Entries

夢の様な一日でした。

 初めに、釣行記を綴りながら、あまりにもヒートアップしてしまい、とんでもなく長文になってしまいました。
申し訳ありません
 それでは、どうぞごゆっくりご覧下さい

 先日、永易流の猛者である、にわかさんから一緒に釣行させて頂けると連絡があり、その日が来るのを今か今かと、待ち望んでいました。
そして、遂に昨日、その日が来ました。
ただ、前日の夕方、場所を知らせて頂けると言う事だったのですが、なかなか連絡が無く、もしかしたら何かあったのでは、と不安な気持ちで一杯でした。
そうこうしているうち、やっと連絡があり、「○○に決定!」、との事です。
実は、私も行くなら「是非あそこ!」 、思っていた所なので、超ラッキーでした。
しかし、本当にラッキーだったのは、この事では無く、更に凄いSurpriseを用意して下さっていたのでした。
なんと、最初ご一緒させて頂く事になっていた、にわかさんチヌ吉さんの他に、更に凄い方々とご一緒させて頂けるとの事。
その方々の名前を伺うなり、思わず卒倒しそうになってしまいました。
それからは、もう緊張しまくりです。
場所が、遠くだったので、いつもの様に私は、前日入りし、独りの後、仮眠しようと思いましたが、風があまりにも強かった為、車がユサユサ揺れ、結局まともに寝る事が出来ませんでした
ま、緊張していたせいもあったんですけどね。

当日の朝、早めに朝食を済ませ、皆さんをお待ちしていると、何やら聞き覚えのある声が・・・・・
外へ出てみると、もうメンバーの方々が、ほぼ到着されていました。
慌てて駆けよると、そこには錚々たるメンバーの方々がいらっしゃいました
にわかさんをはじめ、Yさんガッちゃんさんチヌ吉さんという永易流の超猛者の方々です。
しばらくして、更に本日のメインであるふくさんも到着されました。
また、後ほど、寝ウキマスターの大臣さんも合流されるとの事。
こんな凄い方々とご一緒させて頂けるなんて、夢にも思いませんでした。
なお、今回の最大も目的は、ふくさんによる、チヌ吉さんへの永易流紀州釣り講習を見させて頂く事です。
まだ、まともに永易流紀州釣りについて、レクチャーを受けた事がないので、とても楽しみです。

さて、夢の釣行の行方は・・・・・・

 ようやく明るくなったAM7時頃、取りあえず釣り場に入り、まず場所決めです。
結局、最湾奥から、大臣さん、ガッちゃんさん、トト、ふくさん、チヌ吉さん、にわかさん、そしてYさんという並びになりました。
幸いにも私は、このポイントで3本の指に入るお気に入りの場所に入る事が出来ました

                    本日の釣座です。
PB271093.jpg

ただ、前記のように、チヌ吉さんへのレクチャーを聞く事がメインですから、釣果はせめて一匹でも顔を見れればいいかなぁ、ぐらいの気持ちでいました。
この時点では・・・・・

まずは、ダンゴ作りから。
今回は、にわかさんのアドバイス通り、まだ一度も使った事の無い、青マッハをベースに、細曳きサナギオカラダンゴを配合し、アミエビは苦手なので、今回はサナギミンチチヌパワーで、集魚を調整しようと考えました。
ふくさんの順番に配合していく姿を見ながら、「なるほど!」「ふむふむ」「そっか~」と一人勝手に納得しながら見させて頂き、最後に出来上がったダンゴも握らせて頂き、その感触を忘れないうちに自分のダンゴを調整します。
思ったよりしっとり感じましたが、普段の自分のダンゴよりはパサぎみだったので、あえて今回は水分少なめで始めてみます。

さて、これから~、と思いながら、ふと空を見上げると、湾一杯にかかる綺麗な虹が現れます。
その美しさといったら・・・・・・
朝から、随分盛り上げてくれます。
しかし、この虹は、この後の雨を暗示していたのでした。

AM7時15分いよいよ実釣開始です
ウキは、手始めに永易ウキのマズメS」をチョイスします。
まず、棚取りから入ります。

緊張の中、第一投目、「う~ん、深すぎぃ~!」
ウキ下を詰め、第二投目、 「もう少し」
そして第三投目「こんな感じかなぁ~」、とその時、なにやらウキに変化が・・・・・
「まさか」と思いつつ軽く合わせると、 「ゴンでいきなり何か掛かります。
かなりの引きで上がってきたのは、なんと・・・・・

PB271092.jpg
                   35cmの本命です。

まさか、こんなタイミングで、しかもこんな時間に喰ってくるなんて、想像していなかったので、びっくり仰天です。
ま、この時は、たまたま回遊してきた黒鯛の目の前に、餌が漂っていて、「つい喰っちゃった!」、なんてところでしょうか。
ただ、こんなに早く釣果に恵まれるとは思っていなかったので、一度に緊張がほぐれました
まさに、幸運の女神チヌです。

まだ始まったばかりなので、これからが本番です。
とここで、予報では言ってなかった、雨が降ってきてしまいました。
時折吹く強い北東風と相まって、寒いのなんの。この雨は一時間程続きました。
勘弁してぇ~~~~

話が脱線しましたが・・・・、
まずオキアミメインで、様子を見ます。
水温は先週同様高めで、エサトリの活性もこの時期にしては、すこぶる良い様です。良過ぎるくらいかな?
そうこうしていると、隣のふくさんは、幸先良く本命をゲットします。
講義だけでなく、きちんと実践で結果を見せるところなんか、やっぱりふくさんです。
チヌ吉さんへの、今の状況説明をしている話に耳を傾けながら、私も同じように実践してみます。
すると、説明通り、チョコチョコと小さな渋いアタリが出て、何と無く咥えたかなぁ~、というタイミングで、

ビシッ」 「ゴン」 「の、のったぁ~

で、小さいながら二匹目、ゲットです。

この、ふくさんによる、想像を絶するような海中の状況把握は素晴らしく、まるで手に取る様にチヌの姿が見えている様です。
この状態を踏まえてのレクチャーですから、確実に的を得ている訳です。

また、とても分かり易く説明されているので、経験浅い私でも、なんとかその状態に近づける事が出来ると、きちんと答えが出ます

その後、時折ちょっかいを出しに来るヘダイや、コッパなどを交えながら、どうもスッキリしないので、ふくさんに使用しているウキのサイズを伺うと、「SS」とのこと。
今までなら、このぐらい風があると、絶対使わなかったサイズですが、すかさず、自分も「SS」に変更します。
すると、アタリが序々の出始め3枚4枚と確実に釣果が伸びていきます。
だだ、最近もそうですが、いつもなら「スパッ!」と気持ちよく消し込むアタリでは無く、相変わらず渋いアタリが続きます。
居食いに近い状態の時もあります。
エサトリには、すこぶる弱いですが、この時点では、まだオキアミが一番のアタリ餌でした。

そんなこんなで、午前中までに皆さんもポツポツ本命を上げられています。
しかし、どうしても納得できないのが、本来なら一番のポイントでまだ本命が出ていない事です。
相変わらず、ヘダイとボラの嵐に襲われているようで、とても苦戦されているようです。
なんか、見えないバリアでもあるような感じです。
この状態は、前々回から続いており、一体何が起こっているのか、さっぱり分かりません

夢中で握る事数時間、気が付けばもうお昼を回っています。
幸いにも、天気はぐっと回復し、風も弱まって来ました。
予報だとこのあと更にまったりするとか。
この時期でのこの場所の天気にしては、出来過ぎです。
しかも、時折指す日差しに、暑ささえ感じ、思わず上着を脱いでしまいました。

PM1時過ぎには前半のコマセも無くなり、おかわりします。
かなり腕にも負担を感じてきたので、水分を多少多めに仕上げます。

PM3時近くなった頃でしょうか、アタリが遠のく中、何と無く状況が先程と変わってきた感じがします。
あまり反応の無かったサナギが、妙に反応します。
でも、はっきりとした確信は無いので、そのまま黙々と続けていると、ふくさんが「エサトリの状況、変わりましたね!」と。
そうなんです、私もこれを感じていたんです
自信が無かった為、言いだせませんでしたが、この言葉で思わず「そうなんですよ~」と叫んでしまいました。
少しでもふくさんと同じ状況把握が出来て、嬉しくなっちゃいました。
更に、にわかさんでもなかなか教えて頂けなかった、チヌの食み跡の話を聞き、そう言えば自分にも先程あった事を思い出し、確実にチヌの寄りを察知し、アドバイス通りダンゴを投入してみると・・・・・

チョコチョコ」 「ス~ッ」 「ビシッ」 「ゴン

で、久々本命ゲットです。
またまた目から鱗です。

このあと、海が今迄見た事も無い様な光景へと変化していきます
何と無く海が黒っぽく見えて、初めは光の加減か、雲のせいだと思っていましたが、実は海水自体の色が変わっていたのです。
黒っぽく、時には紫色っぽく変化していきます。
実は、釣座紹介の写真もこの時撮ったもので、何と無く海が黒いのがお分かり頂けると思います
この濁り?は、湾奥から徐々に先端に向かって広がりました。
ただ不思議なもので、こんな最中でも、ちゃんとチヌは釣れました

この怪しい濁りは小一時間程続きましたが、その後は濁りが消え去ると同時に風も治まり、まさにべた凪の、最高条件となりました

チヌの活性も最高潮に達したようで、ふくさん「このような状態で、ボケを使えば一発!」の言葉に、先程まで人気の無かった、二か月前の冷凍ボケを付け、すかさず投入すると、本当に一発で喰ってきてしまいました。
しかも、先程までのアタリと違い、思いっきり消し込むアタリで、

スパッ」 「ビシッ」 「ゴン  と。

もう4時近くになっていたと思います。
ダンゴもきっちり締め、ふくさんが感じたとおり、ダンゴが割れたあと、ちょこっと餌が動き出す瞬間に喰ってくるパターンで、2連ちゃんです

4時半を回る頃には、さすがに日も陰り、ついにウキが見えなくなってしまいました。
それでもダンゴを投げ続け、ラス前に、回収と同時にゴン一匹、更に、最終投で、脈釣りのごとく道糸を張りながら、アタリをとっていると、竿先をひったくるアタリで、上がりチヌをゲットしました。
ま、最後の二匹は、釣ったんじゃなくて、釣れた、ですね
後半になればなるほど型が良くなり、引き味も増して、最後の最後まで楽しめました

結局片付けが終了したのは、完全に日没した5時半でした。

その後、未練の残る釣場を後にし、とあるラーメン屋で、反省会です。
ここでも大いに盛り上がり、結局帰宅したのはPM10時近くでした。
急いでご近所に、少し持ち帰った魚をおすそ分けしました。
チヌもそうですが、この時期は特にヘダイは喜ばれます。
今日は、8枚ほど釣り上げ、良型6枚だけ持ち帰りました。

                  最終的な今日の釣果です。
PB271094.jpg
27cm~37cm、10枚で、またまたツ抜けしてしまいました。
これも、ふくさんと、にわかさんの的確なアドバイスがあったからこそです。
お二人には、本当に感謝いたします

合わせて、この様な釣行会に参加させて下さいましたにわかさんに、厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました
また、同じ様な悩みをお持ちだったYさん、今度は、教わったアミエビアフターケアー法、実践してみます。
ご指導ありがとうございました。


皆さんに、ご迷惑を掛けないよう緊張しましたが、蓋を開ければ、一番楽しんでしまったかも知れません。
こんな、エキサイティングな釣りは、久し振りです。
今でも、まだ興奮冷めやらぬ感じです

今回、ふくさんから、色んな事を勉強(体感)させて頂きましたが、特に印象に残ったのが、よくおっしゃっていた、 「次に喰わせる!」 、という言葉です。
確実に状況判断し、自信が無ければ、なかなか出ない言葉ではないでしょうか?
私なら、「次に喰うかなぁ?」とか「次は喰ってくれ・・・」、かなり自信があっても「次喰うかも?」止まりです。
この気構えからも、ふくさんの凄さが覗えます。
そう簡単にまねのできる事ではありませんね。

少なくとも、今回感じ取った感触を忘れないうちにまた釣行して、それが何だったのか、もう一度試してみたいと思います。

最後になりましたが、今回ご一緒させて頂いた皆さん、お疲れ様でした。
また、楽しい時間をありがとうございました。
今後、またこの様な機会がありましたら、是非参加させて下さい。
宜しくお願い致します。


紀州釣り、最高~っ!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/69-935b64ef

トラックバック

コメント

[C375]

近くに凄腕がいるのはいいねぇぇ~
教えてもらえるから・・・。

おいらなんか・・・。

やっぱり行けば良かったか・・・。

[C376]

チヌの食み跡の話をおいらも聞きたいな~
  • 2010-11-28 23:39
  • はぎ
  • URL
  • 編集

[C377]

お疲れ様でございましたm(__)m


私はそんなレベルじゃないですよ


また皆様で釣行したいですねぇ~~~~


今度はNIWAKA☆STYLEをお見せしますよ


年末までにスケジュールが合いましたら、、、、また行きましょう


ボケに変えて一発は、たまりませんよ
  • 2010-11-28 23:54
  • にわか釣師
  • URL
  • 編集

[C378]

トトさん
お疲れ様でした。
エキスパートの方々とご一緒が出来て良かったですね~羨ましいなぁ。
その様な中で竿頭ではないですか
今度様子を教えて下さい。
  • 2010-11-29 09:13
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C379] お疲れ様でした(^∀^)ノ

1日お疲れ様でした(-^〇^-)

楽しい1日をありがとうございました。

素晴らしい釣果 おめでとうございます。


私は今回、いっぱい反省点見つけることが出来ました。
持てる引き出し全部出しましたが、ヘダイに好かれたようです(笑)

2日目リベンジの予定で、現地で寝ていたのですが、体調が悪くなり真夜中に急遽帰りました(泣)

次回、必ずあのポイントでリベンジします。

またこれに懲りずに、宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

  • 2010-11-29 16:44
  • ガッちゃん
  • URL
  • 編集

[C380]

お疲れ様でした。なかなか難しかったですよぉ。
そんな中での素晴らしい釣果、おめでとうございます。
近いうちに、今回感じた状況が正解だったのかどうか、確認しに行きたいと思います。
powerさ~ん!私は今回、トトダンゴさんには何も伝えてないですよ。(笑)
私が話しをしている内容をご自身で消化して、トトダンゴさん自身で得られた結果なんですね。
ちょっとしたヒントで抜群の釣果をあげちゃうって、凄いと思いました。
  • 2010-11-29 18:04
  • ふく
  • URL
  • 編集

[C381] こんばんは

爆釣りで、最高の1日を過ごされましたね。
是非、あやかりたいです。
  • 2010-11-29 20:11
  • スリランカクラブ
  • URL
  • 編集

[C382] 皆さん、カキコありがとうございます。

powerさん、その後体調はいかがですか?
今回は、ふくさんもおっしゃっていましたが、教わったのではなく、殆ど教わっているのを聞いていたんですよ。無許可で・・・・・・(汗)。
でも、やっぱり名手の技を直接見る事が出来て、とてもためになりました。
その点では、恵まれていたかなぁ。

はぎさん、食み跡の事も、話に耳を傾けていて、何と無く分かった事ですので、直接伺った方が良いかと・・・・・。

にわかさん、この度は、こんなに素晴らしい機会を与えて下さって、本当にありがとうございました。
たっぷり、勉強させて頂きました。
今度は、NIWAKA☆STYLEじっくり拝見させて下さいね。

HARUさん、今回は、驚きの連続でした。
時間もあっという間に過ぎてしまいました。
楽しい時って、なぜこんなにも早く過ぎてしまうんでしょうか?
そう思うと、一緒に忍した真夏が懐かしいです。
あの時は長かったなぁ~。

ガッちゃんさん、この度は、ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
あの後、大変だったんですね。
その後お体、大丈夫ですか?
例のポイント、いつもはあんなはずじゃ無いんです。
私も、納得出来ないので、次回攻めてみようと思います。
また、機会ありましたら、ご一緒させて下さいね。

ふくさん、前回ご一緒させて頂いた時は、つい自分の釣りに夢中になってしまったので、今回こそは、という意気込みで拝見させて頂きました。
許可無く、聞き耳を立てては、こそこそと姑息な真似をしてしまい、申し訳ありませんでした。
でも本当に勉強になりました。
話だけでは分からない事も、フィールドではよく?分かりました。やはり実釣は大切ですね。
また機会ありましたら、ご一緒させて下さい。
今度は、もう少しオリジナリティーをもって臨みますので。

スリランカクラブさん、ほんと最高の一日でした。
釣果があったのは、もちろん嬉しかったんですが、それ以上に、素晴らしいものを得る事ができたのが、最高の成果です。
エキスパートの方々との釣行は、とてもためになりますね。
  • 2010-11-29 20:57
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C383]

いーなー!!
私も、講義聞きたいです~~!!
ととさん今度教えてくださいね!!紀州釣り!!
  • 2010-11-29 21:39
  • シドー
  • URL
  • 編集

[C384] またまたぁ~

シドーさん、状況かなり厳しかったみたいですね。
この時期は、やっぱり少しでも暖かい所が、魚にも自分にも良いかも?
シドーズの会長さんが何をおっしゃいますか。
紀州釣りのセンスはピカ一ですよ。
こちらこそご伝授願いたいです。
  • 2010-11-29 22:02
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C385]

お疲れ様でした。

いやー トトさんの独壇場でしたね。
年に2回も「ツ抜け」なんて「お見事!」です。
今度トトさんの「技」を盗んじゃいます!
それも無許可で(笑)
今シーズンも残りわずかですが機会あればまた
ご一緒お願いします。

[C386]

おはようございます!

こないだ息子がじいさんと釣りにいきましたよ!
トトダンゴさんも大漁ですね~
息子はタコが大漁でしたよ☆
  • 2010-11-30 09:31
  • Emily
  • URL
  • 編集

[C387]

大臣さん、先日はお疲れ様でした。
独壇場なんてとんでもないです。
皆さんの教えで、釣らせて頂いただけですよ。
ただ、今年は、とても良い思いをした後は、必ず撃沈しているので、次回が怖いです。
でも、また挑戦したいですね!

Emilyさん、拝見しましたよ!
息子さん、大したもんですね。
タコも大漁だったみたいで。
きっと美味しかったでしょうね。
可愛い笑顔が、とっても印象的でした。
  • 2010-11-30 18:58
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C388] お疲れ様です

コメントが遅くなってすみません。永易流の凄腕の方達とご一緒出来て楽しかったですね。
僕は2枚でしたが次はもっと頑張りますのでよろしくおねがいします。

[C389]

初めましてブログにちょくちょくお邪魔させて頂いてます
よろしくお願いします!!!
爆釣おめでとうございます
紀州釣りやってみたくなりました
ぽちっと応援しときました!!!

[C390] おいしそお~~~う!

夕飯前にブログ回りするもんじゃないですね(笑)
どのお魚もおいしそうに見えちゃいます。

爆釣、おめでとうございました☆
  • 2010-12-01 17:03
  • いちご
  • URL
  • 編集

[C391] ありがとうございました。

チヌ吉さん、この度は、ご一緒させて頂きありがとうございました。
いやぁ~、実に興奮しましたね!、勉強になりましたね!!、楽しかったですね!!!。
あっ、それから、にわかさんから写真転送して頂きました。ありがとうございました。
良い記念になりました。
また、あんな写真が撮れるような楽しい釣行してみたいですね。
機会ありましたら、是非次回もご一緒させて下さい。
PS・・・・「11?」「16?」の会話、私も仲間に入れて欲しかったです。だって、と~っても楽しそうだったんだもん!

お~っ、これはアウトドア遊びの達人さんではありませんか。
この度は、ご訪問並びにぽちっ、ありがとうございます。
いろいろな釣りをされているようですが、今度は是非紀州釣り、挑戦してみて下さい。
とっても面白いですからぁ。
ただ、あまりの奥の深さに、はまってしまうと抜け出せなくなるので、ご注意下さい。良い意味で…(笑)

いちごさん、魚の写真、気に入って頂けましたか?
おいしそお~~~う、じゃなくって、本当に美味しいんです。
この時期は、脂もタップリ乗って、それはもぅ・・・・・
あ~また食べたくなっちゃった、て、こんな事言ってると釣れないんだよなぁ~~(汗)
  • 2010-12-01 20:31
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア