FC2ブログ

Entries

撃沈からの居残り再戦で (;´・`)>

 今週末は撃沈覚悟で難攻不落の霹靂ポイントへ (^-^;

しかし・・・・・・・(;;;*_*)

これじゃ帰れん、と一人居残り再釣戦 (。>0<。)

また今日もダメか~、と諦めかけたその時 (」゜ロ゜)」

厳寒期のダンゴ釣りは、何が起こるか分かりません (´。`;;;)


 13日土曜日、AM4時に起床し、久々の早朝出撃。
車載温度計は-2℃。
寒すぎぃ~~~\(>o<)/
向かった先は、静岡某所。
AM5時半、現着すると既に釣り友のHARUさんと大臣さんが。
後程主水さんも到着され、皆さんそれぞれ思うポイントにて店開きです。
私は散々悩んだ挙句、昨年霹靂を喰らった難攻不落の撃沈ポイントに釣り座を構えます。
ちょっぴり不安ですが、実はもう一つ不安要素があります。
それは、新品の物をおろすと釣れないジンクスです。
入社5年目、ちょっぴり奮発して、リョービの当時では最高峰のゴア防寒着を購入。
あれから25年、シーズンオフには必ずクリーニングに出して、毎年大切に着てきたこのウエアーが、昨年末とうとう限界を向かえてしまいます。
今年入社30年目を迎えるにあたり、昨年ネットで見つけた激安ゴア防寒を購入、それを遂に今回おろす事にしたんです。
ただ、もし今回釣れたらこのジンクスを破る事が出来るので、かなりやる気ではありますが・・・・・

すっかり明るくなったAM7時、いよいよ釣り開始です。

P1132682 - コピー
今日も富士山が美しいですわ。

今朝は北よりの風がかなり強く吹いており、海は結構波立っています。
ただ午後には追い風に変わるとか。
さて本日のポイントですが、今日も相変わらず潮が右に左にと複雑に流れ、しかも結構早くてやっぱり難しいです。
それでもなんとか釣りを始めますが、予想通りエサは丸残りで活性はメチャクチャ低そうです。

打てでも打てども無反応でエサ丸ごとご返品を繰り返す中、AM9時過ぎ、早くも耐え切れずギヴアップ。
釣り友様の所へ、主水さんから頂いたカリウムを手に、しばし見学に。
主水さん、いつもありがとうございます。
エサが取られる様子や動くウキを見て、少しやる気を取り戻し、再スタート。
しかし、状況は全く変わらず無反応で丸ごと返品と激渋のまま。

そろそろお昼になろうという頃、再度気力が無くなり、本日二度目のギヴアップ。
ランチ片手に、また釣り友様の所へ見学に。
すると、驚くべきことに主水さんが超ビッグなモンスターを仕留めてるじゃありませんか!
久し振りに見る巨大なおチヌ様に発奮。
皆さんもこれでスイッチが入った様子。

お昼もそこそこに釣り座へ戻り、午後の部スタート。
しかし、何度打てども状況は変わらず、いっまで経ってもエサは取られるどころか、齧られもしません。
やがてPM2時半を回り、そろそろゴールデンタイムに突入か?、という時、仕掛けを回収すると、な、な、なんとエサがありません。
遂に取られました。
その数投後、今度はアタリが出てウキが入ります。
が・・・・・・

2018011315560000.jpg
やっぱりこいつか。
良いとこ掛かっとるやないかい!

その後、もう一匹掛かるも夕マズメ時には再び激渋のエサ丸残り状態となり、PM5時無念の納竿となりました。
やはりあそこを陥落するには一筋縄ではいきませんわ。

釣り友の皆様、寒い中一日お疲れ様でした。
主水さん、大変良い物見せて頂きました。
また機会ありましたら、ご一緒しましょう。




さてその後、大撃沈を喰らい、どうにも納得がいかない私は、このまま帰るわけには行かん、と独り居残って翌日再釣戦する事に。
こんな時は贅沢をしてモチベーションを上げないと、と夕食は豪勢にマックでトリチー&ヤッキー&ポテLに。
ビール片手に独り反省会。
さて明日はどうしようかなぁ~、などと考えながらいつの間にか昇天。

ふと気が付くと、ゴーゴーと吹き荒れる爆風の音で目が覚めます。
AM1時過ぎ。
時折吹き付ける突風で車がゆさゆさと揺れる程酷く、この後殆ど眠れないまま朝を向かえてしまいます。

相変わらず止まない爆風。
すっかり明るくなるも、出撃する気になれず暫く車内でグダグダしますが、いつまで経っても納まる気配はありません。
AM7時半過ぎ、仕方無く準備を始め、爆風吹き荒ぶ中釣り座へと向かいます。
今日は昨日釣り友様が好釣果を叩き出した鉄板ポイントへと入ります。

本日の釣り座です。
P1142683.jpg

P1142684 - コピー
今朝も富士山は綺麗です。

空は雲一つない青空で、日差しは十分過ぎる程ですが、気温は低くほぼ正面から吹き付ける爆風が更に体感温度を下げます。
それでもカイロてんこ盛りのNEWウエアーは最強で、体は暑いくらいです。
ただ、顔が激寒で眉間はガンガン、鼻水タラタラと最悪です。
そして、海は白波が立ちガチャガチャと大荒れで、とても釣りが出来る様な状況では無いのですが・・・・・

AM8時、再戦スタートです。
昨日は結構エサは取られたという事で期待しますが、如何せんこの状況です。
この爆風をひたすら耐えるのに精一杯で殆ど釣りになりません。
ダンゴも思ったポイントまで全然届かないので、仕方無く遠投用杓に変えなんとか凌ぎます。
ただ、幸いにも昨日色々試して、高集魚&ネチャにも関わらず、きっちりと割れる配合を見つけ出したので、ダンゴが割れないというストレスはありませんが。

なかなか納まらない猛烈な向かい風と戦いながら、ひたすら爆投を続けますが、いつまで経ってもエサは取られるどころか、齧られもしません。
途中何度も心が折れそうになり、ホームシックに掛かりそうになりますが、「止まない風は無い」、と自分に言い聞かせますが、耐え忍ぶ時間だけが無常にも過ぎていきます。
途中HARUさんから応援TELが入り、「ぐっすり寝て今起きた」、な~んて聞いて泣きそうになりましたょ(;´д`)

そんなこんなで、ふと気が付くともう12時近くになっており、程無くお昼のチャイムが。
強風を耐え忍びながら、しばしのかにぱんタイム。
まさかこのまま終わってしまわないだろうなぁ~、なんて思っていると、天に声が届いたのか、暫くするとようやく風向きが変わり、海が徐々に落ち着いてきます。
そうよ、これを待っていたのよん。

PM1時、気持ちも新たに午後の部開始です。
海が落ち着いたお陰で仕掛けも安定し、たま~にですがダンゴへのお触りも感じる様になり、小アタリもわずかながら出る様になります。
しかし、エサは良くても齧られ得る程度で、取られる事はありません。
それでも、午前中に比べれば雲泥の差です。
やっと釣りをしている気分になります。

その後、PM2時を回る頃には、かなりの放置プレー後ですが、忘れた頃にエサが取られる様になります。
でも、反応は変わらず渋いままです。

やがてゴールデンタイムのPM3時を迎えます。
今日は最初からダンゴの仕込む量を減らして、早めに終わる様に設定していました。
午前中は殆ど釣りにはなりませんでしたが、午後からの好転に期待して、ステージだけはしっかり作っておこうとマメに投入したので予定通り残りもあと少しとなっています。
思えば昨夜から少々熱くなり過ぎて、しかも焦っていた事もあり、今日は釣りが雑になってしまったと反省しています。
こんな時こそもっと冷静に組み立てなければならなかったのに、情けない限りです。

そんな訳で、ダンゴも残すところあと数投分。
気持ちはもうすっかり片付けモードです。
やがてそろそろPM3時20分になろうという頃、そろそろ片付けでも、とダンゴをキンキンに締め、取り敢えず投入。
少しづつ帰り支度を始めていると、「ん?、今アタったかな?」
どうもなにやらエサに反応している奴が居そうです。
でもお構い無しに、せっせと支度を続けていると・・・・・・
「・・・・・・・・・」
「ビシッ!」
「ド~~~ン!」
「バキュ~~~ン!!」
「ひぇ~~~っ(>_<)」

恐く何らかのアタリが出てウキが入り、合わせたんだと思いますが、何故かこの瞬間の記憶が全く無いんです。
いつもなら、特に掛かった時の様子は殆ど覚えているのに。
それだけ油断していたというか、予想もしていなかったんですね。

奴は、ヒット後いきなり左右に大暴走。
こりゃボラだは、と強引にやり取りしますが、せっかくの最後の獲物です。
バラさない様、強引かつ慎重に。
結構時間が掛かりましたが、ようやく近くまで寄ってきて、程無くウキが見え、やがて魚体が・・・・・
と次の瞬間、心臓バクバク、手はガクガク。
いきなり超慎重になります。
一時はまた離されましたが、遂に姿を現したその魚は、

P1142686.jpg
48cmのおチヌ様です。

まさかこのタイミングで来てくれるとは、夢にも思っていませんでした。
今迄の苦労がこれで報われます。
釣れてくれて、ありがとう。

これで終わろうと思い、メジャーにて記念撮影後このまま離そうと思いましたが、あと2,3投分のダンゴがあるし、片付けしている間投入しておこう、と再度ハリを結び直し、キン締めしたミクロダンゴを投入。
片付けを再開していると、「ん?、また触ってる???」
どうやら、まだ興味を抱いている奴が居そうです。
仕掛けを回収するとエサがありません。
なんとかバッカンの底から残りをかき集め、恐くこれがラストであろうダンゴを投入。
すると・・・・・・
「ツン!・・・・・・ツツッ!・・・・・」
「スゥ~~~ッ!」
「おお~っ (◎o◎;)!」
「ビシッ!」
「ゴン!」
なんと、またまたヒットしてしまいます。
今度のも暴走はしないものの、強烈な引きです。
超慎重になったのは言うまでもありません。
じっくりじっくりやり取りし、やがて姿を現したのは、

P1142687.jpg
47cmのおチヌ様です。
まさかまさかの上がりチヌさんです。

この後無理やりもう一投こしらえましたが・・・・・・・ちゃんちゃん。
PM4時前、興奮冷めやらぬ中納竿となりました。

本日の釣果です。
P1142689.jpg
47、48cm    2枚

一時は今日もダメで、W撃沈かと落ち込みましたが、まさかこんな結末が待っているとは想像もしませんでした。
最後に殺気が消え、欲が無くなったのが良かったのでしょうか?
とにかく、「終わり良ければ全て良し」、とはまさにこの事ですね。

明日から、予想外の激務が待っています。
無理は覚悟していますが、これで何とか頑張れそうです。
釣れてくれて、本当にありがとう。


長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/462-2fdc223b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア