Entries

遠方のダンゴ友と。。。[後編]

 今回は、前編に引き続き、6月19日、日曜日の、連投2日目の模様をお送りいたします

初日のシドーさんに代わって、今回は、シドーズのボス?HARUさんと、NTNTのメンバーの一人で、寝ウキマスターの大臣さんが参戦して下さっています。

初となる同一場所での連投2日目と出ますか、それともと出ますか?

果たして、その結末や、いかに



                   釣行2日目

 日曜早朝、激しい雨の音で目が覚めました。

確か天気予報では、今日は曇りで、お昼頃一時雨が降るかも?、なんて言ってたのに。
いきなり憂鬱になりましたが、襲い来る睡魔には勝てず、またまた爆

AM4時、目覚ましの音で、もそもそと起床します。

外はまだ薄暗く、相変わらず雨が降っています。

ふと辺りを見回すと、HARUさん大臣さんは、もう到着されています。

眠い目を擦りながら、朝のお勤めを終え、皆さんとご挨拶します

powerさんも、さすがにお疲れの様子です
そりゃそうですよね、連投2日目ですから、って自分もですけど・・・・

渋々カッパを装着し、昨日より更にのんびりと支度を始め、釣りを開始したのは、結局AM5時半を回った頃でした。

今日のダンゴは、昨日の残りだけでは心もとないので、マッハを半分ほど足し、やや薄めにしてスタートします。

                    本日の釣座です

P6191209.jpg
昨日と全く同じ場所ですが、少々レイアウトが・・・・・

棚は昨日学習してありますので、即攻めに入ります。

開始から3投目、早くもアタリがあり、

ビシッ」、で何か掛かります。

強くはありませんが、何と無くゴンゴンしているような・・・・・

上がってきたのは、25cm程のチャリコでした。   残念っ


その後、昨日同様エサトリ地獄に陥る、と思っていましたが、ちょっと様子が違います。

ウキに変化の無いところは一緒なんですが、エサがちょこっと残ったり、時にはまる残りだったりと、どうもエサトリ達に元気がありません

しばらく、やってみましたが、状況が変わらないので、思い切って集魚を上げてみます
と言いましても、集魚剤が無かった為、Pさんからアミエビを一掴み頂き、混ぜてみます。

すると、途端にエサが無くなる様になります。
でも、ウキにアタリは出ず、瞬殺されていきます

AM9時頃、Tさんがお見えになられ、今年度の永易流王座決定戦の話を、少し聞かせて頂きました。
その後、何処かで握る、と言ってお帰りになられました。
結果が非常に気になる所ではありますが・・・・・

そんなこんなで、これといって大した変化の無いまま時が過ぎ、AM10時を回った頃だったでしょうか。

ダンゴが割れて、相当時間が経った仕掛けを上げようと、竿を立てると、いきなり

グッ、ググググ~ッ」、と。

どうも何か居食いしていたようです。

そんなに大きくはなさそうですが、正体を見たいので、慎重に巻き上げます。

程無く姿を現したのは、なんと・・・・・・

P6191208.jpg
32cmの本命でした。


慌ててすくおうと、タモを伸ばすと、「フッ」と竿先が軽くなります。

「しまったぁ~

しかし、幸運にも魚は既に網の中です。

あわせを入れて無かったので、掛かりが浅かったのでしょう。

危うくバラしてしまうところでした。  「危なかったぁ~

そう言えば、昨日の2匹も、両方共、皮一枚でしたから、かなり喰いが渋い状況なのでしょう。

ホッとしたのもつかの間、状況はさらに悪くなり、エサが残る回数がさらに増えます。

せっかく雨も上がり、少しですがお日様も顔を出す様になったのに。

こうなったらと、さらにPさんにお願いして、アミエビを分けてもらい、かなりのギトにしてみます。

すると、アタリが少しずつ出だし、足裏程のコッパが掛かります。


今日はかなりの高集魚でないと、エサトリ達は反応しないようです。
しかし、本命の気配は、全くありません。

この後、さらに同型のコッパを追加しますが、あとが続かないまま、気が付けばもうPM3時です。

最近の傾向で、PM3時を過ぎると、本命の気配が出だす事が多いので、これからがチャンスとばかりに気合いを入れ直します

が、ここで思わぬ事

イカ漁船が、ポイントに停泊し、作業を始めてしまうではありませんか。
突然の事に、しばし呆然です

即休憩です。

作業を見守りながら、足元のエサトリ達と遊んでいると、ようやく漁船は作業を終え、出港しました。

気を取り直し、これから、と再開するやいなや、なんと今度は目の前で、巻き網を投入しだしました。

終わったぁ・・・・

そう思いました。

数分で網を巻き上げ、またこちらへ接岸し、作業を始めます。

もうこの時点で、完全に戦意喪失でした。

作業を終えると、今度は沖の方へ向かって、出港して行きました。

あれ程頑張っていたPさんも、さすがに堪えたのか、釣り座を離れ、大臣さん達の元へと行ってしまいます。

私も、と思いましたが、ダンゴがまだタンマリと残っていたので、渋々ダンゴを打ち続けます。

しばらくして、Pさんも戻ってきて、間も無い頃です。

チョンチョン」、とウキにアタリが出たかと思うと、「ス~ッ」とトップまで入ります。

慌てて「ビシッ」とあわせると、何か掛かります。

しばしのやり取りの後、姿を現したのは・・・・・ なんと

P6191210.jpg
33cmの本命でした。
こいつも、タモの中でハリが外れました。

まさかあの状況で喰ってくるとは思いもしませんでしたので、ただただ驚くばかりです


でも、Pさんに、「そんなの関係無いね」と一喝されてしまいました。
すみません

これが最後のチャンスとばかりに、ガンガンダンゴを打ち続けます

試しに、Pさんと場所を入れ替わり、数投したところで、ウキがまたまたス~ッと。

ビシッ
       「ガツン
              「ド~ン

これって昨日と同じじゃない?、と思いつつ、船底目がけて突っ走る大物との格闘が始まります。

何度となくのされそうになりながら、ようやく観念して上がってきたのは・・・・・

やっぱり巨ボラでした。  ちゃんちゃん


結局PM5時まで頑張りましたが、らしい雰囲気は出ないまま、今回の爆連投釣行は終了しました。

この2日間でのキープした魚達です。
P6191212.jpg


まずは、powerさん、遠い所わざわざお越し頂き、またお土産も頂きまして、本当にありがとうございました
あの柿のおかげで、何事も無く帰宅できました(汗)。
残念な結果ではありましたが、私にとっては、有意義でとても楽しい一時でした
さらに、私と同じような考えでいらっしゃったPさんに感激し、益々親近感を覚えました。
とっても嬉しかったです
もし、この沼津が気に行って頂けたなら、大変でしょうが、是非またいらして下さいね。
今度は、また違った場所へお連れしますから。
その時が来るのを楽しみに待っています。

HARUさん、大臣さん、今日はお疲れ様でした。
日々変わる状況に対処していくのは、とても難しいと感じました。
昨日のシドーさんの感じでは、いけると思ったのですが、なかなか上手くいきませんね。
また機会ありましたら、ご一緒させて下さいね。
あっ、それからHARUさん、差し入れありがとうございました

2回に分けて、長々と綴らせて頂きました釣行記、ご覧下さいまして誠にありがとうございました。
HARUさんがおっしゃっていたように、来月からは、折り返しとなります。
前半は、どん底からいきなりの幸運、と色々ありましたが、後半もマイペースで頑張ります。
前半、まだあと少しありますが、出来るだけ握りに行きたいと思います。
体力と懐?が続けばですけどね。

それではまた次回に。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://totodango.blog108.fc2.com/tb.php/98-0957585d

トラックバック

コメント

[C630]

お疲れ様でした。
二日目は、海津の群れが、入ったようで、少し状況が違ったようですね!!
でも、食いが立つのは相変わらず短い時間のようですね~~、私も、その一つかみのアミエビで助けられました、2,3投するとグンと反応が変わりますからね~~。
二日連勝おめでとうございました!!
  • 2011-06-21 22:59
  • シドー
  • URL
  • 編集

[C631]

シドーさん、どもです。
最近アミエビから、ちょっぴり遠のいていましたが、やはりここぞという時は強いですね。
やっぱり欠かせないのでしょうか?
爆サナギの時期が待ち遠し~ぃ。
  • 2011-06-21 23:09
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C632]

トトさん
連投お疲れ様でした。
アミエビの入れ具合、ブログを見て少しヒントを得た気がします。この日は平場は一日中オキアミ瞬殺で、餌残りは夕方の一時だけでした。ただ団子の割れが状況によって変わってました。そちらは結局餌取りの量の違いかと結論付けましたが、初期段階のアミエビの量が少し多く、魚にメリハリを与えられなかったのが敗因かと、トトさんのブログを見て一人反省会をした次第です。次につなげたいですね。
  • 2011-06-21 23:27
  • HARU
  • URL
  • 編集

[C633]

2日にわたる釣行お疲れ様でした!
渋いながらも連日本命とのことでさすがだな!と感心しきりです。
イカ漁船についてはちょっと・・・ですね。
仕事でしょうから遊んでるボクらなんか意見言える立場じゃないんですけど見ていると
「わざとやってる?」って勘繰ってしまうような動きするときがあると個人的には思ってます。
とは言え漁港の一部を利用させていただいている身分故に揉めるわけにもいかずなかなか厳しい。
まぁ、結果良ければすべてよしですかね!お疲れ様でした!
  • 2011-06-21 23:38
  • ひよこのダンナ
  • URL
  • 編集

[C634] こんばんわ!

初めまして!
ダンゴ釣り、私はやった事、ありませんが、
奥が深そうで、そこが面白そうですね。
ウキが入る瞬間!
緊張するんでしょうね!
  • 2011-06-22 00:10
  • 伊豆の堤防釣り日記
  • URL
  • 編集

[C635]

今回はおいらが壁を克服するために
ヒントを貰いに行ったはずなのに
逆にヒントをあげに行ったって感じでしたね(爆

次回はその「持ってる」物を私に伝授してくださいネ!

[C636]

HARUさん、お疲れ様でした。
体の具合はいかがですか?
ヒントだなんて、とんでもありません。
何となくやってた事が、たまたま良かっただけですから。
でも、自分にとっての、ちょっとしたヒントにはなりましたね。

ひよこのダンナさん、まだ運は使い切っていないようです(汗)。
しかし、なかなか一日ドップリと言う訳にはいきませんね。
漁師さんも仕事ですので、仕方のない事ですが、魚のとっては、人間が思うほど影響は無いのかもしれませんね。
次回は晴れるといいなぁ〜。

伊豆の堤防釣り日記さん、この度はご訪問頂きまして、誠にありがとうございます。
ダンゴ釣り、最初は取っ付きにくいかもしれませんが、ハマると大変ですよ。
機会ありましたら、是非挑戦してみて下さいね。
これからも宜しくお願い致します。

powerさん、確かに今回は、ちゃっかり自分がヒント頂いちゃいましたね。
ありがとうございました。
持ってるものなど、なにもありませんが、強いて言うなら運だけでしょうか?
しかし、それもそろそろ切れますが・・・・(汗)。
  • 2011-06-22 12:31
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C637] お疲れ様でした

2連投お疲れ様でした。

仕事がなければ2日間お付き合いさせてもらいたかったです。
自分が竿を出した所は全く状況が違ってエサが残ってくるのは殆んどありませんでした。

たまにオキアミが残ってくる事がありましたが大型の魚が寄ってきている雰囲気はなく「黒鯛いねぇ~」って感じでした。

また、お願いしますね!

[C638]

大臣さん、お疲れ様でした。
私の所は、あまりにもエサが残り過ぎて、魚いねぇ~、と感じてました。
少ししか離れていなかったのに、随分違った様ですね。
それだけあそこは未知の魅力がありますね。
  • 2011-06-23 21:55
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C639] お疲れ様でした

2日連続の釣行で本命ゲットおめでとうございます。
回収の時の掛かりですけど、カセ釣りの誘いと同じ感じみたいですね。
タモの中での針外れで危く、冷や汗ものですね。


釣果があって良いですよね~、今年も半分過ぎたのに自分には・・・。
  • 2011-06-27 21:50
  • イッサ
  • URL
  • 編集

[C640]

イッサさん、どもです。
なかなか厳しかったですが、なんとか本命の顔見れて良かったです。
ただ、釣れた感はあっても、釣った感が・・・・・
今度はしっかりプロセスを踏んで、釣った感を味わえるよう、頑張ってみます。
週末は宜しくお願い致します。
  • 2011-06-29 12:29
  • トトダンゴ
  • URL
  • 編集

[C650] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トトダンゴ

Author:トトダンゴ
沼津界隈を中心に、どんな季節もダンゴで黒鯛を狙い続けています。が・・・

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

宜しければポチッ!とお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア