Entries

かろうじてなんとか・・・ヽ(´~`;)

先週末は、この時期お初の某所にて釣査敢行 (^。^;)

しかし、物の見事に大撃沈 へ(×_×;)へ

このままじゃ帰れん、と鉄板場にて連釣するも、またまた大・激・ち・・・・・(;゜0゜)!

やれやれ (;´・`)>


 先週土曜日は、この時期はどうなの?、とずぅ~~っと気になっていた某所へと釣査に出掛けました。
釣り場へ向かう道中は、まさかの雨。
嫌な予感(ーー;)?
現着すると、幸いにも雨は止んでますが、如何せん風が鬼の様に吹きまくってます。
車もユサユサとまるで地震にでもあったかの様です。
爆風吹き荒ぶ中、やがて夜が明けますが、風は一向に納まる気配はありません。
ただ幸いなのは、ほぼ後ろから吹き付けるので、何とか竿は出せそうです。

本日の釣り座です。
P3172777.jpg

AM6時半、早速釣査開始です。
お隣にはフカセ師様が降臨。
益々嫌な予感(ーー;)???
今は大潮の満潮の潮止まりですが、それでも竿一本強という水深です。
ただ、相当濁っているので、底までは見えませんが。
さて、肝心のオキアミですが、いつまで経っても取られるどころか、齧られもしません。
それでもいつかは触ってくるだろうと、余裕をかましながら投げ続けますが、やはり見事にご返品。
そんな中、AM7時半を回った頃、何気無く仕掛けを回収すると・・・・・

2018031707250000.jpg
良いとこ掛かっとるやないかいヽ(`Д´)ノ!

なんと、これが最初で最後のお魚になるとは。゚(゚´Д`゚)゚。

この後も、一度もエサが取られず、意気消沈していると、いきなりお隣様が良型おチヌ様ゲット。
おチヌ様は居るんですね。
しかし、こちらは未だ閑古鳥。
やがて、反対側にも二人のフカセ師様方が入られ、完全に挟まれてしまいました(~_~;)。
これじゃイカん、と更にペースUPして爆投を続けますが、状況は変わる事はなく、あっという間にもうお昼。
ろくすっぽ休憩もせず、今にも泣きそうな寒空の下、午後の部へと突入。
で、何事も無くゴールデンタイムのPM3時を迎えるも、状況は厳しいまま。
そんな時、今度は後から来られたフカセ師様が、またまた良型おチヌ様ゲット。
もうこの時点で、心は折れてましたね。
このまま、夕マズメを迎えるも、ウキは一度も動かず、エサも一度も取られないまま、PM5時過ぎ、無念の納竿となりました。
見事過ぎる程の大大大撃沈でした☆(♯××)┘
オンシーズンにはりべんじだな o(´^`)o

釣査を終え、そのまま向かった先は、釣り友様方が残業なさっている某所。
お二人共きっちりとおチヌ様をゲットされてます。
さっすがァ~~ヾ(´▽`;)ゝ
このまま納竿まで見学させて頂き、私はお二人の後に明日の釣行を見据えて、入らせて頂く事に。
今日は寒さ&爆風厳しい中、一日お疲れ様でした。
しっかりと良い物見せて頂きましたヨ (^ー^* )

その夜は、マック片手に独り反省会。
半分やけ酒?、でいつの間にか昇天。
気が付くともう朝です。
今日こそは、と気合を入れながら準備を整え、AM6時釣り座へと入ります。
既に先釣者様が爆投を開始されています。

本日の釣り座です。
P3182780.jpg

今日は富士山も微妙 (´・ω・`)
P3182778.jpg


水は今日もとても冷たく、緑黒色に怪しく濁ってます。
ただ、風は昨日の爆風が嘘の様に穏やかで、海もベタ凪です。
しかし、これが後程豹変するとは・・・・・( ̄◇ ̄;)

昨日の釣り友様方の情報だと、ず~~っと厳しく、釣れたのはPM4時過ぎだったとの事。
今日もそれを覚悟しなくちゃいけんかなぁ~、っと思いながら実釣開始。
すると・・・・・思った通り、エサ丸残りの無音状態。
まぁ、これくらいは想定内だな、と軽く見ていましたが、想像以上の激渋で、昨日となんら変わりないじゃないですか(ーー;)。
せっかくこんなに海は穏やかなのに、心中は決して穏やかではありません。
焦れば焦る程お魚さん達から遠のいている気がします。

そんなこんなんで、気が付くともうAM11時。
ここで、あれだけ穏やかだった海が豹変します。
いきなり背後から爆風が吹き始め、海はみるみるうちに大荒れに。
もう怖くて立っていられない程です。
この嵐をしっかり予測していたのが、ウインディー。
この風予報、本当に当たるんですね。
実は昨夜、釣り友様からこの情報を得ていたんですが、まさかこれ程見事に当たるとは。
でもガラケーじゃあ見れないからなぁ~・・・・残念(´ヘ`;)
しかし、予報では7メートルって言ってたけど、どうみても10メートル以上は吹いてるよなぁ。

嵐の中お昼を迎え、風に飛ばされない様しっかりガードしながら、かにぱんタイム。
食事もそこそこに午後の部へ。
ここまで、一度もエサが取られず、勿論ウキも微動だにしませんでしたが、ここへ来てようやくダンゴアタリらしき反応が出始めます。
が、しかし、この爆風と酷いうねりで何が何だか殆ど分かりません。
それでも、30分に一回くらいはエサが齧られたでしょうか?
ただ、とても合わせるような状況には至りませんが。

一向に止まない爆風を受けながら、ひたすら爆投を続けますが、いつの間にか先程のダンゴアタリは消えまた元の木阿弥状態に。
このままゴールデンタイムのPM3時を迎えるも、状況が変わるどころか、上げ潮になり潮位が上昇するにつれて、波飛沫が雨の如くバサバサと降りかかってきます。
もう完全に心は折れました。
やがて、噂のPM4時になりますが、どう考えてもこの状態からの確変なんてありえません。
もう完全にW撃沈確定だな・・・・・と諦めかけたPM4時半、ウキが何かにでも引っ掛かった様に、ジワ~ッとしもっていきます。
ここへ来て根掛りかぁ~(T_T)、でも、もしたしたらアタリかも?
ふとそう思い、しばらくそのまま待ってみると・・・・・・いきなりΣ(゚д゚lll)!!
竿先がひったくられます。
慌てて合わせると、横の障害物目掛け一気に走ります。
負けてなるものか、とこちらも目一杯応戦。
ところが途中で、どこかに入られてしまい、びくともしなくなってしまいます。
それでも諦めきれず、強引に引っ張ってみると・・・・でっ、出ましたァ~(^O^)!
思いの外強烈な引きでしたが、ようやく姿を現したその魚は、

P3182781.jpg
44cm、お腹パンパンのおチヌ様です。

今日はもうダメかと思いましたが、最後の最後に来てくれました。

この後も数投しますが、明日の事を考え、PM5時過ぎ納竿となりました。

本日の釣果です。
P3182782.jpg
44cm   1枚

この2日間、とにかく厳しい状況でしたが、何とか顔を見る事が出来て、正直ホッとしています。
このでのノッコミ期は、もうそろそろ終盤かもしれませんね。
でも、このままじゃどうにも納得がいかないので、せめてあと一回はリベンジしたいですね。
出来れば今度はマッタリと・・・・・ネ(^_-)-☆

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/469-dae582c6

トラックバック

コメント

[C3925]

ま、この時期は流石のトトダンゴさんも坊主もありかな?なんて思いながら拝見しましたらば・・・やはり、キッチリと結果が!

霊峰富士のお山も本命も・・・!

日々の弛まぬ鍛錬の結果とはいえ・・・凄い!
  • 2018-03-24 22:32
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3926]

ねこさん、コメありがとうございます。
もう完全に諦めていましたが、粘り勝ちと言いましょうか往生際が悪いと言いましょうか(~_~;)
桜も咲き始めましたし、水温も上昇中ですので、釣果も上がって来てくれると良いのですが・・・・・
また頑張って美しい富士山をお届けしますね(^^♪
  • 2018-03-25 20:44
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア