったでしょう。

感謝、感謝です

その後、ササノハが掛かるようになり、潮も先程とは明らかに違う感じになってきました。

その2,3投後、ウキが突然、 「スーッ」と入ります。

慌てて合わせると、 「ん・・・根掛かり?、でも巻けるぞ!」
しかし、やたら重い。この感じはまさか・・・・・

P6260979.jpg

そうです。例の大ダコです。またまた釣ってしまいました。
隣でも釣れていたので、やはりここはこんなのが相当いるようです。

さて、時計の針は、もう午後三時半を指しています。

とここで、「フワフワ」とウキに変化が出た後、「スーッ」とトップが入ります

「ビシッ!」と合わせると、強くはありませんが、「ゴンゴン」といった感じが伝わってきます。

「もしやこれは?」と期待しながら、慎重に巻き上げると、

P6260978.jpg
掌大のチャリコでした。

これは期待できるかも、と直ぐダンゴを打ち返します。
そして、その10分後。

小さな前アタリの後、トップを押さえこむ様に、ウキが沈んで行きます。

すかさず「ビシッ!」と合わせると、何か掛かりました。

今度も 「ゴンゴン」 という手応えで、先程より力強く引っ張ります。

「今度こそ!」 、とまたまた慎重に巻き上げると・・・・・

       P6260980.jpg
            やっと出ました!久々の30UPの32cmです。

お手本通りの展開に、つい嬉しくなってしまいましたが、「更に次を!」と急いで魚をスカリに入れ、ダンゴを投入すると、

「ありゃ~、川になってるー!」

どうも、潮変わりの一瞬に食ったみたいで、また激流になってしまいました。

仕方なく、しばらく落ち着くのを待ちましたが、時計は既に5時を回っています。

ラストチャンスとばかりに気合いをいれ、ダンゴを打ち返すと、何の前ぶれも無く、いきなりウキが消し込みます
合わせ一発で、「ガシッ!」と何か掛かりましたが、引きが半端ではありません。

途中何度ものされながら、ようやく上がってきたのは、なんとデカボラでした。
「がっくし・・・・

雰囲気は全く無かったのに、寄っていたんですね。
これなら本命も居るはず、と粘りましたが、結局アタリは出ず、午後6時30分納竿となりました。

やっとボラが姿を現したので、これからと思ったのですが・・・・・
次回が楽しみです。

栃木のダンゴ師さん、今日はアドバイス、ありがとうございました。また、ブログもご覧頂いているという事で、嬉しい限りです。
つたないブログではありますが、わずかでも情報お届け出来るよう頑張りますので、これからも宜しくお願い致します。また遊びにいらして下さい。

それから、HARUさん、雨の中お疲れ様でした。
良い雰囲気にも関わらず、長々とお邪魔してしまい、すみませんでした。
あんなアタリを目の当たりにし、ついつい自分も釣りをしている気分になってしまい、帰りそびれてしまいました
それから、またまた為になるお話、ありがとうございました。
次回、是非実践してみたいと思います。

ボラも登場した事だし、これから益々面白くなりそうですね

当分ダンゴからは離れられそうもありません


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/43-2f6ed0b2

トラックバック

コメント

[C164]

今日は、コーヒーとためになるお話ご馳走様でした!
リリースしたエソを釣るとは、流石です(笑)
今日の海津33cmでした。
帰りに、Tに寄って帰ったのですが、
今日湾内網干場前で、ダンゴで2枚上がったそうです、
一枚は40位あったようです、時合いは短いようでしたが、数は寄っていたようです。
南西が吹いて外がダメな時は良いかも知れません、
私も同ポイントで実績があります。
餌取りも皆無に等しいので、退屈にはなりますが・・・
参考までに!!
  • 2010-06-28 00:47
  • シドー
  • URL
  • 編集

[C165] こんばんは

また、黒鯛を釣ったんですか。
いいな~。
釣りに行けてうらやましいです。
  • 2010-06-28 21:31
  • スリランカクラブ
  • URL
  • 編集

[C166]

シドーさん、お疲れ様でした。
また、情報ありがとうございました。
なかなかショックから立ち直れそうもありませんが、もう一度握ればなんとかなるかも?
しかし・・・・・・嗚呼~(涙)

スリランカクラブさん、どうもです。
無理やり握りに行ってしまったようなものですが、何とか顔を見れて良かったです。
次回は、2枚目を目指し頑張ります。
  • 2010-06-28 22:15
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C167] 必ず仕留めますね

トトダンゴさん

お疲れさまでした。
さっつすが~。。。。必ず仕留めますね。
ん~ブラボ~

私も負けずに頑張りま~す。7月は巻き返しますYO~

[C168]

HARUさん、お疲れ様でした。
必ずなんて事、ないないです。
たまたまです。
でも、7月はそう願いたいものですね。
また頑張りましょう。
  • 2010-06-29 20:16
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア