Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/475-8186d827

トラックバック

コメント

[C3941]

トトダンゴさん、こんばんは!

西伊豆釣行、お疲れさまでした。
火災事故から3週間経っても港内に油が浮いている状態とは・・・ホントに大きな船だったんですね。
奥まった地形も影響してるのかもですが、早く元の状態にまで戻ってほしいところですね。

記事を読んで駿河湾を空撮マップで鳥瞰しましたが、やっぱり広いいい場所です。
養殖筏がたくさん見える内浦湾も好きですね^^

元に戻った時にはぜひリベンジ頑張ってください!
  • 2018-04-24 21:05
  • おっちゃん
  • URL
  • 編集

[C3942] こんばんはー。

いやいや 魚族大活性!羨まし!です。

フグの猛攻は大好きです。
夕方までに最高で鈎38本を取られた後にチヌラッシュ!は良くありますので。
そんな時のフグは決まって小型のクサフグでした。

今の若狹、アタリ皆無も珍しくなくって 貴兄の状況は誠に羨ましいです。

自然界、何ごとも壊すは一瞬、その復活には気の遠くなるような月日が掛かりますね。
自然と人間、もっとお互いに尊重し合い、少しずつ遠慮して上手く付き合えればいいですね。

今年もどうやら良い団子が握れそうで一安心のねこさんです。
  • 2018-04-24 21:12
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3943]

おっちゃんさん、コメありがとうございます。
私も目を疑いましたが、あの状況は紛れもない事実です。
一日も早い復活を願うばかりです。
空撮マップでは、やはり目の付け所が違いますね。
筏付近は想像以上に水深があり、時に7~8kgのマダイが釣れたりするんですよ。
魚影も濃いですし。
ただおチヌ様となると・・・・・(~_~;)

ねこさん、コメありがとうございます。
今回のフグ攻撃は今迄とちょっと違いました。
以前私もクサフグ地獄からのおチヌ様という場面は何度もありましたが、今回は対象が赤目(ヒガンフグ?)で、もう何をどうやっても抜けだす事が出来ませんでした。
釣り友様からもアカメが沸いたらアウト、と聞きました。
今迄アカメなんて出会った事も無かったんですが、最近は生態系が変わってしまったのかもしれません。
まぁこれも自然の摂理ですから。
自然は本当に傷付き易く尊いものですよね。
これからも自然に優しい釣りを心掛けようと思います。
いよいよダンゴスタートですネ(^_-)-☆
  • 2018-04-25 19:59
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

心配です (~ ~;)

 21日土曜日、地元で竿を出そうとするも、どこも満員であっさり断念 (´ヘ`;)

で、向かった先は、とある船舶火災で有名になった某所 (^_^;)

この時期やった事が無かったので、さしずめ釣査といったところでしたが・・・・・(;゜゜)

事は思いの外重大で、この先がとっても心配です (・ ・;))

 金曜深夜、釣り友のHARUさんと共に、目ぼしい釣り場をあたるも既に超満員。
考えた末、この時期はまだ未開の西伊豆某所へと向かう事に。
ここは先日某船舶の火災で有名になってしまった港です。
どうなっているか、とても気になりましたが、とにかく行ってみます。

久々に、西伊豆海岸ルートをひた走り、1時間以上かかってAM2時過ぎ、ようやく現着。
港は何事も無かった様に、ひっそりと静まりかえっています。

小一時間程仮眠し、AM4時半起床します。
程無く辺りが明るくなり始めると、そこには衝撃的な光景が。
海面にはヌラヌラと虹色に光る油が一面に漂っているじゃありませんか!
後程地元の方から伺ったところによると、まだ沈んでいる物から油が流出している、との事。
また、港内は物凄い油臭が立ち込めています。
さらに、焼け焦げたゴミの浮遊も見られます。
岸壁にも回収された火災ゴミが多数回収されています。
いかにあの船舶火災が凄かったかを物語っていますね。

幸い足元にはお魚さん達の姿は見られますが、驚いたのは、いつもならちょっかいを出してくるカモメや鵜などの海鳥の姿が全く無い事です。
この油が羽等に付着しない為でしょうか?

そんな訳で、いきなり出鼻を挫かれますが、とにかく準備をしてAM5時半、釣り開始です。

本日の釣り座です。
P4212833.jpg

水は緑っぽく濁り、いつもならスケスケで底までハッキリ見えるのに、今日は全く見えません。
水温も思った程高くは無く、むしろ冷たく感じます。

まずはオキアミを付けての第一投、ここで思わぬ事態が。
ラインが水面の油の影響で、中々沈まないんです。
程無く回収すると、ラインに油が纏わり付き、更には竿にまで油が付着してしまいます。
初手からテンションガタ落ち。

でも数投するとエサが取られる様になり一安心。
ただウキは微動だにしませんが・・・・・

その後はエサが取られる回数も減り、音沙汰なく時間だけが過ぎていきます。
それでも、AM10時を回った頃、仕掛けを回収すると、何か付いてる?
それがこいつ。

2018042110160000.jpg
カタクチイワシ。

無魚は脱出。
しかし、この後今迄遭遇した事の無い様な激流に襲われ、やむなく休憩に。
ここは殆ど流れないので有名な所なのに、一体なぜ?

そして、何事も無くお昼に。

午後も厳しい状況は変わりませんが、PM2時頃本日初のアタリらしいアタリで、

2018042113560001.jpg
チャリコ君。

この1時間後、今度は、

2018042115090000.jpg
へ~ちゃん。

やがて、PM4時を回る頃、いきなりエサがバリバリに取られだします。
しかし、ウキは動かず。
でも、数投後遂に犯人確保。。。。巨大な赤目フグ。
これが引き金となり、フグ地獄へと突入していきます。
無音でハリ奪取。
アタリで合わせるもハリ奪取。
放置でもハリ奪取。
即割れでもハリ奪取。
と、連ちゃんでどんどんハリが無くなっていきます。
PM5時を回る頃には、遂に一袋制覇。
もう何をやっても歯が立ちません。

結局あっという間に15本近くハリを取られて、PM5時半無念の納竿となりました。

釣査釣行は見事に大撃沈でしたぁ (хх。)

HARUさん、今日は大移動も含め、一日大変お疲れ様でした。
状況の渋さも然る事ながら、あの油と激流には参りましたね。
以前の様な風光明美な癒しの空間に戻るには、まだまだ相当時間がかかりそうですね。
藻が切れる頃にはなんとか復活してほしいですわ。
その時には是非またリベンジしに来ましょう。

今回の釣査は、ある意味別の観点で考えさせられる釣行でした。
自然とは如何に傷付き易く、如何に復元し辛いものなんでしょう。
一日も早い復活を、ただただ願うばかりです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/475-8186d827

トラックバック

コメント

[C3941]

トトダンゴさん、こんばんは!

西伊豆釣行、お疲れさまでした。
火災事故から3週間経っても港内に油が浮いている状態とは・・・ホントに大きな船だったんですね。
奥まった地形も影響してるのかもですが、早く元の状態にまで戻ってほしいところですね。

記事を読んで駿河湾を空撮マップで鳥瞰しましたが、やっぱり広いいい場所です。
養殖筏がたくさん見える内浦湾も好きですね^^

元に戻った時にはぜひリベンジ頑張ってください!
  • 2018-04-24 21:05
  • おっちゃん
  • URL
  • 編集

[C3942] こんばんはー。

いやいや 魚族大活性!羨まし!です。

フグの猛攻は大好きです。
夕方までに最高で鈎38本を取られた後にチヌラッシュ!は良くありますので。
そんな時のフグは決まって小型のクサフグでした。

今の若狹、アタリ皆無も珍しくなくって 貴兄の状況は誠に羨ましいです。

自然界、何ごとも壊すは一瞬、その復活には気の遠くなるような月日が掛かりますね。
自然と人間、もっとお互いに尊重し合い、少しずつ遠慮して上手く付き合えればいいですね。

今年もどうやら良い団子が握れそうで一安心のねこさんです。
  • 2018-04-24 21:12
  • ねこ
  • URL
  • 編集

[C3943]

おっちゃんさん、コメありがとうございます。
私も目を疑いましたが、あの状況は紛れもない事実です。
一日も早い復活を願うばかりです。
空撮マップでは、やはり目の付け所が違いますね。
筏付近は想像以上に水深があり、時に7~8kgのマダイが釣れたりするんですよ。
魚影も濃いですし。
ただおチヌ様となると・・・・・(~_~;)

ねこさん、コメありがとうございます。
今回のフグ攻撃は今迄とちょっと違いました。
以前私もクサフグ地獄からのおチヌ様という場面は何度もありましたが、今回は対象が赤目(ヒガンフグ?)で、もう何をどうやっても抜けだす事が出来ませんでした。
釣り友様からもアカメが沸いたらアウト、と聞きました。
今迄アカメなんて出会った事も無かったんですが、最近は生態系が変わってしまったのかもしれません。
まぁこれも自然の摂理ですから。
自然は本当に傷付き易く尊いものですよね。
これからも自然に優しい釣りを心掛けようと思います。
いよいよダンゴスタートですネ(^_-)-☆
  • 2018-04-25 19:59
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。