Entries

爆風釣行 o(~○~;)o

 先週は、早くから爆風&大荒れ予報が出ていたので、週末は休竿だな、とほぼ諦めていました o( _ _ )o

ところが、こんな悪天候にも関わらず出撃なさるという釣り友様に刺激され、急遽連チャンで出撃しちゃいました (^~^;)ゞ

予報通り爆風吹き荒ぶ大荒れのお天気でしたが===((((( x_x)

思い切って正解でした o( ^_^ )o


 金曜夜、天気予報を再度確認するも、爆風13mだって。
こりゃ絶対無理ぃ~(>_<)!、そう思っていた矢先、釣り友の主水さんは爆風覚悟で出撃なさると。
でも何だか乗る気にはなれず、翌朝取り敢えず見学にでも行ってみるか、と他人事でした。

翌朝AM6時過ぎ、主水さんのいらっしゃる某所へ行ってみますが、途中物凄い落ち葉が道路を埋め尽くし、更に風に強いはずの孟宗竹が根元からヘシ折れぶっ倒れているじゃありませんか!
どんだけ強い風が吹いたんだろうとちょっぴり怖くなりつつ現着。

勿論釣り場は爆風が吹き荒れ、海はとんでもない事に。
試しに釣り座へ立ってみると・・・・・絶対ダメだ、こりゃ無理じゃ~~ヾ(。><)
しかし驚くべきは、この最悪な状況にも関わらず主水さんは既に竿を出されてるじゃありませんか。
しかも、開始からわずか数投で良型おチヌ様をゲットしちゃった、との事。
一瞬冗談かと思いましたが、実際にお魚を見て納得。
こうなるともうダンゴの虫は黙っちゃいません。
幸い道具やエサ類も一応持参していましたので、急遽ご一緒させて頂く事になりました。
ただ、いつも竿を並べている釣り座は、この爆風ではとても一緒には出来ないので、私はちょっぴり離れた所に釣り座を構えます。
この場所は約1年振りです。
なかなか厳しいとの噂も高いポイントではありますが、背後に壁?をしょっているので、なんとかこの爆風が凌げそうですが。

本日の釣り座です。
P4072805.jpg

今朝の富士山。
P4072806.jpg

海は昨夜までの大雨の影響は殆ど見られず、ほぼスケスケで水温も17℃台とかなり高めです。
でも、酷いうねりと風波は半端ないです。
ただ、気温は思った以上に高めなので、バリバリの防寒は必要ありませんが。

AM7時過ぎ、ちょっぴり遅めのスタートです。
久し振りなので、まずはタナをきっちり取ろうと試みますが、この荒れ模様ではそう容易くありません。
なんだかんだで小一時間ばか奮闘し、なんとか竿2本半程に落ち着きます。
この間、付け餌のオキアミは、ほぼ毎投取られていました。
でもウキにはなんの変化も無く、といいますかこの荒れ方ではアタリもへったくれもありませんけどね。

時折物凄い轟音と共に吹き抜ける爆風に耐えながら爆投を繰り返しますが、エサは取られるもののウキは未だ一度も動く事はありません。
そんなこんなで、開始から約2時間半が経過したAM9時半、本日初めてのアタリが出て、ウキが入ります。
ビシッ!、とヒットしますが、結構引く割には案外すんなり上がってきたのは、

2018040709320001.jpg
なんと、尺ハギ。
こいつがエサ取りの犯人だったんですねぇ
こりゃ厄介ですぞ。

この後定番のササノハちゃん登場。
でも単発。
しかも投入後かなり時間が経ってからのヒットなんで、今一状況が掴みきれません。

それから更に1時間程経ったAM10時半過ぎ、今度は如何にもなアタリでウキが入り、ビシッ!と炸裂。
ヒット後は、かなりの引きで抵抗してきます。
このポイントは、竿2,3本先辺りにキツいかけ上がりがあり、油断するとここで魚を取られてしまいます。
ですので、殆どラインは出さず、強引にやり取りする事しばし。
ようやく姿を現したのは、

2018040710370000.jpg
40オーバーのオオモンハタ?、です。
買ったら数千円はするであろう高級魚ですね。
でも、今回は丁重にお帰り頂きました。

これで少しは景気付いたかと思いきや、やはり無音鈍殺は変わりません。
こんな時は、焦らずに余計な事はやらず、キッチリと締めたダンゴで状況の変化を待つに限りますね。

そうこうしながら、そろそろAM11時半になろうという頃です。
なにやら付け餌に怪しくお触りしてくる奴が現れます。
ただ、ウキをスパッと消し込む様なアタリは出ず、モゾモゾ・・・モゾモゾ・・・と焦れったいものです。
それでも暫くすると、ゆっくりとウキが沈んでいきます。
約5秒程待ち、「ビシッ!」と合わせるも、なんとスカ!
「なんだこりゃ???(ーー;)」、なんて思いつつ次投をリリース。
すると、まだまだ奴はお触り続行。
やがて、モゾモゾをえー加減続けた後、遂にウキが「ジワァ~~ッ!」、と入っていきます。
先程の事を考え、今度は約10秒程待ち、
「ビシッ!」
「ド~~ン!」
「キャァ~~~~\(>o<)/!」
掛かるや否や、いきなり物凄いトルクで絞り込まれます。
当然ゴリ巻きで対抗しますが、竿は満月にひん曲がりエラい事になってます。
それでも強引に近くまで引き寄せますが、今度は横にある障害物目掛け一直線に走り始めます。
ラインは岸壁とほぼ平行に。
こりゃヤバいっ、とメチャクチャ焦りますが、なんとか耐え忍び、ようやく水面を割って出たそのお魚は、



P4072807.jpg
50cmジャストの熟様です。
待ちに待った地元での初ゲットで、しかも厳しいと思われていた場所での釣果に、嬉しさもひと塩です。

丁度この時、やり取りを主水さんがスマホで撮影してくれていて、それを後程見せて頂くと、竿ってこんなにひん曲がるの\(◎o◎)/!、という位しなっていてビックリ。
掛かった魚も超偶然にも熟様だったなんて。
きっと一生の記念となりますね。
主水さん、本当にありがとうございました。

興奮冷めやらぬ中、程無くお昼に。
この頃からなにやら怪しい雲行きとなり、空はあっという間に雲で覆われてしまいます。
同時に爆風も相まって、体感温度がググッと下がり急に寒くなってしまいます。
慌てて防寒を着込みます。

爆風でかにぱんを飛ばされそうになりながら暫く休憩し、PM1時午後の部へと突入です。
エサは相変わらずほぼ毎投取られますが、ウキは微動だにしません。
でも、取られるまでかなり時間が掛かっています。
こんな時は、タナを詰めてなんとかアタリを出せないか、と反応を促進すべく甘締めダンゴで攻めたいところですが、正体もほぼ分かったので、キッチリ締めたダンゴでじっくりと時間を掛け、おチヌ様のアタリをひたすら待つ事にします。

このままこれといった盛り上がりも無く、やがてPM3時を迎えます。
そろそろ何か起こってもイイんじゃなぃ、な~んて思っていると、小アタリで、

2018040715210000.jpg
今年お初のウリボーヒット。
もうこいつが釣れるとは。

そろそろ下げ一杯から上げ潮に変わるので、状況が変わったのかも?、な~んて思っていると、またまた怪しいお触りが。
じっくり待って様子を伺っていると、ジワワワァ~~~ッ、とウキが沈んでいきます。
しっかり待って、「ビシッ!」と決まり、何やらヒット。
こいつも強烈な引きで、障害物目掛け突っ走ります。
ゴリ巻きでなんとか往なし、やがて姿を現したのは、


P4072808.jpg
41cmのおチヌ様です。
まさかもう一枚出るなんて、思ってもいませんでした。

しかし・・・・・・

PM4時半を過ぎ、日もだいぶ傾き始めた頃、チョコチョコとアタリが出始めます。
エサも微妙に残る事もあり、「これは?」、と集中していると、またまた「ジワァ~~ッ!」、とウキが入り、「ビシッ!」とヒット。
ゴン!ゴン!と心地良い引きで楽しませてくれたのは、

P4072809.jpg
37cmのおチヌ様です。
こいつは所構わず白いものをピュッピュと撒き散らしています。
完全にノッコミ魚ですね。

「こんな奴が居るならまだ他にも(´∀`*)?」、な~んて思いながら次投をリリース。
すると、またまたアタリが出て、同じ様にゆ~っくりとウキが消えていきます。
ひと呼吸置き、「ビシッ!」で、


P4072810.jpg
44cmのおチヌ様です。
まさか連チャンで来てくれるとは。
やっぱり居たんですねぇ。

その後、怪しい雰囲気は出ず、やがてPM6時を回り、明日もあるのでそろそろ仕舞うか、とラスト一投を渾身の力で締め投入。
ほぼ片付けも終わり、さて竿を上げるか、とウキを見ると、怪しい動きの後、嘘の様にジワァ~~~ッと。
最後の最後に来てくれたのは、

P4072812.jpg
36cmの上がりチヌさんでした。

本日の釣果です。
P4072814.jpg
36~50cm   5枚

主水さん、今日は爆風の中、一日大変お疲れ様でした。
まさかのあの一匹のおかげで、いい釣りをさせて頂きました。
そして何より、ビックな熟様、おめでとうございます。
まだまだこれからもいけそうですね。
今度は日並の良い日にご一緒させて下さいね。
それから、動画ありがとうございました。
一生の宝としますわ(^。^)♫

今日は衝動的に出撃してしまいましたが、難関ポイントでも釣果を上げる事が出来て良かったです。
いくら厳しい状況でもやってみなけらば分からないものですね。
家で燻っているよりは、ず~っとマシでした(^_-)-☆


さて、爆風での一戦を終え、直ぐ様明日の準備を済ませ一時帰宅します。
実は釣り友のだんごマンさんが、コラボに誘ってくれたんです。
出会ってからもう数年が経ちますが、何故か二人でのコラボは初めてでしたので、迷わず即OKしました。
という訳で、翌日も連ちゃんコラボです。

翌日曜早朝、釣り場へと向かいます。
ポイントは昨日主水さんが入られた所。
今日もかなりの爆風が予想されますが、まだ今日はマシな予報なので、ここで竿を並べさせて頂く事に。
まだ薄暗い中、だんごマンさんも到着され、ボチボチと準備に取り掛かります。
この後釣り友の大臣さんも来られます。

しかし、昨日と違い今朝は随分と寒い朝です。
勿論初手から防寒着用ですわ。

AM5時過ぎには釣り座に入ります。

本日の釣り座です。
P4082817.jpg

今日も富士山は美しぃ~~~っ(≧ ≦)Ω
P4082815.jpg

AM5時半、早速釣り開始です。
昨日の状況が分かっているだけに、作戦も立て易いですが、いざ始めて見ると・・・・・
オキアミが残る残る。
そして、とにかく残るっ(>_<)!
こんなハズでは???

それでも暫くするとササノハちゃんが居食いで掛かりますが、それ以降もエサはほぼ丸残りです。
一晩でこんなに状況が変わってしまうとはΣ(゚д゚lll)
ダンゴも昨日の状況を加味して拵えましたので、ヤバいです(ーー;)。
微動だにしないウキを眺めながら、ひたすら爆投を繰り返しますが、エサは殆ど変化無し。

しかし、そろそろAM7時になろうという頃、だんごマンさんのウキに怪しい反応が出始め、程無くウキが入りビシッと炸裂。
この厳しい状況の中、早々に良型のおチヌ様をゲットです。
まさにお見事としか言いようがありません。
おめでとうございます。

これでおチヌ様が居る事は分かりましたが、打てども打てども反応は現れずエサは残ったまま。
それでもだんごマンさんの方は、たまに取られています。
これだけしか離れていないのに、この差は何????

やがてAM10時になろうという頃、遂にあの悪魔の使者が。


2018040810020000.jpg
やってまったぁ~~~~|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||
またまた釣ってはいけない呪いのお魚を。
しかも居食いでなんて、縁起悪すぎぃ~~~~ヾ(。><)

これで完全にやる気を失い心が折れます。
それでもこの後、一時的にエサ取りさん達にスイッチが入り、毎投エサが取られる様になりますが、それも束の間、数10分程で終了。
また元の木阿弥に。

このまま特筆出来る事は何も無く、PM12時になり、だんごマンさんは半日釣行の為これにてご帰還となりました。
一人残された私。
さてこの後どうしようか、と迷った挙句、どうもダンゴがしっくり来ないので、ここで少し手直しする事に。

場を休めるためしっかり休憩し、PM1時過ぎ午後の部を始めます。
午前とはかなりタッチの違うダンゴですが、それが良かったのか、久し振りにエサが取られます。
といってもたま~にですけど。

やがてPM2時を回る頃、不安定だった潮が落ち着いてきます。
午前中もそうでしたが、どういう訳かいつまで経っても右に流れたままで、まともに落ち着きもしませんでしたが、ここへきてようやくやり易くなった感じです。
仕掛けも真っ直ぐ投げられます。
すると本日初のアタリが出始めます。
エサも怪しい取られ方をしています
そんな時です、投入からかなり時間が経っていましたが、あの渋々アタリからのジワァ~~ッでウキが入ります。
祈るような思いで、「ビシッ!」と。
これが見事に決まり、遂に何か掛かります。

ゴンゴンと感じる様な気がしますが・・・・・・
暫くして姿を現したのは、


P4082818.jpg
37cmのおチヌ様です。
やっとお会い出来ましたぁ。
今日はもうダメかと思っていましたので、まさに一攫千金です。
これで呪いから解放されたかな?(^_^;)

これから続くかと期待しますが、糠喜び。
またまたエサは残りだし、やがて音信不通に。

今日はもうこれで終わりだな、と気分はもう完全に諦めモード。

その後もエサは取られる事なく、やがてPM3時を回りそろそろ帰ろっかなぁ~、なんて思っていると、まさかまさかのダンゴアタリ!!!
毎投ではありませんが、確実にダンゴにお触りする輩がいます。
それから数投後のPM3時半過ぎ、ダンゴアタリが出て崩壊後暫く流すと小さな前アタリのあと、ジワァ~~~ッとウキが沈んでいきます。
頼むぞぉ~~~、「ビシッ!」、「ゴン☆」、「やったァ~~~(*≧∀≦*)」
待望のヒットです。
しばらく引きを楽しみ、やがて姿を現したのは、


P4082819.jpg
37cmのおチヌ様です。
この状況でもう一枚出るなんて、超ラッキーです。

このあと、掌大のメジナが来て、その後デカメジナ?にブッチされますが、最後はまたまたエサ丸残りに戻ってしまい、万事休す。
明日は仕事なので、PM5時納竿としました。

本日の釣果です。
P4082821.jpg
37cm   2枚

だんごマンさん、今回はお誘い頂きありがとうございました。
半日でしたが、とても楽しい時間でした。
それに、良い物も見せて頂きましたょ。
また機会ありましたら、ご一緒させて下さいね。
今日はお疲れ様でした。
そして大臣さん、一日お疲れ様でした。
あそこは相変わらずエサ取りさん達は元気だった様ですね。
わずかしか離れてはいませんでしたが、あれだけ状況が違ったのも不思議です。
今度は是非テッパンで釣戦してみて下さいね。
またご一緒しましょう。

一晩でこれだけ状況が変わってしまうなんて、自然とは本当に分からないものですね。
でも、これだから止められないんですよねぇ。
まだしばらくは寒いなんて言葉が出るかもしれませんが、そろそろ防寒もタンス行きかな?(笑)

さて次は何処を狙ってみましょうか?

長々とご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/473-7bd951de

トラックバック

コメント

[C3931]

まー何ともようけ釣りはりますね!

悪潮の象徴であるタカちゃんがきても・・・本命はしっかりと釣りはるんですね。
しかもウェルカムな良型丸ハゲに造り美味しの魚、ハタ君まで・・・。



明日は若狹へと思うてはおりましたが、強風らしく断念だんねん。

ねこさんは風に吹かれるのもレインドロップスのふぉーりんオンマイヘッドにもココロ折れるのです。
  • 2018-04-14 23:05
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3932]

ねこさん、コメありがとうございます。
タカノハが来た時には、正直終わったと思いました(~_~;)
流石に爆風は辛かったですが、おチヌ様に会えればそんな疲れも吹っ飛びますね。
来週末は嵐にならないと良いのですが・・・・(^_^;)
  • 2018-04-15 00:02
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア