FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/464-f1b6ab89

トラックバック

コメント

[C3917]

寒い中での年無しは流石です‼

それにしても、赤灯がもやもや~と入る瞬間は、日中では味わえない良いものですよね~

今年は寒さが続きそうですが、頑張っていきましょう!
  • 2018-02-05 20:18
  • 桃太郎
  • URL
  • 編集

[C3918]

桃太郎さん、超久し振りにモヤモヤ~を味わいましたが、あの時のドキドキ感、今も忘れられません。
今回は、滅多に無い最高の気象条件でしたので、あそこまで粘れましたが、あんな日はもう恐く・・・・(-_-;)
でも良い体験でした(^^♪
  • 2018-02-05 20:37
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

初めての厳寒ナイトフィッシングで ("▽"*)♪

 年末からバタバタで、いつの間にか年が明け、気が付くともう2月 ( ̄◇ ̄;)

先週から寒さも一段と厳しさを増し、いよいよ厳寒期に突入です (^_^;)

そんな中、色々あり気が滅入ってしまった為、思いっきりリフレッシュしようと、ちょっぴり無茶?してきました (⌒-⌒;)

とあるきっかけで、今回初めて挑んだ厳寒期の夜釣り (゜゜;)

果たしてその決末は・・・・・・(^ー^;?


昨年11月に、職場内でも1,2を争う多忙な持ち場へ移動となり、年末は体を壊しながらも何とか乗り切ったのも束の間、年明けからも思いの外忙しくバタバタでした。
そんな最中、先週半ばにまたまたいきなり持ち場変更命令が。
もう頭の中は真っ白で、パニック寸前。
こんな時こそまずはリフレッシュが必要と思い、条件的には厳しいのを承知で出撃してきました。

今回は新たな釣りに挑戦してみたいと思っています。
それは「KURODAI MANIA」でお馴染みの、ヒデさんの釣行記を拝見して、是非自分もやってみたくなった、“厳寒期の夜釣り” です。
20うん年前、ダンゴ釣りを始めてから数年は夜釣り専門でした。
というか、黒鯛は夜釣りで釣るものだと勝手に思っていたんですね(~_~;)。
ここ最近は、早朝から握り始めるため、夜まで気力が持たず夜釣りからは暫く遠ざかっていました。
しかし、ヒデさんの記事で久し振りに灯してみたくなったんですよ。
ただ、今は超厳寒期の真っ只中。
気象条件が良くなければ断念しようと思っていましたが・・・・・・

2日夜、野暮用で早めに家を出て、用事を済ませた後某釣具屋へ立ち寄ってみると、前から欲しかったシマノの超極暖インナーが20%OFFだと。
明日の夜釣りに備え、思わず衝動買いしちゃいました(^_^;)。
その後ポイントへ向かう途中、ふとマックに寄ってみると、“ダブダブチ”なるものが目に入り、4枚の肉の誘惑に負け、ここでも衝動買い(汗)。
夕食抜きで来たので、今夜のディナーですわ。

PM10過ぎには釣り場に到着。
そこは予報通り強烈な北寄りの風が吹き荒れ、海はガチャガチャです。
明日も前半は北東風が強く荒れそうですが、午後からは風向きも変わり、釣り易くなるとか。
天気予報が当たる事を信じ、マック片手にチョイ盛り・・・・のつもりが、あまりの旨さとストレスからちょっぴり呑み過ぎ、そのまま昇天。
気が付くともう早朝でした(;^_^A。

車載温度計は3℃とやはり寒そう。
明るくなるまで暫く車内で待機し、AM6時半釣り座へと向かいます。
少し風も納まった様に見えましたが、釣り座は強い北東風がほぼ正面から吹付け、海はガチャガチャ。
水を汲んでみると、つっ、冷た~~~い(*○*;)!
水も相当澄んでおり、先日の雨雪のせいで水温が下がってしまったのかも?
ヤバい、ヤバいΣ(○>Д<ノ)ノ。

悴む手を擦りながら、何とか仕掛けをセットし、AM7時釣り開始です。
本日の釣り座です。
P2032694.jpg

富士山は思いっきり傘を被ってます。
P2032695.jpg
残念(>_<)!

本日のダンゴは、この時期にしては低集魚気味にし、割れを重視して締めにくい?配合にしてます。
ただ、今日は強烈な向かい風での遠投なので、キッチリ締めないとダンゴが飛ばず、直ぐ空中分解してしまいます。
その為、最初からキン締め&フルスロットルでいきます。
それから、もう一つ問題があり、それは水面に漂う大量の切れアマモです。
これが非常に厄介で、仕掛けを回収する度にラインに絡まり、時に鯉のぼり状態になってしまいます。
投入時にもハリスに絡まり、これを外すストレスといったら・・・・・・

さて、今回付け餌はオキアミと冷凍ボケしか用意していませんので、暫くはオキアミで様子を見ます。
と始めてはみましたが、こんな荒れた状態では中々ウキを安定させる事ができません。
更に、オキアミは取られるどころか、齧られもせずいつまで経ってもキレイに丸残りです。
この風は頂けませんが、エサの返品は想定内ですので、地合いであろう午後に向けて、せっせと場作りに専念します。

この後、一度もエサが取られる事が無いまま、約3時間が経過したAM10時過ぎ、少し風が納まり海も凪いできます。
すると、初めてエサが齧られ、ようやくたま~に取られる様になります。
そして、程無く初アタりからのスゥ~~~ッ!で・・・・・・ちびフグ。
まずはPB回避 ( ̄ェ ̄;)。
その後もたま~に取られますが、数10分もすると元の木阿弥と化してしまいます。
この時点で、かなり心は折れています。
そんな時、ヒデさんから連絡があり、午後からのコラボが決定。
ちょっぴり復活します。

このまま何事も無く、やがてお昼に。
この時、鳴りを潜めていた大量のゴミがまた海面を覆う様になってきて、潮も飛び始めます。
仕方無くかにぱんを頬張りながら、しばし放置プレー。
そんな時、ヒデさん到着。
差し入れありがとうございました。
今日も夜釣りまで突入との事、考える事は一緒でしたね(笑)。
ヒデさんが準備している間、あれだけあったゴミがいつの間にか嘘の様に無くなっていて、風も納まり海は凪に。
孤独から脱出出来た事もあり、テンションも自然と上がりますね。

さて、午後からのダンゴですが、午前中の激渋を考え、ここは思い切ってカップ二杯のアミエビ&粗挽きサナギを添加した高集魚仕様に切り替えます。
果たしてこれが吉と出ますかそれとも・・・・・?

PM1時、そのまま午後の部へと突入します。
状況はというと・・・・・・やっぱエサはしっかり丸残りです。
集魚UPも全く効果無し???

この後も色々やりますが、一回だけダンゴのお触りが感じられたものの、エサは取られるまでには至らず、そのままチャンスタイムのPM3時を迎えます。
海も落ち着き、釣り条件は整いますが、無音返品状態が変わる事はなく、激渋は一向に改善されません。
この時点で、相当凹んできてます。

このまま今日は終わってしまうのか?、と諦めかけたPM4時過ぎ、また風向きが変わり向かい風となり、更に当て潮になってしまいます。
仕方無くそのまま暫く放置し、巻き上げようと竿を上げると・・・・・「ゴゴッ!」・・・・・「ん?」・・・・・
な、な、なんと何やら居食いで掛かってます。
本日初のお魚の引きを暫く堪能し、やがて姿を現したのは、

P2032696.jpg
30cmのおチヌ様です。
なんと開始から約9時間、実に長かったですが、何とか顔が見れて良かったです。
ただ釣った感は全くありませんが(-_-;)。

このあと状況が上向くかと期待しましたが、またまた激渋に戻ってしまい、この後追加どころかエサも一度も取られなくなってしまいます。
このまま続けようか考えていると、あれだけ吹いていた向かい風も弱まり、海はほぼベタ凪状態となってきます。
また気温も、この時期のこの時間にしては高めで、暖かい?夕方です。
これはもう延長するしかないっしょ!、という事で人生初の厳寒夜釣り決定です。

やがて夜の帳も降りて、いよいよ夜釣りタイムへと突入です。
久々に見る水面の赤灯は風情があり、なんだか嬉しくなります。
とは言うものの、エサは相変わらず丸残りなんですけどね。
そんな中、そろそろPM6時になろうという頃、ダンゴが割れて相当時間が経っていましたが、何となくウキに生体反応が感じられる様になります。
仕掛けを回収すると、オキアミの頭が取られています。
これは実に怪しい???
ダンゴを小さめにキッチリ締め次投をリリース。
投入から数分後、チョコチョコと小さなアタリが出て、そのまま暫く様子を伺っていると、ス~ッとウキが入ります。
一瞬身構えますが、直ぐにウキは浮いてしまいます。
「もう一回はいれ!」、と念じながらしばらく我慢していると、またまた「スゥ~~~~ッ!」とウキがゆっくり水中へ消えていきます。
再浮上しない事を確認して、
「ビシッ!」
「ゴン!」
「きっ、きましたァ~~~!!」
重量感があり、強烈な引きが襲います。
これはボラだな?、そう思い結構強引にやり取りしますが、それにしてはあまり走りません。
まさか、という事もあるので、慎重に慎重にやり取りし、やがて暗い水面にバシャッと平を打ち、無事ヒデさんのタモに納まったその魚は・・・・・・!!!

P2032698.jpg
50歳、夜の熟女様です。
半信半疑でしたが、本当にこの時期でも釣れるんですねぇ。
しかもまさかの熟様とは驚きです。
ヒデさん、アシストありがとうございました。

これで一気に火が付き、どんどんとのめり込んでいきます。
小アタリもチョコチョコ出る様になり、これは?、と期待度MAX!。
暫くすると、またまたウキが入り、ビシッ!と合わせるも軽い??
こりゃフグだな、そう思い上がってきた魚を掴もうと思った瞬間、驚愕の姿を目にする事に。
なんとこの魚、実はゴンちゃんだったんです。
危機一髪、危うく掴んでしまうところでしたわ。
まさかこの時期に、しかもこの時間に喰ってくるなんて思いもしませんでした。

驚きはこれだけではありません。
こいつはたまたまだったんだろう、と思いきや、この後ゴンの連チャンを味わう事に。
アタるまで時間がかかるので、入れ食い感はありませんが、続けざまに数匹のゴンちゃんを釣り上げます。
ここへ来て高集魚の弊害が出てしまったのでしょうか?
更に悪い事に、ゴンちゃんに混じってアナゴまで釣れてしまう始末。
夏の夜釣りならこの時点で終了ですが、この時期なんでそのまま続行します。

この後暫くゴン祭りが続きましたが、そろそろPM8時になろうという頃、あれだけ出ていたゴンアタリが無くなり、エサもまる残りになってしまいます。
ゴンちゃんが居なくなるのは嬉しいのですが、また激渋に戻ってしまうとは・・・・・
しかし、これは前兆だったんです。
数投後、なんの前触れもなく急にアタリが出て、程無くウキがゆっくりと入ります。
「ビシッ!」と決まり、お魚ヒット。
これも良い引きで、結構頑張っています。
しばらくやり取りし、やがて姿を現したのは、

P2032699.jpg
42cmのおチヌ様です。
突然のお出ましでしたが、嬉しい追加です。

この後も、エサはほぼ丸残りで、ダンゴアタリはおろかウキにも生体反応は現れません。
ただ、ヒデさんの方は結構エサも取られ、オキアミでは持たずサナギも持たない事もあると伺い、ビックリ。
わずか数メートルしか離れていないのに、この差は何????

やがて、そろそろPM9時になろうという頃、この時も突然でしたが急にアタリが出て「スゥ~~~ッ!」からの「ビシッ!」で、

P2032700.jpg
34cmのおチヌ様です。

この次の一投も、またまたアタリが出てウキが入ります。
しかし、ただ重いだけでデカいゴミでも引っ掛かったのかなぁ、と思いきや実は・・・・・

P2032702.jpg
ここでは初めてとなる尺カサゴ。

ちょっと魚っ気が出てきたかなぁ~、と期待しますが、やっぱり渋いまま。

やがてダンゴの残りもあとわずかになったPM10時過ぎ、久々にアタリが出て何か掛かりますが、これがなんと、またまたゴンちゃん。
終わったァ~~~(>_<)。
PM10時半、最後の一投をリリースし、片付けを開始。
そろそろ上げるかと海を見ると、赤灯が無いっ!
慌てて合わせるも、軽い。
しかし、最後の最後に上がってきたのは、

P2032703.jpg
今年初、愛しの愛しのキスちゃんです。
これにて気持ちよく納竿となりました。

本日の釣果です。
P2032706.jpg
30~50cm   4枚

ヒデさん、今日は夜遅くまでご一緒させて頂きありがとうございました。
また素晴らしい情報のお陰で、夜のおチヌ様にも会える事が出来ました。
赤と青のマジック、とても良い物拝見させて頂きました。
あのウキ、絶品ですね。
今後も活躍しそうですね。
機会ありましたら、夜も含めまたご一緒させて下さいね。
寒い中、一日お疲れ様でした。

今回は最高な気象条件も重なり、まさかの赤灯タイムを思う存分満喫出来ました。
中々これだけの条件が揃う事は無いとは思いますが、日並が良ければ是非また挑戦してみたいですね。
ただ、早朝から納竿まで、実に約16時間と普段の2日分を連続でやったので、疲労感は半端ありません。
手や腕も筋肉痛と非常にハードな釣りとなるので、気を付けないといけませんね。
いずれにしろ、今日はとても良い経験が出来て、新たな発見もあったので大変有意義な一日でした。
これで暫くは仕事頑張れるかな?(笑)

長々とご覧頂きましてありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/464-f1b6ab89

トラックバック

コメント

[C3917]

寒い中での年無しは流石です‼

それにしても、赤灯がもやもや~と入る瞬間は、日中では味わえない良いものですよね~

今年は寒さが続きそうですが、頑張っていきましょう!
  • 2018-02-05 20:18
  • 桃太郎
  • URL
  • 編集

[C3918]

桃太郎さん、超久し振りにモヤモヤ~を味わいましたが、あの時のドキドキ感、今も忘れられません。
今回は、滅多に無い最高の気象条件でしたので、あそこまで粘れましたが、あんな日はもう恐く・・・・(-_-;)
でも良い体験でした(^^♪
  • 2018-02-05 20:37
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。