FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/482-c242f684

トラックバック

コメント

[C3985]

お疲れ様でした。
凄い釣果ですね、爆釣おめでとうございます。隊長が翌日セレクトされたのがわかりましたよ!(笑)
  • 2018-07-23 07:12
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3986]

HARUさんもお暑い中お疲れ様でした。
噂には聞いていましたが、まさかまさかでしたね。
ただ午後は一体何がいけなかったのか・・・・(ーー;)
次はいよいよ構造物かな?(笑)
  • 2018-07-23 19:11
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3987]

良型ばかりの素晴らしい釣果でしたね!

地元だと、そんなサイズが1まいでも釣れたらウハウハですよ・・

この所の今までにない天気、、、海の中も変わってきてるのかも知れませんね~

暑さ対策して頑張りましょう
  • 2018-07-28 08:26
  • 桃太郎
  • URL
  • 編集

[C3988]

桃太郎さん、ありがとうございます。
私もこれだけ一日に良型を釣ったのは初めてで驚いています。
おっしゃるとおり、このところの危険な暑さを筆頭に、いつもと自然条件が変わってきているかもしれませんね。
いずれにしろ、まだまだ暑さには十分注意しないといけませんね。
しかし、この先秋冬とどうなってしまうのでしょう?
  • 2018-07-28 18:55
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3989]

トトダンゴさん、爆釣おめでとうございます。
さすがというか、凄い釣果に目を奪われました!
夏を感じますね^^オッサンは早く春を抜けないといけません。。。(> <)
  • 2018-07-29 00:41
  • おっちゃん
  • URL
  • 編集

[C3990]

おっちゃんさん、ありがとうございます。
こんな事は最初で最後かなぁ(^_^;)
夏は夏でも今年は異常な暑さですよね。
暫く釣行時は暑さとの戦いかと。
出撃の際は、どうかお気を付け下さいね。
  • 2018-07-31 19:09
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

熱かった猛暑の海 (゜▽゜;)

先日から毎日危険な暑さが続いておりますが、そんな中最近とても熱いと噂されている某所へと出撃してきました ヽ(^_^;))

早朝から身に堪える暑さでしたが・・・・・( ̄_ ̄|||)

暑さも吹っ飛ぶ驚きの結果に (^◇^ ;)


 昨日土曜日、丑三つ時には現着。
強い南西風が海をガチャガチャにしてます。
気温は28℃と完璧熱帯夜で、とにかく蒸し暑いです。
汗だくで昆虫採集を済ませ、クーラーキンキンの車内で一人盛り。
仮眠も程々に、AM3時には出撃しようと試みますが、あまりの暑さに心が折れ、根性無しの私は明るくなるまで車内で更に一休み。

AM3時半過ぎ、白々と明るくなり始めたので、釣り座へと向かいます。
南寄りの風が結構吹いていますが、生温かくて気持ち悪い。
でもこれくらい吹いていないと一発でオーバーヒートですね(^_^;)。

本日の釣り座です。
DSC_0061.jpg

水温はちょっぴりひんやり感じる程度で、適温?かな。
薄い濁りも入っていてコンディションはまずまず。
今日のダンゴは、このところあまりにもオリジナル色が強くなり過ぎているので、初心に帰り糠砂メインのごく薄配合で挑みます。
ただ、もしもの時用にアミエビは持参していますが、これが後程悲劇を生む事に。

AM4時、久々の赤灯からのスタートです。
フグが酷いと聞いてはいましたが、取あえずいつも通りオキアミから。
一投・・・・二投・・・・三投・・・・、ん?残っとるやないかい (хх。)
ここでも丸残りからのスタートとは・・・・・(´ヘ`;) ハァ

そんな中、AM5時前遂にアタリが出て、ウキがポコンと。
早速フグさんのお出ましか?、と思いましたが、上がって来たのは、


00030002.jpg
愛しのシロギスちゃん。

本日初めてのお客様がシロギスちゃんだなんて、こりゃ良い事あるかも?(o^^o)♪

この頃から少しずつエサも取られる様になります。
でも、もっとエサトリさん達が元気になるまで、もう暫くオキアミで様子を見ようと思っていました。
それから約30分後のAM5時半、いきなり何の前触れも無く、「ゴゴツ!」と激しいダンゴアタリが。
程無く崩壊し、そのまま暫く我慢していると、ゆっくりウキが沈んでいきます。
これでもか、という程待って、ラインが動き始めた瞬間、「ビシッ!」と一撃。
「ゴン☆」と乗り、いきなり強烈な手応えが。
奴は直ぐ様横の障害物目掛け突っ走るので、思いっきり横っ跳びして引き離しにかかります。
なんとか方向を変えさせ、しばらくやり取りした後姿を現したのは、


DSC_0062.jpg
43cmのおチヌ様です。

初手からの良型に、暑さも吹っ飛びます。

この時間に一匹目が出たという事は・・・・・?(*^ ^*)
しかし、現実は厳しく、フグさんの活性は上がってきますが、本命様の雰囲気は今一つ。
このままもうしばらくオキアミで通していると、そろそろAM6時半になろうという頃、チョコチョコと怪しいアタリが出始めます。
ダンゴをキンキンに締め、じっくり待つ作戦にでると、投入から5分程たっていましたが、如何にもなアタリが出て、ウキが入ります。
こいつもしっかり待って、ラインが走るや否や、「ビシッ!」と。
このゴンゴン感、たまりません。
入られない様ゴリ巻きして、程無く姿を現したのは、

DSC_0063.jpg
30台後半のおチヌ様。

ここから、持参した他のエサも試していきます。
この30分後、付け餌はオキアミ&コーン。
ココン!と明確なアタリで乗ったのは、

DSC_0064.jpg
30前半のおチヌ様。
良い感じ (o^-^o)

次の投、付け餌はコーン&サナギ。
ダンゴアタリの後、直ぐ様お触りがあり、しばらく待つと「スコン!」とウキが吸い込まれます。
こいつは先程より強烈で、グィグィと引っ張ります。
こちらも負けじとゴリ巻きし、やがて姿を現したのは、


DSC_0065.jpg
43cmの良型おチヌ様。
やっぱ夏チヌさんは強烈ぅ~~。

お魚を繋ぎ、ゆっくりと次をリリース。
すると、また怪しいダンゴアタリからの「スゥ~~ッ!」で、


DSC_0066.jpg
45cmのおチヌ様。

この後暫く膠着状態が続き、AM8時半を回った頃、またまたダンゴアタリからの「スゥ~~ッ!」で、


DSC_0067.jpg
41cmのおチヌ様。

そして、次の投、今度も雰囲気ムンムンの中訪れたのは、

DSC_0068.jpg
43cmのおチヌ様。

しかし今日はどういう訳か、40オーバーの良型が良く出ます。
こんな事滅多に無い?、というか初めてかな?

この次の投、またまた連ちゃんで、

DSC_0069.jpg
42cm、でっぷりお腹のおチヌ様。

ここまで出来るだけフグさん達を刺激しない様、派手な事はせず、途中変化球を交えながら、地道に慎重にダンゴを投入してきました。
この作戦が功を奏したのか、更に次の投、

DSC_0070.jpg
30後半のおチヌ様。

そして、この数投後、今度のはかなり強烈で、


DSC_0071.jpg
45cmのおチヌ様。

このあと暫くフグさんとの我慢比べに。
柔らかい餌だとほぼ瞬殺ですが、堅いエビ系だと確実にハリを奪取されてしまいます。
コーンやサナギをどう使うかがカギの様です。

こんな知恵比べをしながら、約1時間、次のチャンスが。

AM10時半過ぎ、この時はフナ&サナギ。

DSC_0072.jpg
38cm

この数投後、エサはコーン。


DSC_0074.jpg
43cm


そして、次の投、今日一の強烈な引きで、てっきりデカボラか?、と思いましたが、しばらくのやり取りの後、ボコッと浮いたのは、


DSC_0075.jpg
48cmのちょい熟様。

そして、次の一投、良い引きでしたが、


DSC_0076.jpg
38cmのイエローさん。
残念!

ここで、ちょっぴり雰囲気も変わった事だし、そろそろお昼なので少し早目のお昼休みに。

ここまでで13枚と半日では最高記録かな?
しかも、ストリンガーのフックも丁度打ち止め。
お魚さん達は、大変な事になってます。
DSC_0077.jpg

今思えば、フグさん達に気を付けながら、ダンゴを入れ過ぎない様小さめをきっちり締め、一投一投じっくりと攻めたのが良かったのかもしれませんね。
しかし、こんな事はこの先もまず無いでしょうね(~_~;)。

この頃から南西風が時折突風を伴って、爆風並みに吹き荒れてきます。
背後からは時折波飛沫も。
ただ、この異常な暑さを凌ぐには丁度良いかも?
でも仕掛けが鯉のぼり状態でやり難い事この上ないんですけどね(^_^;)。

たっぷりと休憩し、PM1時過ぎ午後の部を始めます。
しっかり場を休めたので、どんな反応が出るか期待しますが、なんと無音。
更に数投・・・・・やはり無音。
先程までの軽快なダンゴアタリは一体何処へ????
付け餌もオキアミ以外の反応がとても悪くなっています。
更に、潮の流れが変わってしまい、二枚潮みたくなって、時折飛びます。
試しに水を汲んで手を入れてみると・・・・ん?、温かくなってる??
水温が急に上がっても食いが悪くなるそうですが、もしかしたらこれは・・・・?

この後も、ダンゴアタリは全く出ず、フグさん達が無音でエサを霞め取っていくだけの時間が過ぎていきます。

途中、フグさんかと思ったら、小チヌさんが掛かりますが単発。
DSC_0078.jpgDSC_0080.jpg

このまま、ゴールデンタイムのPM3時を迎えますが、全く雰囲気が出ず、アタリも殆ど出ないので、ここで最終手段、アミエビ投入に踏み切ります。

実はこれが大失敗。

ここから強烈なフグ地獄へと陥っていきます。
無音のままエサ奪取、時々ハリ強奪、と時間が経つにつれ、どんどんフグ地獄の深みに嵌っていきます。

DSC_0081.jpg
PM4時過ぎ、なんとか30チョイのおチヌ様を追加しますが、これが最後のおチヌ様となり、PM6時無念の納竿となりました。

本日の釣果です。
DSC_0082.jpg
ミニ3枚、32~48cm 14枚   計17枚

今日は、先週同様とにかくメチャクチャ暑い一日でしたが、特に午前中は暑さも吹き飛ばす程の好釣果に恵まれ、とっても熱い時間を過ごす事が出来ました。
今回事前にフグに対しての心構えをしていったので良かったのかな~って思います。
ただ、午後からは頂けませんね。
午前中があまりにも順調だったので、午後からがおざなりになってしまい、反省です。
釣れない時程どうするか考えないといけませんね(-_-;)。

この先、まだまだ危険な暑さが続きますが、しっかり水分補給をして、適度に休憩をとり、無理の無い釣行を心掛けましょう。

今日は久し振りに大漁ねこさんに登場して頂きますね、ナユさん!
写真2

長々とご覧頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/482-c242f684

トラックバック

コメント

[C3985]

お疲れ様でした。
凄い釣果ですね、爆釣おめでとうございます。隊長が翌日セレクトされたのがわかりましたよ!(笑)
  • 2018-07-23 07:12
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C3986]

HARUさんもお暑い中お疲れ様でした。
噂には聞いていましたが、まさかまさかでしたね。
ただ午後は一体何がいけなかったのか・・・・(ーー;)
次はいよいよ構造物かな?(笑)
  • 2018-07-23 19:11
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3987]

良型ばかりの素晴らしい釣果でしたね!

地元だと、そんなサイズが1まいでも釣れたらウハウハですよ・・

この所の今までにない天気、、、海の中も変わってきてるのかも知れませんね~

暑さ対策して頑張りましょう
  • 2018-07-28 08:26
  • 桃太郎
  • URL
  • 編集

[C3988]

桃太郎さん、ありがとうございます。
私もこれだけ一日に良型を釣ったのは初めてで驚いています。
おっしゃるとおり、このところの危険な暑さを筆頭に、いつもと自然条件が変わってきているかもしれませんね。
いずれにしろ、まだまだ暑さには十分注意しないといけませんね。
しかし、この先秋冬とどうなってしまうのでしょう?
  • 2018-07-28 18:55
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C3989]

トトダンゴさん、爆釣おめでとうございます。
さすがというか、凄い釣果に目を奪われました!
夏を感じますね^^オッサンは早く春を抜けないといけません。。。(> <)
  • 2018-07-29 00:41
  • おっちゃん
  • URL
  • 編集

[C3990]

おっちゃんさん、ありがとうございます。
こんな事は最初で最後かなぁ(^_^;)
夏は夏でも今年は異常な暑さですよね。
暫く釣行時は暑さとの戦いかと。
出撃の際は、どうかお気を付け下さいね。
  • 2018-07-31 19:09
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。